感想など一覧

高橋大輔選手、おめでとう!

フィギュアスケートの記事はあまり書かないのですが、今回は書かずにいられません。

高橋大輔選手、グランプリファイナル初制覇! 本当におめでとうございます。

今年のグランプリファイナルは、男女ダブル優勝、表彰台にも二人ずつと、日本選手は本当に素晴らしい成績でした。

浅田選手の復活もとても嬉しいのですが、男子が今までずっとできなかった優勝を、新鋭の羽生選手ではなく、最近すこーし押され気味だった高橋選手が果たしてくれたことに本当に感動しました。

思えばここまで長かったです。2006年のトリノオリンピック、荒川静香さんの金メダルに湧いた女子の陰で、男子は高橋選手一枠しかなく、入賞はしたものの確か8位だったかな、ほとんど注目されることもなく頑張っていたのを覚えています。

彼がその入賞で枠を二つに増やし、その後織田選手や小塚選手の活躍もあって当たり前に三枠確保できるようになりましたが、いつでも高橋選手はその中心でした。

ケガで一年空きましたが、バンクーバーの年はオリンピック初メダル、そして世界選手権優勝と、『日本男子初』を次々塗り替えてきました。

そんな記録より何より、彼のスケーティングには魂を揺さぶられるような感動をいつも与えてもらっているので、ひとつだけ獲れていなかったグランプリファイナルのタイトルを今回羽生選手やチャン選手を抑えて獲ってくれたことに感慨を覚えます。すごい選手ですね。

いつも彼の前に立ちはだかるパトリック・チャン選手が、ザヤックで得点を伸ばせなかったのはある意味僥倖でした。

解説者は気付いていなかったのでしょうかね。最後のダブルアクセルをコンビにした時点で「あれ?」と思ったのですが、演技終了までに確信しました。

最初の4回転で転倒してしまいコンビネーションにならなかったのですが、次に単独で跳んでしまったのが計算違いの始まりでしたね。

同じジャンプを2回単独で跳ぶことはできないので、2回目を単独で成功してもシークエンス扱いになり、基礎点が下がり、しかもここでコンビを一回消化してしまっています。

コンビネーション(シークエンス)は3回までと決まっているのに、その後いつも通り2種類のコンビを跳びながら、最後にコンビを加えてしまったため、そこの部分は0点です。

という訳で、いくら伸ばしたくても点が伸びないのはもうわかっていました。アナウンサーは意外だとばかりに興奮していましたが。

チャンさえ銀河点が出なければ、今回は出場4人が日本人。誰かが優勝するのは当然過ぎる結果でした。その優勝が高橋選手で本当に良かった。

もちろん、今回は他の選手も素晴らしいフリーで、とても見応えのあるファイナルでした。フェルナンデス選手は4回転を3回しっかり決めたし、羽生選手も4回転を1回ミスした以外はほぼ完璧。この中ではちょっと影の薄い小塚選手も4回転を降りて良い演技をしていましたし、初出場の町田選手は硬くなってしまったのかもしれませんが、存在をアピールするに十分だったと思います。

そんな中、高橋選手、4回転で一回転倒したし、アクセルはヒヤッとしたけれど、(今回は優勝が現実に見えていたので別の意味でも)まったく目を離すことができない演技で引き込まれ、4分半があっという間でした。

本当に、優勝おめでとうございます。感動をありがとうございました。


30年ぶりのゴダイゴ!

タイトルの通りですが、ゴダイゴのコンサートに行ってきました。

そう、30年以上前になりますが、中高生の頃、人気絶頂時のゴダイゴの大ファンで、何度かコンサートにも足を運びました。

再結成してからは、なかなか条件が折り合わなくて今まで行けなかったのですが、とにかく一度は行きたかったんです。何せ、もうメンバーの平均年齢が60歳ですから。まだまだ世間的には若いとは言え、5人がちゃんと揃っているって有難いです。

というのも、私はゴダイゴがブレイクする前からレイジーのファンだったのですが、レイジーのメンバーはゴダイゴよりひと世代若いにも関わらず、もう5人中2人が亡くなっています。もうオリジナルメンバーでの演奏は聴くことができないんですよね。それを考えると、ゴダイゴの5人が今も元気でコンサートをやってくれる、それだけで嬉しかったりします。

さて、コンサートですが。

楽しかったです。とにかく楽しかった。

あれから30年以上経っても、演奏される曲はほとんど全部ソラで歌えちゃったりするものばかり。「Silk and Spice」や「Leidi Laidi」、「Piano blue」みたいな、シングルカットされてない曲も、当時好きで歌いまくってましたからねぇ。

超売れっ子だったころと違って、新しい曲がどんどん出るわけではないので、とにかく知っている曲のオンパレードで、無条件に楽しめた、という意味ではESCOLTA以上でした。

一番盛り上がったのは「Cherries were made for eating(君は恋のチェリー)」だったかも。この曲、ブレイク前のシングルで、当時は周囲に知っている人が少なかったんだけど、ノリが良くて私は大好きだったんです。

そして、「ビューティフルネーム」の歌合戦も三十数年ぶり。当時は実はあの「ウーワーウーワー」が好きじゃなかったのですが、今回は1オクターブ上げてガンガン歌っちゃいました(笑)。やっぱり、高校生の時とはいろんな意味で違いますね。自分の心の持ちようとか。

アンコールが「DEAD END ~ Love flowers prophecy」と「平和組曲(威風堂々)」で、もうお腹いっぱい。

コンサート行ってみて、やっぱり改めて、ゴダイゴの曲、好きだわ、と思いました。
年に一回くらいのことだし、また来年も行ってみたいです。

ああ、ただ、今回はたまたま2階席だったからゆったり座って楽しめたんだけど、1階席見たらほとんどの人がスタンディングでした…。それはあんまり嬉しくないなぁ。


ESCOLTA 初のライブDVDもうすぐ発売

ESCOLTA初のライブDVDのスポット映像が公開されました。

そういえばもうすぐ発売なんですね。
ついでに書くと本日メジャーデビュー5周年だそうです。パチパチパチ。

この日のコンサートは当然会場に行っていたのですが、その場で予約入金すると握手会に参加できたので、当然、握手していただく方を選び、結果もう予約済みなんです。

でも、今山野楽器で予約すると、スペシャルミニライブ(たぶん握手会付き)の招待券がもらえたりするんですよね。
コアなファンの皆さんはこっちでも買うんだろうなぁ。
私は根性無いので予約済みのDVDが来るのを待ちます。

DVDだと、3階席からではぜんっぜん見えなかった(←当たり前)メンバーの表情がバッチリ確認できるので、それが楽しみですね。
この日は大ちゃん(吉武大地さん)のメガネ、フレームが細かったせいか、かけていることに気付かなかったんですよ。
映像見たらかけてるし。どんだけ遠かったんだか。

この日はセットリストも好きな曲が多かったし、届いたらまたゆっくり楽しみたいと思います。

ESCOLTA、良いですよ~。興味がありましたら音源だけでも聴いてみて下さい。
公式サイトに行くとたくさん試聴できます。