スポーツ一覧

今年のスターナイトは「オンラインハマスタ」参戦でした

先月末にツイートしたのですが、毎年恒例「YOKOHAMA STAR☆NIGHT Supported by 横浜銀行」、今年は入場制限がきつく、各日5000名ということで、みごとに抽選に外れました。

一人ひとりが星のように輝いて チームも、街も元気になる。そんな場所をみんなで創りたい。毎年恒例の横浜・夏の一大イベントスターナイト

まぁ、例年30000人のときでも滅多に当たらないプラチナチケットなので、今年は無理とわかっていました。

でも、スペシャルユニフォームだけはできたら欲しい(でも、ショップでちゃんとしたレプリカを買うほどではないんですよね…)、ということで、何かないかと思っていたら、こんな企画が発表されまして。

「 オンラインハマスタ YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020」

ユニフォーム付きで、試合はZoomを使ってOBのスペシャル解説ありで観られる、ってやつです。オンラインだからいくらでもOKなのかと思ったら、意外に先着順数量限定だったようなので、慌てて申し込みましたよ。

そして、試合前日、コンビニでユニフォームを受け取り、夕方からZoomをスタンバイ。Zoomのアドレスはメールで送られてきます。

今年のスターナイト限定レプリカユニフォーム

今回は時間的に夕食の支度しながらだったりもしたので、PCではなくiPadで参加しました。

テレビだとオープニングムービーに間に合わないので、そこから観られるのも良いですね。

iPad版のZoomはカメラやマイクのスイッチがよくわからなかったので、本来ならイニング間のハマスタビジョンへの応援歌参加等できるのですが、そこには手を挙げず、観るだけにしておきました。

しかし、今回オンラインハマスタに参戦して初めて知った衝撃の事実があります。

実はテレビはリアルタイムではない!

途中でZoom画面を観ながらテレビ(TVKまたはCSのTBSチャンネル2/どちらもCATV経由)をつけてみたのですが、なんとZoom画面の方が試合進行が2~3秒早いのです。

ネット配信で試合を観ることは結構あるのですが(ニコ生・JCOMオンデマンド・DAZN・スポナビライブ)、テレビよりネット配信が早いなんてことはまずありません。ヘタをすると数分単位で遅れます。

でも、今回のZoomは明らかに早い。ピッチャーの投球がキャッチャーミットに収まる頃、テレビの方でピッチャーが投げ始めます。

いや驚きました。つまり、テレビはディレイなんですね。時報なんて当てにならないということです。

確かに、地上波がデジタルになったときに、時報が正確でなくなるという話がありましたが、それを実感する出来事でした。

逆に言うと、Zoomって本当に早いんですね。びっくりです。

さて、肝心の試合ですが、内容はまぁなかなかなジェットコースターでした。序盤に7点取られて一方的かと思ったら6回に一気に追いつくという展開。昨年同じ頃に現地で7点差をひっくり返してサヨナラ勝ちした試合を観ましたが、昨夜は同点止まりで残念。
それでも、めったに見られない1イニング7点という釣瓶撃ちを観られたので良かったです。

オンラインハマスタでは、解説の多村さんのサインボールプレゼントの抽選があったり、途中途中のイベント(応援歌を歌うとか)で参加者を募ったり、多村さんやゲストの方に直接の質問タイムがあったりと、Zoomならではの企画もたくさんあって、とても良かったです。

スターマンとキララ(これは公開OKだそうです)

あと、カメラがたくさんあって、テレビでは見られないブルペンの映像なんかも見られて(なので、テレビや現地の人たちより一足先に、次は誰が準備しているかわかりました)、ちょっとトクした気分でした。

今年は球場に足を運ぶのは難しいと思われるので、「オンラインハマスタ」、なかなかおすすめです。私も在宅予定の日に企画されるようなら、また申し込んでみたいと思いました。


東京ドームで今季初のプロ野球観戦

プロ野球シーズンが始まって1ヶ月半。

ようやく観客が入るようになりましたが、まだ上限5000人。
ベイスターズのファンクラブに入っている私ですが、ファンクラブのステージが低い(シルバー)こともあり、横浜スタジアムの試合は、普段でさえなかなか取れないチケットが、もう全然取れません。

何しろ、先行発売の順番が4番目です。(シーズンシート→ゴールド+→ゴールド→シルバー)ヘタをするとゴールド+の人でも買えないらしいです。今度は抽選も始めるみたいですが、どちらにしてもプラチナチケットで、もう今シーズンの観戦は無理かなぁと半分あきらめているところでした。

そんな折、職場の方からなんと東京ドームの横浜戦チケット(シーズンシート)が回ってきました。こんなチャンスはめったに無い、行くしかないということで、仕事帰りでプレイボールには間に合いませんでしたが、行ってきました。

水道橋の駅から橋を渡っていくと、見えてきました、東京ドーム。

さすが、コロナ拡大中の東京都。厳重警戒です。
チケットの半券には名前と連絡先を書いて提出。
入り口で検温、アルコール消毒、手荷物検査に使い捨て手袋配布。

中に入っても、普段の野球開催日ならば、通路も人で溢れているものなのに、通路にいるのはフェイスシールド+マスク姿の係員ばかり。売店は開いていますが、並んでいる人はいません。

内野席に入っても、人はまばら。
私の頂いた席は、もう特等席と言っていい、1塁側ベンチのすぐ上で、視線はグラウンドレベル。打席の選手がよく見えます。巨人の選手たちがベンチに帰ってくるときは、それこそ目の前で、体の大きさに圧倒されました。

ちょうどソト選手がバッターボックスにいました。
自席からスマホで撮ってもこんなにクリアに撮れるくらいの席でした。

自分の席の列は、1ブロック10席くらいありましたが、最後まで息子と私の2人だけ。前後の列も観客がいないので広々していました。
チケットについていたお弁当の割引券を使ってお弁当を買い、シート二人分占領してお弁当ものんびり食べられました。
5000人では興行的にまったく成り立ちませんが、観戦する立場としては贅沢そのもので、周りを気にせずのんびりじっくり見られて最高でした。

なお、すべての座席にこんな紙(ボード)がかかっていました。

表側はオレンジ一色で、裏が黒で写真のように原監督からのメッセージが印刷されています。
これを折り筋に沿ってジグザグに折ってハリセンにして応援するようになっていました。
また、外野席は観客を入れていませんが、たぶんこのボードの裏表を使って文字を掲出していました。(”WITH FANS”と読めました。)

この日は特別仕様の橙魂レプリカユニフォームが配られて、もちろん私ももらいましたが、これとシーズンシート用のオレンジタオルをあわせてメルカリで売っぱらおうかと思っているのですが(笑)、せっかくだからこのハリセンボードも持ち帰れば良かったかな。まったく思いつきませんでした。

さて、試合の方は、ナマで初めて登板日に当たった濵口投手と高城捕手のバッテリー。
梶谷選手のホームランには間に合いませんでしたが、高城捕手の2ランホームラン、そして巨人の2選手のホームランは目の前で見ました。

7回に本来抑えの山﨑投手が出てきて場内がザワザワしたり、9回、代わりに出てきた三嶋投手の圧巻のピッチング等、見どころがたくさんありました。
試合そのものは緊迫した良い試合で、最後はベイスターズが久々の巨人戦勝利。なんと、私自身はドーム観戦3回目にして初めてのベイスターズ勝利。去年オリックスから戻ってきた高城捕手のヒーローインタビューが嬉しかったです。

分散退場が呼びかけられていたので、ヒーローインタビューをゆっくり聞いてから水道橋に向かいましたが、元々観客もそんなに多くないので駅でも特に大混雑せず、のんびり帰ってきました。

今年の観戦はこれが最初で最後かもしれませんが、ベイスターズも勝ったし、気分は上々でした。とは言え、やっぱり本来の大観衆、大歓声が一日も早く戻ってきてほしいとは思います。でも、いつになることでしょうね。今シーズンはもう無理なのかな。せめて、シーズン途中で打ち切り、なんてことになりませんように。


箱根駅伝2013

お正月休みもそろそろ終り、明日から仕事です。

今年の年末年始はほとんど外に出ることなく、ダラダラとHDDに溜め込んだテレビ番組などを見て過ごしていたのですが、そんな中で、2日と3日の朝はやっぱり、箱根駅伝の観戦のために外に出ました。

これは息子が自転車に乗れるようになってからは毎年、息子と一緒に2日間行っています。

もちろん出かける前後はテレビ観戦です。今年は少しだけtwitterでもつぶやいていましたが。

沿道での応援に出ると、どうしても移動中や選手を待っている間の1時間近くがラジオ観戦になってしまいますし、選手たちが通り過ぎるのは本当に一瞬なのですが、それでもたくさんの人たちと旗を振りながら直接選手に声をかけるのはまた格別です。

今年は往路は強風でしたが、自分たちのいた辺りはそれほど影響を受けませんでしたし、二日とも好天で思ったより寒くなく、復路のほうでは、たまたま目の前で選手が給水を受けるのを見たりもできて、とてもいい感じの観戦になりました。

ただ、レースのほうは波乱がいっぱいでしたね。

日体大の優勝にも驚きましたが、何より驚いたのは2校の棄権。もともどハードな山登りなのに数年前から距離が延び、しかも今年は暴風…。棄権してしまった二人は本当につらかったと思います。

それにしても、ここのところ日本テレビの中継は下位チームや中位で一人になってしまっているチームの情報が少なすぎるような気がします。バイク(トライク)が2組もあるのだからもう少し機動力を使ってほしいものです。

以前に日テレが箱根駅伝中継を始めた経緯について書かれたノンフィクションを読んで、箱根の中継が物理的・技術的にも人員的にもどれだけ大変かを知っているので、これからも日テレさんには頑張ってもらいたいのですが、高視聴率番組に成長した反面、初心を忘れていませんか、と問いたくなる場面が結構あります。

特に、リタイヤするような状況に陥っている選手については、もっと前は確実にその選手たちを追いかけている人たちがいたと思うのですが、ここ数年は状況すらわからない事態が発生しています。

人員は限られていますし、なかなか難しいとは思いますが、一区間20kmもあるのですから、ある程度は全員の走りを見せてほしいし、定点観測で調子が悪そうな選手がいたらフォローしてほしいなと思う今年の箱根でした。

ちなみに日テレの箱根駅伝生中継開始までを描いたノンフィクションはこちら↓。

「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち
「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち