PC・ネット一覧

今度はバーチャルハマスタ

先日、ヨコハマスターナイトを「オンラインハマスタ」で観戦したと書きましたが、今度はまた別のオンライン観戦、「バーチャルハマスタ」を体験してみました。

スターナイトの抽選に外れたので、今年はZoomでつながる「オンラインハマスタ」に参加しました!

「オンラインハマスタ」は、zoomを使って、配信される野球中継画面を共有しつつ、ゲストや参加者とコミニケーションが取れたり、実際のスタジアムのビジョンに参加できるというものでした。

「バーチャルハマスタ」はそれとは全然違って、ネット上に横浜スタジアムを再現して、そこにアバターが出向いて、リアルの野球中継を演出つきで楽しむという感じでしょうか。

「cluster」(今のご時世にイヤな響きですね(笑))というシステムを使ったこの試み、PCでも参加できたようですが、私はiPhoneで参加しました。

「cluster (クラスター)」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べる、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNSです。

スマホの場合はアプリで参加します。

予めアカウントは取っておきました。SNSアカウントを持っている人は、それを使ってログインするほうが簡単かと思います。私はTwitterのアカウントを使いました。

clusterを立ち上げると、真っ先に「バーチャルハマスタ」が出てきますので、迷わず入場します。

入るとこんな感じ。

横浜スタジアム周辺が再現されてます。奥にスタジアムが見えます。左側にはチャットウィンドウが開いています。

左下の○印でアバターを操作します。…が、画面の動かし方を含めて、結構難しかったです。

外周をグルっと歩いてみると、ショップがあったり、操作方法が書いてあるパネルがあったりしましたが、慣れるまでは行きたい方向を向くのにも一苦労でした。

試行錯誤の末にスタジアムの中に入ると、コンコースも再現されていたのですが、なんとスクショを撮っていませんでしたので、そこを飛ばしてスタジアムの中に入ります。なお、スタジアム外・コンコース・そしてグラウンド内それぞれに移動した際はロードが入って結構時間を食います。

いきなりグラウンドです。他にもアバターがたくさんいます。

ここに入ると、MCの堤下さんとゲストの小杉陽太さん(ベイスターズの元投手)のトークが聞こえるようになり、合わせてテレビ画面の実況も聞こえます。奥のモニターには試合の中継画面が映っています。

堤下さんのトークで、ひたすら「VIPルームではこんなことしてます。来てください」と連呼していたので、VIPルームを探したのですが、全然見つかりませんでした。おそらく外から入るのだと思いますが、入口すら見つからず。
チャットを見ていたら、見つからなかった人は他にもいっぱいいたみたいでしたが、具体的に教えてくれる人には出会えませんでした(涙)。

聞くところによると有料だったみたいですが、ちょっと行ってみたかったです。スペシャルな映像も結構あったみたいなので。

また、アバターの着せ替えアイテム等も販売していたようですね。そちらは買わなかったかな。

VIPルームが見つからないので、中継画面の近くまで行ってひたすら中継を見ていました。

途中から何かいじってしまったらしく堤下さんたちのトークが聞こえなくなり、普通に実況音声だけが聞こえていましたので、試合を観るには良かったのですが、途中に入る演出のせいで画面が見づらいのと、ご覧のように画面の中に画面があるので試合そのものが見づらく、結局途中で退出して普通にテレビ見てしまいました(笑)。何より、自分のアバターの頭がジャマで画面が切れちゃいますしね。

今回はまだ体験でしたし有料VIPルームに入れなかったこともあって、お金をかけずに話のタネにはなりましたが、今のままだったら別にわざわざ行かなくてもいいかな。

他に視聴手段がなかったら、アリかもしれませんが、我が家の場合はケーブルテレビで普通に中継全部見られますし…。横浜スタジアムの場合は地上波TVKの中継が入ることも多いですし、ニコ生でも中継していますからね。

なお、この日の試合は梶谷選手と佐野選手の大活躍で快勝!でした。ホームランや得点シーンがたくさんあったので、派手な演出がいろいろあったみたいですが、あまり印象に残っていなくて。確か、アバターに拍手させた覚えがあるから得点シーンも見てたと思うんですが。もうちょんと入り込める感じだともっといいのかもしれませんね。

でも、面白い試みではありました。おそらくこれからどんどん進化していくでしょうから、また開催されたら、覗きに行くかもしれません。次回がいつかは発表されていませんが、興味のある方はぜひ。


PCからFAX送信したいけど、アドレス帳が取り込めない(リコー複合機)

先日の「スクショ推奨」記事で書いていた、「ググッて解決できなかった話」です。

トラブルの解決法を説明するのに欠かせないスクショ。手軽にこまめに撮りましょう。

FAXの一斉送信をしたい

職場ではリコーの複合機を使っています。普段、FAXは本体から直接、登録先を選んで送るか、番号を打ち込んで送っています。

ところが、先日クライアントPCが一台ウィルス感染してしまったため、その注意喚起のFAXを取引先に一斉送信したいと相談されました。
公式サイトには書いたのですが、取引先はそんなもの見ませんし、その後もうっかり添付ファイルを開いて感染する、という話が後を絶たなかったようです。

だったら、せっかくPCからFAX送れるのだし、アドレス帳をPCに読みこんで、そちらから一斉送信したほうが楽じゃない?、ということになりました。

PC FAXのドライバーを最新版にして、アドレス帳を取り込み

私自身は以前からPC FAX Genericというドライバーを入れてあったので、何度も使っていたのですが、今回使っていなかった人のPCにインストールするので、最新版をダウンロードしました。

そして、アドレス帳も以前取り込んだ時から少し追加されているであろうと思い、ドライバーに付属のMFPアドレス帳取得ツールを使って、複合機からデータを取り込むまではうまくいきました。やり方はこちらです。

複合機に登録されたファクス宛先をパソコンに保存する方法について知りたい(MFPアドレス帳取得ツール)。

よくあるご質問 -FAQ-(リコー公式サイト)
【リコー公式サイト】

そして、できたcsvファイルを、今度は「あて先表編集ツール」を使ってあて先表形式(.rfa)のファイルに変更するのですが、ここでつまづいてしまいました。

あて先帳編集ツールが使えない!

まずは、公式サイトに出ているやり方です。

【リコー公式サイト】

FAQの通りにやっても「形式が違います」のようなメッセージが出て先に進みません。

また、FAX送信画面から以前のアドレス帳を呼び出そうとしてもできません。
もちろん、ネット上の情報は片端から調べて、同じ状況がないか探したのですが、見つけることができませんでした。

ここで行き詰まってしまいました。

この後、最新版がいけないのかと思って、ダウンロードページにあった前のバージョンのドライバをインストールし直してみたのですが、それでもダメ。

結局、リコーのサポートに電話してみました。

電話サポートで解決

電話サポートの方に状況を說明したところ、しばらくして折返し電話がかかってきました。
担当の男性は、順を追って的確に說明してくれました。

つまづいていたのは、「あて先帳編集ツール」を使って、取り込んだcsvファイルをPC FAXで使える形式に変換する部分です。

「あて先帳編集ツール」で、「取り込み」を選択し、取り込んだcsvファイルを選ぶと、そこで「形式が違います。作成しますか?」のようなメッセージが出ていました(うろ覚えなので実際のメッセージとは違います)。

その「作成しますか?」が出たときに、ファイル名を入力するダイアログボックスで、適当なファイル名(aでも1でもfileでも何でも良いみたいです)を入れて新しいcsvファイルを作ると、突然道がひらけました。

そこをクリアすると、上記リンク先のFAQの通りに作業を進めることができるようになるのです。その後は何をやってもつまづくことはありません。(なので、後でスクショを撮ろうと思ってもできないのです…)。

そこで作ったダミーのcsvファイルは空っぽで、実際には今回取り込んだcsvファイルを選ぶのですが、直接選ぶとエラーになっていたのに、ダミーを作っただけで選べるようになるとか、聞かなければ絶対にわかりませんでした。

それこそ、昔の記事のタイトルですが「疑問はその場で解決しましょう」というやつです。

職場で、ある配布用資料の修正をお願いされました。 資料と言っても、すでに印刷されたものしかないので、スキャンされた画像になっており(tif...

今回のPC FAXの件は、私が探した限りでは、ネット上で見つからなかった解決法なので、覚書としてここに載せておきます。自分がまたつまづくかもしれませんし、誰かがどこかで探しているかもしれませんから。


スクリーンショットをこまめに撮りましょう

以前からPCやネット関係の話をよく書いていますが、その理由は、「自分がまた同じトラブルに見舞われるかもしれないから」です。

実際、「これ、前にもあったけどどうやって対処したっけ?」と、断片的に記録していると探すのに苦労してしまいます。結局ググッたりして。

個人のことなら別にそれでも良いのですが、仕事のこととなると、今度は自分以外わからないでは困るので、やはり情報は集約しておく必要があります。

ググッても出てこないことについては、ここでブログに書くことで、自分もあとで思い出しやすいですし、会社の人のみならず、画面の向こうの知らない人の役に立つことがあるかもしれないと思っています。

実際に自分自身がネット上の情報に助けられたことは数しれず…。

だったら、ネットで見つからなかった情報は共有すべき、と思っているのです。これぞ集合知。

実は今回もそんな事案があったので書こうと思っているのですが、書き始めて愕然としたことがあります。

スクリーンショットを撮ってない…。

実はこれ致命的。正確なメッセージが思い出せないじゃないですか!

ネット上の情報はたいてい、皆さんちゃんとスクショを載せて丁寧に解説してくださっています。そうじゃないとわかりづらいですもんね。

とりあえず、今回はスクショ無しで頑張って書いてみますが、今後のために、なにかトラブったらまずスクショを撮ることを心がけたいと思います。

さてそのスクショ。iPhoneやiPadなら簡単ですが(あ、ホームボタンないタイプはわかりません…。自分のは「電源+ホームボタンの同時押し)、PCだと結構ややこしいですよね。

prc sc(プリントスクリーン)ボタン単独、またはAltキーと同時押し(この場合はアクティブウィンドウのみ)でクリップボードに保存されるので、それを画像処理ソフト(ペイントとか)で開いて保存、と手間がかかります。

クリップボードは基本一回で上書きされますので、そういう意味では全然お手軽ではありません。

そこで、お手軽に自動保存する方法はないかと探したところ、Microsoft OneDriveを常駐させておけば、OneDriveの設定で、ワンタッチでスクリーンショットが保存できるようになることがわかりました。(画像はタスクトレイの雲のアイコンを右クリックして出てくる「設定」の画面)。

なおOneDriveのサイトは↓。

OneDrive に無料でサインアップして、安全なクラウド ストレージを使用すれば、写真をオンラインで保存し、デバイス間での編集やファイル共有ができます。オフライン アクセスにも対応しています。

とにかく、画面メモが必要と思ったらとりあえずスクショ。自動保存されるので、あとで取捨選択すれば良いですからね。

今後のために、肝に銘じておこうと思います。