バーチャルおかあさんコーラス、投稿しました!

以前、「バーチャルおかあさんコーラスに参加します!」と書きましたが、ようやく実現して、本日無事投稿を済ませました。

いやいや、練習は時間のあるときにチマチマとしていたのですが、いざ、撮影(録音)して投稿するとなると、これが意外にハードル高くて。

何しろ、投稿音声(私は結局映像ではなく音声のみで参加しました)は自分の声のみ。伴奏も、もちろん他の人の声も乗りません。ハダカの声を録音して送るなんて、それだけで結構ビビるじゃないですか。

歌うときにはガイド映像を見ながら、ヘッドホンで伴奏とガイドメロディーを聴きながら、それに合わせて歌うわけです。でも、録音されるのはそこで歌った自分の声だけです。

そして、レッスンも受けずに歌うわけですから、とにかく録音して自分にダメ出しをするしかなく。これが結構キツい。自分の声と向き合うのって、気恥ずかしいし、粗しか聞こえない(笑)。

でも、カンペキに歌うなんて、プロでも音大卒でもないので無理、と割り切って、投稿用の録音を始めたものの…。結局、ある程度納得がいくまでには20回くらい歌い直しました。それでもやっぱり、キズありのままって気が引けますよね。

演奏会なら、その場限りのものなので、ソロであっても失敗しようがキズがあろうが、ナマものということで受け入れられます。が、録音したものを送るとなると、本当なら良いところを切り貼りしてキズなく仕上げたくなりますよね。(時間かかりすぎるし技量がないのでやりませんが。)

まぁ、主催者の方がこんなツイートをされていましたので、カンペキとは程遠かったのですが、締切も迫っているし、投稿してしまいました。

投稿方法ですが、LINEを使う方法と投稿フォームから送る方法があり、私はPCからなので、投稿フォームを使いました。

LINEの場合は指定のアカウントを友達登録してそこから直接送るので、あまり難しいことはなさそうです。スマホから直接送るならこちらが便利でしょう。

投稿フォームからの場合は、直接アップロードするのではなく、メールが送られてきて、そこに自分のIDおよびDropboxの投稿用URLが送られてきます。

ここで注意しなければならないのは、Dropboxのアカウントを持っている場合、先にログアウトしなければなりません。私はこれを忘れて一回失敗しました。(担当の皆様すみません)。

ログインしていない状態の画面で、該当ファイルを選択し、ファイル選択のボックスの下に、送られてきたIDと自分のメールアドレスを入力すれば投稿できます。ログアウトしないとこのID・メルアドの欄が出てきません。利用される方は注意してください。

締め切りまであと3日になりましたが、もし参加したい方がいらしたら、この週末、ぜひトライしてみてください。


人体実験に参加してきました

本年度3回目、ハマスタは2回めのプロ野球現地観戦に行ってまいりました。

着いたときにはもう暗くなっていて、季節の進みを感じました

今回は、イベント人数制限緩和に向けた「技術実証」ということで、定員が緩められ、チケット価格も35%引きということで、息子の「おごり」で行くことになりました。まぁ、モルモットですね。

でも、この時期のナイター、寒いし、たくさん入ると感染が怖いと避けた人も多かったようで、目標の定員80%には遠く及ばない51%しか入らなかったらしいです…。昨年まではチケット争奪戦で、シーズン終盤になってもほぼ満席だったのに。

技術実証ということで、予めアンケートでアバウトな個人情報と席位置を知らせ(席に関してはチケット券面の画像を送ります)、技術実証のLINE@特別アカウントを登録したり、接触確認アプリ(COCOA)のインストールを済ませたりする必要がありました。なお、COCOAのホーム画面を見せるとスタジアム内で使える500円クーポン券をもらえたので、食事代がかなり助かりました。(LINE@の方はのちのちベイスターズ関連の店舗で使える1000円クーポンをもらいました。)

こうやって、入場者の情報を把握した上で、スパコンで飛沫の飛び具合だの、マスクの着用率だのを検証するらしいですね。

今回我々は前回同様3塁側内野の前の方だったのですが、前回は中日戦だったのに対し、今回は阪神戦。阪神ファンの観戦態度は以前から結構問題ありだったので心配だったのですが、やはりコロナ禍の現状であっても大きくは変わらないというか、やはりおとなしくはできない方が多くてちょっと閉口しました。

最初はそうでもなかったので、やはり問題はお酒なんでしょうかね。お酒が入ると、大きな声を出すなと言っても出てしまうようだし、ヤジは飛ぶし、そのうちみんなで歌い出すし…。まぁ、実証実験としては参考になるのかもしれませんが、観戦リスクという意味ではなかなか危ない状況でありました。

まぁ、試合内容がね、当日の気温のように寒かったので、途中までかなりつらかったです。何しろ、8回までは攻められっぱなしでこちらの攻撃はヒット1本(ソロホームラン)だけ。四球2個でチャンスになったのが1回ありましたがそこは点が入らず。攻撃時間はあっという間に終わってずっと守り。実に寒かったです。

それはある意味阪神ファンも似たようなもので、ランナーは出るけど点は入らず残塁の山、ということで、ストレスが溜まっていたんでしょうね。それもあってどんどん声が出てしまったのかも。

そんな風にお寒い状況のまま、9回裏ランナーは1人出たものの2点ビハインドのままツーアウト。周りでは阪神ファンたちの『あと一人』コール。もう、無法地帯(笑)。

ところが、その寒い寒い状況をロペス選手が打破してくれました。起死回生の2ランホームランであっという間に同点。茫然自失の阪神ファン。正直、痛快でした(笑)。ただ残念ながら同点止まりで延長戦へ。

そうしたら、守護神の三嶋投手、連投でお疲れなのか満塁に。そして上田選手にデッドボール?? 押し出し?? ということでリクエスト検証。ちょうどその頃巨人の優勝が決まるかどうか、9回裏ツーアウトでランナー溜まって岡本選手丸選手の並びのところだったので、スマホでそっちの試合を観ながらリクエストの結果を待っていたら(リクエストはリプレイ映像観たらどうもグリップエンドっぽい、たぶんファウルと思ってましたが、時間がかかっていました)、周りの阪神ファンのみなさんも巨人の結果が気になるらしく、私のスマホ画面を覗き込みにやってきたりしていました。

巨人の方は決着がつかないうちにリクエストが成功して、阪神にとっては勝ち越し点が幻になってファンは再度がっくり。そのままこちらも点は入らず引き分けになって、数少ない近くのベイファンと肘タッチ。阪神ファンの皆さんは意気消沈していました。

その後花火のパフォーマンスを待つ間に巨人の優勝が決まってしまいましたが、こちらはほとんど負け確定だったのを引き分けにしたので、気分は良かったです。あんなに寒かったのに、ロペス選手のホームランの後はあまり寒さを感じませんでした。

試合後は退場規制がかかって、試合が終わってから20分くらい足止めを喰らいましたが、そのおかげか関内駅では混雑に合うこともなく、無事帰宅しました。

実証実験は明日まで続きますが、土日はデーゲームで天気が良ければ暖かいですし、もう少し人は入りそうです。実験がうまく行って、規制緩和が無事に進むといいなと思います。


「鬼滅の刃」全22巻を一気読み(Kindleアカウントを家族共有)

「鬼滅の刃」劇場版、ものすごいロケットスタートだったようで…。最終的な興収がどこまで伸びるのか、気になるところではあります。(消えてしまうと思うので、本文を一部引用しておきます。)

アニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」(外崎春雄監督)が、16日の封切りから10日目の25日に興行収入(興収)100億円を突破した。配給のアニプレックスは26日、25日までの興収が107億5423万2550円に達したと発表した。それまでの最速記録は、日本歴代最高の興収308億円を記録した、宮崎駿監督の01年のアニメ映画「千と千尋の神隠し」の25日で、その記録を19年ぶりに、15日間も更新した。(以下略)

「鬼滅の刃」19年ぶり興収記録更新、年間も首位(日刊スポーツ 2020/10/27) – Yahoo!ニュース

私もすでに2回観ましたが、さすがに続きが気になって、未読のコミックスが読みたくなってきました。

以前に書きましたが、夫は電子書籍(Kindle)で全巻持っているものの、電子書籍の共有というのがなんとなく面倒、というか、所有者がその気にならないと読めないため、それを借りるのは半分諦めていて、とりあえずレンタルコミックでも、と地元のTSUTAYAに行ったところ、案の定1巻からしばらくと、映画の続きである9巻以降は棚がほぼカラでした(笑)。

なんとなく諦めがつかなくて、映画のエピソード部分の7,8巻はそこそこ残っていたので、そこだけ借りて読んでみました。すると、原作は意外にあっさりしていて、映画はそれこそ上手に話を膨らましていることがわかりました。また、映像では省略された「説明」部分があって、小さな疑問が解決したり、8巻の後半では、映画の続きのエピソードも読めて(大きな話は9巻以降)、読む前よりさらに、他の巻も読みたくなってしまいました。

その話を夫にしたら、「俺が持ってるKindle本、読む? 方法考えて」と言ってくれたので、ようやく真剣に、家族の買ったKindle本を読む方法を調べてみました。まぁ、家計が一緒なのですからこの辺りはできるはず。

結果、別アカウントで買ったものを読むことはできませんが、自分の端末のKindleアプリに夫のアカウントでログインして、夫のアカウントで読むことができる(というか、その方法しかない)ことがわかりました。

幸い、私のKindleアカウントは、文字の本は買っていても、マンガはほとんど買っていませんので、KindleはiPhone専用にしてしまい、画面の大きいiPadのKindleアプリを登録解除して、夫にログインしてもらいました(IDとパスワードは知りません)。

結果、夫が買った膨大なマンガが自由に読めるようになりました(笑)。当面は鬼滅のみにしておきますが。また、夫の気が変わって彼がアカウント操作で私の端末を解除してしまえば読めなくなるので、おかしなことはできません。

前置きが長くなりましたが、それで読めるようになった「鬼滅の刃」22巻、まさに一気読みしてしまいました。

いや実に面白かったです。展開が早くて息もつかせないし、それこそ週末、寝る間も惜しんで読んでしまったので、月曜日なのに、うっかり寝不足という事態に陥ってしまいました。そして、最終巻の前で途切れていますので、ある意味消化不良…。まぁこれは仕方ないですね。12月の発売を楽しみに待つことにします。

原作を全部読んで改めて感じたのは、アニメの出来の良さ。原作はもちろん面白いし、セリフ等は原作から引っ張っていますが、この世界観そのままに、映像はカラフルで美しく(マンガはモノクロなので)、音楽と声が世界観にぴったりなんですよね。あと、どなたかがおっしゃっていましたが、マンガは時間経過を気にせず読み飛ばしてしまいますが、アニメ、映像は時間経過も作品の方に握られていますから。

原作を一通り読んだので、また隙間の時間にアニメを観てみようかなと思います。こんな記事も読んでしまったので、今までとは違った視点で観られそうです。

老若男女、様々な層のユーザーを虜にし、爆発的なヒットとなった『鬼滅の刃』。そのアニメーション版を手掛けたのが「ufotable(ユーフォーテーブル)」だ。これまでに『劇場版「空の境界」』や『Fate』シリーズなどを手掛け、そのクオリティの高さからアニメファンに絶大な支持を得ているアニメーション制作会社である。そのクオリ...
老若男女、様々な層のユーザーを虜にし、爆発的なヒットとなった『鬼滅の刃』。そのアニメーション版を手掛けたのが「ufotable(ユーフォーテーブル)」。アニメーション版『鬼滅の刃』がどのように作られたのか、デジタル映像部 撮影監督の寺尾優一氏と3D監督の西脇一樹氏に聞いた。注目の後編です。

アニメの続編は当分出ないでしょうから、とりあえずは12月に原作の完結を見届けて、アニメは気長に待とうと思います。なぁに、「十二国記」で10年以上待ちましたし、「ガラスの仮面」は40年越しで読んでいますから、待つのは慣れてます(笑)。