このサイトについて

映画「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」感想

「ジュラシックワールド」の新作が公開されたので観てきました。

あらすじ

〈ジュラシック・ワールド〉のあった島、イスラ・ヌブラルが火山の大噴火で壊滅、救出された恐竜たちは、世界中へと放たれてしまった。
あれから4年、人類はいまだ恐竜との安全な共生の道を見出せずにいる。恐竜の保護活動を続けるオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、人里離れた山小屋で暮らしていた。そこで二人が守っているのは、14歳になったメイジー(イザベラ・サーモン)、ジュラシック・パーク創設に協力したロックウッドの亡き娘から作られたクローンの少女だ。
ある日、オーウェンは子供を連れたブルーと再会する。ところが、何者かによって、ブルーの子供が誘拐される。オーウェンはブルーに「俺が取り戻してやる」と約束し、クレアと共に救出へ向かう。
一方、サトラー博士(ローラ・ダーン)は、世界各地から恐竜を集めて研究をしているバイオテクノロジー企業の巨人バイオシンをある目的から追っていた。そこへグラント博士(サム・ニール)も駆けつけ、マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)に協力を求める。
人類と恐竜の共存の前に立ちはだかる、バイオシンの恐るべき計画とはー?
オーウェンとクレア、そして3人の博士は大切な命とこの世界の未来を守ることが出来るのか?

上記公式サイトより

感想

一部ネタバレあります

このシリーズは一通り観てきましたし、やはりこういう映画は大画面でないとね。(逆に、ディズニーアニメ等はディズニー+で良いのではないかと思ってしまいます。)

とは言え、特に復習などせずに観ました。復習するほどの内容ではないかなと思って。

前回どういう状態で終わったのか良く覚えていない状況で鑑賞したので、すでに恐竜が当たり前にいる世界になっていてびっくり。そうでしたっけ?

そして、恐竜たちはあいかわらずリアルなものの、前回までと違って毛が生えていたり羽があったりと、シリーズ当初の頃と恐竜に対する常識が変わってきたのだなと思ったり。(でも、もともとこの世界の恐竜は人工の恐竜だからそうそう姿は変わらないのでは?、と思ったりもするんだけど。)

それにしても、「完結編」と謳っているせいか、今まで出てきた主要人物が総出演で、この人達は死んだらまずいからなのか、ご都合主義な展開が多くて、そのくせ恐竜の出番が意外と少なく、その点が残念でした。

せっかく恐竜が野放しになっているのだから、普通にもっと恐竜を見せてほしかったかな。どうせストーリーなんてオマケみたいなものなんだし。

やっぱり、第1作でのティラノサウルスの恐怖を思うと、「多分誰も死なない」という妙な安心感(?)からか、恐竜が迫ってきてもそこまでの怖さはなかったです。

なにせ、物語のキモは巨大イナゴ。イナゴ(というかバッタ)そのものは嫌いではないけれど、あんな巨大なのが群れでとか勘弁してほしいです。そういえば、去年だか一昨年だか、バッタの大発生が話題になってましたよね。聖書には「神の怒り」の象徴の一つとして出てくる事象ですが、向こうの人たちには共通認識なのでしょう。日本人にはなかなかピンときませんよね。っていうか、普通に気持ち悪い。

最終的には動物たちと恐竜たちが、ジャングルやサバンナで普通に共存する世界になったようですが、まぁ、ご都合主義ですよね。飛行機を襲う翼竜とか、ホントにいたらムリだし。

「ワールド」での主要キャラの1体である、ヴェロキラプトルの「ブルー」が子供を育てていて、なんとなくオーウェンとの絆を保ち続けているのが良かった、のかな? ラプトルに親子の情があるのかとか、あれからずいぶん経っているのにあの小さな子供1頭だけなのかいとか、そういうツッコミは野暮ですよね。

とりあえず、今までのシリーズに出てきた皆さんが大集合して、なんとなく大団円、ということで、次は無いのでしょうね。恐竜が暴れるのを見たければ第1作(パークの方)を見ればいいのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました