このサイトについて

映画

映画

映画「ザリガニの鳴くところ」感想Updated!

Audibleで人気らしいので聴いてみたらハマって2回も聴いてしまい、ちょうど映画が公開中ということで、観てきました。 あらすじ 1969年、ノースカロライナ州の湿地帯で、裕福な家庭で育ち将来を期待されていた青年の変死体が発見された。容疑をかけられたのは、‟ザリガニが鳴く”と言われる湿地帯でたったひとり育った、無垢な少女カイア。彼女は6歳の時に両親に見捨てられ、学校にも...
0
映画

映画「転生したらスライムだった件~紅蓮の絆編」感想

「転スラ」にハマッたと書きつつ、本の感想は書けていない状況が続いておりますが。 一応、既刊分は読破しました。なかなか迷走しているようで、Web版からストーリーがかなり離れていますし、刊行間隔も開いているので、先が見えない状態ですかね。 それでも、世界観やキャラクターは好きなので、新作が出るとなればやはり見に行かざるを得ません。 というわけで、早速映画を観てきました。 ...
0
映画

映画「RRR」感想~とにかく濃い!エネルギーがすごい!

今話題のインド映画「RRR」を観てきました! あらすじ 舞台は1920年、英国植民地時代のインド英国軍にさらわれた幼い少女を救うため、立ち上がるビーム(NTR Jr.)。大義のため英国政府の警察となるラーマ(ラーム・チャラン)。熱い思いを胸に秘めた男たちが”運命”に導かれて出会い、唯一無二の親友となる。しかし、ある事件をきっかけに、それぞれの”宿命”に切り裂かれる2人は...
0
スポンサーリンク
映画

映画「ブレット・トレイン」感想

あらすじ 世界一運の悪い殺し屋レディバグが請けたミッション、それは東京発の超高速列車“ゆかり号”でブリーフケースを盗み、次の駅で降りること。簡単な仕事のはずが、次から次へと“ゆかり号”に乗ってくる殺し屋たち。彼らに狙われ、降りたくても、降りられない! 最悪な状況の中、列車はレディバグと殺し屋たちを乗せたまま終着点・京都へと走る… やがて明らかになる乗り合わせた10人の過去と因縁...
0
映画

METライブビューイングアンコール「ロデリンダ」感想

毎年恒例の「METアンコール上映」で、ヘンデルの「ロデリンダ」を観てきました。なんか、ヘンデルづいていますね。 こちらは2011年の暮れに上演されたものです。 あらすじなど 7世紀の北イタリア、ランゴバルト王国。ミラノ王ベルタリードの妃ロデリンダは、夫が戦に敗れて亡くなったと聞いて悲しんでいる。新王グリモアルドはロデリンダとの結婚を望むが、彼女は受け入れない。だが死...
0
映画

映画「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」感想

「ジュラシックワールド」の新作が公開されたので観てきました。 あらすじ 〈ジュラシック・ワールド〉のあった島、イスラ・ヌブラルが火山の大噴火で壊滅、救出された恐竜たちは、世界中へと放たれてしまった。あれから4年、人類はいまだ恐竜との安全な共生の道を見出せずにいる。恐竜の保護活動を続けるオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、人里離れた山小屋...
0
映画

METライブビューイング「ランメルモールのルチア」感想

今シーズンは最後の鑑賞になるかと思います。METライブビューイング「ランメルモールのルチア」(ドニゼッティ作曲)を観てきました。今までは古典的な演出だったのが、今回から新演出で、現代のアメリカに舞台を移しての上演となりました。 あらすじ 16 世紀末(新演出では現代アメリカの衰退した地方工業都市)。アシュトン家のエンリーコは、家の存続のために妹のルチアを政略結婚させようと...
0
映画

MX4Dで「トップガン・マーヴェリック」を観てきました

現在公開中の「トップガン・マーヴェリック」を、今更観てきました。今更なので、せっかくだから普通の2Dではなく、4Dで観てみよう、ということになり、行きやすい劇場にあったMX4Dを初めて体験してきました。 MX4Dとは? MX4D(エムエックスフォーディー)は、アメリカ合衆国のMediaMation社によって開発された4D映画システムであり、座席の動き...
0
映画

映画「太陽とボレロ」感想

あらすじ 豊かな自然に恵まれた、とある地方都市で、長年活動を続けてきた、アマチュア交響楽団の解散が決まった。苦渋の決断を下した主宰者・花村理子は、ラストコンサートを計画するも、それぞれの事情を抱えた、楽団員たちの息は合わない。しかし楽団の喪失を機に、理子と楽団をめぐる人々とのつながりが、図らずも増えてゆき……。上記公式サイトより 感想 事前情報はほとんど入れず、「オ...
0
日常

映画を少しでも安く観たい!

以前は毎週のように映画館に通っていた私たちですが、コロナ禍になってから公開される映画が減ったこともあり、ずいぶん足が遠のいていました。 もちろんそれでもある程度は観ていたのですが、以前に比べると激減し、年間50本前後は観ていたのが、せいぜい十数本くらいに落ち込んでいました。 最近ようやく映画界も活気が戻ってきたようで、観たい映画が増えてきました。今年はそこそこ良いペースで映画館に行っ...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました