WordPress一覧

WordPressについての覚書

今更ですが、ブログをSSL化しました(さくらのレンタルサーバ)

本当に今更なのですが、このブログを常時SSL化しました。

ブログを書かなくなって長かったせいか、この間に起こっていたWeb環境について本当に疎くなっていて、この「常時SSL化推進」の動きについても全然把握していませんでした。

そう言えば、いつからかchromeでは、このブログも含めて、SSL化されていないサイトに「保護されていない通信」という表示が出るようになっていました。そのこと自体には気づいていたものの、あまり危機感は持っていなかったんですよね。

でも、どうやら「それではそろそろマズいらしい」と今更ながら気づき、できることならしよう、と思い立ちました。

まずは、さくらインターネットのサーバーコントロールパネルに行きました。
なお、さくらのコントロールパネルは、少し前から新しくなっています。

ログイン画面

ログインして、左のメニューから『ドメイン/SSL』画面を出します。

ドメイン/SSL画面トップ

そして、SSLを設定したいドメインの右端にある、「SSL」をクリックすると,次の画面。

SSL証明書選択画面

ご覧の通り、有料のものしか出てきません。最安値で年間990円。決して高くはないですが、こんな個人ブログにサーバー代金・ドメイン代金の他に更にお金かけます?、と少し悩んでしまいました。

そこで、『さくらインターネット SSL』で検索をかけますと、結構な数で、「無料SSLが使える」という情報が出てきます。その中身を見てみると、表示されているスクショ画面を見てみると、古いコントロールパネルなんですよね。

なので、ホームに戻って、「旧デザインに戻す」ボタンをクリックすると…

左下に「旧デザインに戻す」ボタンがあります
旧デザインのコントロールパネル。もうすぐ利用期限が来ます。

まだ、旧デザインのコントロールパネルが生きていましたので、この画面からドメイン画面を選ぶと、無事、無料SSL設定画面に到達できました。

ここで、無料SSLを設定する方法については、公式サイトに詳しく出ているのでそのとおりすれば問題なく進んだのですが。(プラグインを使えば内部リンクもすべて変更してくれるので、簡単でした。)

さくらのレンタルサーバで無料SSLを導入する手順をご紹介します。 本ページでは新規にSSLを設定される方を対象にしております。 すでにラピッドSSL等の有料SSLを利用していて無料SSLへ乗り換えをされる方は【無料SSL...
さくらのレンタルサーバ、さくらのマネージドサーバ上で稼働するWordPress(ワードプレス)にて、常時SSLを有効にするプラグインを利用する方法について記載しています。 前提条件 設定手順 前提条件・設定例 前提条件 ...

ただ、問題なのはこの旧コントロールパネルが、2021年2月で運用終了してしまうことです。その後は無料SSL設定画面へのアクセスができなくなってしまうのではないかと危惧しています。

また、このレンタルサーバの付属サービス「さくらのブログ」はいまだにSSL非対応なんですよね。家族が利用しているので、ちょっと気になっています。老舗のさくらインターネットさんのことだから、きっといずれは対応してくれると思うのですが…。

レンタルサーバーをご契約な方なら誰でも使えるさくらのブログサービス。日記やアフィリエイトなどさまざまな目的で利用可能。テンプレートは350種類以上、iPhoneなどスマホ表示にも対応し、Twitterや動画、ソーシャルブックマークとの連携も簡単。

とりあえずは、このページも無事にURLのところに鍵マークが付くようになり、一安心といったところです。


WordPressテーマを変更してみました

書かなくてもわかる! という感じですが、テーマを変更しました。

実は、再開するまではずーっと、「neutral」というテーマを使っていたのですが、今久々に公式サイト見たら有料になってましたね。適用当時(2012年頃)は無料でした。しかも、しばらく更新されていません。

何処にも属さない中性的なものをテーマにデザインしたWordPressテーマです。ガラスをイメージした半透明の縁取りが背景画像を透過する事によって、近未来的な印象を生み出します。縁取り部分の色は自由に変更する事ができますので、カスタム背景と組み合わせてデザインをお楽しみください。

しばらく更新されていないこと、以前に悩んでいましたが、プロフィール欄がどうしても直せないこともあって、とりあえずは標準のうちから、Twenty Seventeenを使っていました。

4年以上放置してしまったこのブログに、先日久々のコメントが付きました。 連載途中で放棄してしまったアキレス腱断裂日記ですが、少しは役に...
Twenty Seventeen は、没入感のあるアイキャッチ画像と繊細なアニメーションを用いて、サイトに命を吹き込みます。ビジネスサイトにフォーカスをあて、ウィジェット、ナビゲーション、ソーシャルメニュー、ロゴ等はもちろんフロントページの複数のセクションを目立たせます。カスタム配色で非対称のグリッドの個性を出し、投稿...

でも、CSSがやっぱり気に入らなくて、カスタマイズしたかったのですが面倒じゃないですか。それに、ヘタにカスタマイズすると別のテーマに変更したときがまためんどくさい。

そんな訳で最近評判の良い無料テーマを探しまして、自分の中で使いやすそうな「Simplicity2 」を使わせていただくことにしました。

内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

実は、この同じ作者さんのテーマでもっと新しい、Cocoonというテーマがあり、試してみたのですが、そちらはトップページはブログカードを並べる形で、本文を全部表示するオプションが無かったので、こちらに戻しました。(Cocoonでトップページを今のこのブログのように本文の平文が表示できる方法をご存じの方がいたらぜひ教えて下さい。)

SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

さてこのSimplicity2、シンプルでかなり高機能なようです。

まだまだ全然使いこなせていないのでわかっていないことが多いですが、少しずつカスタマイズしながらブログを続けていこうと思います。

とりあえず、豊富なスキンで見た目を変更するのは割と簡単ですし、外部リンク、内部リンクとも「ブログカード」(というんですね、最近良く見ますが、知りませんでした。ほぼ浦島太郎状態…)が使えるのは嬉しいです。

おそらく、このブログに関しては当分このテーマで行くと思います。


スパムメールが多いので、reCAPTCHA を導入してみました

このブログはここにきてほぼ7年ぶりに本格稼働しているわけですが(4年前に再開しようとしたけどできなかったので)、この間、プラグイン事情が大きく変わっているようなので、いろいろ見直しが必要になっています。

先日システムを最新版にしたときにいろいろ不具合も出たので、この際、現在のバージョンと互換性のないもの(最近更新されていないもの)や、一般的でないものは削除して、最低限のものに絞った上で、使えそうなものをまたちょこちょこ追加してきました(まだ続くかも)。

今やWordPressユーザーの間では常識らしい「All in One SEO Pack」も、7年前には無かったような気がします。今回入れましたが。

前置きが長くなりましたが、そんな中そのまま使い続けていたのが「Contact Form7」です。

日本製のメールフォームで今も健在でしたし、同時に使っていた「Really simple CAPTCHA」と合わせていじらずにいました。Really simple CAPTCHAはContact Form7の作者さんがそのために作ったプラグインなので、相性が良いだろうというのもありましたし、簡単でもCAPTCHA(手動で画像の文字を入力するアレ)を設置しておけばスパムは来ないかな?、と思っていたのですね。実際ここ7年間ありませんでしたし。

ところが、このContact Form、実は仕様が変わっていたみたいで、長いことエラーが出ていました。設置者のところに送られてくるメールの送信先だかタイトルだかの設定が違っていて、何も送られないようになっていました。

そこに気づいて修正をかけたところ、次の瞬間から外国かららしいスパムメールが頻繁に来るようになりました。それもロシア語とか、送られてきても読めないし。

どうやってCAPTCHAをくぐり抜けるのかわかりませんが、これでは意味がないので、もっと良い方法はないかと探したところ、今はGoogleのreCAPTCHAを組み込むのが普通みたいだとわかりました。

reCAPTCHAの場合、文字の入力とか画像のパズルとか、いらないんですね。

とりあえず、これを設置してからスパムメールは来なくなりました。

本当はこんなことばかりやっていないで中身を充実させないといけないのですが…。