感想など一覧

久々のオペラ鑑賞(プラハ国立劇場オペラ「フィガロの結婚」)

書きたいことはいろいろあるのですが、なかなかアウトプットの時間が取れません…。

とりあえず書けるところから書いていかなくてはいけませんね。

久々に、ナマのオペラを観てきました。

プラハ国立劇場オペラの引越公演「フィガロの結婚」です。

最近はMETのライブビューイングこそ時々行っていますが、本格的なオペラは本当に久々です。(演奏会形式では、昨年出色の公演を鑑賞しましたが。)

しかも、今回は初めて息子が一緒に(と言っても彼は学生席ですが)観劇したので、ちょっと特別な感じでした。

「フィガロの結婚」と言えば、以前にイタリアの歌劇場が来た時も観ましたし、何より、昨年のちょうど今ごろ、息子の所属合唱団の先生方中心の公演があり、自分も合唱で出演したので、余計に親しみがあります。

昨年のソレは、ピアノ伴奏+超抜粋+日本語ではありましたが、息子などはそれを観て親しみを持っていたおかげで今回本物を見てみたいと思ったようなので、ああいう公演もそれなりに意義はあるんでしょう。

プラハの劇場とモーツァルトといえば、切っても切れない間柄。そういう意味でも期待が持てました。

実際、特にスターという感じの歌手さんはいないものの、ソリスト・合唱・バレエ・オーケストラ(もちろん大道具小道具も)すべてがパッケージでやってくる引越公演は、バランスが良くて見応えがあります。

今回も、キャストそれぞれが役柄に良く合っていて、とても楽しめました。スザンナは可愛らしく、伯爵夫人は気品があって美しく、ケルビーノは少年らしく、マルチェリーナは貫録があって。男声陣も良かったですよ。皆さん美声でしたし。

それにフィガロはやっぱり有名な曲が多くて嬉しいです。やはり知らない曲ばかりのものよりは知っている曲が多い方が楽しめますよね。

心配していた息子も、学生席なのであまり良い席とは言い難かったのですが、それでも「面白かった。入りこんじゃった」だそうで、次回秋には同じ歌劇団の「魔笛」が来るらしいよと言ったら「それも行きたい」ですって。

今年はなるべくその手の出費を抑えたいのですが、そう言われちゃうと、なんとかしたいなぁと思ってしまうのでした。


箱根駅伝2013

お正月休みもそろそろ終り、明日から仕事です。

今年の年末年始はほとんど外に出ることなく、ダラダラとHDDに溜め込んだテレビ番組などを見て過ごしていたのですが、そんな中で、2日と3日の朝はやっぱり、箱根駅伝の観戦のために外に出ました。

これは息子が自転車に乗れるようになってからは毎年、息子と一緒に2日間行っています。

もちろん出かける前後はテレビ観戦です。今年は少しだけtwitterでもつぶやいていましたが。

沿道での応援に出ると、どうしても移動中や選手を待っている間の1時間近くがラジオ観戦になってしまいますし、選手たちが通り過ぎるのは本当に一瞬なのですが、それでもたくさんの人たちと旗を振りながら直接選手に声をかけるのはまた格別です。

今年は往路は強風でしたが、自分たちのいた辺りはそれほど影響を受けませんでしたし、二日とも好天で思ったより寒くなく、復路のほうでは、たまたま目の前で選手が給水を受けるのを見たりもできて、とてもいい感じの観戦になりました。

ただ、レースのほうは波乱がいっぱいでしたね。

日体大の優勝にも驚きましたが、何より驚いたのは2校の棄権。もともどハードな山登りなのに数年前から距離が延び、しかも今年は暴風…。棄権してしまった二人は本当につらかったと思います。

それにしても、ここのところ日本テレビの中継は下位チームや中位で一人になってしまっているチームの情報が少なすぎるような気がします。バイク(トライク)が2組もあるのだからもう少し機動力を使ってほしいものです。

以前に日テレが箱根駅伝中継を始めた経緯について書かれたノンフィクションを読んで、箱根の中継が物理的・技術的にも人員的にもどれだけ大変かを知っているので、これからも日テレさんには頑張ってもらいたいのですが、高視聴率番組に成長した反面、初心を忘れていませんか、と問いたくなる場面が結構あります。

特に、リタイヤするような状況に陥っている選手については、もっと前は確実にその選手たちを追いかけている人たちがいたと思うのですが、ここ数年は状況すらわからない事態が発生しています。

人員は限られていますし、なかなか難しいとは思いますが、一区間20kmもあるのですから、ある程度は全員の走りを見せてほしいし、定点観測で調子が悪そうな選手がいたらフォローしてほしいなと思う今年の箱根でした。

ちなみに日テレの箱根駅伝生中継開始までを描いたノンフィクションはこちら↓。

「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち
「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち


今年観た映画2012

今年も残すところ1日余りとなってしまいました。

一応毎年、その年に映画館で観た映画をまとめてアップしているので、今年も上げておきます。

  1. ロボジー
  2. ドラゴン・タトゥーの女
  3. はやぶさ 遥かなる帰還
  4. TIME/タイム
  5. METライブビューイング2011-2012 ワーグナー「神々の黄昏」
  6. ライアーゲーム -再生-
  7. スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D
  8. 劇場版 SPEC~天~
  9. バトルシップ
  10. 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
  11. テルマエ・ロマエ
  12. METライブビューイング2011-2012 ヴェルディ「椿姫」
  13. 貞子3D
  14. ダーク・シャドウ
  15. メン・イン・ブラック3
  16. アメイジング・スパイダーマン
  17. BRAVE HEARTS 海猿
  18. ダークナイト ライジング
  19. 仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!
  20. トータル・リコール
  21. アベンジャーズ
  22. プロメテウス
  23. るろうに剣心
  24. 最強のふたり
  25. 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
  26. METライブビューイング2012-2013 ドニゼッティ「愛の妙薬」
  27. 悪の教典
  28. リンカーン/秘密の書
  29. 009 RE:CYBORG
  30. ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
  31. 任侠ヘルパー
  32. 007 スカイフォール
  33. 仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム
  34. レ・ミゼラブル
  35. 大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇
  36. 青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版

去年(27本)と比べてもずいぶん増えましたね。

というのは、今年夫が50歳になったので、「夫婦50割引」という制度の恩恵にあずかれるようになり、基本的にどんな映画も夫婦で行けば二人で2,000円で観られるようになりました。(3Dや特別上映、METなどは除く)

そして、二人で行って貯めたポイントで無料券をもらうと私が平日休みに自分だけ観たい映画を観る、という感じで本数が増えていきました。

そんなわけで調子に乗って結構観てしまいました。

今年の映画はそれほど「見て損した」と思った映画は無かったように思います。最後の最後に観た「レミゼ」は感動的でした。

来年は息子も受験生になるし、もう少し控えないといけないかな、とちょっと思ってます。