オペラ一覧

一段上がるか、元の木阿弥か?

前回の続きです。

声楽発表会の総括と言うか、感想を先生からいただきました。

発表会の練習前にレッスンしていた2曲を久々に歌いました。
6月くらいまではこちらの曲でしたので、3ヶ月ぶりくらいでしょうか。

一曲目は、ベッリーニの「6つのアリエッタ」より5番「どうぞ、いとしい人よ(Per pieta, bell’idol mio)」

「6つのアリエッタ」は、6番から始めて1番に戻り、順番に歌ってきて最後のこの曲です。今回で3回目だったかな? テンポが早いので体の準備が難しいです。ついつい勢いで歌ってしまうのがよろしくないですね。

ただ、今回、胸を広げて、同じ高さが続くときは先に行くほど開きを大きくして、お腹で支えて響きをつける、また上に上がる時も同じように先に支えてポジションを上げてから音を出す、などに注意して歌っていくと、良い感じになっていたようです。

この曲は次回もう一度やって、その後はイタリア近代歌曲の「ああ、いつわり(Non è ver! )」を歌うことになりました。

そしてこの日二曲目は、オペラ「ドン・パスクワーレ」より「あの目に騎士は(Quel guardo il cavaliere)」です。

残り時間が少なかったので冒頭の部分だけ。

この日の課題が「しっかり支えながら、開く」でしたので、歌曲と同じく注意されるのはこのことばかりです。

これ一点に絞れば、レッスンの間はなんとか気をつけていけます。外れそうに慣ればその場で正していただけますし。問題は、自分で練習するときに良し悪しがわかりづらいということですね。これが声楽の難しいところです。

今回は冒頭部分だけでしたので、気をつけやすかったのですが、この曲に関しては難しいのはこの先なので、歌詞のリズム読み等の練習をしっかりして、あまり無理に歌わないで置こうと思います。難しいところを歌ってしまうとまた悪いクセが出そうと言うか、つきそうなので…。

「今、もう一段階上がりそうなので、戻らないようにがんばりましょう」とのことでした。上がれると良いなぁ。

次回は先生がお忙しいので3週間後です。
コロナで途切れていたお仕事が入ってくるようになったそうで、良かったです。


声楽発表会が終わりました

さて、本日は声楽発表会の本番でした。

ホールは感染対策のため、ドアはどこも全開(ノブに触らないようにということだと思います)、座席は一席おきに「間隔を開けましょう」の張り紙がしてあります。入口では消毒は当然ですが、来客全員に氏名と連絡先を書いてもらいます。

こんな厳戒態勢の中でしたので、観客は本当に数えるほどしかいない、少々寂しい発表会になりました。

それでも、私の友人は2名も来てくれて、とてもありがたかったです。本当はもうひとり、毎回来てくれる友人がいるのですが、今回は体調不良で来られず、それがちょっと残念でしたが。

朝は練習室で軽く発声練習をして、その後ホールでリハーサルをしたのですが、舞台袖のドアも含めて、すべてのドアが全開しているせいなのか、反響が弱くて、知らず知らずのうちに力が入ってしまい、2曲目以降は五線より上の音がほぼ出ない、という大惨事に…。歌詞も飛んでしまって、もう先が思いやられる、という感じでした。

先生からは、上半身が固まってしまっているので、息を吐くたびにリラックス、リセットを忘れないようにと言われました。

それでも、お昼を食べて、メイクをしているうちに少し気持ちが落ち着いてきて、ドレスを着たらようやく本番の良い緊張感が出てきました。

私は3曲歌ったのですが、それぞれ曲の間が結構開いていたので、その間に歌詞を反芻したりして、なんとか歌い切ることができました。二重唱で歌詞が飛んでしまったのですが、テキトーに作詞して誤魔化しました…。
心配した高音は、流れで上がりきれなかったところはありますが、基本的には届いていたはず。

とにかく、出しきらないこと、力まないこと、上半身をリラックス、と、それを心がけて最後まで歌いました。

まだ録音は聴いていないので、きっと実際には傷だらけかと思うのですが、自分としては今の精一杯を出せたかなと思います。

という訳で、なんとか無事に発表会は終了しました。

こんな時期ですので、無事に開催できただけで感謝なのですが、久しぶりに門下の皆さんと会えたことも嬉しかったです。

最後に、ご指導くださった先生方、ピアノ伴奏のM先生、そして来てくださったMさんYさん、門下の皆さん、ホール関係者の皆さんに感謝です。

次回は、感染対策とか考えずに、もっとたくさんの方に参加・来場してもらえますように。


2度目のピアノ合わせでした

さて、1度目のピアノ合わせから一週間しか経っていませんが、2度目にして最後のピアノ合わせをしてまいりました。

発表会本番まで残りは1週間。先週に比べれば「いよいよ」感も出てきましたが、まだまだ私の中ではそういう実感がなく、それはそれで良くないなぁと思ってしまいます。

それでも、先週から意識的に歌詞を反芻する時間を増やしているので、暗譜は90%くらいできたかな、と。一週間前で100%じゃないのかと言われそうですが…(汗)。

今回は本番の順番通り歌いましょうということで、夫が先に2曲歌ってから、「Il bacio(くちづけ)」を。

Il bacio(くちづけ)

前回に比べてもより余裕があったように思いました。これだけ長い曲だと、先の先までわかっていないと力の配分が難しいのは痛感してきているので、少なくともこの曲に関しては途中で声がなくなることはなさそうです。
昨年、ロミジュリのアリアを散々練習したのが生きているかも。あれも長くて大変でした…。

相変わらず、後半の方に出てくる、ほぼヴォカリーズの発声が安定しないのが問題です。声の聴かせどころなので、ここまで力を残して、余力をもって後半に持っていきたいです。

ドレッタの夢の歌

本当は順番でいうと私のほうが先ですが、夫は続けて歌うのがつらいそうなので、先に1曲歌ってもらってから。
私の方も休憩がないとキツいので助かりました。

さてドレッタ。

ようやく、拍で迷子になることがなくなりました!(今更ですが)

Hi-Cに上がるときに、下への引っぱりをもっと使ったほうが良いとのご指摘。
そういえば、上がることばっかりに意識が行っていて、お腹の支えは意識しても、体を下に引っ張ることを忘れていました。

なので、全身を上下に目一杯引っ張って伸ばすようなイメージでやってみたら、なかなかいい感じでした。
Hi-Cのロングトーンとか、今まであまり経験がなかったことなので、チャレンジではあります。その後もBのロングトーンが何度も出てくるので、なかなかダメージがきますね。

先生は「その方が聴いている分にはいいですけど、ノドには負担だと思います。大丈夫ですか?」と心配してくださいました。その時は全然何ともないと思ったんですが…。
まぁ、そうおっしゃった先生も「Hi-Cはどう歌っても負担がかかるのは仕方ないと聞いてますから」と付け加えていらっしゃいました。(先生はバリトンなのでその辺りは実感としてわからないそうです。)

あとは、最後の最後まで気を抜かずに、最後のフレーズをきちんと支えを持って歌い切ること。私には難しいのですが、まぁこれは意識するだけのことです。

ルチアの二重唱

「ドレッタ」から続けてだったので、かなりキツかったです。

「ドレッタ」で思いの外ダメージを食らったようで、その上延々と自分のソロ、しかも高値安定のフレーズなので。

まぁ本番では、私自身は2部はこの曲だけなので、休養十分で行けると思います。

歌詞もほぼ繰り返しなので今となっては頭より口が覚えているみたい。最初のレチタティーヴォ部分だけ、きっちり反芻しておけばなんとかなるでしょう。

夫が一生懸命なので、私が足を引っ張らないようにしないといけませんね。

というわけで、あとはもう本番だけです。

今週は日雇いに行くのも断って、本番に備えたいと思います。
まずは衣装を確認しないと…(←そこ?)