久々のオペラ鑑賞(プラハ国立劇場オペラ「フィガロの結婚」)

書きたいことはいろいろあるのですが、なかなかアウトプットの時間が取れません…。

とりあえず書けるところから書いていかなくてはいけませんね。

久々に、ナマのオペラを観てきました。

プラハ国立劇場オペラの引越公演「フィガロの結婚」です。

最近はMETのライブビューイングこそ時々行っていますが、本格的なオペラは本当に久々です。(演奏会形式では、昨年出色の公演を鑑賞しましたが。)

しかも、今回は初めて息子が一緒に(と言っても彼は学生席ですが)観劇したので、ちょっと特別な感じでした。

「フィガロの結婚」と言えば、以前にイタリアの歌劇場が来た時も観ましたし、何より、昨年のちょうど今ごろ、息子の所属合唱団の先生方中心の公演があり、自分も合唱で出演したので、余計に親しみがあります。

昨年のソレは、ピアノ伴奏+超抜粋+日本語ではありましたが、息子などはそれを観て親しみを持っていたおかげで今回本物を見てみたいと思ったようなので、ああいう公演もそれなりに意義はあるんでしょう。

プラハの劇場とモーツァルトといえば、切っても切れない間柄。そういう意味でも期待が持てました。

実際、特にスターという感じの歌手さんはいないものの、ソリスト・合唱・バレエ・オーケストラ(もちろん大道具小道具も)すべてがパッケージでやってくる引越公演は、バランスが良くて見応えがあります。

今回も、キャストそれぞれが役柄に良く合っていて、とても楽しめました。スザンナは可愛らしく、伯爵夫人は気品があって美しく、ケルビーノは少年らしく、マルチェリーナは貫録があって。男声陣も良かったですよ。皆さん美声でしたし。

それにフィガロはやっぱり有名な曲が多くて嬉しいです。やはり知らない曲ばかりのものよりは知っている曲が多い方が楽しめますよね。

心配していた息子も、学生席なのであまり良い席とは言い難かったのですが、それでも「面白かった。入りこんじゃった」だそうで、次回秋には同じ歌劇団の「魔笛」が来るらしいよと言ったら「それも行きたい」ですって。

今年はなるべくその手の出費を抑えたいのですが、そう言われちゃうと、なんとかしたいなぁと思ってしまうのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。