プロ野球観戦一覧

人体実験に参加してきました

本年度3回目、ハマスタは2回めのプロ野球現地観戦に行ってまいりました。

着いたときにはもう暗くなっていて、季節の進みを感じました

今回は、イベント人数制限緩和に向けた「技術実証」ということで、定員が緩められ、チケット価格も35%引きということで、息子の「おごり」で行くことになりました。まぁ、モルモットですね。

でも、この時期のナイター、寒いし、たくさん入ると感染が怖いと避けた人も多かったようで、目標の定員80%には遠く及ばない51%しか入らなかったらしいです…。昨年まではチケット争奪戦で、シーズン終盤になってもほぼ満席だったのに。

技術実証ということで、予めアンケートでアバウトな個人情報と席位置を知らせ(席に関してはチケット券面の画像を送ります)、技術実証のLINE@特別アカウントを登録したり、接触確認アプリ(COCOA)のインストールを済ませたりする必要がありました。なお、COCOAのホーム画面を見せるとスタジアム内で使える500円クーポン券をもらえたので、食事代がかなり助かりました。(LINE@の方はのちのちベイスターズ関連の店舗で使える1000円クーポンをもらいました。)

こうやって、入場者の情報を把握した上で、スパコンで飛沫の飛び具合だの、マスクの着用率だのを検証するらしいですね。

今回我々は前回同様3塁側内野の前の方だったのですが、前回は中日戦だったのに対し、今回は阪神戦。阪神ファンの観戦態度は以前から結構問題ありだったので心配だったのですが、やはりコロナ禍の現状であっても大きくは変わらないというか、やはりおとなしくはできない方が多くてちょっと閉口しました。

最初はそうでもなかったので、やはり問題はお酒なんでしょうかね。お酒が入ると、大きな声を出すなと言っても出てしまうようだし、ヤジは飛ぶし、そのうちみんなで歌い出すし…。まぁ、実証実験としては参考になるのかもしれませんが、観戦リスクという意味ではなかなか危ない状況でありました。

まぁ、試合内容がね、当日の気温のように寒かったので、途中までかなりつらかったです。何しろ、8回までは攻められっぱなしでこちらの攻撃はヒット1本(ソロホームラン)だけ。四球2個でチャンスになったのが1回ありましたがそこは点が入らず。攻撃時間はあっという間に終わってずっと守り。実に寒かったです。

それはある意味阪神ファンも似たようなもので、ランナーは出るけど点は入らず残塁の山、ということで、ストレスが溜まっていたんでしょうね。それもあってどんどん声が出てしまったのかも。

そんな風にお寒い状況のまま、9回裏ランナーは1人出たものの2点ビハインドのままツーアウト。周りでは阪神ファンたちの『あと一人』コール。もう、無法地帯(笑)。

ところが、その寒い寒い状況をロペス選手が打破してくれました。起死回生の2ランホームランであっという間に同点。茫然自失の阪神ファン。正直、痛快でした(笑)。ただ残念ながら同点止まりで延長戦へ。

そうしたら、守護神の三嶋投手、連投でお疲れなのか満塁に。そして上田選手にデッドボール?? 押し出し?? ということでリクエスト検証。ちょうどその頃巨人の優勝が決まるかどうか、9回裏ツーアウトでランナー溜まって岡本選手丸選手の並びのところだったので、スマホでそっちの試合を観ながらリクエストの結果を待っていたら(リクエストはリプレイ映像観たらどうもグリップエンドっぽい、たぶんファウルと思ってましたが、時間がかかっていました)、周りの阪神ファンのみなさんも巨人の結果が気になるらしく、私のスマホ画面を覗き込みにやってきたりしていました。

巨人の方は決着がつかないうちにリクエストが成功して、阪神にとっては勝ち越し点が幻になってファンは再度がっくり。そのままこちらも点は入らず引き分けになって、数少ない近くのベイファンと肘タッチ。阪神ファンの皆さんは意気消沈していました。

その後花火のパフォーマンスを待つ間に巨人の優勝が決まってしまいましたが、こちらはほとんど負け確定だったのを引き分けにしたので、気分は良かったです。あんなに寒かったのに、ロペス選手のホームランの後はあまり寒さを感じませんでした。

試合後は退場規制がかかって、試合が終わってから20分くらい足止めを喰らいましたが、そのおかげか関内駅では混雑に合うこともなく、無事帰宅しました。

実証実験は明日まで続きますが、土日はデーゲームで天気が良ければ暖かいですし、もう少し人は入りそうです。実験がうまく行って、規制緩和が無事に進むといいなと思います。


ようやくリアルハマスタで観戦

「オンラインハマスタ」「バーチャルハマスタ」と来て、今度こそ、ついにホンモノの横浜スタジアムに行ってきました。

スターナイトの抽選に外れたので、今年はZoomでつながる「オンラインハマスタ」に参加しました!
先日、ヨコハマスターナイトを「オンラインハマスタ」で観戦したと書きましたが、今度はまた別のオンライン観戦、「バーチャルハマスタ」を体験してみました。

今年は東京ドームこそ一度行きましたが、ハマスタのチケットは本当に取れないので、半分あきらめかけていました。

コロナウィルス感染拡大中のため、プロ野球の観客は上限5000人。そんなプラチナチケットが手に入ったので、行ってきました、東京ドーム。

が、先月下旬から観客数の上限緩和があり、16000人まで入れることになったこともあり、ようやく抽選を通りました。

というわけで、改装なった横浜スタジアムにようやく入ることができました。

以前は工事でふさがっていた正面入口。階段を昇るとYデッキです。
新しくできたYデッキ。ハマスタの周囲を一周できます。試合のない日は誰でも通れるそうです。
この日の座席から。グラウンドレベルに近い、かなり前の方でした。

ライトウィング席は昨年一度行きましたが、レフトウィング席は初お目見えです。とりあえず、Yデッキから階段を上がって上がって、新しくできたトイレと売店だけチェックしました。

レフトウィングはライトと比べると小さいせいか、トイレはライトほど広くありませんでした。とは言え、内野コンコースに比べたらずーっと広くてきれいですが。(写真はさすがに控えました。)

そして、売店というか「濱星楼」という中華のお店ができていました。
今回は買い物しませんでしたが、もう少し余裕を持って来たら、ゆっくり見てみたいと思います。

この日はガールズフェスティバルということで、女性限定のユニフォームももらいました。ガルフェスは毎回行っているわけではないですが、それでももう3着目くらいになります。今回のも少しおとなしめのデザインなので、先日のスターナイト同様、観戦時に持っていって着る候補になりそうです。

さて、試合の方は、相手の中日打線が元気いっぱいで、久々に敗戦観戦になりました。しかも、こちらはホームラン3本出たのに、どれもインパクトの瞬間を見逃すという失態。佐野選手のに至っては、トイレに行っていて、歓声で気づくという…。なんともタイミングの悪いことでした。

昨年のスターナイトから、2戦連続サヨナラ、そして先日のドームでの勝ちと、3連勝中だったので、今回も1点ビハインドのときには「またサヨナラ勝ちが観られる?」くらいに思っていたのですが、8回に3点入れられては万事休す。(そのビシエド選手の3ランはしっかり観てたりして…。)

最後のショーまで観ていると帰りは分散退場で出られなくなってしまうので、ショーをパスして帰ってきてしまいました。

さて、今回は入場制限が緩和されて16000人弱の観客が入っていましたが、人数が増えたとはいえ、立ち上がったり大声を出したりが禁止されているので、やはり盛り上がりに欠けていました。チャンスでもスピーカーから応援団のラッパが流れてくるものの、なんか上滑りしている感じがして。
テレビで観ていると人がたくさん入っていますし、いい当たりをすればなんとなくどよめくし、手拍子はそれなりに聞こえますが、去年までの球場全体が一体化するような臨場感は、正直ありませんでした。今年は筒香選手がいなくなったこと、ヤスアキ投手が不調というせいもあるかもしれません。(去年までは、筒香選手の打席と、ヤスアキジャンプの盛り上がりが尋常ではなかったので。)

それは、私のいた席が内野の前の方だったからかもしれませんが、それでも以前はこんな静かな感じではなくて、もっと手拍子には気合が入っていたし、多くの人が応援歌を歌っていたし、ホームランが出れば総立ちで周りの見知らぬ人たちとハイタッチしたりしてました。

まぁ、応援がうるさい、という人もいるのは知っていますが、球場全体から発せられる「圧」が相手チームを圧倒している部分は絶対にあったので、それが無くなっている現状は、やっぱり寂しいものがありました。

たぶん、今季はもう現地で観戦することは無いと思いますが、来シーズン以降、以前のように満員の球場に戻ることができるのでしょうか? それはそれで、一席おきのゆったりした座り心地に慣れてしまった身にはつらいかもしれません…。コロナはいろんなものを奪って、いろんなことを気づかせてくれています。


東京ドームで今季初のプロ野球観戦

プロ野球シーズンが始まって1ヶ月半。

ようやく観客が入るようになりましたが、まだ上限5000人。
ベイスターズのファンクラブに入っている私ですが、ファンクラブのステージが低い(シルバー)こともあり、横浜スタジアムの試合は、普段でさえなかなか取れないチケットが、もう全然取れません。

何しろ、先行発売の順番が4番目です。(シーズンシート→ゴールド+→ゴールド→シルバー)ヘタをするとゴールド+の人でも買えないらしいです。今度は抽選も始めるみたいですが、どちらにしてもプラチナチケットで、もう今シーズンの観戦は無理かなぁと半分あきらめているところでした。

そんな折、職場の方からなんと東京ドームの横浜戦チケット(シーズンシート)が回ってきました。こんなチャンスはめったに無い、行くしかないということで、仕事帰りでプレイボールには間に合いませんでしたが、行ってきました。

水道橋の駅から橋を渡っていくと、見えてきました、東京ドーム。

さすが、コロナ拡大中の東京都。厳重警戒です。
チケットの半券には名前と連絡先を書いて提出。
入り口で検温、アルコール消毒、手荷物検査に使い捨て手袋配布。

中に入っても、普段の野球開催日ならば、通路も人で溢れているものなのに、通路にいるのはフェイスシールド+マスク姿の係員ばかり。売店は開いていますが、並んでいる人はいません。

内野席に入っても、人はまばら。
私の頂いた席は、もう特等席と言っていい、1塁側ベンチのすぐ上で、視線はグラウンドレベル。打席の選手がよく見えます。巨人の選手たちがベンチに帰ってくるときは、それこそ目の前で、体の大きさに圧倒されました。

ちょうどソト選手がバッターボックスにいました。
自席からスマホで撮ってもこんなにクリアに撮れるくらいの席でした。

自分の席の列は、1ブロック10席くらいありましたが、最後まで息子と私の2人だけ。前後の列も観客がいないので広々していました。
チケットについていたお弁当の割引券を使ってお弁当を買い、シート二人分占領してお弁当ものんびり食べられました。
5000人では興行的にまったく成り立ちませんが、観戦する立場としては贅沢そのもので、周りを気にせずのんびりじっくり見られて最高でした。

なお、すべての座席にこんな紙(ボード)がかかっていました。

表側はオレンジ一色で、裏が黒で写真のように原監督からのメッセージが印刷されています。
これを折り筋に沿ってジグザグに折ってハリセンにして応援するようになっていました。
また、外野席は観客を入れていませんが、たぶんこのボードの裏表を使って文字を掲出していました。(”WITH FANS”と読めました。)

この日は特別仕様の橙魂レプリカユニフォームが配られて、もちろん私ももらいましたが、これとシーズンシート用のオレンジタオルをあわせてメルカリで売っぱらおうかと思っているのですが(笑)、せっかくだからこのハリセンボードも持ち帰れば良かったかな。まったく思いつきませんでした。

さて、試合の方は、ナマで初めて登板日に当たった濵口投手と高城捕手のバッテリー。
梶谷選手のホームランには間に合いませんでしたが、高城捕手の2ランホームラン、そして巨人の2選手のホームランは目の前で見ました。

7回に本来抑えの山﨑投手が出てきて場内がザワザワしたり、9回、代わりに出てきた三嶋投手の圧巻のピッチング等、見どころがたくさんありました。
試合そのものは緊迫した良い試合で、最後はベイスターズが久々の巨人戦勝利。なんと、私自身はドーム観戦3回目にして初めてのベイスターズ勝利。去年オリックスから戻ってきた高城捕手のヒーローインタビューが嬉しかったです。

分散退場が呼びかけられていたので、ヒーローインタビューをゆっくり聞いてから水道橋に向かいましたが、元々観客もそんなに多くないので駅でも特に大混雑せず、のんびり帰ってきました。

今年の観戦はこれが最初で最後かもしれませんが、ベイスターズも勝ったし、気分は上々でした。とは言え、やっぱり本来の大観衆、大歓声が一日も早く戻ってきてほしいとは思います。でも、いつになることでしょうね。今シーズンはもう無理なのかな。せめて、シーズン途中で打ち切り、なんてことになりませんように。