またまた代理受講

夫が体調を崩してしまったので、またまた代理で声楽のレッスンに行ってきました。

今回は、当日急に決まったのでホントに予定外で、いろいろ不安でしたが。

一応、3月からしばらくは、それぞれのソロ曲をレッスンする時間を捻出するため、夫のレッスン時間を半分分けてもらう(月2回のうち1回)ことになっていたので、結果的には予定が一週前倒しになっただけの話なんですよね。

とはいえ、コンコーネをほとんど練習していなかったのでどうしようかと思っていたところ、一人の時は時間がないからやらない、ということで、発声のあとすぐに、ガラコンで歌うソロ曲、”Think of me”に入りました。

あ、発声では、まだ音が上がって行ったときに、響きが前に行きがちなので、それを注意。

口を開けるときに、上の歯を見せる必要はなくて、下あごを下げること。これ、気をつけないとすぐに上唇をあげてしまうクセがあることに、今さら気づきました。

あと、最近レッスンの時はステージ用のハイヒールを履いているのですが、その際はバランスをヒールのほうに持っていくように言われました。

さて、”Think of me”です。

この曲は、ミュージカルの劇中劇(オペラ)で歌う、一応「オペラアリア」なので、そのつもりでいたのですが、先生にとってはやっぱりミュージカルナンバーの一つのようで。

最初の”Think of me”の”me”や、”good bye”の”bye”は音価いっぱいに伸ばすのではなく、短めに、軽く、とのこと。

いや、私にとってはその方が全然ラクですが。

もっと歌いあげる感じなのかなぁ、と漠然と思っていたのですが、聞かせるのは最後のカデンツァと、その前くらいで十分なんだそうです。その前はどちらかというか、語りというかささやきというか。

ずっと同じメロディなので、いつも同じように歌っていたら聴く方が飽きてしまうし。

だそうです。

確かにそれは言えているかもしれませんね。

でも、思いのほかラクに歌えそうなのでちょっとホッとしました。

ただ、その分最後のカデンツァに全力投球しないと…。ここの歌い方はまだまだ研究の余地ありです。

それにしても、先生、やっぱり英語苦手なんですね。

英語だったら発音で何か言われることはなかろうと思っていたら、ホントに何も言われませんから。っていうか、むしろ自信ないみたいで、歌ってみようともしないし(口ずさむ時に、いちいち「よくわかんないけど」と言い訳するのもちょっとカワイイ。実際ときどき読みがイタリア語になっちゃってるし。)

この曲は歌詞がちょっとややこしくて、舌が回りきらないところがあるので、そこはもうちょっと頑張ってみることにして。

やっぱり一番の鬼門は、”Phantom of ~”の最後ですね。これはもう、回数をこなすしかないかなぁ。


声楽レッスン

声楽のレッスンに行ってきました。

相変わらず、発声に迷いがあります。

コンコーネ25番はやはり、口の中、喉の奥が狭くなりがちです。

どうしても、音程が変わるたびに形を作りなおすクセが抜けないのです。

「常に開けっ放し」これがなかなか難しいんですよねぇ。

曲は、オペラ座の怪人の二重唱へ。

“All I ask of you”

声楽的に歌うよりも、話すように。

あと、「低音は捨てること」。耳にタコができるほど言われてますが。

この曲は決して生活感を出してはいけないので、これを歌うときは、お互いに「ラウル」「クリスティーヌ」と呼び合うように、と厳命されました(笑)。

何回か歌った後、最後に一度、”Phantom of the Opera”を。

この曲、すっごく低い音域(五線の下のGソ・Aラあたり)から始まって、最後は超絶に高い音(Hi-Es/五線から上に三本たしたところにあるミ♭)で終わるんです。

一発芸ならHi-Esもなんとかなりますが、五線の上のA(ラ)から始まり、半音ずつロングトーンで上がっていく最後の一連の流れは、かなーりキツいです。

今回は最後手前のHi-C(ド)三連発で声が終わってしまって、最後のEsは出す前から「無理」とわかりました。

とりあえず、最初の入りをオクターブ上げて、ポジションが下がりすぎないように試してみてくださいということになりました。

まぁ、練習していても、最後の部分はいつも綱渡りで、出るかでないかの勝負になってしまっています。大抵かすれてしまうし、とてもとても人さまにお聞かせできるようなシロモノではありません。。

今のところは、なんとか喉に負担をかけずに、かすれない声で最後までいけるように、何度も試してみるしかなさそうです。


映画「ドラゴン・タトゥーの女」

先日、レディースデイの曜日が移ったので行きづらくなった、と書きましたが、なんとその映画館、今月いっぱいは今月観賞の有料半券を持っていくと1,000円で観賞できる、というキャンペーンをやっていました。

公式サイトにも情報はないですし、映画館でも、チケット売場のある1Fではなく、劇場のある2Fにのみポスターが貼ってあるという、あまり大っぴらに知られたくないキャンペーンのようです…。

そんな訳で、せっかくなので早速、平日休みにまた一本観て参りました。

「ドラゴン・タトゥーの女」です。

CM以外、何の予備知識もなく行きました。あ、監督がデヴィッド・フィンチャーだということは知ってました。

あらすじ

雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。そんな中、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。40年前に起きた、彼が最も愛情をかけていた16歳の娘ハリエットの失踪事件の謎を解く事だ。やがて彼の助手として情報収集能力に長けた天才的ハッカーの”ドラゴン・タトゥーの女”、リスベットが加わる。そして2人は、一族の忌まわしい過去を知る事になる。

goo映画

いやー、過激なサイコミステリーでしたわ…。

グロいし。性描写過激だし。そういえばR15だった。

いつも洋画は吹替派なのですが、字幕版しか掛っていなかったので字幕で観ました。しかし、字幕だと結構つらいものがありました。情報量が多くて処理しきれず。

前半はミカエルとリスベットにまったく接点がなくて(一番最初にリスベットがミカエルの調査をしたという報告シーン以外)、それぞれ別々に話が進行していくので、メインストリームのはずのハリエット失踪事件の謎解きの方がわかりづらかったです。(名前だけ出てくる関係者が多すぎて)。

その一方リスベットの方は、ルーニー・マーラの体を張った演技で過激なシーンの連続。目を背けたいけど離せない、みたいな。

二人が協力関係になってからは、ようやく話が一本になって観易くなりました。過激なシーンは相変わらず多かったけど。

ただ、結局のところ本筋はどこにあったんだろう。

ハリエット失踪事件なんだとしたら、最後の部分が冗長な感じだし。

まぁ、「ドラゴン・タトゥーの女」っていうタイトルだから、リスベット視点の部分が本筋なんでしょうね、きっと。そこはちょっとわかりづらいかなぁ。私は最初、リスベットとハリエットが関係あるのかと思ってましたし。

あと、個人的に気になったのは、リスベットの上司役が、ERのコバッチュ先生役の人だったこと。ちょっとお年を召したかなぁ、と思ったけど、出てくると目がそっちに釘付けになっちゃった(^_^;)。テレビドラマの人って、あまり映画でお目にかかれないので。

また、後で調べたらこれって三部作の1作目なんですね。

っていうか、ちょっと前に話題になった「ミレニアム」シリーズだったんですね!

元の映画(ドラマ)をまとめて観たくなりました。

元の元は小説ということなので、できれば原作も読んでみたい。

ハリウッド版の続編は作られるのでしょうか。もし出来たら、たぶん観に行くでしょう。