このサイトについて

「転生したらスライムだった件」小説12巻~15巻を買ってみた

本来日曜日はツイッターのまとめをアップしておりますが、先週はツイートしなかったのでお休みします。 Audible版をとりあえず2周して、コミカライズも出ているところまで読んで、Web版も一通り読んだところで、さてどうしよう、小説に行ってみようか、と思案しました。 最初の最初から書いているように、問題は完結していないことなのです。 なので「続きが気になる」ところまで読むのは止...

「転生したらスライムだった件」Web版感想

書籍の続きを買う前に、とりあえず完結しているweb版を読んでみようと、「小説家になろう」サイトに飛び込みました。 結構前に書き始めた記事なのですが、まとまらなくてアップが遅くなってしまいました。ついに書籍に手を出したので、その前にWebの感想を上げておきます。 やはり睡眠不足に… 前半は書籍との違いを楽しみながらのんびり読んでいましたが、やはり未読部分に入ると止...

「転生したらスライムだった件」Audible11巻までの感想

先月、「転スラ」をAudibleで聴き始めた、と書きました。 とりあえず、配信済みの11巻まで聴きました。うん、まんまとハマりました。 「本好き」にハマった時、夢中で読みまくって、アウトプットを一切止めてしまい、後で、「新鮮な感動を残しておけばよかった」と後悔しました。 なので、今もインプットの欲求があるのですが、忘れないうちに感想を書いておこうと思います。 ...

「本好きの下剋上」コミカライズ第2部39話(後編)感想

前回が「前編」だったため、今月2回めの更新ですね。 前後編に分かれたとしても、きちんと月に「1回分」の更新をしてくれるのはありがたいです。3部はどうなっているんだろう…? 後編? 「同調のあと」の後編になっていますが、すでに同調の話はすっ飛んでいて、「後編」というより、別の短編という感じがします。 ベンノさん、お疲れさま ベンノさんとの気易いやり取り、ホ...

Audibleで「転生したらスライムだった件」を聴く

「本好きの下剋上」を聴くために契約したAudible。 「本好き」はもういいかな?というくらい聴いたし、次の巻が出るまではしばらくかかりそうなので、一旦契約解除も考えたのですが、いくつか聴きたい話も見つけたのでとりあえず続けています。 今月に入って、「半沢直樹」シリーズ全5冊を聴き、その他の池井戸潤作品もいくつか聴いて、やっぱり池井戸さん面白いな、と思いつつ、次に選んだの...

「本好きの下剋上」コミカライズ第2部39話(前編)感想

先日第4部の感想を書きましたので、続いて更新された第2部についても書きたいと思います。 今回は39話「同調のあと」(前編)です。アニメでは第2期の最終回、「夢の世界」の中で記憶を同調した最後の方、かなり端折られてしまった部分ですね。 それにしても、「同調」が本来あんな意味だったなんて、アニメを観たときや原作でここを読んでいるときはまっったく知りませんでした。ネ...

「本好きの下剋上」コミカライズ第4部18話感想

「本好き」の新刊ラッシュが一段落してしまったので、コミカライズの最新話も感想を上げていこうかな、と思い、とりあえず直近の第4部18話「騎獣作成合格とシュタープの実技」から行ってみます。 シュミルの騎獣と貴族院全景 前回レッサーくんを作ってフラウレルムが気絶したため一発合格を逃してしまった騎獣作成。今回は最初からヒルシュールがやってきて、シュミルの乗り込み型を作ってしまいま...
日常

平成も遠くなりにけり(池井戸潤「果つる底なき」を聴いて)

先日おすすめしたAudibleで、未読だった池井戸潤氏のデビュー作「果つる底なき」を聴きました。 江戸川乱歩賞受賞作だけあって、読み応え(聴き応え)のある作品でしたが、発行されたのが1998年。物語の舞台は1997年頃で、今から25年前くらいの話です。 話そのものはミステリーとして面白かったのですが、聴いていてとても気になったのが当時のライフスタイルの話です。いや、読んで...

5月の新刊【本好きの下剋上】コミックス第4部4巻

怒涛の新刊ラッシュの最後はコミックス第4部。5月14日に発売になりました。いろいろ他の記事を優先していたら、ずいぶん時間が経ってしまいました…。 例によって、左側がKindle、右がソフトカバーの単行本です。Kindleの方が多少安くなっています。 4巻目ですが、実はまだ小説1冊分が終わってないんですよね。4部、一体何巻まで、というか、完結まで何年かかるん...
日常

Audible(オーディオブック)のすすめ

ここ数ヶ月、Amazonのオーディオブックサービス、Audible(オーディブル)を愛用しています。 Audibleとは? Audibleは、出版されている本を、声優さんや俳優さんが朗読してくれるオーディオブックです。モノによっては、男女二人で朗読してくれるものもあり、そういうパターンだとセリフ部分に違和感がなく、声優さん(俳優さん)の演技で聴けるのでとても聴きごたえがあ...
タイトルとURLをコピーしました