カテゴリー : 習いごと

そろそろ中盤~第九練習

今日は夜、第九の練習でした。

3年ぶりの第九もそろそろ中盤ですが、まだ音取りが終わりません。

前回、副指揮の先生が超スピードでフーガの音取りをなさったのですが、音取りと言いながら、ほぼ最初から歌詞付でどんどん歌わせて最後まで行ってしまったため、経験者はともかく、初めての人たちは相当面食らったのではないかと思われます。

なので今回はメインの合唱指揮者、S先生がフーガの最初から丁寧にやり直してくださいました。

やっぱり、改めて第九は難易度高いなぁ、と感じました。

ドイツ語だけでも敷居高いのに、各パート単独で歌っても難しいメロディライン。これをタイミングをずらして一緒に歌うわけで。

私自身はさすがに4回目ともなると、今回は出る場所も全部覚えていてまず間違えませんが、最初はあちこちで落ちましたもん。

今年の目標は、最後まで力を使い切らずに歌うこと。

毎回、わかっちゃいるけど最後のPrestoまで声が持たないんですよね。
最後は息も絶え絶え、って感じになっちゃう。

最後に出てくるA(高いラ)やB(シ♭)の連続に対応しきれないんです。

ここを、なんとかラクに乗り切りたいものです。

今のところ、フーガの終了時にまだ余力があるので、過去3回よりは良い方向に行っているかもしれません。

12月の本番まで、ほどほどに頑張っていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

本番終了

市民コンサート、無事終了しました。

何しろ、自分の出番までに支度を終えて舞台袖に行けばいい、というゆるーいスケジュールなので、出番から逆算して3時間前くらいに会場入りしました。

合唱関係のイベントでは、楽屋は狭すぎるので別の階の会議室あたりに追いやられたりするのですが、今回はとりあえずホール備え付けの楽屋でメイクや着替えができるので気楽でした。

楽屋で先にメイクを済ませ、あとは音出しの時間まで他の方々の演奏を聴いて過ごしました。

前夜にこの場所でリハーサルしたせいか、我ながらあまりにも緊張感がなくて逆に心配になってしまいました。

今日は予定よりだいぶ進行が早くて、音出しの部屋で軽く発声~通し練習をして楽屋に戻ると、もう自分たちの2組前の方がピアノを弾いてました!

急いでドレスに着替えてトイレも済ませて、舞台袖へ。

ピアノの方々は持ち時間が声楽より長いので、結果的には十分余裕はあったのですが。

今日は実は喉の調子が今ひとつで、発声の時も結構ガラガラしていたので、袖ではひたすらリップロールしたりして、力を抜くことばかり考えていました。

ステージに立ってみたら、ライトがまぶしく、客席は暗くて全然見えませんでした。

いつもは客席に知り合いを探してしまうのですが、それもかなわなかったので、とりあえず深呼吸して、とにかく軽く歌うことだけ心がけました。

なんとか、2曲とも自分を見失わずに歌えたかな。

考えてみたら、ソロで2曲続けて歌ったのって初めてだったかも。

1曲だけならなんとかなっても、2曲きちんと歌うのって意外に難しいですね。 今回実感しました。

とりあえず本番は特に破綻しなかったのでホッとしました。

ただ、今回は先生を代わってからあまり日がなくて、基礎的なことを立て直すのをペンディングして急仕上げになってしまったのが心残りといえば心残り。

次回のレッスンからは改めて基礎から立て直しです。がんばりますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

コンサート前夜、リハーサル

いよいよ明日は声楽発表の本番だったりします。

発表と言っても、市が主催する市民参加の文化祭の一環で、声楽だけでなくピアノやフルートなんかもあり、年齢層も子どもから大人まで。それぞれ個人で勝手に参加する感じのコンサートなので、基本は放置。

今日はホールでリハーサルだったのですが、時間配分だけがあって主催者の立会いもなし(笑)。

時間までにピアニストさんと、一緒に参加する夫と3人で集まって、二人にそれぞれ30分ずつ割り当てられた時間を合わせて使い、何度か本番のステージで歌ってみました。

この会館の大ホールは、何度か合唱でステージに立ったことがありますが、小ホールって初めてかも。

ステージから客席を見ると、意外に狭く感じるけれど、響きが悪いのでついつい力が入ってしまうようで、最初は夫から「歌おうとしすぎ」「力が入って声が割れちゃってる」と散々なダメ出し。

自分の中ではそんなに破綻していなかったのだけど、歌って本当に自分の感覚がアテになりません。
いや、夫がいてくれて良かったです。

どうやら、どんなに軽く歌っても声は一番後ろまでちゃんと届くということなので、ここは毎回今の先生に言われている「とにかく軽く歌う。絶対喉で鳴らそうとしない。」だけを注意して歌ってみたところ、ちょっと良い感じになったようでした。

まぁ、きっと本番になったら、力、入っちゃいますけど。

幸い歌詞は完全に入っているようなので、明日は下半身の支えと腹筋、そして口をちゃんと開けて動かすことに集中して、とにかく声を出そう、歌おうとしないように心がけようと思います。

今回初めて地元のホールでソロを歌うということで、友人たちが結構「聞きに行くよ~」と言ってくれてます。

いつもは下手をすると同門の人以外知り合いは誰もいなかったりするので、今回はちょっと張り合いがあるかな。

楽しんで歌って来ます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt