カテゴリー : 音楽

ホールで音楽鑑賞~アキレス腱断裂日記その12

地元のホールでの演奏会、オペラ公演に続けざまに行ってきました。

ひとつは先に出演するはずだったクラシックコンサート。こちらは小ホール。そして、某国立オペラ劇場の引越公演、大ホールです。

どちらも車椅子での入場です。

ホールには事前に連絡を入れてから出かけました。

どちらのホールにも一応車椅子のまま鑑賞できる「車椅子スペース」というのが最後列の並びに用意されています。

が、それだとあまりにも遠いですし、オペラに関しては先にチケットを買ってありましたので、特別に前のほうから入れてもらうことにしました。

このホールはホール内は階段状になっていますので、車椅子のまま前のほうに行くには、「秘密の入り口」を通らなくてはなりません。

この「秘密の入り口」は普段カギが掛かっていますので、トイレに行くのもなかなか大変です。

特に小ホールのほうは出入り自由の演奏会ですし、夫はこの日出演者でもあったので、係の方を呼びに行くのにとても苦労していました。

大ホールは、秘密の入り口の外に大きな段差(を解消するための超急坂スロープ)があり、そこからトイレもかなり遠いので、この日は休憩時間にホール内を松葉杖で突っ切ってトイレに行く、という荒業を強行しました。

それでも、車椅子でしか移動できない客が快適に過ごせるよう、いろいろ配慮してくれたホールのスタッフさんたちには感謝の気持ちでいっぱいです。

クラシックコンサートは夫をはじめ、友人たちの歌を客席でじっくり聴くことができましたし、オペラも最前列で楽しむことができました。

足を怪我した当初は、こうしたステージを楽しむこともムリかな?、と半分諦めかかったので、無事に鑑賞できただけでも幸せなことです。

車椅子の介助をしてくれた夫、杖や荷物を運んでくれた息子、手伝ってくださったすべての方に感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

少年たちの合唱

息子の所属合唱団の定期演奏会が無事終了。

今回はいつも通りプログラム広告の準備とか、Web告知などの作業こそ関わりましたが、練習期間も一度も顔を出さなかったし、当日のお手伝いもなかったので、完全に一聴衆として楽しませていただきました。

考えてみたら定期演奏会は久しぶりです。

一昨年は震災の影響でホールが使えなくなり中止。昨年は演奏旅行があったので開催されず。

子どもの合唱団なので、3年開くとメンバーの入れかわりや成長でずいぶん様変わりします。

息子もすっかり声変わりしてしまいましたし(でもまだソプラノで頑張っていますが)。

この少年合唱団の目玉はやはり小学校高学年のボーイソプラノ。息子も小学生の時は毎年のようにソロを歌っていましたが、今回は練習そのものもあまり出られていないのでソロは無し。この間まで「ちっちゃい」と思っていた子たちが立派にソロを務めていました。

でも、実際に合唱を支えているのは変声後のMクラスなのだな、と今回実感しました。

男声アカペラ合唱はゾクゾクするほどきれいだったし、ソプラノアルトだけの合唱では今一つ安定しなかったハーモニーが、男声が入るだけでキリッと引き締まる。もちろん、小学生と中高生の精神的・身体的な差はあるでしょうが、お兄さんたちの支えでボーイソプラノはより光ると感じました。

普段の演奏会では聴けない幼稚園や小学校低学年の合唱も相変わらず可愛らしく、微笑ましかった。メンバーはもう3年前とはほぼ総入れ替わり。可愛い時期はすぐに去ってしまうんですね。

最後の最後は幼稚園児から高校3年生までが一堂に会して全体合唱。エルガーの『威風堂々』でしたが、迫力満点で素晴らしかった。幼稚園の子も英語の歌詞を頑張って歌ってました。

息子は今年受験生になるので、もう少しすると団をお休みすることになります。1年後、晴れやかな気持ちで帰って来られるといいな、と、一学年上の先輩たちを見ながら思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

ESCOLTA Singing Drama 2013 ~Symphony~

日曜日は半年ぶりのESCOLTAコンサートでした。

ここ3回は、アメブロで知り合った地元のお友達、Hさんが毎回ご一緒してくださっています。

今回も一緒にチケットを取ったのですが、なんと前から3列目!! でもうーんと端っこでした。それでも前回前々回のほぼ最後列とか3階とかから考えたら、近くで観られるのは嬉しいですよね。あ、でもでも端っこだとスピーカーが正面かも…とか、あれこれ心配したり期待したりしながら、オーチャードホールに向かいました。

オーチャードホールは初めてでしたが、大きかったです…。ただ、国際フォーラム同様、動線の悪さはいかんともし難く。っていうか、いつも開場遅れるんですよね、ESCOLTA。だから開場時間になると物凄い人でごった返しちゃうんです。かと言って、開演ギリギリの時間に行くのも勇気が要りますよね。この点は、いつもちょっと残念なトコロです。

さて、肝心のコンサートですが。

今回はタイトル「Symphony」の通り、オーケストラ演奏でした。

オーケストラと言っても、もちろんそんなに大きな編成ではないのですが、いつものヴァイオリン1、チェロ1みたいな編成と比べるとかなりな人数。

ところが、すっごく前でしかも端なので、正面はドーンとピアノ(飯田さん好きですが)。オーケストラの姿はあんまり見えなくて、一体全体で何人いるのかも良く分かりませんでした。

あ、でも音響は心配したよりは良かったです。スピーカーは確かに目の前でしたが、お腹に来る大音量ではありませんでしたし。

何より、本当に距離が近かったので、メンバーの顔が良く見えたし、正面で歌ってくれた時は、しっかりナマの声が飛んできたのは前方ならでは。

メンバーの歌はどんどんグレードアップしていますね。

3人それぞれのソロ部分はもちろん、やっぱり真骨頂はハーモニー。
そして今回はそれにオケが加わって、なんともゴージャスなサウンドでした。

ただ、今回はオケだったということで、3人だけのコーナーがなくなっちゃったのがちょっと残念。いつも万里生くんのピアノと結城リーダーのギターを楽しみにしていたので。特に今回はピアノ、目の前だったのに。

という訳で、ほとんど休みなく、怒涛の十数曲。堪能しました。

アンコールではお約束の「愛してイカロス」で客席に降りてくれましたが、残念ながら中央通路だけ…。でも、ここだけはオールスタンディングで会場ノリノリ。私も今回ばかりは思わず立っちゃいました。

で、初めて気付きました。「2-3」のリズムは、手拍子だけなら簡単だけど、体を動かしながらだと、超!難しい(汗)。オバサンにはハードル高いです。

そして久々の「ブルー・マーブル」とお約束の「愛の流星群」で終演。

「ブルー・マーブル」ではこれまた今回初めて、用意していったサイリウムの出番がありました。ちゃんと皆と一緒に振ったんだけど、途中でメンバーの腕の動きに合わせようと思ったら、彼らの動きってオフビート…。そこでもまたハードル上げるんだ(汗)? まぁみんなちゃんと合わせてましたけど。

「愛の流星群」、ライブでは初めてのフルオケバージョン。アカペラはなかったけど、やっぱりゴージャスでした。

次回はお隣のコクーンで3daysライブだそうです。夏休み。
受験生の母(Hさんも)は思案のしどころです。
なんとか1日くらい行けたらいいね、と現在彼女と相談中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

久々のオペラ鑑賞(プラハ国立劇場オペラ「フィガロの結婚」)

書きたいことはいろいろあるのですが、なかなかアウトプットの時間が取れません…。

とりあえず書けるところから書いていかなくてはいけませんね。

久々に、ナマのオペラを観てきました。

プラハ国立劇場オペラの引越公演「フィガロの結婚」です。

最近はMETのライブビューイングこそ時々行っていますが、本格的なオペラは本当に久々です。(演奏会形式では、昨年出色の公演を鑑賞しましたが。)

しかも、今回は初めて息子が一緒に(と言っても彼は学生席ですが)観劇したので、ちょっと特別な感じでした。

「フィガロの結婚」と言えば、以前にイタリアの歌劇場が来た時も観ましたし、何より、昨年のちょうど今ごろ、息子の所属合唱団の先生方中心の公演があり、自分も合唱で出演したので、余計に親しみがあります。

昨年のソレは、ピアノ伴奏+超抜粋+日本語ではありましたが、息子などはそれを観て親しみを持っていたおかげで今回本物を見てみたいと思ったようなので、ああいう公演もそれなりに意義はあるんでしょう。

プラハの劇場とモーツァルトといえば、切っても切れない間柄。そういう意味でも期待が持てました。

実際、特にスターという感じの歌手さんはいないものの、ソリスト・合唱・バレエ・オーケストラ(もちろん大道具小道具も)すべてがパッケージでやってくる引越公演は、バランスが良くて見応えがあります。

今回も、キャストそれぞれが役柄に良く合っていて、とても楽しめました。スザンナは可愛らしく、伯爵夫人は気品があって美しく、ケルビーノは少年らしく、マルチェリーナは貫録があって。男声陣も良かったですよ。皆さん美声でしたし。

それにフィガロはやっぱり有名な曲が多くて嬉しいです。やはり知らない曲ばかりのものよりは知っている曲が多い方が楽しめますよね。

心配していた息子も、学生席なのであまり良い席とは言い難かったのですが、それでも「面白かった。入りこんじゃった」だそうで、次回秋には同じ歌劇団の「魔笛」が来るらしいよと言ったら「それも行きたい」ですって。

今年はなるべくその手の出費を抑えたいのですが、そう言われちゃうと、なんとかしたいなぁと思ってしまうのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

30年ぶりのゴダイゴ!

タイトルの通りですが、ゴダイゴのコンサートに行ってきました。

そう、30年以上前になりますが、中高生の頃、人気絶頂時のゴダイゴの大ファンで、何度かコンサートにも足を運びました。

再結成してからは、なかなか条件が折り合わなくて今まで行けなかったのですが、とにかく一度は行きたかったんです。何せ、もうメンバーの平均年齢が60歳ですから。まだまだ世間的には若いとは言え、5人がちゃんと揃っているって有難いです。

というのも、私はゴダイゴがブレイクする前からレイジーのファンだったのですが、レイジーのメンバーはゴダイゴよりひと世代若いにも関わらず、もう5人中2人が亡くなっています。もうオリジナルメンバーでの演奏は聴くことができないんですよね。それを考えると、ゴダイゴの5人が今も元気でコンサートをやってくれる、それだけで嬉しかったりします。

さて、コンサートですが。

楽しかったです。とにかく楽しかった。

あれから30年以上経っても、演奏される曲はほとんど全部ソラで歌えちゃったりするものばかり。「Silk and Spice」や「Leidi Laidi」、「Piano blue」みたいな、シングルカットされてない曲も、当時好きで歌いまくってましたからねぇ。

超売れっ子だったころと違って、新しい曲がどんどん出るわけではないので、とにかく知っている曲のオンパレードで、無条件に楽しめた、という意味ではESCOLTA以上でした。

一番盛り上がったのは「Cherries were made for eating(君は恋のチェリー)」だったかも。この曲、ブレイク前のシングルで、当時は周囲に知っている人が少なかったんだけど、ノリが良くて私は大好きだったんです。

そして、「ビューティフルネーム」の歌合戦も三十数年ぶり。当時は実はあの「ウーワーウーワー」が好きじゃなかったのですが、今回は1オクターブ上げてガンガン歌っちゃいました(笑)。やっぱり、高校生の時とはいろんな意味で違いますね。自分の心の持ちようとか。

アンコールが「DEAD END ~ Love flowers prophecy」と「平和組曲(威風堂々)」で、もうお腹いっぱい。

コンサート行ってみて、やっぱり改めて、ゴダイゴの曲、好きだわ、と思いました。
年に一回くらいのことだし、また来年も行ってみたいです。

ああ、ただ、今回はたまたま2階席だったからゆったり座って楽しめたんだけど、1階席見たらほとんどの人がスタンディングでした…。それはあんまり嬉しくないなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

ESCOLTA 初のライブDVDもうすぐ発売

ESCOLTA初のライブDVDのスポット映像が公開されました。

そういえばもうすぐ発売なんですね。
ついでに書くと本日メジャーデビュー5周年だそうです。パチパチパチ。

この日のコンサートは当然会場に行っていたのですが、その場で予約入金すると握手会に参加できたので、当然、握手していただく方を選び、結果もう予約済みなんです。

でも、今山野楽器で予約すると、スペシャルミニライブ(たぶん握手会付き)の招待券がもらえたりするんですよね。
コアなファンの皆さんはこっちでも買うんだろうなぁ。
私は根性無いので予約済みのDVDが来るのを待ちます。

DVDだと、3階席からではぜんっぜん見えなかった(←当たり前)メンバーの表情がバッチリ確認できるので、それが楽しみですね。
この日は大ちゃん(吉武大地さん)のメガネ、フレームが細かったせいか、かけていることに気付かなかったんですよ。
映像見たらかけてるし。どんだけ遠かったんだか。

この日はセットリストも好きな曲が多かったし、届いたらまたゆっくり楽しみたいと思います。

ESCOLTA、良いですよ~。興味がありましたら音源だけでも聴いてみて下さい。
公式サイトに行くとたくさん試聴できます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

ナタリー・デセイの「ルチア」を堪能

昨夜は久々のサントリーホールへ、コンサート形式の「ランメルモールのルチア」を聴きに参りました。

タイトルロールは当代最高のルチア歌いと名高いナタリー・デセイ。

私が初めてデセイを知ったのは、なんと昨年です。METのライブビューイングでの「ルチア」を観たのが最初でした。

衝撃でしたね。

歌はもちろんすごいのですが、その演技に特に引き込まれてしまって。
ルチアは難曲ぞろいなのに、その難しさを感じさせないくらいの自然な歌唱と、魂のこもった演技でした。

それで一気にファンになりました。

今年も夏前にMETライブビューイングの「椿姫」を観て、このときは体調が悪かったみたいで歌の方は彼女的に今一つだったようですが、それを補って余りある迫真の演技で、最後は涙を抑えきれませんでした。

そんなデセイが日本でルチアを歌ってくれる、と知った時、もちろん「行きたい」と思いましたが、チケットの価格を見て最初は「無理」と諦めかけました。

が、夫が「オレが半分以上出すから行こうよ」と言って背中を押してくれたので、チケットを買うことができました。感謝です。

さて昨夜のルチア。

席は二階左サイド。
最初は聞こえ方がどうかな?、と思いましたが、いい感じに音が回ってきて良かったです。思ったよりステージも近かったし、ルチアとエドガルドやエンリーコとの掛け合いではちょうどデセイの顔がこちらを向くことになり、表情も良く見えました。

そして、やっぱりデセイは素晴らしかったです。

コンサート形式なので衣装も演技的な絡みもないので純粋に歌を聴くわけですが。

やはりナマの声は録音とは全然違うのでした。
いや、聞こえる音色は変わらないのですが、たぶん録音できない部分がたくさんあるのでしょうね。

たとえ衣装を着ていなくても、魂のこもった歌は鳥肌モノでした。

ダイナミックレンジの広さは想像以上。繊細なppから、あの細い体のどこにそんなパワーが?、と思わせる迫力のffまで、堪能させていただきました。

有名な「狂乱」の場では珍しいグラスハーモニカとの競演も楽しめました。
グラスハーモニカの方、掛け合いではデセイに煽られてちょっと大変そうでしたが、幻想的な音色があの場面によく合っていたと思います。

個人的には一幕のアリアの方が好きなのですが、こちらも圧巻でした。
デセイのアリアの後は、ステージ上の人たちまで控えめに拍手してましたね。

コンサート形式って、普通のオペラと違って舞台に出ずっぱりなので、コンディションを保つのが大変だと思います。

あれだけの量を歌うのに、水一滴飲まずに歌いきるのもすごいな、と変なところにも感心してしまいました(急きょキャスティングされたエドガルド役の方は水を持ち込んで飲んでいらっしゃいましたが)。

新国立の合唱団の皆さんも、特に女声は開演から1時間近く歌わずにステージ上で座っていて、でも出番になったらあれだけきっちり歌えるあたり、さすがプロ、と思いました。あれ、ホントに辛いんですよね。ステージ上は暑いし乾燥するし。

オーケストラ、ソリスト、合唱、どれも素晴らしく、本当に贅沢で幸せな夜でした。

とにかく、デセイの歌を現役のうちにナマで聴く機会を得られただけでも本当に嬉しかった。改めて夫に感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

市民合唱祭

地元の合唱祭に行ってきました。

小学校のPTAコーラスを卒業し、去年から観客側に回ったのですが、下は少年少女合唱団から上は平均年齢70歳超のシニアコーラスまで、バリエーション豊かな合唱をいろいろ聴けました。

レベル的にも、コンクール全国大会に進出が決まっている団があるかと思うと、音程もリズムもおおらかで、ただ楽しく歌っています、という団まで、これまたバラエティに富んでおりました。

高校生やまだ卒業したてくらいの若い団は本当に若々しくて、それだけで良い感じだし、全国大会出場組の女声合唱団は、大人数にもかかわらず本当に緻密なハーモニー、そして衣装を使った演出も楽しく貫禄がありました。

また、私が卒業したPTAコーラスと、隣町のPTAコーラスが母体という、我々のと同年代くらいの団は、やはり(全体に比して)若い人が多いせいか、声が若々しくさわやかで、とても良かったです。

残念ながら私用のため前半で帰ってきてしまったのですが、後半も本当は聴きたい団がいくつもあったんですよね。来年はなんとか予定を一日空けたいなぁと思います。

こういうのを聴きにいくと、時々、「合唱やりたいなぁ」という気持ちがムクムクと湧き上がってくるのですが、ソロの勉強をしている現在、ヘタに合唱団とか入ろうと思うと、たぶんまたアルトになるだろうし、なかなか両立が難しいんですよね。

いつか、声楽のレッスンが受けられなくなったりしたときは、また合唱も考えようかな。そのときは、大規模なところではなくて、緻密なアンサンブルを楽しむ少人数のところがいいかなぁ、なんて、合唱祭を聴きながら思ったのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

METライブビューイング2012-2013「愛の妙薬」

今年もMETのライブビューイングが開幕。

ということで、オープニングアクトの「愛の妙薬」を初日に観にいってきました。

「METライブビューイングって何?」という方のために簡単に説明しますと、NYのメトロポリタン・オペラの舞台をそのまま映画館でリアルタイムに配信しちゃうプロジェクトなんですが、日本の場合は字幕をつける作業があるため、三週間ほど時差があります。

まぁ、ライブビューイングそのものはサッカーの試合や大きなライブなんかでかなりメジャーになりつつあるので、あれを想像していただければ大きな違いはありません。

実際の舞台と違うのは、幕間に舞台裏でインタビューがあったり、次のシリーズの宣伝が入ったりするのと、やはり客席より間近にキャストの皆さんの表情が見えることでしょうか。

とにかく、舞台の臨場感そのままに映画館で一流オペラが楽しめる、ということです。

ちなみに、料金は3,500円。映画としてはお高めですが、オペラとしては安いです。
なお、同一シーズンの二回目以降は半券を見せると「リピーター割引」として300円安くなります。

METライブビューイングについてその他詳しいことは、公式サイトをご覧くださいませ。

予告映像も貼っちゃいます。

さて、今回の「愛の妙薬」です。

とりあえず公式サイトよりあらすじと見所を。

19世紀のスペイン、バスク地方。農場主のお嬢様アディーナは、美人でチャーミングで知的と三拍子揃った皆のマドンナ。純情な青年ネモリーノは、『トリスタンとイゾルデ』を皆に読みきかせる彼女に想いを募らせる。きざな連隊隊長ベルコーレがアディーナに熱烈なアタックを開始したことを知ったネモリーノは、薬売りのドゥルカマーラから、これを飲めば相手も自分を恋するようになるという「愛の妙薬」を手に入れるが・・・。

「愛の妙薬」が取り持つ、インテリお嬢様と純情青年の恋のゆくえは?〈人知れぬ涙〉などの名アリアでも知られるドニゼッティの傑作ラブコメディが、A・ネトレプコ、M・ポレンザーニ、M・クヴィエチェンのゴールデン・トリオで登場!ヒット作を連発するB・シャーのおしゃれな舞台で、人気絶頂のスター・ソプラノ、ネトレプコのチャームが花開く!イタリアの名バリトン、A・マエストリのいかさま薬売りにも注目!

この演目は昨年発表会で冒頭の二重唱を歌ったため、当時いろんなメディアで何度も観ました。なのであらすじも曲も結構入っています。

いわゆる「悲劇」ではなく、ハッピーエンドのコメディ。曲はどれも美しく楽しいオペラです。

アディーナ役のネトレプコは私でも知っているくらい有名なソプラノですが、主役ネモリーノのマシュー・ポレンザーニは初めて。私は名前も知りませんでした。

が、このポレンザーニがすっごい美声で、何曲かあるアリアはどれも惚れ惚れしてしまいました。特に有名な「人知れぬ涙」は圧巻でしたね。

百聞は一見にしかず。先行映像でその「人知れぬ涙(1コーラスのみ)」がYouTubeにありましたのでどうぞ。

さて、自分たちが歌った二重唱、あれだけ覚えたのに結構歌詞を忘れてて、自分の記憶力のなさにショックを受けたのですが、それでも歌いこんだことのある部分なので、細かい譜割りの違いなどがわかって面白かったです。

「愛の妙薬」は大きな役も少ないですし、主役がしっかりしていれば舞台が成立してしまうという意味でハズレの少ないオペラだと思います。(もちろん「通」の方にはいろいろ別の見方かあると思いますが。)

METのオペラとしては短めの、休憩込みで2時間50分。楽しませていただきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt