響きを切らない!

声楽のレッスンに行ってきました。

今回は、本来私のレッスンではないのですが、夫が仕事の関係で行けそうになかったので、先生から「なら代わりに来なさい」と言われて代理受講したのでした。

前回のレッスンから一週間しか経っていないのと、前回、なんとなく先生の求めていたポジションと自分の歌いやすいポジションが一致したせいか、今回は割合良い感じだったようです。

ただ、発声で、「ドレドレドレドレド~」のロングトーンのとき、低い音のときは良いのですが、だんだん高くなってくると、「ド」と「レ」でポジションが変わってしまう悪い癖が頻発。

「絶対に同じ場所で声を出さないといけない。なぜなら、声は鳴り出すまで(響きがつくまで)に時間がかかるから、一音ごとに作り直していたら全然響かないんだよ。ずっと同じ音のつもりで出し続けないと」

という訳で、言われていることは相変わらずです。

コンコーネ24番。

この曲、最初はディナーミックが、と言われていたと思うのですが、今回はもう、「全部フォルテでいいから、とにかく発声注意して。浅くならないように、ブチブチ音が切れないように」とのこと。

で、部屋の端のほうから、広いほうに向かって歌い、自分の体周りではなくて、向こうの壁から返ってくる残響を聞いて歌うように、とのことでした。

そう言えば、この部屋ってすごく響きが良いはずなのに、最近は自分の声が響いてる、って実感がなかったなぁ…。

そんなんで、とにかく響きが絶対に切れないように、休符のときにも、ブチッとなくならないように、を注意しながら歌い、ようやくこの曲終了。

次回は25番。ようやく、初めての領域に突入です。

曲は「Son tutta duolo」の2回目。

この曲も言われることは同じ。とにかく音を、響きを切らさないように。

歩き方で言うと、行進ではなくて擦り足のように音をつなげて歌う。

そんな感じで歌っていたら、今回は全体に良い響きで歌えたような気がします。先生も珍しく「今回は良かったんじゃない?」とおっしゃってたし。

私としては、先週来、無理にポジションを高く保とうとしなくて良くなったのが、格段にラクになった要因だと思います。本来ラクに歌えるポジションで響きのことだけを考えれば良いので。

以前はこのポジションで歌うと「落ちてる!」と怒られていたのでね。まぁ、以前はこのポジションでは響きもつかず、抑えつけたような歌い方になっていたようなので、自分の感覚では同じでも、聞こえ方は違うということなんでしょう。

次回はこの曲を暗譜で。暗譜と言っても、完全暗譜である必要はないそうです。ただ、楽譜にかじりつかなくても良い程度に、という感じでしょうか。

あと、これからガラコンサートに向けてミュージカルの曲をレッスンするのですが、英語を歌うとどうしても響きが浅くなるので、イタリア語の曲も同時並行でガッツリやりましょう、とのこと。

そんなわけで、次回からはさらにドナウディの「O del mio amato ben」をやるそうです。なんか、大変…。


オペレッタ「こうもり」at杉田劇場

スロバキア国立歌劇場オペラ2012「オペレッタ こうもり」を観てきました。

と書くとなんだか立派なオペラで高そうに聞こえますが、場所は定員300名の横浜・杉田劇場、価格は3,500円(当日券4,000円)というリーズナブルな公演でした。

実際、オーケストラは無くてピアノ伴奏、出演者はソリスト7名+ピアニスト+ナレーターのみという構成です。

ピアノ伴奏で抜粋版のオペラというと、先日自分が出演した「フィガロの結婚」がそうですが、それ以上に簡易な公演でした。

だからと言ってつまらなかったと言うことはなくて、ソリストの歌はみんな素晴らしかったし、皆さん芸達者でとても楽しかったです。まぁ、これも一応すべて揃った完全版を観たことがあるから、だとは思いますが。

前半は「こうもり」とは関係なく、いろいろなオペラのアリアや二重唱を続けて歌うガラ・コンサート形式で、後半は、「こうもり」ですが、これも、お話の流れはナレーターが担当し(なんとスロバキアの方が日本語で!)、場面場面をつないでいく、というものでした。

歌やお芝居はとても良かったのですが、人数が少ないので状況設定にどうしても無理があるのと、合唱もバレエも、大道具の交換もないのはやっぱり少し寂しかったです。

この公演は、主催者の方(個人の方だそうです)が、日本におけるオペラ公演の現状を憂いて(西洋の猿真似なのに料金の高い国内オペラか、庶民に手の届かないブランド歌劇団しかない)、「本物のオペラ」を庶民が気軽に楽しめるようにと始められたそうです。実際、この日もほぼ満席でした。

その主旨は良くわかるのですが、仰っていたことはちょっと極端かなぁ。最近の日本のオペラも必ずしも猿マネとばかりは言えず、歌唱力・演技力を兼ね備えた方も増えていますし、海外の引越公演にしても、東欧の歌劇団の地方興行などは、席を選ばなければかなりリーズナブルな価格でそれこそ「ホンモノ」のグランドオペラが鑑賞できたりするんですよね。

私も、地元のホールでオペラの引越公演があればなるべく行くようにしていますが、いつも満席です。正直、今回の公演だったら、以前に地元で見た完全版の「こうもり」の方がコストパフォーマンスは高かったかなぁと。やはり、オペラは総合芸術ですから、オーケストラ、合唱、バレエと揃ってこそ、本物かなぁとも思いますし。

でも、これはこれでとても楽しかったです。特に、最後にアンコールでバリトンの方が歌ってくださった「いとしのエリー(日本語版)」が素晴らしかった。一番感動したかも。


とにかく深い声で

声楽のレッスンに行ってきました。

前回、発声だけで終わってしまい、「次回までこれだけでいいよ」と言われたのですが、録音を聞いてみようとしたら肝心の部分が録れていなかったので、自分の「良い声ダメな声」の判断がつかず…。

そんなわけでロクに練習もせずに、すっごくブルーな気分でレッスンに臨みました。

でも、最初の発声のところで少しだけ光明が…。

先生が前回言いたかったのは、「胸にも響きをつけよう」ってことだったようです。

それまでは、本当に最初から、ソプラノ発声のために、とにかくポジションを上に保って落とさないように、とそればかりでした。

そればかり気をつけていた結果、薄っぺらい浅い声になってしまっていたようです。その上、ある音以上に高い音は当たるけど喉が閉まるし。

私の声は重いので、だったらもっと深く、胸にも響かせるようにして、ただしそのままのポジションを変えずに上まで行けるように、と方向転換したらしいです。

それって、メゾに転向するのとは違うのか?、と思わないでもないですが…。

ただ、中低音はすごーくラクになりました。高い音域になるとだんだん喉が閉まってくるのは自分でわかるのですが、これをなんとかして開いていくのがこれからの課題でしょう。

その後コンコーネ。

「とにかく深い声で。」というわけでいつもの階名唱ではなく「o」で。

24番を何度も何度も。音程はきちんと当ててからふくらますように。そう、最近うまく当たらないんです。昔はそんなこと絶対なかったのに。トシかなぁ? で、当たらないのにいきなり出そうとするから、とっぱずれた声になってしまう。これはまた次回もやります。

新曲「Son tutta duolo」。

前回のレッスン前に少し譜読みをしたっきり放り出していたので、正直全然練習してません。

なのでメロディーすら怪しかったりして。

でも、発声とコンコーネで深い声を出す練習をした後だったせいか、声は結構良かったそうです。うーん、良し悪しがまだ感覚でわかりません。後で録音聞いてみます。

次回までにもう少しちゃんと譜読みします。

さて、次回以降はいよいよ6月のガラ・コンサートの練習に入ります。詳しくはまた今度。