このサイトについて

映画「太陽とボレロ」感想

あらすじ

豊かな自然に恵まれた、とある地方都市で、長年活動を続けてきた、アマチュア交響楽団の解散が決まった。苦渋の決断を下した主宰者・花村理子は、ラストコンサートを計画するも、それぞれの事情を抱えた、楽団員たちの息は合わない。しかし楽団の喪失を機に、理子と楽団をめぐる人々とのつながりが、図らずも増えてゆき……。

上記公式サイトより

感想

事前情報はほとんど入れず、「オーケストラが解散するのでお別れ公演をする」という部分だけ知って観に行きました。あ、あと楽団員を演じる役者さんたちは楽器をできるようになって出ているということもなんとなく聞こえていました。

とりあえず、設定についてはどこから突っ込んで良いのかわからないくらいにツッコミどころ満載なので、敢えて書かないでおこうかなと思います。たぶん、どうしてそうなる?、の部分はどうでもいいんだろうなぁと思うので。

ただ、オーケストラの話なのに、そして、公演をするとかしないとかいう話なのに、練習しないんだなぁ、っていうのは感じました。練習シーン、一度もないんですもん。

まぁ、指揮者が決まらなきゃ曲も決まらないし、練習しようがないのかもしれないけど。でもアマチュアなんだから練習しないとどんどん下手になるだろうし、定期的に練習日ってあると思うんですよね。途中で団員が集まるシーンが何度かあるけど、普通はそれは練習日のことになるんじゃないのかな。それはちょっと疑問でした。

まぁ、オケはあくまでも舞台装置で、メインは人間模様なんでしょうと思いますが。その人間模様も、個人的にはちょっと滑り気味かな、と思いました。

プロ指揮者の西本智実さんがキーパーソンとして出てきますが、見事に一言もしゃべりません(笑)。下手にしゃべるより、いいんでしょうけどね。西本さんが指揮を引き受ける流れがベタ過ぎましたが、まぁそうしないとドラマになりませんよね。

そして、吹き替えなしと言われて心配した最後の演奏(ボレロ)は、プロオケに出演者さんたち(件のアマオケメンバー)が「参加する」形だったので、割りと安心して見られました。でも、やっぱり、指揮者が決まって次のシーンにいきなり本番、ではね。唐突に感じました。

映画そのものは音楽シーンも含めて(冒頭に演奏会が2つありますし)それなりに楽しめました。やっぱり音楽モノは映画館で見たいですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました