「イグアナの娘」第五話

ここのところ帰りが遅かったので、なかなか見る時間がとれなかった。ようやく第五話。

実は先週の第四話の最後近く、リカが昇のそばに走って行って、ゴールするまで横で一緒に励ます、というシーンに、ちょっとしらけてしまったことも、放映直後にすぐ見よう、という気が起きなかったひとつの理由かもしれない。

そのシーンのフラッシュバック、そしてゆりこが鏡の中にイグアナを見て倒れるシーンからスタート。

リカが家に帰ると、ゆりこがベッドに寝ているので驚く。「リカが出ていった後、洗面所で倒れた。鎮静剤で眠ってるけど、リカのせいじゃないよ」と父。それにしても、寝ているのに厚化粧のゆりこサンには相変わらずびっくりしてしまう(^_^;。

目を覚ましたゆりこは、イグアナに見えるリカを見て「出てって。あなたの顔、見たくない」と追い出す。自分の姿と重なってますますイヤなのだろう。「あなたは自分のことが全然わかってないじゃない。岡崎君だって、あなたの正体を知ったら、きっと離れていくわ」と相変わらずひどい言葉を投げつける。

翌朝、朝食を作るリカ。まみも起きてきて「今日は私学校休んでママの看病する」と宣言。リカは「それは私が…」と言いかけるが、父は自分が早く帰ってくるから、二人は学校へ行くように言う。

学校ではもうすぐ中間試験。そして、リカの誕生日も近いらしい。三上に「誕生日の夢って何かある?」と聞かれて「遊園地」と答えるリカ。小さいころ、誕生日に家族で行って、とても楽しかったので、いつか好きな人と二人で行けたらいいな、と思っていたのだと言う。と、後ろから「つまんない夢」とかをりの声。「立ち聞きはやめてよ」と抗議する三上に「これ落ちてたから」とリカの生徒手帳を渡す。つくづく、落とし物の多い子だ…。そして、前日リカが昇のそばについて走ったことをあげつらって「おとなしそうにいい子ぶってるけど、よくやるわよね」「そういうとこ、大っきらい」と、さんざん罵って帰っていく。ここまで面罵するというのも珍しいというかなんというか。イマドキは影でチクチク、それもグループでいじめる、というのをドラマでもよく見るけど。誰ともつるまず「あんたなんか大っきらい」宣言を何度もできる、っていうのは、ある意味、根性が座っているなぁ、と思う。

家に帰ると、ゆりことまみが楽しそうにお菓子を作っていた。とても入り込めない雰囲気に、リカは遠慮してそのまま図書館へ行く。すると、そこに昇がやってきて、ちょうど良かった、わからないところを教えてくれ、と言う。

図書館からの帰り道、昇は「昨日はありがとう。お前のおかげで、最後まで走れた気がする」と礼を言った上、「試験まで、こうやって勉強教えてくれないかな。陸上ばっかりやってたから」とリカに頼む。母の言葉を思い出して、迷いながらも、結局はうなずくリカ。

翌日、図書館で昇を待っているリカ。待っている間に母の言葉を思い出して、だんだん怖くなってくる。しばらくして、意を決して帰り支度を始めると「ごめんごめん、遅くなって」と昇がやってきて、屈託なく質問をはじめる。戸惑いながらも勉強に没頭していくリカ。何気なくおかれた生徒手帳の身分証には、リカの生年月日。昇がリカの誕生日を知った、という伏線だろうか。そのまま一緒に勉強をする姿を、昇の後をつけてきたかをりが悔しそうに見ている。そして、一緒に仲むつまじい様子で帰る二人の姿を、部活帰りのまみも見かける。

試験の日、余裕の表情の昇。「全然ダメ」という中谷は、そんな昇の態度が不審。帰り道、三上と一緒のところ、後ろから昇が来て「青島! ありがとう。お前のおかげで、いつもよりは確実にできた。お礼と言ってはなんだけど、明日、試験休みだし、お前の誕生日だろ。遊園地、行かないか?」と誘ってくる。なんとまぁご都合主義の展開。と思うと、母の言葉を思い出して怖くなるリカ。ふと横を見ると、ガラスに映ったイグアナの姿。みるみる顔をゆがめるリカは「…ごめんなさい」と蚊の鳴くような声で言うと、走り去ってしまう。

「オレ、なんか悪いこと言ったかなぁ」と言う昇に、「全然。ただ、こわいのよ。そんなことを夢見ている自分もいるくせにね」と三上がフォロー。

その頃、家に帰ったまみとゆりこの会話
ゆ「試験どうだった?」
ま「もうぜんっぜんダメ」
ゆ「あら、まみちゃんはちゃんとやればリカよりできるはずなのに」
ま「そうねぇ。私だってお姉ちゃんみたいに一緒に図書館で勉強してくれる彼でもいればねぇ」
ゆ「まみちゃんそれどういうこと?」
ま「お姉ちゃん、岡崎先輩と毎日図書館で一緒に勉強してたよ。この間の競技会だってすごかったんだから。先輩と一緒に走っちゃってさ。『お願い、最後まで走って』なんて、見てるこっちが恥ずかしくなっちゃったわよ」

途端に険しくなるゆりこの顔。そこへリカが帰ってくる。

リカの部屋に入ってくるゆりこ。いきなり頬を張る。「あなた、何やってるの! 私の知らないところでコソコソと!」「あなたは自分のことが全然わかってないじゃない! こんなもの、あなたには必要ないのよ!」と、昇のプレゼントの置物を机の引出しから出して壁に投げつけ、割ってしまう。いやぁ、鬼母ですなぁ。わざわざ、一番大切にしているものを選んで壊すところが…。

「ひどいよ、お母さん」泣きじゃくりながらかけらを集めるリカ。「私、わかってるよ。恋なんかしちゃいけないってことぐらい。でも、そばにいるだけで幸せな気分になれた。それだけでもダメなの?」リカの心の底からの叫びが切ない。何も言わずに出て行く母。

まみに「顔色悪いよ」と言われてしまうゆりこ。そのまみがリカと一緒の部屋に戻ろうとすると「今お部屋に行くのはやめなさい」と止める。その頃、リカは必死でかけらを集め、それを抱えて泣き続けているのだった。

翌朝。リカの誕生日。父が、夜はみんなで一緒に食事をしようと提案するが、まみは友達と出かけてしまう。

しばらくして、昇が訪ねてくる。ゆりこの言葉を思い出して一瞬躊躇するが、思い切ってチャイムを鳴らすと、ゆりこが出てくる。「リカさん、いらっしゃいますか?」と問う昇。ゆりこはにっこり笑って「今、出かけてます」。「それじゃ、これを渡していただけますか?」とプレゼントを託す。「お誕生日プレゼント、かしら?」「よろしくお願いします」。帰っていく昇。すぐさまそのプレゼントをごみ箱に捨てる母。やっぱり…。その頃リカは、自分の部屋で、直した(!)置物を眺めていた。いや、あれだけ粉々になったものを、よくもまぁ修復したものだわ。これぞ執念、という感じ?

母に「出かけてくる」と言って家を出るリカ。そして、公園で退屈そうにしていた昇に、声をかけるかをり。「暇だったら付き合ってほしいところがあるの。お願い。」

リカの行き先は遊園地(それも今は無きドリームランド!)だった。昔を思い出しながらメリーゴーランドなどを眺めるリカ。こういう状況だと、次の展開はもう読めてしまう。

そして、その頃家では、帰って来た父が「リカの8歳の誕生日にみんなで遊園地に行ったときのビデオ見つけた。見てみようよ」。と、ビデオ再生が始まる。ビデオにはかわいらしい女の子が2人ではしゃいでいる。「リカ、可愛いなぁ」と父。ゆりこは「ビデオにはこんな風にうつるのに、どうして…?」と自問自答。

リカも昔を思い出していた。楽しかったあの時。隣に昇がいたら…、と想像していると、後ろからまたもやかをりの声。思った通り、かをりの目的地はここだったのだ。当然、昇も一緒。少し離れたところでかをりの姿を探す昇を見て愕然とするリカ。「あなたの夢、私が先にかなえさせてもらったよ。良かったら、3人で一緒に遊ぶ? 私は別に構わないけど…」。どこまでも意地悪なかをり。「くだらない」夢じゃなかったのかなぁ。リカはいたたまれず「私、帰る」。その背中に「青島さん、お誕生日、おめでとう」。

リカは全然気づいてないけど、明らかに昇はリカに好意を持っていて、それを敏感に感じ取っているかをりが、昇を自分に振り向かせようとして、あの手この手を使ってくる。もう少し大人の男だったら、かをりみたいに積極的な女の子は歓迎なのかもしれないけど、昇は純朴な少年なので、かえって逆効果じゃないのかな。それとも、昇がどうこう、というより、リカが悲しむのを見て楽しんでいる、というのが正解か。

少し離れたところで泣き崩れるリカ。でも、人波に押されて、真っ暗なアトラクションの中に押し込まれてしまう。そしてアナウンス「ようこそ、ミラーワールドへ」。うわぁ、よりによって…。明かりがついて、イグアナ姿の自分に取り囲まれるリカ。目をつぶり、耳を塞ぎ「誰か助けて!」とくずおれる。リカの心中を思うといたたまれない。

その頃家では、ビデオ鑑賞が続いていた。楽しそうな「人間の女の子」姿のリカ。その姿を見ながら、ゆりこの頬を涙が伝うのだった。

進展しそうでしない昇とリカの関係。ゆりことリカの、愛憎に満ちた歪んだ親子関係。最近だと「牡丹と薔薇」に通じるものがあるような…。先を知っていても、目が離せない。


「イグアナの娘」第四話

なんだか毎日慌ただしくて、書きかけの状態でずーっと時間が経ってしまった。このままでは今日放映の第五話に記憶が上書きされてしまうので、なんとか今のうちに…。


とりあえず気を取り直して、第四話を見る。

昇の練習風景を見ているリカ。小学校の時に、昇の応援に来たときのことを思い出している。マミと一緒だが、マミは飽きてしまって帰りたがるのを「もうすぐだから」となだめて見ていた。その頃からずっと、リカは昇だけを見てきたのだろう。

生物の授業中、珍しい動物のスライドを見ていて、ガラパゴスイグアナが出てきたところで失神し、早退するリカ。リカが家で寝ていると、昇が訪ねてくる。ゆりこは玄関先で追い返すのかと思いきや、「上がって」と昇を招き入れ、お茶を入れる。

ゆりこの背中に向かって「イグアナってなんなんですか?」と訪ねる昇。小学校の時に図書館の生物図鑑でイグアナを見たリカが倒れたのを覚えていたのだった。あと、自殺未遂の時にもうわ言で「私はイグアナだから」と言っていたとか。ハッとするが「嫌いなんでしょう。気持ちが悪いから」とごまかすゆりこ。

ゆりこの「岡崎君は、リカのなに? 恋人? またはその可能性は?」に、昇は「そんなんじゃありません」。すかさず「だったら、リカとこれ以上親しくならないでほしいの」。

ゆりこが何を考えているのか、いつも表情を探ってしまうのだが、割合わかりやすい表現をしていても、複雑な感情の動きについていくのが難しい。リカに対しては大概険しい顔をしているが、時々フッとすごく優しい表情になる。リカはいつもこの母親の顔色を伺って過ごしている。いつもいつもビクビクしながらも、できればいつもこの優しい顔を見ていたいと思うのだろう。

リカの家を出た昇は、雨の中、何かを忘れるように一人で練習に没頭するが、足をすべらせて捻挫してしまう。

翌日、練習中の昇を訪ねたかをり。「あの時、昇と青島さんがキスしてるの見ちゃった」。うろたえる昇に、リカと三上が通り掛かったのを確認してキスするかをり。リカだけでなく、中谷も、マミも見てしまう。「何するんだよ!」とはねのける昇に「私の方が長かったね」とシラッと言うかをり。それって長さの問題?、と突っ込みたくなるのだが。

父の動物病院でウサギを抱っこするリカ。ここで難産の末生まれたとか。父が「リカが生まれたときもすごい難産で、ママ大変だったんだ」と言うと、リカはちょっと驚いて「生まれる前から心配かけてごめんなさい」とおどける。父や、父のアシスタントさんとは、ごく普通に、冗談を言いあったりもできる。この父の存在がなかったら、リカはもっと卑屈になっていたのかも。

その帰り道、一人になったリカをかをりがつかまえ「私、あなたみたいな人大っきらい。昇が私以外の人を好きになっても仕方ないけど、あなただけはイヤ!」と言い放つ。通り掛かったゆりこが影でその話を聞いていたが、その時はなぜかすごく優しい表情だった。まさかリカがけなされているのが嬉しいとも思えないが。

夜、お風呂から上がったリカに、呆然と何かを考えていたゆりこが「お母さん、今日岡崎君に、リカとこれ以上親しくならないで、って頼んだの。良かったでしょう?」と優しく言う。リカは愕然としたけれど、すぐににっこりして「お母さん、私は恋愛なんてできっこないから。大丈夫だから」。安心したように微笑んで「もう寝なさい」とゆりこ。珍しく穏やかな母子の会話。

(ここより10/18追記)

翌日、リカが陸上競技場(?)のスタンドにひとりでいると、昇がやってきて練習をはじめる。慌てて帰ろうとするリカ。ところが、昇は走り出すと怪我した足が痛むらしい。それを見て驚くリカ。昇に気づかれてしまったリカは、「先日は母が…」と言いかけるが、昇が「気にしてないよ」と言いつつ「それにしてもお前のお袋さん、おかしいんじゃないの」と言い出すと、急にリカは「お母さんのことを悪く言わないで!」とムキになる。呆然として「ごめん」と謝る昇。「お前って、時々強いよな」。

その後、怪我のことは他の人に黙っていてほしいと言う昇。そして、最後の競技会を「良かったら見に来いよ。たいした選手じゃないけど、これでも結構がんばってきたんだぜ」と笑顔で誘う。

これって、絶対競技会で何かまずいことになるんだろうなぁ。怪我を隠して競技会に出て、ただで済む訳ないものね。

競技会当日、陸上部マネージャーのマミは朝早く出かけていく。リカに「お姉ちゃん、来るの?」と聞くとリカは「…ううん」と首を振る。行くつもりのクセに…。

朝の食卓で、マミを先に見送ると、突然ゆりこが「ねぇ、マミちゃんには悪いけど、今日は3人でお買い物でも行かない?」と言い出す。ほらきた! リカは当然断れないし、父は、ゆりこがリカを連れて外に行こうと言い出したことが嬉しくて仕方がない様子。でも、絶対真意は別のところにあるのが見え見え。

競技会場では、着々と競技が進行中。昇は隠れてテーピングに余念がない。三上がやってきて、客席にリカの姿を探すが、いない。そのうちかをりもやってきて、図々しく関係者席まで入ってきて「がんばってね」と昇に声をかける。

その頃リカは、時計を気にしながら両親と買い物中。父は楽しそうにはしゃいでいる。昼食の席でも、リカは時計ばかり気になって、全然食事に集中できていない。昇が出場するのは午後1時。12時半を回ったころ、ゆりこは料理を追加。この時点で、単にリカをここに引き止めておきたいのだということがはっきりする。そして、45分、ついにリカは我慢できずに立ち上がる。いくらなんでも遅いんじゃないの?、と思ったけど、ゆりこの制止を振り切って「ごめんなさい」と一言言い置いて走り出す。

ひたすら会場を目指して走るリカ。でも、絶対間に合いそうにない。だいたい、食べたばっかりでそんなに走ったら気持ち悪くなるんじゃないの?、というツッコミは置いておいて、とにかく走る。

でも、その頃、無情にも昇の800m走がスタート。順調に先頭を走る昇。走りつづけるリカと交互に映る。そして、最後の直線に入ったところで、昇は転倒。次々に後続の選手に抜かれていく。立ち上がろうとしては倒れ込む昇…。かをりが駆け寄ろうとするが、中谷が「立ち上がろうとしてるだろ」と止める。

それにしても、これだけ長い間立ち上がれなかったら、運動会じゃないんだし、係の人が止めるんじゃないの?、と思わずにはいられないが、そうこうしているうちにリカが会場に到着。倒れている昇を見つけ、一直線に昇のところに走り、そばまで行って必死に励ます。その必死さに、マミも、かをりも諦めたような表情を見せる。そして、ようやく立ち上がり、足を引きずりながらゴールする昇。励まし続けるリカ…。ゴールして笑顔を向ける昇。

二人の関係が、少ーし進展したかな、という感じだった。

そしてその夜、何か物思う表情で髪をとかすゆりこ。ふと鏡を見ると、そこにはイグアナの姿が…! ゆりこの悲鳴が響く。そうか、こんなシーン、あったのね。知らなかった。これでゆりこ自身もイグアナだということに、今さら気づいたのだろうか…?

以下、次回。って今日じゃん(^_^;。


「イグアナの娘」第三話

ひょっとして最近「イグアナの娘」のことしか書いてない?

はまり度が高いので、つい放映当日に見てしまう。というわけで、第三話。

初めて、リカの笑顔がたくさん見られた。

「リカの受験をやめさせる。できれば家に閉じ込めておきたい」というゆりこに、父は「一人で抱え込まないでほしい」と言い、リカには、母が自分と会う前の記憶がなく、身寄りもないことを初めて話す。翌朝リカが晴々とした顔で「お母さんの言う通りにする。大学も行かない」と母に告げると、今度は母も「もう何も言わない」とリカの受験を許す。

この辺の気持ちのやりとりが複雑。母はリカを自分のものだけにしておきたいのだろう。リカのことが可愛くない、愛せない、と言いながら、実は一番独占したいのが母。この母は実はイグアナの化身という設定だから、娘がイグアナに見えるのは「自分のイヤなところがそっくり」という意味なのだろうか。

三上と一緒にお弁当を食べながら、受験を許してもらったことを話すリカ。今度の連休に一緒に清里に行こうと言われ、今までそんな友人のいなかったリカは舞い上がってしまう。二人であれこれ楽しそうに、その日帰り旅行の計画を立てているのを、かをりが見ている。その頃マミは昇に連休の予定を聞くが、あっさり「練習」と返され、一緒にいられると喜ぶ。

いきなり清里小旅行なんて、両親、特にゆりこが許すのかと疑問に思っていたら、あっさりOK。しかも「お小遣い、あるの?」と優しい言葉。ちょっとびっくり。おまけに、マミは気前良く服まで貸してくれる。なんかおかしな雲行き。

休みの日の朝、三上と二人で清里へ出かけるリカ。その頃、練習に行く途中の昇をかおりがつかまえ、リカの自殺のことを話してしまったことを謝り「青島さん(リカ)にも謝らなくちゃ」と殊勝なことを言い出す。絶対何か裏がありそう。その後「一生のお願いがあるの」。やっぱり。

清里で三上と楽しく過ごすリカ。笑顔がすごく可愛い。本当に生まれて初めて、こんなに楽しい時を過ごしているんだなぁ、と感じさせるような、明るい笑顔に、なんだかまた胸が熱くなってしまう。そして「一緒に写真撮ろう。誰かにシャッター押してもらって」と話している二人に「押してあげましょうか」という声。かをりだった。「偶然ねぇ。(←嘘ばっかり!)」空気一変。今まで明るかったリカの表情が曇る。三上も絶句。

その頃、陸上部で昇を待っているマミ。昇の親友の中谷が一人で歩いてくる。「昇なら来ないよ。清里に行った」。「えーっ、誰と?」「知らねぇ!」。マミはすっかり誤解してしまう。「お姉ちゃんのうそつき!」。

そこまでの明るい流れが一気に逆に流れていく。たぶん、リカにはまだその流れを自分で変える力はない。当然、かをりは昇と一緒に来て、必要以上にベタベタする。単にリカに見せつけるためだけに来たのだ。しかもわざわざ「せっかくだから4人で一緒に行動しましょう」と来る。断っちゃえばいいのに、リカは断れない。

昇はたぶんかをりのことを好きなわけではないのに、嫌がったりしないのでリカはすぐに落ち込む。このぐらいの男の子って、女の子にベタベタされるのはイヤだと思うんだけど、そういう意味でちょっとこの昇の態度は腑に落ちない。確か、後の方で理由がわかるのだけど。

それでも、それなりに楽しく過ごすリカ。何しろ、親と離れて旅行に来たことなんてないのだし、好きな男の子が近くにいる、っていうだけで、ある意味幸せなのだろうと思う。帰りに昇が3人にひとつずつ「今日の記念におみやげ」と小さな置物をプレゼントする。そして、そろそろ最終電車、という時、かをりにぶつかられて荷物を落とすリカ。よく大事なものを落とすね、この人。さっき昇からもらったおみやげを落としたまま出発してしまう。

最終電車のベルが鳴り響くホームで、なくし物に気が付いたリカ、落とした場所に思い当たって、引き返してしまう。三上は焦って窓の外を見るが、昇は「しかたない」といった様子で、ベルが鳴りやむ直前、電車を降りて後を追う。中に残されて「これは最終だから追いかけられないよ」と言う三上に、唇をかむかをり。

この、後先考えずに引き返してしまうのがリカなのだろうか。父や母(特に母)の顔より先に昇からもらったプレゼントの方が勝ってしまうのは、リカの性格にちょっと反するような気がしていまいち納得がいかない。

何時間もかかってようやく目当てのものを見つけて、大事そうに抱え込むリカ。昇がいくら「探すのを手伝わせて」と言っても「なんだったの?」と聞いても答えなかった。そして、見つけて初めて「ああああーっ、どうしよう。電車、もうないし…」。今頃気づくのかい! おまけに、気づいたら電話ぐらいしろって! だいたい、そろそろ夜が明けそうな時間までかかるものなのだろうか、ってこの辺はツッコミ処満載。

泣きながら、リカが昇と一緒に清里に言ったと訴えるマミ。父はリカを信用しようとしながらも心配になる。そして、夜になって三上が一人で帰って来て、リカが最終に乗り遅れたことを告げる。ゆりこは昇とリカが一緒だということにショックを受ける。

ホームでウトウトして、昇に寄り掛かるリカ。手のひらが開いて、自分のあげたプレゼントが見える。愛しさを感じたのか、眠っているリカにキスする昇。それを、反対側のホームでかをりが見ていた。

自分でかけた罠に自分ではまるかをりに、ちょっと溜飲。でも、かをりもただのイヤな女の子じゃないのよね、確か。こんな風にしか自分を表現できないって、彼女も悲しい人なんだと思う。

朝帰りのリカに「パパは本当にがっかりした」という父。そりゃそうだ。私の家だったらたぶん怒鳴られて殴られてたな、きっと。ここの父親は優しいからそんなことないけど。
部屋に戻ったリカはマミになじられ、服やバッグを無理やり取り返される。「お姉ちゃんなんていなくなればいい!」ってそれはいくらなんでも言い過ぎと思うけど。でも、叱られたりなじられたりするのは仕方ない。リカが悪いんだから。そして、今度はゆりこが来て「あなたはもう少し自分のことがわかっていると思った」と言い、無理やりリカに鏡を見せる。この二人の「戦い」は、まだまだ続くのだ。たぶん、リカにはそんな自覚はないだろうけど。