PC・ネット一覧

過去記事を整理します

いろいろ考えることがありまして、ぶっ壊れたまま放置しているMT時代の過去記事を、日付はそのままにここに移植しようと思います。

とは言え、全部持ってくるのは事実上無理なので、取捨選択しながら…。

というのも、過去のゴミがサーバー上に残っているといろいろ不都合がありまして。
万一過去記事にアクセスがあったとしても、コメント欄が残っているのにコメントはできない、という大問題があります。
実は、10年以上経ってもアクセスのある記事もあるので、そういうのは消すに消せないんです。
IT関係の記事は、前時代的で面白いかもしれないけど、今となっては全然役に立たないのでこのままお蔵かな?

データベースを飛ばしてしまっているので、自動で取り込むことはできません。

一記事ずつ、地道にコピーします。気長にやっていきます。

あ、アメブロだけはそのまま残しておきます。
なので、このPP(Passing Pictures)シリーズでいうと、3と5ですね。1と2はココログだったのですでに消えてしまっています。

なお、「3」の最初の記事は2004年6月でした。私のブログ歴も長くなったものです。

という訳で、古い記事が増えていくことになります。ご理解くださいませ。


職場のBGMをなんとかしたい

職場(メインで行っているパート先)のBGMの話です。

その昔は有線に入っていましたが、おそらく料金が折り合わなくなったのか、ある時期からiPodに音楽を入れて流すようになりました。

ただ、その場合ある程度曲数を稼ぐために、CDをレンタルしてきたり、曲の整理に社員の女性が何時間もかけて作業したりと、結局はそれなりのコストがかかっていました。

そこで、昨年からは、元々営業さんが使っていて、機種変で不要になった社用のiPhoneを一台、iPodTouchのようにWiFiで、音楽プレーヤーとして使うことにしました。

その音楽ソフト(というかサービス)ですが、『お金がかからない』を条件にいろいろ検討した結果、最初はSpotify を使っていました。

Spotifyは洋楽中心で、CMさえ我慢すれば無料ですべての楽曲(約5000万曲とか)にアクセスできます。
職場のBGMなので、基本日本語の曲はNGでしたし、聴きたい曲というよりも仕事のジャマにならない音楽という意味で、最初はいい感じでした。今思うと、最初の頃はCMもごく少なかったし、プレイリストも種類が多く、エンドレスで流せる「ラジオ」もあって使い勝手が良かったです。

でも、数ヶ月経つと、急にCMがグンと増えました。しかも、いかにもCM、という感じなので来客中などに何度も入るとちょっと恥ずかしい…。

というわけで、今度はAmazonプライムミュージックに変更しました。

こちらはプライム会員だと無料で200万曲聴き放題です。
CMは一切入りません。

とりあえず、プライム会員だけれどミュージックは使う予定がない、という社員さんのアカウントを借りて使っています。

プライムミュージックはCMが入らないのはとても良いのですが、いろいろ問題があります。

Spotifyと同じように『ラジオ』機能(今は名前が『ステーション』に変わりました)があるのですが、3時間経つと勝手に止まります。これは仕様なので変更できないそうです。ステーションじゃなくても、プレイリストでも同じで、とにかく3時間以上続けてはプレイができません。

また、200万曲と言ってもすべてのジャンルを含めてなので、ポップスやロック、などの洋楽ジャンルに限っていると、とにかく曲カブリが多い。
そして、HOTなプレイリストを選ぶと、ひたすら最新のヒット曲(J-POPも含めて)が流れてしまう。

と、不満はありつつもCMないし無料だし、と使ってきたわけです。

ところが、ここにきて致命的な事態が起こりました。

つい先日からですが、今までは3時間まで連続再生できていたのが突然1時間で止まるようになりました。

何か問題が起こったのかと思いましたが、これも仕様のようです。3時間できていたのはたまたまだったのかもしれません。(公式の回答が↓です)

Amazon Musicの現在の仕様では、操作をされなかった場合は1時間ほどで再生が止まります。申し訳ございませんが、再生を止めないようにする設定はございません。再度再生をしてご利用くださいますようお願い致します。

アマゾンデジタル&デバイスフォーラム

現在の事務所では、端末は有線で古いアンプに繋いでいるので(別フロアにも同時に流すので)、デスクからは結構遠いところにおいてあり、さすがに1時間に1回再生を押しに行くのはちょっと面倒です。っていうか、不便すぎますよAmazonさん。

もうこれ以上は無料でなんとかしようというのが無理なのかなと感じています。
昔の有線や、iPodの楽曲整理に社員さんの貴重な時間を割くくらいなら、有料ストリーミングに月1000円くらい払った方が断然安いんじゃないかと。

そんな訳で、今度社長に提案するそうです。
Spotify プレミアムかな、やっぱり。


片付いていない部屋でZoomのカメラをONにするには

前回の「Zoom初体験♪」で、カメラをONにしようとしたら背景がヤバかったのでできなかったと書きました。

何しろ、初めてなもので、右も左もわからず、とりあえずセミナーに参加するのでZoomのアカウントを取り、マイミーティングでやり方だけテストして、すぐ本番、みたいな感じでした。背景をどうにかする方法は後回しだったので、その日はカメラOFF。黒字にユーザー名がデカデカと表示される状態で参加しました。

そんな中、どう考えても背景が不自然な方がいたので、これは「ハメ込み」だな、と思い、後でやり方を調べようと思っていました。

そして、どうやら「バーチャル背景」という機能があることがわかりました。

しかも、以前は有料オプションだったのに今は無料プランでも使えるとか。

ただ、方法はどうもいわゆる「クロマキー」のように、後ろをグリーンスクリーン(色は何でもいいらしいですが)にしないといけないと書いてあるサイトがいくつかありました。

それだと、単にゴチャゴチャした背景を隠したい、という希望とはちょっと違うなぁ、と思いつつ、いろいろなサイトを読んで回ったところ、グリーンスクリーンはベターだければマストではない、らしいことがわかりました。PCのスペックが高ければ背景がゴチャついていても行けるかもしれないとか。

これはもう、トライしてみるしかない。

というわけで、プロフィールページの「設定」で「バーチャル背景」をONにしてから、ミーティング画面のビデオアイコン(スイッチ)横のトグルボタンをクリックし、「仮想背景を選択」とあるので、そこからPC上の好きな画像を選んで追加し、選択すると。

おお、成功しました! ちゃんと、自分の姿だけ残して、後ろは設定した画像になりました。髪の毛周りのエッジは少々不自然ですが、バーチャルだということを隠す必要はないので、そこは別に良いです。これで、次回は安心してミーティングに参加できます。ちょっと次回が楽しみになってきました。

ここからは後日追加分。

仮想背景でビデオONで参加できました! と言いつつ、一人きりになれなかったので近くに家族がいる状態での参加でした。しかも横から話しかけてくるので、相槌打ったりしてたら、セミナーに集中していない様子が全部映ってしまうではないですか。という訳で、しばらくビデオONにしていたものの結局OFFにするしかありませんでした。残念。まぁ、その状態で参加すること自体が無理ゲーだったので、セミナーそのものも半分くらいで断念しました。やっぱり、きっちり時間作って一人で参加しないとダメですわ。