まだまだ練習不足

声楽レッスンに行ってきました。

今のところ、発表会はできそうな感じですが、世の中の動きを見ていると、まだ予断は許されない感じですね。そろそろ落ち着いて(陽性者数が、というより、世論が)欲しいものです。

この日の調子は、発声した感じだとまぁまぁでした。特にひっかかるところなく、早めに歌のレッスンに移りましたが、高い方はイマイチと思われたのか、Hi-Cくらいで止まっていたような…。

実は、レッスンの前に先日NHKで放送された「うたコン」再放送を録画してあった、山崎育三郎さんと小南満佑子さんのデュエットを見ながら、『オペラ座の怪人』の最後のオブリガードを一緒に歌ってみたら、最後が出なかったのです…。まぁ、もし楽譜通りならHi-Eだから、鼻歌程度では出なくても仕方ないんですけど。小南さんさすが。なんか最近、自分の最高音下がっているような気がしてます。トシかなぁ。

「ルチアの二重唱」

まだ楽譜がちゃんと入っていなくて、特にハモるところ、上に行くのか下に行くのか迷ってしまいます。高音安定なので、途中の体(特にのど)の使い方を間違えると、途中に出てくるBのロングトーンが届かなくなることが…。この曲は最後に歌うことになると思うので、その前にしっかり休んでおかないと破綻しそうでコワイですね。でも、まずは暗譜しないとね。

「くちづけ」

基本的には一通り歌えるので、細かいところを詰めています。
上行音階で徐々に口、喉を開けていくこと、同じ音程の場合も、同じだと思うとぶら下がり気味になってしまうので、上がっていくようなつもりで歌うというのは、いつもいつも言われていることです。
あと、跳躍音程でいきなり高い音を出すときに、やはり息をぶつけてしまわないように、しっかり準備すること。テンポが速いとついつい乱暴になってしまいます。
この曲に関しては、人前で歌うのは二度目なので、前回(と言っても5年くらい前ですが)よりも余裕を持って歌えたらいいなぁと思っています。

「ドレッタの夢の歌」

相変わらず、Folle~からの聴かせどころが難しい…。
ピアノ伴奏が裏拍になるので、拍のとり方も難しいし、なんと言っても発声がムズい。
特に後半は、これにさらにフェルマータが加わり、ますます取りづらくなります。
これに関しては、圧倒的に練習不足かなという感じです。
本番までまだ1ヶ月以上あるので、暗譜しつつもうちょっと練習時間増やさねば。

せっかく発表会ができそうなので、お客様が入れるかどうかは流動的ですが、せめて門下の皆さんに聞き苦しく感じられない程度には仕上げていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください