このサイトについて

オペラ

スポーツ

今季のフィギュアスケート、日本選手使用曲で気になったもの2曲

以前はテレビでよく観戦していたフィギュアスケートですが、最近は少し熱が冷めて、気が向くと日本人選手の滑りだけ見てみる、という感じになっています。 今回、久々にスケートカナダを録画して見ていたのですが、使われている音楽がすごく気になったので書いてみます。 フィギュアスケートで使われる音楽は、クラシック、ミュージカル、映画音楽等が多いのですが、映画や演目のタイトルではピンと来なくても、メ...
0
声楽

初めて褒められたかもしれません…

声楽のレッスンに行ってきました。 早いもので、今度の週末には本番です。今回が本番前最後のレッスンになります。仕上がっているかな? 先生のお宅に早めに到着し、ピアニストさんが来る前に発声、というかウォーミングアップを済ませます。 二重唱 いつもは本番の順序に沿って1曲ずつ見ていただきますが、今回は最初に二重唱をすることになりました。 確かに、せっかくウォーミングアップ...
0
舞台

藝大オペラ「コシ・ファン・トゥッテ」を観てきました

3年ぶりくらいに、東京藝術大学の「藝大オペラ」を観に行ってきました。 学生オペラはおトク! 以前にも書いたことがありますが、大学のオペラはお値段の割りに内容がきちんとしているのでとてもお得感があり、行けるときはなるべく行くようにしているのです。 毎年この時期は藝大と昭和音大が2日間重なるので、スケジュールが両方空いているときは両方行き、1日だけのときは、以前は昭和に行っていまし...
0
スポンサーリンク
声楽

本番に向けて、いろいろ決めないといけません

ツイッターのまとめは今回も2週分まとめて次回にまわします。 声楽のレッスンも、本番まで、今回を含めてあと2回だけです。あっという間ですね。 今回もピアニスト付きなので、発声は簡単にウォーミングアップ程度で終わり、すぐに歌に入ります。 曲が入った(ほぼ暗譜した)のをいいことに、ロクに練習していないので、ちょっと心配でしたが、この日は意外に声が出ました。というか、腹筋が使える状態だ...
0
映画

METライブビューイングアンコール「ロデリンダ」感想

毎年恒例の「METアンコール上映」で、ヘンデルの「ロデリンダ」を観てきました。なんか、ヘンデルづいていますね。 こちらは2011年の暮れに上演されたものです。 あらすじなど 7世紀の北イタリア、ランゴバルト王国。ミラノ王ベルタリードの妃ロデリンダは、夫が戦に敗れて亡くなったと聞いて悲しんでいる。新王グリモアルドはロデリンダとの結婚を望むが、彼女は受け入れない。だが死...
0
声楽

低音部分が「コワイ」と言われてしまいました

声楽のレッスンに行ってまいりました。 二泊三日の旅行から帰ってきて、その翌日に朝から仕事、そして夕方からレッスンと、なかなかにハードなスケジュールだったため、身体は結構疲れていたと思います。練習もロクにしていなかったし…。 旅行の話はまた改めて。 とは言え、秋の本番まで2ヶ月を切っているのに、「V'adro pupille」は初レッスンということで、今回は発声もそこそこに歌のレ...
0
声楽

ヘンデル尽くしに決まりました

声楽のレッスンに行ってきました。 とりあえず曲決め 秋の市民コンサートの日程が発表になり、申込日が迫っているので、さっそくピアニストさんの手配をして、参加を決めました。 そこで、今回のレッスンでは曲を決めてしまいます。前回のレッスンの後、時間配分のことがあるので夫とどうするか相談しました。 自分では、前回先生に勧められた 「V’adoro,pupille(麗しき瞳よ)」で...
0
声楽

今度こそ新曲に入りました

声楽のレッスンに行ってきました。 ヘンデルのアリアについて 先日購入したヘンデルの楽譜を持って行って、先生と秋のコンサートの曲について相談しました。 すると、先生曰く、ヘンデルのアリアは古楽のチューニングで演奏されることが多く、この楽譜通りだと本来の音より高くなりますよ、とのこと。 ヘンデルのアリア集は原調譜なのですが、Youtube等で演奏動画を見てみると、ほとんどの場...
0
舞台

久々の「生(ナマ)」オペラ

コロナは再び猛威をふるい始めていますが、ようやくこういうナマの舞台モノも開催されるようになってきました。 ピアノ伴奏・そして小規模ではありますが、本格的なオペラをステージで観るのって、本当に久々です。 4幕ものの「ドン・カルロ」で、字幕はステージの後ろに背景画像とともに表示されて見やすくなっていました。 こういう小規模なオペラにもかかわらず、セットも、それから衣装も...
0
映画

METライブビューイング「ランメルモールのルチア」感想

今シーズンは最後の鑑賞になるかと思います。METライブビューイング「ランメルモールのルチア」(ドニゼッティ作曲)を観てきました。今までは古典的な演出だったのが、今回から新演出で、現代のアメリカに舞台を移しての上演となりました。 あらすじ 16 世紀末(新演出では現代アメリカの衰退した地方工業都市)。アシュトン家のエンリーコは、家の存続のために妹のルチアを政略結婚させようと...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました