帰宅難民の端くれになりました

息子がヨーロッパより帰国しました。

たくさんの体験をお土産に帰ってきたのは良いのですが。

あいにく昨日は大嵐。

飛行機は午前中に到着したのでまだ良かったのです。

夕方から天気が荒れると朝からずっとニュース等で言っていたので、少しでも早く帰れたらいいな、と思って、解散場所まで行きました。

予定通り二時過ぎにはバスが着いたのですが、そこから教会の聖堂で解団式があり、延々といろんな人の挨拶。

この日帰国したばかりの人たちは、この事態を理解していないようでした。

ようやく30分くらいで式は終ったものの、今度はそこからホールに移って団員達だけでまた延々とミーティング。

三時過ぎに子供たちが出てきて帰り始めたものの、そろそろ天気はかなり怪しい感じ。

とは言えまだ電車は七割程度運行中とのこと。

ここですぐに帰ればあんなことにはならなかったのに…。

とにかく早く帰ろうと息子を急かすも、いつも一緒に帰っている同方向のF君が、お母さんが係の仕事で当分帰れないとかで、彼を一緒に待つといって聞きません。

同じく同方向でさらに遠いO君も含め、ずーっと三人で積もる話は尽きることなく、一時間くらい経ってしまいました。

その時間になってもまだF君ママのお仕事は終らず、他にも高校生などはまだまだいろいろあるらしく残っていました。

ただ、F君ママが気を使って、自分たちは何時になるか分からないし、帰れなくなると自分が困るからと息子たちを説得してくれ、ようやく帰路に着きました。

が、駅に着いたらいきなり電車は間引き運転のせいで30分待ち。

でもその線はそれほど混んでいなかったので待っただけで普通に乗れ、普通に動いていました。

問題はその後です。

乗り換えようとした電車はホームにいましたが、もうギュウギュウ詰めで、大きなスーツケースを2個(O君と二人)抱えた私たちは絶対乗れません。

仕方なく見送って、次の電車を待ちましたが、これまた列の後ろになってしまったのでスーツケースが乗れず。

ようやく乗れた三本目。この時点で多分既に30分くらいは経過。

私達の降車駅より先で運転が止まってしまったとのことで、少し停車した後、隣の駅まで運転。

ただ、また隣の駅(結構大きなターミナル)で止まってしまい、10分くらい経った頃、「この電車は回送になります」とのアナウンスで降ろされてしまいました。

この時点で電車は全線ストップ。確か既に午後6時前。

仕方なく振替乗車券をもらってバス停を目指したのですが。
ここでO君親子とはぐれてしまいました。

我々の目指す駅は二駅先。ここへ行くバスは一時間に一本のみ。

なのに、バス停はそれに乗りたい人が殺到して大混雑の大混乱。

少し待っていたら最初のバスが来たのですが、押し合いへし合いで、スーツケースを持った息子は立っているのがやっとでした。

ちょうどこの頃が雨風のピークで、時折ものすごい突風が吹いて怖かったです。
バスに乗れる見通しも立たず、いったいいつになったら帰れるのか、と一時途方にくれました。

一駅手前の隣駅行きは20~30分に一本くらいのペースで来ているようだったので、乗れたらそれに乗ろう、と息子と決め、ある程度前に進んで待ちました。

前のバスが行って20分くらい経った頃でしょうか、そのバスが来てなんとか乗り込むことに成功し、スーツケースも最後部に乗せて座っていくことが出来ました。この時点で午後7時を回っていました。

その後着いた隣駅で30分待って、無事自宅方向へ向かうバスに乗り継ぐことが出来ました。幸い、こちらの駅はターミナルではないのでそれほど混んでいなくて、ラッキーでした。

そんなわけで私たちが自宅に帰りついたのは夜の8時半ごろ。

後で聞いたらO君親子は12時過ぎまでかかってしまったそうです。

敗因は、ターミナルの同じバス乗り場で、やはり二駅先に直接行くバスを最後まで待ったいたことのようです。

そういえば、帰り着いてから近くのスーパーに買い物に出た際に何台かそのバスを見かけたのですが(臨時増発したとしか思えない本数が来ていました)、どれも超満員でしたもん。

しかし、考えてみたら、スーツケースさえなかったら、もっと早く帰れていたんですよね。超満員だろうが見送らずに二本前に乗れていたら、夕方には帰り着いてました。

教訓。スーツケースは空港宅急便で送るべし

まぁ、解散した後グズグズしていたのが一番いけないんですが。

と、最後にミソをつけてしまいましたが、息子は無事家に帰ってきました。
明日からはもう学校ですが、実り多い春休みになったことと思います。


3月の声楽レッスン

息子が旅行に行っている間にも、声楽のレッスンはありました。

というか、レッスンに関するブログをしばらく書いていませんでした。

この間のレッスンの覚書を少しまとめておきたいと思います。

All I ask of you

だいたい暗譜もできたし、特にこれと言うほどのことはなし。ハモる部分、相変わらず夫が私に引きずられてしまうのだけど、こればっかりは私にはどうしようもないし。

演技演出を少し考える必要がありますが、今回は「演奏会形式で歌います」と宣言したので、演技と言うほどの演技はしなくて良くなったので気楽になりました。

Phantom of the Opera

最後の部分が不安なのと、時間短縮の必要もあり、1コーラスカットすることになりました。結果的に転調が一回減り、最後の音も半音下がりました。

実際これでかなりラクにはなりました。

あと、最初の超低音も、このままだと聞こえない、ということで(地声で歌っちゃえばちゃんと出そうな気はしますが、私の地声はかなり低いので、クリスティーヌらしくなくなってしまうのと、ポジションが下がって後の高音がきつくなるので)、1オクターブあげて歌うことにしました。男声側(ファントム)と同じ処理ですね。

転調が一回減ったことで、伴奏側の楽譜が結構大変なことになっています。先生にはお手数掛けます。

半音下がったとはいえ、最後はやっぱりきついです。最後の最後に「Hi-D(五線の上第3間のレ)のロングトーン」ですから。いかに、そこまで声を持たせるか。練習で鍛えるのみでしょうかね。

Think of me

ほぼ暗譜は完了。あと問題はブレスコントロールと最後のカデンツァです。フレーズ感を大事に。もっとも大事なことは、発声を考えながら歌うこと。

以上。


劇団四季「オペラ座の怪人」

息子がヨーロッパに出発して約一週間。毎日現地からアップされる写真やtwitterによると、元気にツアーを続けているようです。昨夜を含めて二回の聖堂コンサートは大盛況だったようで、貴重な体験を積み重ねているようで、わが息子とはいえ、うらやましい限りです。

それにしても、学校の長期休み中ずっと子供がいないというのは、寂しいのはありますが気楽ですね。食事の心配もしなくていいし、いつどこに出かけていつ帰ってくるとか一切考えなくていいし。

こんなに長い期間子供がいないのもここ十数年初めてで、いろいろ新鮮な感じです。

前置きが長くなりました。

子供がいないので心置きなく夫婦でミュージカル観劇にでも行こうと、昨日は劇団四季の「オペラ座の怪人」を初めて観てきました。

もちろん、チケットはかなり前に取ってあったのですが。

ミュージカルというといつも残念な席なことが多いのですが、今回はかなりな良席。なにしろセンターブロックのかなり前寄り、しかも通路側という絶好の席です。一般なのに、我ながら良く取れたなぁと思います。ちなみに今発売中の期間、この辺りはもう絶望的ですから。

「オペラ座の怪人」は今練習中ということもあって、ぜひ一度生舞台を観たかったのです。

そんな期待の中、始まった舞台は…やはり良かったです。

四季の舞台はやはりハズレがないというか。舞台セットも豪華とは言いませんがきちんとしてますし(ここは日本のオペラと一番違うところ)、ダンスも歌も演技も破綻がありません。

何より、やっぱり作品そのもの、曲そのものが良いので、きちんと演じてもらえれば感動できますね。

ただいくつか残念なことはありました。

一つは日本語上演であること。まぁこれは仕方ないことですし、日本語なだけにストーリー展開がわかりやすかったのはむしろ良い面です。ただ、どうも音楽のリズムや、本来の歌詞の意味と合っていない部分が多かったのはちょっと気になりました。

もう一つは、一部が口パクだったこと。

少なくとも、タイトル曲「オペラ座の怪人」の中の、ある意味クリスティーヌの一番の聞かせどころ、の最後の部分。最高音Hi-Es(ミ♭)の部分は絶対に歌っていないのがバレバレです。なぜなら、あんなギリギリの高音なのに、口こそ開いていても涼しい顔をしているんですもん。その前も人によっては逆立ちしても出ないHi-C(ド)連発ですが、かなり涼しい顔をしていたのでひょっとしたら歌っていないのかも。

この曲は私自身今すごく苦労していて、ここでどれだけすり減るかを身を持って知っているので、どう歌うのか結構構えて見ていたんです。そうしたらあまりにもあっさり涼しい顔で切り抜けてしまって…。ちょっとがっかりしました。せめてもう少し必死な表情が見られたら、気付かなかったでしょうに。

一か所こういうところがあると、実は他もそうなんじゃないかと疑心暗鬼にかられてしまったことは確かです。(たぶんほとんどはきちんと歌っていたと思いますが。)

マイクを使った歌唱なだけに、録音が使われていても気づかないシーンってたくさんあるような気がして。

少なくともオーケストラはちゃんと入っていて生演奏だったので、一部だけだったと信じたいです。

こういうところが、オペラとミュージカルの決定的な違いなんですよねぇ。

とまぁ、一部に不満はありましたが、やっぱり良かったです。「オペラ座の怪人」。四季の舞台は一度観るとまた観たくなる魅力がありますが、なかなか経済的にそれが許されないのがつらいですね。

「キャッツ」や「ライオンキング」は息子にも見せたいと思っているんですけどね。