日常一覧

日雇い派遣で働き始めました

少し前の話です。
コロナウィルス流行からの緊急事態宣言を受けて、私の職場もご多分に漏れず、出勤日が減らされることになりました。

緊急事態宣言中は私達パートに対して、勤務日数が減った分の補償をしていただけたのですが、実は解除後も勤務日数は戻らず、収入が3割減くらいになってしまいました。

その際に上司(社長)からは、「こちらの事情で収入が減って申し訳ない。空いた時間は別の仕事をしていいし、こっちでも紹介できるようならするから」と言われたのですが…。当然ながら、そんな紹介は全然ありません。

そんな訳で、副業をいろいろ考えていました(今もある意味考え中です。)

なお、そのパート先を辞めて別の仕事、と考えないでもなかったのですが、勤務日数以外に特に不満はなく、何より家から近いこと、同僚の女性たちより「辞めないで」と懇願されていることもあり、とりあえず「キープ」しております。

そうなると、別の仕事を探すと言っても、週2回以下、できれば1回、それも平日昼間というシビアな条件になります。そうでなければ在宅ワークですね。しかも高齢。そしてコロナ不況。まぁよくもこれだけ悪条件が揃ったものです。

それでも、求人サイトを漁っていくつか応募したりしてみました。在宅ワークの求人で面接に行ったりもしました。

結果、いわゆる日雇い派遣の会社に登録して、たまーに仕事をもらうようになりました。

昔、派遣が専門職だけのものだった時代に、何年か働いていました。
当時は、専門技術がないと登録できなかったので、時給も高くて(1500円~1800円)、ある意味「美味しい」仕事でした。
同じ職場に長期で入れば、社会保険にも入れて、月に2回の給料日にそこそこのお金が入りました。

ところが、今の「日雇い派遣」というのは全然違うのですね。

一時社会問題になっていましたが、自分の中で「派遣」のイメージは昔のままだったので、 ピンと来ない部分がありました。
今回、「百聞は一見にしかず」という言葉を身を持って知りました。

私の場合は本当に「スポット派遣」なので、仕事があるときだけ、前日に提案の電話がかかってきて、OKしたら翌日指示されたところに行って仕事をするのですが。
基本、立ち仕事の単純労働です。
何しろ、未経験の人がいきなり行って、その場で教わってできる仕事しかありません。
中には、ロボットがやったほうが効率が良いのでは?、という仕事もあったりします。
時給も、最低賃金よりは少し高いのですが、交通費が出ませんし、早めに集合がかかったりするのにその分支給されたりしませんので、実質時給はおそらく最低賃金を切っています。

やってくる人も、学生バイト、主婦の他に、そこそこの年齢の男性が結構いることに驚きます。こんな仕事だと、フルに働いても収入はたかが知れています。生活、大丈夫なのか他人事ながら心配になります。

そして、私のようなスポット派遣になるには条件が結構厳しいので、普通の主婦の方やこれが本業、という方々は、こうした職場を日々渡り歩いているようなのです。(月に最低10日は働かないといけないらしいです。)

最初に派遣された職場が、それこそロボットにでもなったような気分の、小さな部品の検品だったので(一箇所にずーっと立ったまま、部品を確認して右から左に動かすだけ)、いきなりめげそうになりましたが、その後は洋服の検品や工場での組立作業など、多少目先の変わる仕事で、社会勉強としてもそれなりに楽しいので、また依頼が来たら行ってみると思います。

いやーこういう仕事してみると、本来の職場って天国かな、と思っちゃいます(笑)。

なお、給料は自分で事務所まで取りに行かないといけません。
事務所まで往復1時間半、交通費1000円。これも納得いきません。
「最初だけはどうしても直接取りに来て欲しい」と言われたので一度行きましたが、次回からは絶対振り込みにしてもらいます。
万一振込手数料が…みたいに言われたとしても、1000円もかかるとは思えないし。


アイスコーヒーは無糖に限る

お中元の季節です。

世間では「虚礼廃止」ということでかなり減っているように思いますが、私の職場関連ではまだまだ健在のようで、今年もたくさん贈り、たくさんいただいています。ただ、今年はコロナの影響で、手持ちであいさつ回りする方は、さすがに減っているようです。

それはそうと、そのお中元。いろいろなものをいただきますが、夏ならではというと、冷たい飲料ですね。ギフトなのでちょっとお高めな100%ジュースとか、美味しいですよね。

冷たい飲み物は、事務所の冷蔵庫に入れて、飲みたい人がいつでも飲めるようにしています。缶や紙パックのジュースやペットボトルのお茶など、飲みきりサイズのものは人気ですね。

問題は、アイスコーヒーです。飲みきりサイズもありますが、大きめのボトルやパックでもたくさんいただきます。コーヒーが飲めない一部の人以外には大人気で、飲みきりはもちろん、大きなボトルでも、開ければすぐなくなります。

ただし、「無糖」の場合のみです。

中には「無糖だけ」の詰め合わせもあって、それはすごく嬉しいのですが、「微糖」を含む加糖のものは、超絶不人気で、ヘタをすると全部残ります。最近は自宅で家族が飲む、という人に持ち帰ってもらうくらいです。(同じ理由でスティックコーヒーも不人気です。基本甘いから。)

これって、うちの事務所だけでしょうか。

例えば、スーパーやコンビニの棚で、カップ入り(チルドカップというのでしょうか)コーヒーは、ブラックをはじめ、ノンシュガーやノンスウィートのカフェオレが結構人気ですよね。缶やペットのコーヒーもブラックが幅を効かせているし、甘いのが当たり前だった紅茶も、最近は無糖の需要が多そうです。一番人気はお茶や麦茶系(もちろん無糖)っぽいですが。

話はコーヒーに戻りますが、少なくとも、「無糖」ならば、ガムシロップで甘くすることはできるし、調整できますが、最初から加糖されていると、抜くことはできないんですよね。だから、せめてギフトは無糖だけにして欲しいんです。

とは言え、こういうこと、贈ってくださる先に直接言うわけにはいかないし、難しいんですよね。贈る立場としたら、何が好みかわかると、選ぶのもラクなんですけど、いただく方から(贈ってこられるかどうかもわからないのに)どうこう言うのは憚られます。あぁ難しい。

とにかく、アイスコーヒーは、人に贈るなら無糖にしましょう!


報道が煽り過ぎだと思う

緊急事態宣言が解除されて2ヶ月近く経ち、ようやくさまざまな施設の規制も解かれてきました。

近所の映画館も、1席おきにしか買えませんが、なんとか営業していますので、ちょこちょこ行くようにしています。つぶれたら困りますからね。

とは言え、いつ行っても、お客さんの数は少ないですね。貸し切りのこともあります。観る方個人としては、周りを気にせず大スクリーンを占領できるし、夫と二人で行っても隣の席まで荷物置き放題なのでラクで嬉しいですが。

正直、感染者が増えているっていうニュースに煽られて、いまだに観光地等に閑古鳥が鳴いていて、ほぼ夏なのに外でもマスクをしないといけない風潮にちょっとうんざりしています。今は熱中症のほうが怖いので、私は外ではマスクしません(混んでいるところでは別です)。もちろん、いつも持ち歩いて室内に入るとき、人と話すときはしますが。

毎日毎日ニュースでは感染者が何人出た!と大騒ぎしていますが、重症者と死者はほとんど増えてないですよね。たくさん検査してウィルス持ってる人を無理やりあぶり出しているだけで、症状のある人だってそれほど多くないはず。なのに、騒ぎ過ぎだよなぁ、って。

このまま、自粛ムードがさらに強くなって、経済がますます回らなくなったり、またまた音楽ホールの使用制限がきつくなったり、県外への移動がしづらくなったりするのは、本当に困ります。

来月予定されている歌の発表会、厳しくなってしまうかなぁ? GoToキャンペーンに乗るわけじゃないけど、来月県外に旅行しようと画策しているのに、白い目で見られるようだとイヤだなぁ。(←結局それが言いたいだけでした。)