感想など一覧

ナタリー・デセイの「ルチア」を堪能

昨夜は久々のサントリーホールへ、コンサート形式の「ランメルモールのルチア」を聴きに参りました。

タイトルロールは当代最高のルチア歌いと名高いナタリー・デセイ。

私が初めてデセイを知ったのは、なんと昨年です。METのライブビューイングでの「ルチア」を観たのが最初でした。

衝撃でしたね。

歌はもちろんすごいのですが、その演技に特に引き込まれてしまって。
ルチアは難曲ぞろいなのに、その難しさを感じさせないくらいの自然な歌唱と、魂のこもった演技でした。

それで一気にファンになりました。

今年も夏前にMETライブビューイングの「椿姫」を観て、このときは体調が悪かったみたいで歌の方は彼女的に今一つだったようですが、それを補って余りある迫真の演技で、最後は涙を抑えきれませんでした。

そんなデセイが日本でルチアを歌ってくれる、と知った時、もちろん「行きたい」と思いましたが、チケットの価格を見て最初は「無理」と諦めかけました。

が、夫が「オレが半分以上出すから行こうよ」と言って背中を押してくれたので、チケットを買うことができました。感謝です。

さて昨夜のルチア。

席は二階左サイド。
最初は聞こえ方がどうかな?、と思いましたが、いい感じに音が回ってきて良かったです。思ったよりステージも近かったし、ルチアとエドガルドやエンリーコとの掛け合いではちょうどデセイの顔がこちらを向くことになり、表情も良く見えました。

そして、やっぱりデセイは素晴らしかったです。

コンサート形式なので衣装も演技的な絡みもないので純粋に歌を聴くわけですが。

やはりナマの声は録音とは全然違うのでした。
いや、聞こえる音色は変わらないのですが、たぶん録音できない部分がたくさんあるのでしょうね。

たとえ衣装を着ていなくても、魂のこもった歌は鳥肌モノでした。

ダイナミックレンジの広さは想像以上。繊細なppから、あの細い体のどこにそんなパワーが?、と思わせる迫力のffまで、堪能させていただきました。

有名な「狂乱」の場では珍しいグラスハーモニカとの競演も楽しめました。
グラスハーモニカの方、掛け合いではデセイに煽られてちょっと大変そうでしたが、幻想的な音色があの場面によく合っていたと思います。

個人的には一幕のアリアの方が好きなのですが、こちらも圧巻でした。
デセイのアリアの後は、ステージ上の人たちまで控えめに拍手してましたね。

コンサート形式って、普通のオペラと違って舞台に出ずっぱりなので、コンディションを保つのが大変だと思います。

あれだけの量を歌うのに、水一滴飲まずに歌いきるのもすごいな、と変なところにも感心してしまいました(急きょキャスティングされたエドガルド役の方は水を持ち込んで飲んでいらっしゃいましたが)。

新国立の合唱団の皆さんも、特に女声は開演から1時間近く歌わずにステージ上で座っていて、でも出番になったらあれだけきっちり歌えるあたり、さすがプロ、と思いました。あれ、ホントに辛いんですよね。ステージ上は暑いし乾燥するし。

オーケストラ、ソリスト、合唱、どれも素晴らしく、本当に贅沢で幸せな夜でした。

とにかく、デセイの歌を現役のうちにナマで聴く機会を得られただけでも本当に嬉しかった。改めて夫に感謝です。


市民合唱祭

地元の合唱祭に行ってきました。

小学校のPTAコーラスを卒業し、去年から観客側に回ったのですが、下は少年少女合唱団から上は平均年齢70歳超のシニアコーラスまで、バリエーション豊かな合唱をいろいろ聴けました。

レベル的にも、コンクール全国大会に進出が決まっている団があるかと思うと、音程もリズムもおおらかで、ただ楽しく歌っています、という団まで、これまたバラエティに富んでおりました。

高校生やまだ卒業したてくらいの若い団は本当に若々しくて、それだけで良い感じだし、全国大会出場組の女声合唱団は、大人数にもかかわらず本当に緻密なハーモニー、そして衣装を使った演出も楽しく貫禄がありました。

また、私が卒業したPTAコーラスと、隣町のPTAコーラスが母体という、我々のと同年代くらいの団は、やはり(全体に比して)若い人が多いせいか、声が若々しくさわやかで、とても良かったです。

残念ながら私用のため前半で帰ってきてしまったのですが、後半も本当は聴きたい団がいくつもあったんですよね。来年はなんとか予定を一日空けたいなぁと思います。

こういうのを聴きにいくと、時々、「合唱やりたいなぁ」という気持ちがムクムクと湧き上がってくるのですが、ソロの勉強をしている現在、ヘタに合唱団とか入ろうと思うと、たぶんまたアルトになるだろうし、なかなか両立が難しいんですよね。

いつか、声楽のレッスンが受けられなくなったりしたときは、また合唱も考えようかな。そのときは、大規模なところではなくて、緻密なアンサンブルを楽しむ少人数のところがいいかなぁ、なんて、合唱祭を聴きながら思ったのでした。


本「10倍ラクするIllustrator仕事術」

たまたまIllustratorのTipsを検索していて見つけた本です。

なんというか、イラレはそこそこ使いこなしているつもりだけど、どうも効率が…みたいに思っていた部分を教えてくれる本です。

実際、今はどうかわかりませんが、デザイン業界って数年前までは、Illustrator8(または5.5)が標準でしたよね。

私は「9」から使い始めて、10に進み、その後しばらく飛んで「CS3」で止まっておりますが、その間にも特にアピアランス周りが進化しているのを実感していたので、「8」で止まっている方々は手順的にかなり損をしているのでは、と思っていました。

そんな私も分厚いハウツー本を買って勉強したのは「10」までなので、実はCS3をきちんと使いこなしていないのでは?、と薄々思っていました。

しかし、先日たまたま必要があってネットで検索をかけた時に、今まで何度も苦労していた「斜線で塗りつぶし」や「格子で塗りつぶし」が、実は標準のパターンスウォッチライブラリに入っていた、という事実に愕然とし、他にもそんなことがあるのではないかと思ってこの本を買ってみたという訳です。

もちろん、この本は1年前に発行されたものなので以前欲しかった時には無かったわけですけど。

この本を開いて、最初の方こそ「知ってるし使ってるよー」みたいな内容が続いていたのですが、レイヤー関係の話になると、もう全然知らなくてびっくり。

特に「レイヤーのアピアランス」と「レイヤーのクリッピングマスク」は目からウロコでした。

「レイヤーのアピアランス」を使うと、該当レイヤーのオブジェクトすべてに同じアピアランスが適用されるため、「とりあえず文字全部白フチ付けたい」みたいな時に便利です。

また、「レイヤーのクリッピングマスク」を使うと、該当レイヤーのオブジェクトだけがマスクされ、グループ化されない(←これ重要!)ので、後で中身を編集する必要が出てきたときに困りません。

今までは地図などを作るときに、一つ一つレイヤー分けして編集しやすくしているのに、最後にクリッピングマスクをかけるとレイヤーが統合されてしまい、おまけに全部グループ化されて台無し、みたいなことになっていました。

これ、もっと早く知っていたらずいぶん効率が違ったなぁと。

この二つだけ取っても買った価値ありだったのですが、他の部分も「かゆい所に手が届く」感じがたまりません。

Illustrator、使い込んでるし使いこなしてるつもりだけど、隅々までわかっているとは言えない、という方にぜひお勧めの本です。
ちなみに、CS3~CS5対応です。どの機能がどのバージョンから対応しているかが明記されているので助かります。