映画一覧

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編(IMAX)」を観てきました

今超絶話題の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」、先週末に一度目を地元で観たのですが、レディースデイの本日、隣町の映画館で、改めて一人でIMAX版を観てきました。

「その刃で、悪夢を断ち斬れ」劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編 絶賛公開中!

『鬼滅の刃』はご存知のように先日まで少年ジャンプに連載されていた漫画が原作で、昨年MXテレビで深夜にアニメが放映されていました。

私はアニメは一応放映当時に録画で観ていました。アニメに関しては、基本夫が選んで録画したものを付き合いで見る感じなのですが、自分が積極的に観たいもの以外は、観るのが基本眠い時間だったり家事時間ということもあって、結局話がよくわからなくなってしまうものが多いのです。『鬼滅』も実はそんな感じで、当時は『観ていた』と言えるほどちゃんと話はわかっていませんでした。

夫の方はかなりハマったようで、コミックスを全巻買って読んだようです。「ようです」というのは、彼は電子書籍で買うので私は読めないのです。

でも、それほど面白いのならきちんと見直そう、とアマゾンプライムビデオで全話観たところ、確かに面白かったのです。映像もすごくきれいだし、最初に観たときにもうちょっと真剣に観ればよかったと後悔しました。

そんな訳で、今回の映画は夫婦ともども楽しみにしていて、先週のチケット争奪戦もなんとか参戦して、週末に観てきたのでした。

ただ、アニメしか観ていない私は原作を知らないので、一度目はただただ圧倒されて、ストーリーを追いかけるので精一杯。できればもう一度観たいと思ったのですが、夫はとりあえずもういいと言うし、それならせっかくだからIMAXで観てみようと、一人で隣町まで行ってきたのでした。

あらすじ

蝶屋敷での修業を終えた“鬼殺隊”の竈門炭治郎は、短期間で40人以上が行方不明になった“無限列車”を捜索する任務に就く。妹の竈門禰豆子を連れた炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助は、鬼殺隊最強の剣士“柱”のひとりである炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を進む無限列車の中で鬼を相手に戦い始める。

シネマトゥデイ

IMAXの没入感はすごい

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: kimetu2-1024x768.jpg

さて、IMAX版です。本編がはじまる前のIMAXのPRがすごくて、そこまでハードルを上げて大丈夫なの?、と心配になります。

なお、画面サイズそのものに関しては、先週末観た劇場も地元で一番大きなスクリーンで、しかも2列めで観たのでその大きさ・迫力はそちらと大差ない感じはしました。それでも、過不足なく視界いっぱいのスクリーン、そして、迫力の音響に期待は高まります。

そして、期待通り、本編が始まると、一気に物語世界に引き込まれてしまいました。確かに、この没入感は他の劇場とは違いました。映像はもともと素晴らしくきれいなのですが、体全体に響いてくる音響はやはりIMAXならではかなと思いました。

一見さんにはつらいかも

本編ですが、まさにアニメ26話の最後からそのまま続いています。登場人物にしても世界観にしても、本編の中での説明は一切ないので、一見さんには不親切な作りです。

あと、これは私が原作未読だから感じるのですが、人の名前やワザの名前など、本来は難しい漢字が使われているのですが(あらすじ参照)、それがまったく想像つかないのです。せめて画面上に字幕出してほしいなぁと、これはテレビアニメの時から思っていました。煉獄さんの名前も、「れんごく」は想像ついたのですが、下の名前「きょうじゅろう」は全く。聞いているだけだと「きょうじろう」と区別がつきません。そこのところはちょっと残念に思いました。

でもそんなことは些末な話で、全体的には美しい映像、迫力の音響に圧倒されました。もちろん一度目もすごいと思ったのですが、やはり、IMAX効果でしょうか。あとは、先を知っているだけに、細かいところまで観る、感じることができてとても良かったです。

とりあえず、原作を知らない私としては、続きが早く観たいですね。まだ制作しているという話も聞かないので、だいぶ先になってしまうのでしょうが。

入場者特典はまだあるみたいです

なお、入場者特典ですが、さすがに450万部という前代未聞の数を用意しただけあって、今日でも余裕でもらえました。ただし塗り絵はもうありませんでした。

別に空いているわけではないんですよ。今日も1席置きではありますが、全回ほぼ満席でしたので。普段は閑古鳥が鳴いている地元の映画館も、買い物ついでに確認しましたが、平日なのに残席は少なかったです。まだ勢いは衰えていません。配られる数は劇場によって偏りがあるかもしれませんので、入場者特典がほしい方はあらかじめ確認されたほうが良いかと思います。それも、できれば今週中に行かれるのが確実でしょう。


今年観た映画2012

今年も残すところ1日余りとなってしまいました。

一応毎年、その年に映画館で観た映画をまとめてアップしているので、今年も上げておきます。

  1. ロボジー
  2. ドラゴン・タトゥーの女
  3. はやぶさ 遥かなる帰還
  4. TIME/タイム
  5. METライブビューイング2011-2012 ワーグナー「神々の黄昏」
  6. ライアーゲーム -再生-
  7. スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D
  8. 劇場版 SPEC~天~
  9. バトルシップ
  10. 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
  11. テルマエ・ロマエ
  12. METライブビューイング2011-2012 ヴェルディ「椿姫」
  13. 貞子3D
  14. ダーク・シャドウ
  15. メン・イン・ブラック3
  16. アメイジング・スパイダーマン
  17. BRAVE HEARTS 海猿
  18. ダークナイト ライジング
  19. 仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!
  20. トータル・リコール
  21. アベンジャーズ
  22. プロメテウス
  23. るろうに剣心
  24. 最強のふたり
  25. 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
  26. METライブビューイング2012-2013 ドニゼッティ「愛の妙薬」
  27. 悪の教典
  28. リンカーン/秘密の書
  29. 009 RE:CYBORG
  30. ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
  31. 任侠ヘルパー
  32. 007 スカイフォール
  33. 仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム
  34. レ・ミゼラブル
  35. 大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇
  36. 青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版

去年(27本)と比べてもずいぶん増えましたね。

というのは、今年夫が50歳になったので、「夫婦50割引」という制度の恩恵にあずかれるようになり、基本的にどんな映画も夫婦で行けば二人で2,000円で観られるようになりました。(3Dや特別上映、METなどは除く)

そして、二人で行って貯めたポイントで無料券をもらうと私が平日休みに自分だけ観たい映画を観る、という感じで本数が増えていきました。

そんなわけで調子に乗って結構観てしまいました。

今年の映画はそれほど「見て損した」と思った映画は無かったように思います。最後の最後に観た「レミゼ」は感動的でした。

来年は息子も受験生になるし、もう少し控えないといけないかな、とちょっと思ってます。


METライブビューイング2012-2013「愛の妙薬」

今年もMETのライブビューイングが開幕。

ということで、オープニングアクトの「愛の妙薬」を初日に観にいってきました。

「METライブビューイングって何?」という方のために簡単に説明しますと、NYのメトロポリタン・オペラの舞台をそのまま映画館でリアルタイムに配信しちゃうプロジェクトなんですが、日本の場合は字幕をつける作業があるため、三週間ほど時差があります。

まぁ、ライブビューイングそのものはサッカーの試合や大きなライブなんかでかなりメジャーになりつつあるので、あれを想像していただければ大きな違いはありません。

実際の舞台と違うのは、幕間に舞台裏でインタビューがあったり、次のシリーズの宣伝が入ったりするのと、やはり客席より間近にキャストの皆さんの表情が見えることでしょうか。

とにかく、舞台の臨場感そのままに映画館で一流オペラが楽しめる、ということです。

ちなみに、料金は3,500円。映画としてはお高めですが、オペラとしては安いです。
なお、同一シーズンの二回目以降は半券を見せると「リピーター割引」として300円安くなります。

METライブビューイングについてその他詳しいことは、公式サイトをご覧くださいませ。

予告映像も貼っちゃいます。

さて、今回の「愛の妙薬」です。

とりあえず公式サイトよりあらすじと見所を。

19世紀のスペイン、バスク地方。農場主のお嬢様アディーナは、美人でチャーミングで知的と三拍子揃った皆のマドンナ。純情な青年ネモリーノは、『トリスタンとイゾルデ』を皆に読みきかせる彼女に想いを募らせる。きざな連隊隊長ベルコーレがアディーナに熱烈なアタックを開始したことを知ったネモリーノは、薬売りのドゥルカマーラから、これを飲めば相手も自分を恋するようになるという「愛の妙薬」を手に入れるが・・・。

「愛の妙薬」が取り持つ、インテリお嬢様と純情青年の恋のゆくえは?〈人知れぬ涙〉などの名アリアでも知られるドニゼッティの傑作ラブコメディが、A・ネトレプコ、M・ポレンザーニ、M・クヴィエチェンのゴールデン・トリオで登場!ヒット作を連発するB・シャーのおしゃれな舞台で、人気絶頂のスター・ソプラノ、ネトレプコのチャームが花開く!イタリアの名バリトン、A・マエストリのいかさま薬売りにも注目!

この演目は昨年発表会で冒頭の二重唱を歌ったため、当時いろんなメディアで何度も観ました。なのであらすじも曲も結構入っています。

いわゆる「悲劇」ではなく、ハッピーエンドのコメディ。曲はどれも美しく楽しいオペラです。

アディーナ役のネトレプコは私でも知っているくらい有名なソプラノですが、主役ネモリーノのマシュー・ポレンザーニは初めて。私は名前も知りませんでした。

が、このポレンザーニがすっごい美声で、何曲かあるアリアはどれも惚れ惚れしてしまいました。特に有名な「人知れぬ涙」は圧巻でしたね。

百聞は一見にしかず。先行映像でその「人知れぬ涙(1コーラスのみ)」がYouTubeにありましたのでどうぞ。

さて、自分たちが歌った二重唱、あれだけ覚えたのに結構歌詞を忘れてて、自分の記憶力のなさにショックを受けたのですが、それでも歌いこんだことのある部分なので、細かい譜割りの違いなどがわかって面白かったです。

「愛の妙薬」は大きな役も少ないですし、主役がしっかりしていれば舞台が成立してしまうという意味でハズレの少ないオペラだと思います。(もちろん「通」の方にはいろいろ別の見方かあると思いますが。)

METのオペラとしては短めの、休憩込みで2時間50分。楽しませていただきました。