昭和は遠くなりにけり

4連休の頭2日を使って博物館めぐりをしてきました。
どこも、私自身は初めて行くところでした。

最初に行ったのはさいたま市にある『鉄道博物館』

鉄道博物館は、東日本鉄道文化財団が設立した鉄道の歴史博物館です。

いやー、大きすぎて一日(半日)では回りきれませんね。昔有楽町に『交通博物館』としてあった頃と比べても段違いの規模。
現在は、体験型のもの、それも目玉とも言えるものがほとんどお休み中なので、全稼働してからまた行ってみたいものです。

そして2日目は墨田区に移動して、朝から「すみだ北斎美術館」へ。

すみだ北斎美術館は、葛飾北斎とつながるアートやものづくりを通じて、まちでの新しい交流を生み出し、産業や観光へも寄与する地域活性化の拠点となることを目指します。

浮世絵で有名な葛飾北斎に特化した美術館です。小さいですが北斎のすごさを実感しました。
タッチパネルでいろいろな解説やトピックスが見られるのも良いです。

午後はそこから近くの『江戸東京博物館』へ。「すみだ北斎美術館」のチケットを見せると入場料が20%引きになります。都立なのでもともと常設展はお安いのですが。

東京都江戸東京博物館の公式サイトです。ご来館案内、常設展、展覧会の情報や催し物情報などをご覧いただけます。

文字通り、江戸~東京に特化した美術館。江戸幕府開闢以来の歴史と、その時代の文化について詳しく知ることができます。

いやー、こちらも「てっぱく」同様、広すぎて見きれません…。まともに見たら、常設展だけでも丸一日かかります。今は特別展が無料で、そちらのチケットを買うことがなかったのでまだいいですが、そうでなければ特別展から行かないとマズいです。

2日間で3つの博物館・美術館をじっくり観てきてすごーく疲れたわけですが(もちろん面白かったです)、北斎はともかく、2つの博物館を観て、自分が歳をとったことを実感しました。

なんたって、展示品を観て「なつかしーい」を連発してしまうんですもん。

鉄博には、昔の車両の他に、駅の様子の再現がされていたり、看板やポスター、チラシなどが当時のように貼られています。

たぶん、メインターゲットの親子連れにとっては、『直接見たことのない歴史』の一部だと思われますが、私にとっては、「昔リアルに見た風景」であって、懐かしいんです。

私達世代にとっては、蒸気機関車こそ、走っているのを(イベント以外で)見たことないですが、若い彼らにとっては0系新幹線だって、すでにリアルでは見たことのないものですもんね。

人が立って切符にハサミを入れていた改札も、駅に必ずあった伝言板も、窓口の奥にあった切符がたくさん刺さっていた台(名前がわかりません)も、金額が1種類しかない切符の自動販売機も、すべて中高生時代、通学していた頃にリアルに見ていた風景でした。

同じように、江戸東京博物館でも、江戸時代は完全に「歴史」ですが、東京時代、それも戦後になると、意外とすぐから自分たちの生きてきた時代のものが、「歴史の一部」として展示されていて、感慨深いものを覚えました。

それでも、こちらは鉄道の歴史に比べると、全体の期間がだいぶ長いので、我々の生きてきた時代は本当に最近という扱いで、おそらく平成世代も遠からず「歴史」に飲み込まれていくことでしょう。

すでに平成も終わりましたからね。昭和はますます遠くなりました。

それぞれの博物館・美術館についての詳しい情報・感想は、また改めて。


一段上がるか、元の木阿弥か?

前回の続きです。

声楽発表会の総括と言うか、感想を先生からいただきました。

発表会の練習前にレッスンしていた2曲を久々に歌いました。
6月くらいまではこちらの曲でしたので、3ヶ月ぶりくらいでしょうか。

一曲目は、ベッリーニの「6つのアリエッタ」より5番「どうぞ、いとしい人よ(Per pieta, bell’idol mio)」

「6つのアリエッタ」は、6番から始めて1番に戻り、順番に歌ってきて最後のこの曲です。今回で3回目だったかな? テンポが早いので体の準備が難しいです。ついつい勢いで歌ってしまうのがよろしくないですね。

ただ、今回、胸を広げて、同じ高さが続くときは先に行くほど開きを大きくして、お腹で支えて響きをつける、また上に上がる時も同じように先に支えてポジションを上げてから音を出す、などに注意して歌っていくと、良い感じになっていたようです。

この曲は次回もう一度やって、その後はイタリア近代歌曲の「ああ、いつわり(Non è ver! )」を歌うことになりました。

そしてこの日二曲目は、オペラ「ドン・パスクワーレ」より「あの目に騎士は(Quel guardo il cavaliere)」です。

残り時間が少なかったので冒頭の部分だけ。

この日の課題が「しっかり支えながら、開く」でしたので、歌曲と同じく注意されるのはこのことばかりです。

これ一点に絞れば、レッスンの間はなんとか気をつけていけます。外れそうに慣ればその場で正していただけますし。問題は、自分で練習するときに良し悪しがわかりづらいということですね。これが声楽の難しいところです。

今回は冒頭部分だけでしたので、気をつけやすかったのですが、この曲に関しては難しいのはこの先なので、歌詞のリズム読み等の練習をしっかりして、あまり無理に歌わないで置こうと思います。難しいところを歌ってしまうとまた悪いクセが出そうと言うか、つきそうなので…。

「今、もう一段階上がりそうなので、戻らないようにがんばりましょう」とのことでした。上がれると良いなぁ。

次回は先生がお忙しいので3週間後です。
コロナで途切れていたお仕事が入ってくるようになったそうで、良かったです。


開いても、落とさない

声楽のレッスンに行ってきました。発表会後、最初のレッスンです。

最初に、発表会の感想というか、今後の課題をいただきました。

発表会の感想、私の場合はいつも、先生の奥様であるソプラノ歌手のN美先生のものを聞かせていただきます。普段はレッスンを受ける機会がなく、発表会でのみ聴いていただくので、前回との比較がはっきりわかりますし、また同じソプラノとして、男性の先生にはわかりづらい点もご指摘いただける貴重な機会となっています。

今回は、「息の流れがとても良くなっているので、次は『開き(あき)』だね」とのことでした。やはり、どうしても開きが足りないので響きがつかず、安定感に欠け、ノドへの負担がかかっているとのご指摘でした。

それでも、息の流れが良いので途中で詰まることは無くなっているとのこと。あとは、支えながら、音色を変えずに、もっと太い息の通り道を作れると、響きのついた良い声になるでしょうとのこと。

ただ、先生(バリトンのY先生)の心配は、私の場合開きを多くすると、響きが上側ではなく下に付きやすく、胸に落ちやすいことです。もともとそうやって歌っていたので、響きを上の方に持ってくるのに何年も苦労してきていますから。

結果、落とさないために開きも少なくして上の方だけで歌うような感じになっているんですよね。そうすると響きが足りず薄っぺらい。

という訳で、今後は開きを意識して行くのですが、絶対に忘れてはいけないのが、下からお腹で支えること。これをしないと、また元の木阿弥ということで。

頑張りましょう。

レッスンの内容はまた次回。