感想など一覧

学生オペラ(コロナバージョン)を観てきました

ここのところ毎年恒例になっている、「昭和音大オペラ」を観てきました。

今年はモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』でした。

学生オペラは毎年、行けるところはなるべく行くようにしていて、中でも昭和音大は駅チカでアクセスが良いこと、大学のホールですがオペラに特化した素晴らしいホールであること、時期が良いことなど、条件が揃っているのでほぼ毎年行っています。衣装もセットも結構凝っていて、それでいて学生さん中心の舞台ということで格安なのが嬉しいです。

ただ、今年はこのコロナ禍ですので、正直あるとは思っていませんでした。

ところが、ちょうどいつもの時期に差し掛かったことに気づいたので、念の為調べてみたら、なんと例年通り開催するというではありませんか。なので、早速チケットを入手して行くことにしたわけです。

とは言え、まだまだ入場規制、ソーシャルディスタンス等が求められる昨今、どのような形で開催されるのか、不安半分ででかけました。

ホールに入って最初に目についたのはオーケストラの座席。いつもはオーケストラピット(オケピ)に押し込まれているところですが、今回はステージ中央。しかもそれぞれの席が少し離れています。

そして、いつもオケピがある場所はステージが設営されています。オケの後ろにも、奥行きが少なく狭いですが、一段高いステージがあるようです。

やはり、狭いオケピではソーシャルディスタンスが保てないということなんでしょう。

歌手用のステージが前にせり出していることもあってか、そこから3列くらいは空席になっているようでした。

そして、始まってみて驚いたことに、歌手の皆さんは全員フェイスシールドを着用していました。

歌う際にも決して接触せず、ある程度以上は近寄りません。最初のドンナ・アンナの父が死ぬシーンでも、アンナ役の方はかなり遠くで歌っていました。字幕で「あぁもう虫の息だわ」みたいに出るのですが、そんなに遠くちゃわからないよね、って感じ。

もちろんラブシーンも離れたまま。2幕のツェルリーナのアリア「恋人よこの薬で」なんかは、本来マゼットの手を取って自分の胸に当てて「触ってみて。鼓動を感じるでしょう」みたいに歌うのですが、やはり手を取ることすらしません。

また、フェイスシールド越しの歌唱は、やはり声が飛びにくいのでしょう。席が遠かったこともあり、なかなかに消化不良でした。

合唱の皆さんに至っては、オーケストラ奥の狭いステージに追いやられ、しかも紗幕越しに歌うという状況(もちろんフェイスシールド付きです)。正直、声もよく聞こえませんが、姿もよく見えませんでした。

事情はわかります。わかりますが、やっぱり残念です。芝居に制約が多すぎます。

演出面では、その紗幕に映像を投影していました。最初は大道具・セットの代わりなのかと思いきや、演者は静止しているのに映像だけがどんどん動いていったり、縮尺がおかしかったり、あまり意味がない気がしました。特に、その紗幕の向こうに人がいて演じているときは、人が見えづらくてむしろ邪魔。必要最小限(ドン・ジョヴァンニの最期の場面の業火の表現等)に留めておいてほしかったと思いました。

とは言え、観客を入れて(結構入っていました)オペラを開催した、ということに意義があると思いますし、その点は頑張ったなとは思います。ライブでオペラを観るのも久しぶりでしたので、やってくれたことには感謝しています。

できることなら、早くもっと、制約のない普通の舞台ができるようになってほしいものだと切実に思いました。


ようやくリアルハマスタで観戦

「オンラインハマスタ」「バーチャルハマスタ」と来て、今度こそ、ついにホンモノの横浜スタジアムに行ってきました。

スターナイトの抽選に外れたので、今年はZoomでつながる「オンラインハマスタ」に参加しました!
先日、ヨコハマスターナイトを「オンラインハマスタ」で観戦したと書きましたが、今度はまた別のオンライン観戦、「バーチャルハマスタ」を体験してみました。

今年は東京ドームこそ一度行きましたが、ハマスタのチケットは本当に取れないので、半分あきらめかけていました。

コロナウィルス感染拡大中のため、プロ野球の観客は上限5000人。そんなプラチナチケットが手に入ったので、行ってきました、東京ドーム。

が、先月下旬から観客数の上限緩和があり、16000人まで入れることになったこともあり、ようやく抽選を通りました。

というわけで、改装なった横浜スタジアムにようやく入ることができました。

以前は工事でふさがっていた正面入口。階段を昇るとYデッキです。
新しくできたYデッキ。ハマスタの周囲を一周できます。試合のない日は誰でも通れるそうです。
この日の座席から。グラウンドレベルに近い、かなり前の方でした。

ライトウィング席は昨年一度行きましたが、レフトウィング席は初お目見えです。とりあえず、Yデッキから階段を上がって上がって、新しくできたトイレと売店だけチェックしました。

レフトウィングはライトと比べると小さいせいか、トイレはライトほど広くありませんでした。とは言え、内野コンコースに比べたらずーっと広くてきれいですが。(写真はさすがに控えました。)

そして、売店というか「濱星楼」という中華のお店ができていました。
今回は買い物しませんでしたが、もう少し余裕を持って来たら、ゆっくり見てみたいと思います。

この日はガールズフェスティバルということで、女性限定のユニフォームももらいました。ガルフェスは毎回行っているわけではないですが、それでももう3着目くらいになります。今回のも少しおとなしめのデザインなので、先日のスターナイト同様、観戦時に持っていって着る候補になりそうです。

さて、試合の方は、相手の中日打線が元気いっぱいで、久々に敗戦観戦になりました。しかも、こちらはホームラン3本出たのに、どれもインパクトの瞬間を見逃すという失態。佐野選手のに至っては、トイレに行っていて、歓声で気づくという…。なんともタイミングの悪いことでした。

昨年のスターナイトから、2戦連続サヨナラ、そして先日のドームでの勝ちと、3連勝中だったので、今回も1点ビハインドのときには「またサヨナラ勝ちが観られる?」くらいに思っていたのですが、8回に3点入れられては万事休す。(そのビシエド選手の3ランはしっかり観てたりして…。)

最後のショーまで観ていると帰りは分散退場で出られなくなってしまうので、ショーをパスして帰ってきてしまいました。

さて、今回は入場制限が緩和されて16000人弱の観客が入っていましたが、人数が増えたとはいえ、立ち上がったり大声を出したりが禁止されているので、やはり盛り上がりに欠けていました。チャンスでもスピーカーから応援団のラッパが流れてくるものの、なんか上滑りしている感じがして。
テレビで観ていると人がたくさん入っていますし、いい当たりをすればなんとなくどよめくし、手拍子はそれなりに聞こえますが、去年までの球場全体が一体化するような臨場感は、正直ありませんでした。今年は筒香選手がいなくなったこと、ヤスアキ投手が不調というせいもあるかもしれません。(去年までは、筒香選手の打席と、ヤスアキジャンプの盛り上がりが尋常ではなかったので。)

それは、私のいた席が内野の前の方だったからかもしれませんが、それでも以前はこんな静かな感じではなくて、もっと手拍子には気合が入っていたし、多くの人が応援歌を歌っていたし、ホームランが出れば総立ちで周りの見知らぬ人たちとハイタッチしたりしてました。

まぁ、応援がうるさい、という人もいるのは知っていますが、球場全体から発せられる「圧」が相手チームを圧倒している部分は絶対にあったので、それが無くなっている現状は、やっぱり寂しいものがありました。

たぶん、今季はもう現地で観戦することは無いと思いますが、来シーズン以降、以前のように満員の球場に戻ることができるのでしょうか? それはそれで、一席おきのゆったりした座り心地に慣れてしまった身にはつらいかもしれません…。コロナはいろんなものを奪って、いろんなことを気づかせてくれています。


今度はバーチャルハマスタ

先日、ヨコハマスターナイトを「オンラインハマスタ」で観戦したと書きましたが、今度はまた別のオンライン観戦、「バーチャルハマスタ」を体験してみました。

スターナイトの抽選に外れたので、今年はZoomでつながる「オンラインハマスタ」に参加しました!

「オンラインハマスタ」は、zoomを使って、配信される野球中継画面を共有しつつ、ゲストや参加者とコミニケーションが取れたり、実際のスタジアムのビジョンに参加できるというものでした。

「バーチャルハマスタ」はそれとは全然違って、ネット上に横浜スタジアムを再現して、そこにアバターが出向いて、リアルの野球中継を演出つきで楽しむという感じでしょうか。

「cluster」(今のご時世にイヤな響きですね(笑))というシステムを使ったこの試み、PCでも参加できたようですが、私はiPhoneで参加しました。

「cluster (クラスター)」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に集って遊べる、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNSです。

スマホの場合はアプリで参加します。

予めアカウントは取っておきました。SNSアカウントを持っている人は、それを使ってログインするほうが簡単かと思います。私はTwitterのアカウントを使いました。

clusterを立ち上げると、真っ先に「バーチャルハマスタ」が出てきますので、迷わず入場します。

入るとこんな感じ。

横浜スタジアム周辺が再現されてます。奥にスタジアムが見えます。左側にはチャットウィンドウが開いています。

左下の○印でアバターを操作します。…が、画面の動かし方を含めて、結構難しかったです。

外周をグルっと歩いてみると、ショップがあったり、操作方法が書いてあるパネルがあったりしましたが、慣れるまでは行きたい方向を向くのにも一苦労でした。

試行錯誤の末にスタジアムの中に入ると、コンコースも再現されていたのですが、なんとスクショを撮っていませんでしたので、そこを飛ばしてスタジアムの中に入ります。なお、スタジアム外・コンコース・そしてグラウンド内それぞれに移動した際はロードが入って結構時間を食います。

いきなりグラウンドです。他にもアバターがたくさんいます。

ここに入ると、MCの堤下さんとゲストの小杉陽太さん(ベイスターズの元投手)のトークが聞こえるようになり、合わせてテレビ画面の実況も聞こえます。奥のモニターには試合の中継画面が映っています。

堤下さんのトークで、ひたすら「VIPルームではこんなことしてます。来てください」と連呼していたので、VIPルームを探したのですが、全然見つかりませんでした。おそらく外から入るのだと思いますが、入口すら見つからず。
チャットを見ていたら、見つからなかった人は他にもいっぱいいたみたいでしたが、具体的に教えてくれる人には出会えませんでした(涙)。

聞くところによると有料だったみたいですが、ちょっと行ってみたかったです。スペシャルな映像も結構あったみたいなので。

また、アバターの着せ替えアイテム等も販売していたようですね。そちらは買わなかったかな。

VIPルームが見つからないので、中継画面の近くまで行ってひたすら中継を見ていました。

途中から何かいじってしまったらしく堤下さんたちのトークが聞こえなくなり、普通に実況音声だけが聞こえていましたので、試合を観るには良かったのですが、途中に入る演出のせいで画面が見づらいのと、ご覧のように画面の中に画面があるので試合そのものが見づらく、結局途中で退出して普通にテレビ見てしまいました(笑)。何より、自分のアバターの頭がジャマで画面が切れちゃいますしね。

今回はまだ体験でしたし有料VIPルームに入れなかったこともあって、お金をかけずに話のタネにはなりましたが、今のままだったら別にわざわざ行かなくてもいいかな。

他に視聴手段がなかったら、アリかもしれませんが、我が家の場合はケーブルテレビで普通に中継全部見られますし…。横浜スタジアムの場合は地上波TVKの中継が入ることも多いですし、ニコ生でも中継していますからね。

なお、この日の試合は梶谷選手と佐野選手の大活躍で快勝!でした。ホームランや得点シーンがたくさんあったので、派手な演出がいろいろあったみたいですが、あまり印象に残っていなくて。確か、アバターに拍手させた覚えがあるから得点シーンも見てたと思うんですが。もうちょんと入り込める感じだともっといいのかもしれませんね。

でも、面白い試みではありました。おそらくこれからどんどん進化していくでしょうから、また開催されたら、覗きに行くかもしれません。次回がいつかは発表されていませんが、興味のある方はぜひ。