カテゴリー : 習いごと

何もしない状態から始めましょう

声楽のレッスンに行ってきました。

今回重点的に言われたのは「何かしようとする前に、何もしない状態から始めましょう」ということでしょうか。

歌っているときに、あれこれ考えすぎて、あちこち凝り固まってしまったり、テクニックもないのに「歌おう」としてしまったりするのが良くないそうです。

まずは、自分の中でもっとも自然な状態で声を出してみる。どこを開けようとか、使おうとか、音量を上げようとか思わずに、とにかく自然に。

と言う訳で、ほぼ鼻歌状態で歌ってみました、”Caro laccio”。

さすがに声が浅くて平べったいし、ブレスは全然足りないし、「歌った気がしない」、と思っていたのですが、まずはそれで良いそうです。その、何もない状態から始めることが重要、と。
次に「軟口蓋を上げることだけ意識してみましょう」とのこと。

注意することが一点だけなら、なんとかなるものです。「今のは良かったですね」と褒められました。

私の声は、まだ使い減りしていないので、本来はもっと若いそうです。自分の中ではこの歌い方だと子供っぽく感じるかもしれないけれど、無理して深みを出そうとする前に、まずは現状に合った歌い方をするべきと言われました。

いや、私は別に深みのある声とか、大人っぽい声とか求めてないんですが…(汗)。

やっぱり何年か合唱アルトにどっぷりハマってたのがいけないんでしょうかね。
アルトを歌っていると、どうしても低音を頑張ってしまいます。
前の先生からもさんざん「低い方は捨てなさい」と言われ続けていましたが、アルトにいる限りはそういう訳にはいきませんから。

幸い、今は合唱から離れていますので、なんとか「なんちゃってアルト」を脱して、声帯年齢相応の声を獲得したいと思います。

さて、軟口蓋を上げる、という意識の次は、さらに少しディナーミックを考えましょう。

pとかfとかクレシェンドとか、のディナーミックは、音の強弱ではなく、気持ちの持ちようだと考えましょう、とのこと。

pは小さい音で歌うのではなく、落ち着いた気持ちで歌う、クレシェンドはだんだん気持ちが高ぶっていく状態、という感じです。

確かに、そう考えた方がわかりやすいですね。歌詞にも沿っているし。

と言う訳で、三度目は軟口蓋+ディナーミックに注意して歌います。

ここまで来ると、やはり全部はうまくいきません。たったこれだけしか気をつけていないのに、後半には軟口蓋は上がらなくなってきてしまいます。

なので、練習するときは、最初に立ち戻って、何もしない状態から始めることが大事だそうです。

まぁ、感情表現なんて考えるのはまだまだ時期尚早ということです。

正直、何もしない状態というのがあまりにもラクなので、ちょっと拍子抜けではあるのですが、この状態を否定されないのもありがたいです。

たぶん、前の先生だったらクソミソにけなされて、ひどく落ち込んでしまっただろうな、と思いますし。(けなされると体が縮こまるので、余計にうまくは歌えないですよね。)

あまり厳しくされたところで、その要求に応えられるだけの技量も時間もないので、結構きついものがありました。

いろんな意味で、今の先生に代わって良かったと思います。

それにしても、そろそろ終わりにしたいです、”Caro laccio”(笑)。がんばろ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

大きな丸を意識して歌ってください

声楽のレッスンに行ってきました。

今回は帰宅してからレッスンに向かうまでにあまり時間的余裕がなかったので、先生宅に着いてからもちょっと落ち着かない感じでした。

いつもの発声。

「マイマイマイ」のスケールで、音が高くなってくると口の中(のどの奥)がだんだん閉まってきてしまうという症状が頻出。

一音ごとにボウリングのボールを投げる動作をしてみると、きちんと開いたまま上まで行けるのですが、それを続けるとやっぱり閉じてしまう。

この、「高音でのどが閉じる」はずーっと抱えている課題です。
これだと音は当たるのだけど歌には使えません。なんとか克服したいものです。

後は、「温かい息を吐くように」や「下降スケールでゆっくり緩める」などはいつも言われていることです。

さて、「Caro laccio」です。

「丁寧に歌っているのは良いのですが、子供っぽいです」

あらら、前回のレッスンが全然生かされてません(気をつけてるのに)。

どうしても、音のとり方が直線的になってしまうんですよねぇ。

もちろん、息を回すこと、声を出す前に準備すること、など意識はしているのですが、身に着いていないということでしょう。

「もっと大きな丸を意識して、そこからいきなり飛び出さないように歌ってください」

だそうで。確かに跳躍音程で過程をすっ飛ばすクセがなかなか抜けません。
おかげで、丸くならずにあちこち尖ってます。

この曲はもう歌詞も入ったので、そのあたりを意識してもっと歌ってこないといけないですね。

実際、前回のレッスンからこっち、新しい曲の方に比重が移ってしまってあまり歌わなかったことは確かなので。

と言いつつ、前回頂いた「Ridonami la calma」。

とにかく音取りが大変で。歌詞をしゃべるのも大変で。

まだまだ通して歌うこともおぼつかない状態ですが、ようやく曲の全体像がおぼろげながら見えてきた、と言ったところでしょうか。

この日はとりあえず一回通しましたが、あちこち歌詞が落ちてしまったり、リズムを外したりしてしまいました。次までに、もう少しちゃんと形にしたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

省エネ模索中~第九

第九の練習、今回は副指揮の先生でした。

前回音取りがすべて終わったので、いわゆる「歌いこみ」かな、と思ったのですが、指導者が変わればまた内容も変わるということで、最初から細かい部分の洗い直し、という感じでした。

常任のS先生とは注意する点が全然違うので面白い面もあるのですが、「ここがキツい」という部分の練習があまりなかったのでちょっと肩透かしを食らったような気分でした。

第九の合唱は、部分部分で取り出してもキツいのが”M”の「歓喜の歌」部分(特に繰り返し)とフーガ、そして最後のPresto以降かな、と思うのですが、実は”M”から”N”を経てフーガ、そして、ppの”ein lieber Vater wonen”までがほぼ休みなくひと続きになっているのが鬼門だと思うのです(あ、ソプラノの場合です。)

なので、ここを続けて練習しないことにはペース配分がつかめないんですが…。

今回はそういう練習はなかったのでちょっと残念です。

そして、個人的にはどうやったら省エネで歌えるかばかりを考えていました(笑)。

“M”はとりあえずmpくらいで歌えばそれほど疲れないで済みそうです。
回りがフルパワーで歌ってくれるので問題ないでしょう。

フーガは飛ばされたのでまだわかりません。

Prestoはどうしましょう。歌ってしまったらやっぱりキツかったです。ヘタに手を抜くとノドに来るので、ノドを開けてなるべく音量を上げないようにしてみたのですが、それでもAの連続は堪えますね。

Maestosoのところまで、なんとかしてある程度ラクに持っていきたいものです。

次回からは夜の練習。もう本番までカウントダウン段階です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

合唱コンクール終了

中学の合唱コンクール、無事終了しました。

息子のクラスは今年も優秀賞(学年1位)を取りました。

二年生はなぜか課題曲が混声4部で一番難しく、ここで結構差がついていました。自由曲も含めて、パート間のバランスが一番取れていたのが息子のクラスかな、という感じです。自由曲に結構難しい曲を選んだのに、なかなか良く仕上がっていたと思います。

他のクラスはどうしても男子の音量が大きくて(人数が多いのにコントロールができないのですね)ソプラノが聞こえない、という感じでしたが、息子のクラスは高いところが良く響いていました。その点も良かったのかも。息子自身もソプラノの要で頑張っていました。

まぁ、順位は二の次で、どのクラスも、この難しい年頃の子達が一生懸命声を出して歌っているのは見ていて嬉しくなりました。

一年生はみんな初々しく可愛らしいし。

三年生は最後ということでどのクラスも気合が入っていたし。

ただ、三年生に関しては気合が入りすぎなのか、体を使って歌うのは良いのですが、ほとんどのクラスの子たちが前かがみの姿勢になっているのが気になりました。

それ以外は、声もよくコントロールされていたし、さすが、三年生、という感じでした。

さて、保護者コーラスもそれなりに、特に破綻なく歌えたなぁと思ったのですが。

後で息子に聞いたら、去年と同じく「先生方よりはマシだったけど…」と厳しい反応。まぁ、合唱に関してはどうしても辛口です。そして一言。「お母さん、声、目立ちすぎ」。

え?、大ホールで30人以上で歌ってるのに飛び出しちゃってました? そんなつもりは無かったのですが…。

でも、きっと他の人は気付いてないからいいよね。所詮臨時編成だし。

たまーに歌うと合唱もいいなぁ、と思います。
また来年も楽しみです。

来年は選曲できる立場になりたいから、成人教育委員になろうかなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

