このサイトについて

感想など

映画

映画「ブレット・トレイン」感想Updated!

あらすじ 世界一運の悪い殺し屋レディバグが請けたミッション、それは東京発の超高速列車“ゆかり号”でブリーフケースを盗み、次の駅で降りること。簡単な仕事のはずが、次から次へと“ゆかり号”に乗ってくる殺し屋たち。彼らに狙われ、降りたくても、降りられない! 最悪な状況の中、列車はレディバグと殺し屋たちを乗せたまま終着点・京都へと走る… やがて明らかになる乗り合わせた10人の過去と因縁...
0
映画

METライブビューイングアンコール「ロデリンダ」感想

毎年恒例の「METアンコール上映」で、ヘンデルの「ロデリンダ」を観てきました。なんか、ヘンデルづいていますね。 こちらは2011年の暮れに上演されたものです。 あらすじなど 7世紀の北イタリア、ランゴバルト王国。ミラノ王ベルタリードの妃ロデリンダは、夫が戦に敗れて亡くなったと聞いて悲しんでいる。新王グリモアルドはロデリンダとの結婚を望むが、彼女は受け入れない。だが死...
0
舞台

新宿区民オペラ「仮面舞踏会」を観てきました

先週末、新宿区民オペラ「仮面舞踏会」を観てきました。 チケット入手の経緯 以前「ドン・カルロ」を観に行ったときに入っていたチラシでチェックしていたのですが、チケット入手の段階でちょこっとありました。 問い合わせ先にホールがあったので、そこで扱っているのかと思い、電話したところ「チケットの取り扱いはありません」とすげなく言われてしまったのでした。事務局に電話しようかと...
0

8月の新刊感想【本好きの下剋上】小説第5部9巻(30巻)

本好きの下剋上30巻表紙 待ちに待った「本好きの下剋上」最新巻が、10日に発売になりました。 とは言え、前巻までは発売日数日前からソワソワして、なんとか発売日以前に入手できないかと宅急便センターに問い合わせたりしたくらいでしたが、今回は他にも気になることがたくさんあったので、落ち着いて発売日を迎えられました。 だいたい、発売日当日は仕事だ...
0
スポーツ

久々に勝ち試合を観戦できました

開幕戦以来の観戦です 今年はせっかく開幕戦に当たって行ったのに、広島さんに惨敗して、その後なかなかベイスターズは調子が上がらなかったこともあり、ハマスタ、というか野球観戦から少し遠のいていました。(一応、相変わらずテレビや配信では観戦しています。)コロナのこともあるし、得点しても周囲とハイタッチとかできないし、応援歌も歌えないし、そういう意味では以前と比べて盛り上がりに欠ける、というのも足...
0
舞台

浅草演芸ホール8月上席/1年ぶりの「にゅうおいらんず」

毎年恒例の「浅草演芸ホール 8月上席」に行ってきました。 プログラム。絵はたい平師匠のもの 基本的に8月上席には、小遊三師匠と昇太師匠の落語家ディキシーバンド「にゅうおいらんず」のライブがあるので、なんとか1度くらいは行くようにしているのです。ただ、コロナ禍が激しかった時期は、2年くらい行くのを止めていました。 寄席について 寄席というのは落語家さんをはじめ、...
0
映画

映画「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」感想

「ジュラシックワールド」の新作が公開されたので観てきました。 あらすじ 〈ジュラシック・ワールド〉のあった島、イスラ・ヌブラルが火山の大噴火で壊滅、救出された恐竜たちは、世界中へと放たれてしまった。あれから4年、人類はいまだ恐竜との安全な共生の道を見出せずにいる。恐竜の保護活動を続けるオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、人里離れた山小屋...
0

「転生したらスライムだった件」小説12巻~15巻を買ってみた

本来日曜日はツイッターのまとめをアップしておりますが、先週はツイートしなかったのでお休みします。 Audible版をとりあえず2周して、コミカライズも出ているところまで読んで、Web版も一通り読んだところで、さてどうしよう、小説に行ってみようか、と思案しました。 最初の最初から書いているように、問題は完結していないことなのです。 なので「続きが気になる」ところまで読むのは止...
0

「転生したらスライムだった件」Web版感想

書籍の続きを買う前に、とりあえず完結しているweb版を読んでみようと、「小説家になろう」サイトに飛び込みました。 結構前に書き始めた記事なのですが、まとまらなくてアップが遅くなってしまいました。ついに書籍に手を出したので、その前にWebの感想を上げておきます。 やはり睡眠不足に… 前半は書籍との違いを楽しみながらのんびり読んでいましたが、やはり未読部分に入ると止...
0
舞台

久々の「生(ナマ)」オペラ

コロナは再び猛威をふるい始めていますが、ようやくこういうナマの舞台モノも開催されるようになってきました。 ピアノ伴奏・そして小規模ではありますが、本格的なオペラをステージで観るのって、本当に久々です。 4幕ものの「ドン・カルロ」で、字幕はステージの後ろに背景画像とともに表示されて見やすくなっていました。 こういう小規模なオペラにもかかわらず、セットも、それから衣装も...
0
タイトルとURLをコピーしました