若い娘になりきれるか?

声楽のレッスンに行ってきました。

今回も前に出て発声から。

やはり、「ドレドレドレドレド~」の、二度音程を繰り返してからのロングトーンがうまくいきません。

どうしても音程が変わるとポジションも変わってしまう…。たまーに上手く行くこともあるんですが。

あと、やはり五線の上に抜けた辺りから喉の奥が閉まってきます。「閉まるんじゃなくて開けないと」。理屈はわかっちゃいるけど、開け方がまだ体得できません…。

響きの方向はだいぶ良くなってきたようではあります。

コンコーネはようやく25番。

ここのところ続いて階名唱ではなく「o」で歌ってます。

音程が跳躍した時のポジション維持が課題ですねぇ、やっぱり。

実は二ページめにどうしても音の取れないところ(増2度音程)があるのですが、そこは軽くスルーで、今はB~H(シ♭~シ)辺りにあるパッサージョをきちんと出すことばかり言われます。ここが上手く行けば、その上もそのままちゃんと出る。上手くいかないと閉まったりかすれたりします。

という訳で25番は次回に持ち越し。

今回はイタリア歌曲をすっ飛ばして、6月のガラコンサートで歌う、ミュージカル「オペラ座の怪人」の曲へ。

まずは夫との二重唱”All I ask of you”からです。

曲そのものは難しくないんですよねぇ。

歌詞も英語だから別になんてことはない。普通のラブソングです。

ただ…、二人とも年齢設定が若いのです。私たちの実年齢の半分以下(笑)!

この「若さ」をどう出せるかが問題なんですよね。

ただでさえ、私の声は太くて若い娘向きじゃないし(^^ゞ。

じゃあなぜこの曲かと言えば、先生の選曲だったりします。

いや、「ミュージカルの曲、英語の曲が良い!」って言い張ったらコレになりました。

とりあえずは、若いラブラブな二人の雰囲気を出したいのですが、初老夫婦にはなかなか厳しいです。

いや、もちろん私たちはラブラブなんですけどねっ。

歌の方も、ささやくように、二人で語り合うように、声をあまり張らずに歌わないといけないのですが、ついつい一生懸命声を出してしまうんですよねぇ。

…前途多難。

でも、名曲ぞろいなので、何とか聴いていただけるレベルになれるよう、頑張ります。

まだまだ先は長いのだ。


ESCOLTA Singing Drama 2012 ~infinity~

昨夜は待ちに待ったESCOLTAのコンサート。半年ぶりです。

すっかり、半年に一度のペースで安定した感じですね。

少し長めのOvertureの後、「Sanctus」「My heart will go on」と続いて、いつもならここで愉快なMCが入るのですが、今回はMCが抑え気味で、淡々と曲が進んでいきました。

もちろん歌はいつもどおり良いんだけど、いつも通りシリアスな歌が多いので、それを和ませてくれるはずのMCまで淡々と進まれちゃうと、ちょっと食い足りない感じがしました。

なーんて思ってたら、「マルキアーレ」や「愛してイカロス」でようやくノリノリに♪

やっぱり、三人の仲良しっぷり炸裂のトークコーナーがある程度ないと、寂しいです。

曲が進むにつれて、いつものESCOLTAサウンドもどんどん冴えてきて、幸せな時間でした。

三人がそれぞれソリストとして主張しながらも、きちんとアンサンブルになっている。こんなグループ、やっぱり日本では他にないですよね。

最後の最後に、満を持しての「愛の流星群」。やっぱりこれを聴かないと終わらないですよね。いつもながら、アカペラ部分はゾクゾクしてしまいました。

それにしても、やっぱり結城リーダー、好きだなぁ。甘い声も、ファルセットも、自由自在ですもんねぇ。

もちろん大ちゃんも万里生くんも良かったし好きだけど。

ESCOLTAのライブに行くたびに、いつもリーダーの声に聞き惚れてしまうのでした。

曲の方は、いくつか聴きたかった曲が聴けなくて残念だったんだけど、今回お初の曲(↑に書いた「マルキアーレ」とか「上を向いて歩こう」とか)がとても良かったし、時間は限られているから仕方ないですよね。

あー、でも「レーヴ・アルモニ」は聞きたかったなぁ。大ちゃんのアコーディオンが…。

次回は9月だそうです。また同じ東京国際フォーラム。なんとか来られたらいいな。

今回の席は、夏の恵比寿のコンサートの帰りにいただいたチラシに載っていた「最速先行抽選」で取ったのですが、なんと一階のほぼ一番後ろに近いところで、通路際なのは良かったものの、PA席の斜め後ろというポジションだったため、会場が暗くなってもPA席のモニタや手元のライトが目に入ってしまい、少々残念だったのです。

最速抽選で手数料を余計に払ってこの席では、ねぇ。

やっぱり先行抽選は良くなかった時のがっかり感が倍増しますね。

今度は9月の日曜日なので、学校関係の行事がある程度はっきりする4月まで待ってから買おうかなと思います。

あと、今回はアメブロで知り合った地元のお友達、Hさんがご一緒してくれました。

Hさんは息子さんがウチと同じ年でしかも同じサッカー部。でも学校は違うので、いろんな話が聞けて、行き帰りの長い時間が楽しく過ごせました。

コンサートの方も、楽しんでいただけるかどうかちょっと心配していたのですが、どうやら終了時にはすっかりファンになっていただけたようで。

ESCOLTAの魅力をわかってもらうには、やっぱり一度ライブで体感していただくのが一番ですね。

Hさん、お陰さまでとても楽しかったです。また、機会があったらぜひよろしくお願いします。


英語の筆記体

息子は中学校一年生です。英語、苦手です…。

特に、書き取りに苦労しているみたいです。

自分の時どうだったか忘れましたが、息子の英語担当の先生は、文字のチェックが厳しいのです。小学校の漢字のトメ、ハネ、ハライ並みに、英習罫に対して接してるとか接してないとか、長いとか短いとかを細かく見ます。

文字なんて、読めりゃいーじゃん、と思うんですけど。

ローマン・アルファベットに関しては、文字を区別するためにチェックすべき個所がいくつかあって、そこを外してなければOKだと思うんですけど。なんか細かいんですよねぇ。

ところで、最近は学校で英語の筆記体教えないんですね。

確かにネイティブさんって、いわゆる筆記体を使っているのをほとんど見ませんが、そのせいなんでしょうか。

でも、筆記体を使えると、流れで書けるので(書道の行書みたいなもの?)、多少なりとも書くのがラクになると思うんですが。

息子たちを見ていると、文字の字間がマチマチで、単語区切りが良く分からない子が多いです。筆記体なら、単語単位で続けて書くので、少なくともそういうことはなくなると思うんですよね。

あと、習っていないと、筆記体フォントが読めなかったりしませんかね。

私なんかは習った最初の頃は基本筆記体を使っていましたが、学年が進むにつれて徐々に使わなくなりました。結局は読みづらいからと、区別のつきにくい文字があるからなんですが、流れで書けるようになった分、ブロック体もそこそこ速くなったんではと思います。

すごく印象的だったのは、大学に入って最初の専攻の授業(英語)で、筆記体のテストをされたこと。

「『筆記体で』この文章を書きなさい」って、タイプライターの文字見本文、”With charming eyes, a quick brown fox jumps over the lazy dog.” を書かされたんです。もちろん、読み上げなので、聞きとりも兼ねてます。

まぁ、これを書かせて、綴りの間違いも含めて、筆記体がきちんと書けるかをテストされたわけですが、今ではもうできないんですね、コレ。(もちろんその先生ももうお亡くなりになっていますが。)

たまに、息子に筆記体教えてしまおうかと思ったりするんですが、やっぱり筆記体で書いたら×をもらっちゃうんでしょうかねぇ。今の担当ならやりそう…。