前日練習~PTAコーラス

中学の合唱コンクールがいよいよ本番です。

子どもたちはもちろんですが、保護者のコーラスもいよいよ本番。
ということで、前日、最後のPTAコーラス練習がありました。

最後の日は昼間の練習。

やはり、昼と夜とでメンバーが変わりますね。
昼しか出られない人、夜しか出られない人とはっきり分かれるようです。
つまり、本当の全体練習は当日だけで、しかも当日もリハは出られない人がいますから、結局のところ「ぶっつけ本番」ということですね。

それでも、歌のほうは今回、指導者の方が細かいことにこだわらない穏やかな方だったせいか、ほどほどに仕上がったように思います。雰囲気も和気藹々としていい感じです。

「いつでも何度でも」は、アルトが結構難しいのですが、前々回の帰りに、部活の先輩に頼まれて音取り音源を作り、それを一人の方にメールで送ったところ、想定以上の範囲に回ったようで、皆さん最後は結構な音量で普通に歌えるようになっていました。
音源も少しは助けになったのかな、という感じです。

おかげで今年私は希望通りソプラノでステージに上がれそうです。

後半は並びを決め、出入りの練習をして、本番指揮者(PTA会長/男性)も加わって通し練習。

毎年、PTA会長が指揮をすることに決まっているのですが、今年は新しい会長さんで指揮は初めてらしく、とても初々しい感じで一生懸命振っていらっしゃいました。

それにしても、まだちゃんと歌詞やメロディーが入っていないので、なるべく指揮を見るようにしたらあちこちで歌詞を間違えてしまって…。本番までにもう少しちゃんと歌詞を読んでおかなくては。

さて、自分たちはほどほどに頑張るとして、何と言っても主役は子どもたち。

どんな合唱が聞けるのか、楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

色っぽく歌ってください

声楽のレッスン。

前回は風邪気味でほとんど歌わなかったので、久々にゆっくりみていただきました。

いつもは夫と交互に発声・発声・曲・曲と進むのですが、今回は夫の方を一度に進めたかったようで、完全に時間を半分ずつ、という感じで、発声から曲を続けるカタチになりました。

夫のレッスンの間も、ずっと「お腹を使う」「準備をしてから声を出す」「吐く息は『手を温めるような温かい息』で」など、自分に通じる注意が多かったので、声を出さずに体を使う練習をしておりました。

それが良いウォーミングアップになったのか、発声のときは「準備が早くて良いですね」と誉められました。

ただ、私の場合、一度支えを作ると、そのままリラックスする時間がないので、いちいち力を全部抜いてリラックスする時間を作るようにとのこと。

これが難しくて、いったん抜いてしまうと再度作り直すのが大変なんです。

でも、ずっと保ったままだと短い曲なら良いけれど、大曲では絶対にもたないそうです。なので、リラックスして素早くまた支える、という動作がもっと機敏にできるようにならないといけないようです。

曲のほうは、最初に歌ったあと、「素直で良いんですが、もっと『色っぽく』歌ってください」と。

「色っぽく」って難しいんですけど。

いろいろ試行錯誤してみたのですが、結局のところ、変に歌おうとしたりするのではなくて、音と音のつなぎをもっと粘るというか、つなげるというか、小さなポルタメントをたくさん入れるように歌う、ということのようです。とっても苦手な部分です。

また、どうしてもブレスが足りなくなることが多いのですが、そこを気にし過ぎないように、という注意も受けました。

以前からそうなのですが、どうもブレスコントロールが下手で、フレーズの後半になると足りなくなることが多く、そこにばかり気が行ってしまいます。

「無くなったらその時はその時なんで、そんなことは気にせず歌いきってください」

だそうで。息のことばかり考えて不安そうな歌になっているようです。

あと、細かいことに囚われすぎなので、もっと大きな気持ちで、ラクに歌ってくださいとも言われ、指揮を振りながら歌ってみたりもしました。

とにかく、このY先生についてからはラクにラクに、もっとラクに、みたいな感じのご指導が続いているので、歌うことそのものはとても楽しめています。

ひとつだけ、これも以前からいろいろな方に注意されているのですが、フレーズの最後の音をのばすとき、ついつい押してしまうんですよね。で、音色が悪くなってしまう。

ここを上手く支えて、軽く吐ききる、または次のフレーズにうまく続けられると、一段上がりそうな気はします。

次回もこの「Caro Laccio」を続けますが、もう一曲課題をいただきました。

トスティの「Ridonami la calma!/私に静けさを」です。

実はぜんぜん知らない曲です。難しいそうです。

参考までにYouTubeにあったCarlo Bergonziの歌唱版を貼っておきます。

当分は、こんな感じでじっくり、丁寧に紡いでいく感じの曲をやっていきましょう、ということです。
がんばろうっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

最後まで持たない…第九

第九の練習に行ってきました。

今回は前半の時間で最後の”S”以降の部分の音取りを終え、後半はついに歌いこみに入りました。

この最後の部分が、ダメ押しのようにキツイ音域の連続なんですよねぇ。

ソプラノ以外は音の跳躍が多くて大変そうですし。

そしてラスト少し前のMaestoso…。初めて歌った時はテンポが変わりすぎて面喰いましたが、本当に歌い手泣かせですよね。

それでも、この”S以降”だけを練習した時はまだ良かったんです。大変は大変ですが、なんとかなります。

休憩後に最初からずっと歌って行くと、やっぱり最後まで持ちません…。

最初のほうは程よく力も抜けて、音域高くても「楽勝楽勝♪」くらいな感じだったのですが、例の一番有名な「歓喜の歌」あたりでヤバくなり、フーガで完璧に撃沈してしまいました…。

今回は前半に最後の部分を練習したこともあって、通し練習はそこまで行きませんでしたが、このペースだと確実に最後は歌えません。

さぁどうしましょう。

声楽の師匠は、「くれぐれも、きちんと歌おうと思わないように」とおっしゃっていましたが、確かに全編しっかり歌おうと思うのは無理ですね。以前なんとか持ったとしたら、それは逆にちゃんと歌えてなかったからなんだと思いました。

いや、もちろん一度たりとも、最後まできちんと歌えたことなんてないんですけど。

今回は意識的に、どこか抜かないと途中でつぶれてしまいそうです…。

できることなら、最後の最後をきちんと歌いたいんですよね。
いつもそこがアップアップなんで。

さて、どこを抜いたら合唱的に一番問題ないですかね。

フーガはもちろん、ppの高音が連続するところは休みたくないですよねぇ。

やっぱり、一番有名な例のアレを休むのが現実的でしょうか。

とは言え、ステージに立っちゃうと、歌わずにいられないんですよねぇ、きっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

PTAコーラス練習

昨日書いたように、夜はPTAコーラスの練習でした。

中学のPTAコーラスは、毎年合唱コンクールの際に募集がかかり、直前に4回だけ練習時間が設けられていて、すぐ本番、というある意味強行なスケジュールです。

なので、高い完成度は求められませんが、去年などはそれほど難易度の高くない二部合唱で、そこそこいい感じで歌えました。

今年は去年まで合唱指導をしてくださっていた方が卒業してしまったので、子供のころから合唱をやっていらっしゃるという、転入してきたばかりの方が指導をしてくださいます。

本当は先週1回目の練習があったのですが、その日は私、風邪をひいて寝込んでおり、とても歌える状態ではなかったので休んでしまいました。

という訳で今回が初練習。実際には、昼間2回、夜2回と、仕事をしている方や、逆に夜外出しにくい方に配慮した日程となっており、2回くらいしか出られない方も多く、今回初練習という方は私のほかにも結構いました。

また、息子の所属するサッカー部の引退した3年生のお母様方が何人も来ていてちょっとびっくり。それこそ、皆さん今年初参加だそうで。なんでも「卒業する前にみんなと一緒に思い出づくり」なんだそうです。それもまた良し、と言ったところでしょうか。

さて、肝心の練習です。

曲は「花の街」と「いつでも何度でも」。

「花の街」のほうはオーソドックスな二部合唱で、同じパターンを三番まで繰り返す、という単純なものなので、楽譜持ちで歌う分にはそれほど問題はありません。もちろん顔が上がらないと声が飛ばないしテンポが合わないので、できればもう少し練習したいですが…。特に、繰り返しの間に間奏等が一切ないので、それぞれの出だしがつまづきがちなのがちょっと心配でしょうか。

問題はもう一曲の「いつでも何度でも」です。

まず、曲が長いのと、メロディーは単純ですが、繰り返すたびにコーラスのパターンが変わるので、アルトがすごく大変そうです(今回私はソプラノです)。

今回4回中2回目の練習ですが、最後までまだ通せていません…。心配は心配ですねぇ。特に、後半転調して、アルトが追いかけるような形になると、入りから失敗したりしていますから。

あと、これはパートに関係ないですが、言葉の切れ目とフレーズの切れ目が一致していないので、ブレスがすごく大変。つい、変なところで切ってしまって自分たちで焦ったり。

練習回数の割には、ちょっと難易度高いかな?、と感じています。

本番はもう一週間後。カタチにできるのか心配です。

帰りがけ、サッカー部の先輩ママさんたちから、「アルトの音、取れないからピアノで弾いてくれない? 録音するから」と言われたのですが、ピアノはもう片付けてしまったし、だいたいピアノ苦手だし。

なので、また例によって音取り音源を作って送ってあげることにしました。お世話になった先輩方ですから。

しかし、今回の楽譜を眺めていたら、2曲とも、ソプラノがずーっと主旋律で、アルトはずーっとコーラスなんです。音の高低が逆になるところであっても、あくまでもソプラノが主旋。

こういうアレンジって実は苦手です。こういうアレンジばかりだと、変に役割分担ができてしまってつまらないんですもん。

その点、小学校のコーラスをご指導くださっていたY先生のアレンジは良かったなぁ。
どのパートにも光が当たるように、と考えてくださっていたので。

クラシック系の合唱曲(宗教曲等)もそうですが、どのパートであっても、主役になったり脇に回ったりする箇所があった方が、歌っていて面白いです。

最後は蛇足でした。

次回はまた来週、夜練習です。今度は最後まで通せるといいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

大地讃頌

来週は息子の中学の合唱コンクールです。

同僚のAさんも同じ学年の息子さんがいるのですが、そちらは先週終ったとか。

しばし曲の話になったのですが、Aさんの息子さんの学校は、3年生の課題曲および全体合唱が、シューマンの『流浪の民』なんだそうです。

息子の学校では一昨年くらいに三年生のあるクラスが自由曲で歌っていましたが、こんな難しい曲、クラス合唱でやるんですねぇ。ソロもあるのに。

うーん、私たちが中学生の頃は、全体合唱といえば、『大地讃頌』だったけどなぁ…。とつぶやいたら、Aさんも「うちもです!」と。

なるほど、親の世代だと定番は『大地讃頌』で、今はそうではない、ということなんですかね。

今歌ったら、かえって新鮮なんじゃないかと思ったりしますが、そうでもないのかな。

定番を通り越してしまって、逆に歌われなくなった曲って結構ありそうな気がしますね。
70年代後半から80年代くらいの中学生って、『大地讃頌』とか、『山のいぶき』とか、『河口』とか歌っていたと思うんですが。

一般の人はあまり知らないけど、『水のいのち』なんかもイマドキの合唱団はあまり歌わなそうだし。

とりあえず今日はその合唱コンクールで歌うPTAコーラスの練習に行ってきます。

懐かしくなったので、YouTubeから『大地讃頌』をひとつ貼っておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

風邪ひきだけどレッスンを受けました

声楽のレッスンに行ってきました。

先生を決めた経緯は結局書いていませんでしたが、7月から月2回のペースで現在の先生についています。

昨年ネット上で募集のかかっていた地元合唱団に、ひょんなことからエキストラ参加したのですがその際知り合ったNさんが近くで声楽レッスンを受けているのを思い出し、紹介いただいたのです。

以前はテノールの先生でしたが今度はバリトンの先生。

なかなか女声の先生と縁がありません(笑)。

今の先生からはひたすら、お腹を使って声を出す前に準備をすること、息を常にまわすこと、喉を使わずに軽く歌うことなどを注意されています。

今日は、先日のコンサート前後からひいている風邪のせいでちょっと声が出にくくて、発声と新曲のチェックを軽くやっただけで終わりにしていただきました。(その分、一緒に行っている夫がたくさんレッスンしていただいてました。)

そうそう、最初に先日のコンサートについて「どうでした?」と聞かれたので、「歌った直後はとりあえずそれなりに上手くいったと思ったのですが、録音を聞いたらがっかりしました」と答えたところ「あー、録音は直後に聞いちゃいけません。一年後くらいに聞いて、『あ、こんなことやってたんだ』と思うくらいでちょうどいいんです」と言われました。確かに直後に聞いたら絶対凹みますもんね。でも、聞かずにはいられないんですけど…。

さて、発声については、相変わらず言われることといえば、息を流すこと、回すことです。今日はひたすら、両頬に手を当てて「アッチョンブリケ」の状態で、口の縦開きを実践。ただ、ごくごく短時間で切り上げました。

夫のレッスンを挟んで歌のレッスン。

今回から新曲「Caro Laccio/いとしい絆よ」ですが、何しろコンサートから日が経っていないので、音取りもロクにできていません。

譜面(ふづら)を追うのが精一杯ということもあって、なかなか息を流すところまでいきませんでした。

とりあえずは、フレーズごとにブツブツ切らずに、次のフレーズに向かっていく感じを忘れないように、でしょうか。

音域的にはとても楽な曲なので、きちんと喉を開けて息を流す、回すことを心がけて練習していこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt