イグアナの娘一覧

「イグアナの娘」第十話・最終話

ずいぶんと間が開いてしまいましたが、決着をつけてほしいというメールをいただいたので、なんとか完結させようと頑張ってみます(実はずいぶん前に見たのでだいぶ記憶が薄れていますが…(^_^;)。

家を出て独り暮らしを始めたリカ。母は「許さない」と言ったが、父は、リカとゆりこは少し離れた方がいいと判断して、独立を許したのだった。

それにしてもリカ、高校生なのにまさに「独立」…。コンビニのバイトに深夜の交通整理のバイト。つまり、家賃も自分で払うってことなんでしょうねぇ。

交通整理のバイトをしているところに昇が通り掛かってお互いにびっくり。
夜遅く一緒に話をしながら帰ってくるところを、リカの様子を見に来たゆりこに見られ、ゆりこは「結局勝手なことをしたいだけじゃない」と誤解する。

その後どんどん明るくなっていくリカに対して、南の島の絵を見たり、夫の昔の日記を読んだりしながら、自分がイグアナだったことを思い出しつつどんどん落ち込んでいくゆりこが対照的。

そんなリカを見ながら、昇は自分の気持ちを改めて確認し、ある日、リカに「一緒にボストンに来てほしい。好きなんだ」と告白する。
いくらなんでも唐突とは思うけど、それにすぐに応えてしまうのがリカ。

早速両親に「昇くんと一緒にボストンに留学したい」と申し出る。独り暮らしは許した父も、さすがに今度はそう簡単に許可しない。でも、リカは食い下がる。最終的には、ゆりこが放心したように「リカ、ボストンへ行きなさい」と言ったことで決着する。あんなにリカを手放すのをいやがった母が「行きなさい」と言ったことで、父も反対できなくなってしまう。
そしてその直後「そうだ、今度のお休み、一泊でいいからみんなで旅行しない?」とゆりこの提案。また何か企んでいそうな雰囲気…。

湖のある高原(だろうか)。四人で楽しく過ごす青島一家。どうもこういう光景はこの家族に似合わなくて…。特に、リカとゆりこがいい感じでいると、絶対次に何かある、と思ってしまいます。
そして、案の定、翌朝リカが目を覚ますとゆりこがいない。湖の方に探しに行くと、湖畔にたたずむゆりこ。そのゆりこの口から出た言葉は「リカ、一緒に死のう」だった。
(ここまで第十話。)

母に「一緒に死のう」と言われ、しばらく考えて「お母さんがそうしたいなら…、いいよ」と答えるリカ。「ただ、最後に一つだけお願い。……私のこと、抱きしめてほしい。」母「わかったわ。」

そう、リカは生まれてから一度も、母に抱きしめてもらったことがなかったのだった。そし、願いがかなうと思った瞬間、母はリカを突き飛ばし「私にはできないわ!」。
泣き崩れるリカ。「死ぬよりイヤなの…?」つらいですなぁ。

実は最終回の中盤はあまりよく覚えていません。

ボストン行きを昇とふたりで着々と進め、クラスメイトにも明るく見送られて、学校生活は順調なリカ。かをりと中谷、そしてまみと同級生の男の子(陸上部の子)のカップルも成立しそうな雰囲気。

ゆりこの方は、常に元気がなく、父に「私、もうダメかもしれない」なんて弱気なことを言ったりする。

そして、昇は一度リカの家でゆりこにお茶を入れてもらう機会があり、その時にゆりこから「あなたにリカの何がわかるっていうの。あの子の正体を知ったら、あなただってそんなことは言えなくなるわ」と、リカがイグアナだということを知らされてしまう。その時の表情が暗かったのでちょっと心配したけれど、その後リカから「昇くんには本当のことを知っていて欲しい」と、自ら自分がイグアナであると告白。三上に次いで二人目だが、もともとゆりこから聞いていた昇は驚きもせず「なんだそんなことか。別にいいじゃないか。俺はお前の顔、好きなんだから」と軽く流す。

出発当日。ゆりこはリカを見送らず、リカも気にしながらも会わずに空港に向かう。ゆりこがフラフラと外出し、道を歩いていると、女の子が風船を追いかけて道路に飛び出すのを見かける(こういうシーン、多いなぁ)。「リカ!」思わず飛び出すゆりこ。

その瞬間、空港にいたリカは何か良くないことを感る。「お母さん!」
「昇くん、先に行ってて。私必ずあとから行くから」と言って引き返すリカ。
そしてリカが自宅に着くと、ゆりこの亡骸がベッドに寝かされて、そのそばで父とまみが泣き崩れている。
突っ込ませてもらうと、どうして交通事故なのに自宅にいるの?、ってところだけど、まぁそこはドラマですから。

事情を話し「顔を見てやって。すごくキレイな顔だから」とリカに言う父。リカが顔にかかっている布を取ると…そこに寝ていたのはイグアナ姿の母。驚くリカに父は「リカにはイグアナに見えるの?」と聞く。うなずくリカに、昔ガラパゴスでイグアナを助けたこと、最近母がしきりにその話をして、「もうダメかも」と言っていたことなどを話す。

リカは、イグアナ姿の母を見て初めて、母の苦しみを知り、心からの涙を流すのだった。そして、母の肩にあったアザがリカの肩に浮きだし、自分の姿がイグアナに見えることはなくなったらしい。

エピローグは、現在のリカ。リカも母と同じように、ただ一人の人を愛し、その人との間に生まれた娘と暮らしている。そして、母になった今、自分の母の苦しみがよくわかると結んでいる。当然、今リカの隣にいるのは昇。

後半は既視感が強かったので思い入れが多少薄れましたが、やはり面白いドラマでした。全部通して見ることができて良かったです。


「イグアナの娘」第九話

「次回はすぐ見よう」なんて書いておいて(実際すぐ見たんだけど)、またまた書くのが遅くなってしまった。

前回の続き。三上が交通事故にあったと聞いて病院へ駆けつけるリカ。三上の母が「頭を強く打ってるらしくて」と手術室に顔を向ける。「いつもはすごく慎重な子なのに、無理やり道路を渡ったりして…。あの子、どうしちゃったんだろう」と頭を抱える母の言葉を聞いてリカは、待ち合わせの約束をしたときに「遅れないでよ」と言ったことを思い出し、「私のせいだ…」と思い込む。そして手術室から出てくるドクター。「残念ですが…」。泣き崩れる母。呆然と立ちすくむリカ。

リカは自分の部屋から出ることができず「私のせいだ。私は人を不幸にするんだ」と自分を責め続ける。三上の告別式にも出られず、学校にも行くことができない。まみは昇に「うわごとみたいに『私のせいだ』って言ってて」と相談するが「あいつが来てから青島どんどん変わっていったから、きっと誰にも言えないことも相談できたんだろう」と同情。「お姉ちゃん、可哀相…。やっぱり私がしっかりしなくちゃ!」。去ろうとするまみをかをりがつかまえる。「学校には無理やりでも連れてきたほうがいいよ。つらいからって休んでると、どんどん来にくくなるのよ、学校って」と言う。自分の経験からの彼女なりのアドバイスなのだろう。

家では、母が「あれはあなたのせいじゃない、事故なのよ」と珍しく慰めるが、リカは聞く耳を持たない。そんなリカに「やっぱりあなたには無理なのよ。友達とか、恋とか」と言う。結局、イグアナ姿の娘と長いこと向き合っているのは苦痛らしい。

翌朝「お姉ちゃんのことは私にまかせて!」と張り切るまみ。姉を叱咤して無理やり学校に連れて行く。登校時に後ろから聞こえた「おはよう!」という声を、三上の声と聞き違えて思わず振り向くが、当然人違い。

教室では、三上が死んだのは青島とつきあっていたからだ、青島は疫病神だ、などと男生徒たちが話している。それを聞いてつかみかかる昇。そこへリカが入ってきて、急に静まり返る。注目を浴びたリカは居たたまれなくなり、教室を飛び出してしまう。追いかける昇をかをりが止める。「青島さんは昇のなんなの?」。かをりとしては、自分にも優しいしリカのことも気にかける昇の本心がわからず、不安なのだろう。でも昇は「俺があいつを好きかどうかなんてわかんねぇよ。でも、ほっとけないんだ」と言ってリカの後を追う。

学校を飛び出して三上の家に寄るリカ。快く家にあげたものの「私のせいで…」と謝り続けるリカに母は怒り出す。「うちの娘はあなたのせいで死んだの? だったらすぐにあの子を返して。悲劇のヒロインになるのは勝手だけど、そんなリカちゃん、あの子の友達だなんて言ってほしくない」。

三上の家を出たリカは同じ年格好の少年とすれ違う。三上の婚約者、津島だ。彼は三上の家に寄り、学校を見てきたこと、翌日帰ることを母に告げる。そして、今すれ違ったのがリカだと聞き、一瞬考えて、リカの後を追う。

リカをつかまえた津島。自己紹介するとまた謝るリカ。それを制して、三上が自分に宛てたという手紙をリカに渡す。「君が持っていた方がいいと思う。」

手紙には、転校したばかりの三上が、リカと友達になったことが報告されていた。そして、リカは昔の自分であること。自分はダメな人間だと思い込んでいて、とても傷ついていること。でも、本当はとても魅力的で、心のキレイな女の子であることが書かれていた。そして「私やリカは、今までつらい目にあってきた分『幸せになる権利』があると思う」という言葉。津島が三上にそれを教えたように、今度は三上がリカにそれを伝えたい、という内容だった。『幸せになる権利』のバトンを受け取ったリカは、三上の笑顔を思い出して泣き崩れる。その肩をそっと抱く昇…。

リカは変わる決意をする。「私、幸せになる。伸子さんに怒られないように」と。

翌朝、満面の笑みで二階から降りてくるリカ。父やまみと談笑するリカを母が見ると、イグアナだったリカの顔が一瞬、人間の姿に見える。「いつかはそうなるかも、と思いながら今まで育ててきたけど、もう限界」と夫に訴えたのはつい先日だったが、たぶん初めて人間に見えた瞬間だったのだろう。

寝室で着替える父は「さっきのリカ、すっかり大人の顔してたね」と嬉しそう。人間に見えたのは「大人の女性」になった証? 一方母は、先日見つけたガラパゴスの絵が気になって仕方がない。「でも、ゆりこはこの絵、見てないよ。ゆりこと会うずっと前に描いて、しまっておいたんだから」。そういわれても既視感を拭えない母。ずっと見つめていると、イグアナの姿が浮かんできてハッとする。

学校に行ったリカはすっかり明るさを取り戻している。かをりにも「少しまともな顔になったじゃない。」と言われる。そして、ショーウィンドウに映ったイグアナ姿の自分を見て、以前なら目を背けていたのに、いろんな表情を作って遊んだり、態度に自身と余裕を見せている。「ここまで?」と思うくらいの豹変ぶり。でも可愛い。

その頃昇は担任から、ずっと以前に出したボストンの大学留学希望が通ったことを聞かされる。これが後々波紋を投げかけることになるんだけど。

リカは三上の家に行って、母を励まし、一緒にケーキを作ろうと持ちかける。「気晴らしにはケーキづくりが一番って、お母さんが教えてくださったんですよ」と。帰りがけに「またお邪魔していいですか?」と聞くリカ。「もちろん!」と明るい母。

そして、家に帰ると、リカは母に訴える。「私を見て。目を背けないで。私はイグアナでいい。でも、幸せになりたい。恋もしたい。もう、何からも逃げない」と。そして、家を出ることを宣言する。驚愕する母…。


「イグアナの娘」第七話・第八話

なんとなく書きそびれているうちに、どんどん溜まってしまっているので、今回は手抜きで二話まとめて…。

第七回はかをりの過去が明かされる。小学生くらいの男の子がボールを追って車道に飛び出すのを見て、思わず助けに走るかをり。それまでの彼女のキャラからは意外に感じられる。

普段休まないかをりが学校を休んだのを不審に思い、時計の日付を見て何か思い当たる昇。この日はかをりの弟の命日だった。かをりの弟は数年前に交通事故で亡くなっていたのだった。かをりの両親はその頃互いに浮気をしていて、その日もお互い別の相手と一緒にいて、息子の事故の責任をなすりあって離婚したそうだ。そして、かをりはどちらとも一緒にいたくない、ということで独り暮らしをしていることが判明。

一方、どんどん信頼関係を深めているリカと三上。ある日、二人はいつもの河原で話をしているが、三上が「そろそろ話してくれてもいいんじゃない? 何を抱えてるの? 私ならたぶんわかってあげられると思う」と切り出すと、リカは逡巡しながら、やはりどうしても本当のことが言えず、黙り込んでしまう。すると「そんなに私のことが信用できないの。友達になれたと思ったのに。あんたのそういうとこ、大っきらい。さよなら」と三上は去ってしまう。セリフだけ起こすと唐突なようだけど、実際には、彼女のいらだちがよく伝わってきた。いくらなんでもウジウジしすぎだもん>リカ。

翌朝学校であっても、三上は知らん顔。それどころか、ずっとリカに対して怒っている、という態度をとっている。寂しくてたまらないリカ。一度「友達」の存在を知ってしまったリカには、つらい。そして、自分と向き合うことから逃げるのをやめる決意をする。

さらに翌日、リカは思い切って三上に声をかける。「私、変わりたい。強くなりたい。だから、助けてほしい」と。「できるの?」と冷たい三上。必死にすがりつくリカ。途端に吹き出す三上。怒っていると見えたのはポーズだった。

そして、三上に背中を押されながら、リカは映画のチケットを買い、昇を誘う。チケットを買うときも、渡すときもガチガチなのが可愛い。必死にチケットを差し出すリカにあっさり「いつにする?」と聞いてくる昇。幸せそうなリカ。

デート当日。いそいそと駅に出かけていくリカ。改札の前で待つ。

その頃、昇はリカに会いに行く途中で、母親と一緒のかをりを目撃。かをりの母親は再婚するらしい。それで「これからはお父さんを頼りなさい」と言いにきたという。さらに追い打ちをかけるように「弟のことで私を責めるのはお門違いよ。あの子を一人にしたのはあなたでしょう。弟を殺したのはあなたよ」と、母親とも思えないような言葉。いくらドラマといっても、これはちょっとないんじゃないの?、とこの鬼母に憤ってしまう。

深く傷ついたかをりに近づく昇。昇に気づいたかをりは、弟が一人で外に出たのは、母親が言う通り、自分が弟のグチを聞きたくなくて、帰るのを遅らせたからだと自分を責め、泣きじゃくる。慰める言葉もない昇。そしてかをりは「一つだけお願いがあるの。今日だけでいいから、一緒にいてくれないかな?」

またですか? この人のこの言葉に、リカが何度泣かされたことか。と言っても、今回はリカとの約束のことは知らなかったみたいだし、実際一人でいるのがつらかったんだろうけど。

そんなこととは知らずに昇を待ち続けるリカに、母の声。「岡崎君なら来ないわよ。電話があったの。用事ができたんですって」。携帯が普及してない時代だからねぇ。今だったらまた違った展開なんだろうけど。

母と一緒に帰る途中で、かをりと一緒の昇を見かけてショックを受けるリカ。「岡崎君だってやっぱり迷惑なのよ。あなたみたいな子につきまとわれて」と追い打ちをかける母。リカが大事に持っていた、前回遊園地で昇と一緒に撮った写真を破り捨てる。そんな母に「私だって幸せになりたい。私だって『生きてて良かった』って思いたい」とすがるリカ。なのに母は「昔、あなたを殺して私も死のうとしたことがあるの。そうしていたら、私もあなたも幸せだったのかも…」とたたみかける。母が自分を殺そうとした、という事実に愕然とし、その場から走り去ってしまうリカ。その夜、リカはいつまでも帰って来なかった。(ここまで第七回)。

そして第八回。前回はかをり、今回は三上の過去が明かされる。

帰って来ないリカを心配し、三上に電話する父。町中を探し回る父と三上。そして、学校の片隅で、うずくまっているリカを三上が見つける。焦点の合わない目で三上を見るリカ。その目が校舎のガラスに移ったとき、そこに映るイグアナの姿に気づいて悲鳴を上げ、取り乱す。必死に抱き留める三上。「母にそこまで疎まれていた」という事実は、リカにとって何よりも重かったのだろう。

「リカが見つかった」という連絡にひとまず安堵する青島家。でも、リカはこのまま三上の家に留まることに。どうしても帰る気になれないのだった。まみは、何故姉がこういう行動に出たのか理解できず、両親に問いただすが、二人とも取り合わない。

ゆりこは納戸で、リカが昔買ってくれたスカーフを手にとっていた。「返してきなさい」と言ってしまったせいで、リカが自殺を図った、あのスカーフ。ゆりこの頭の中に別の回想が浮かぶ。リカのくれたスカーフに心から嬉しそうに「リカ、ありがとう。ママが欲しがっていたの、覚えていてくれたのね」とお礼を言う自分。嬉しそうなリカ。本当はそうしたかったのだろう。でもできなかった。それどころか、またリカを傷つけてしまった。どうしてこんなことに…、と涙にくれるゆりこ。スカーフを戻すと、ふと隅にあった絵に目がとまった。南の島の絵。隅には「Masanori.A」のサイン。夫が描いたものだった。

翌日リカは学校を休み、三上の家で過ごす。三上の母とケーキを作りながら、三上母娘の仲のよさをうらやむリカ。でも、三上は昔から明るかったわけではなかった。母によると、三上は小学校に上がる前から、中学を卒業する頃まで、家の外で言葉を発することができなかったのだという。幼児の時に、拾った財布を交番に届ける途中、落とし主に「お前が盗んだ」と決めつけられて、そのショックで話せなくなってしまったという。

そんな三上が立ち直ったきっかけが、「彼」の存在だったという。高校を卒業したらすぐに結婚する約束をしているという彼。その彼から中学3年のときにラブレターをもらってから、少しずつ言葉が出るようになり、その後劇的に変わったという話を聞き、リカは三上が「友達になろう」と言ってくれたときのことを思い出していた。「二人ならば、乗り越えられる。」その言葉の意味がようやくわかったリカだった。そして、三上の母の「この子を殺して自分も死のうかと思ったこともあったけど、そんなことしなくて本当に良かった」という言葉に、自分と母の関係を重ねたようだった。

夜、三上と一緒に出かけるリカ。そして、リカはついに三上に「自分はイグアナなの」と打ち明ける。「どんな突飛なことを言っても信じてくれる?」と何度も念を押した後の、「信じるよ」という言葉に、初めて母以外の人間に自分の真実を告白したリカ。一瞬驚いた三上だったが、次の瞬間、「あんたが何だろうと、私たちは友達でしょ」という三上。リカにとって、生まれて初めて、本当に心の底から信頼できる友人になったのだった。

そしてリカは家に帰る決意をする。その夜、翌日家に帰ることを三上に告げると、三上は次の日曜に二人で海へ行こう、と言い出す。心から楽しそうな二人。

翌日、父の動物病院へ顔を出すリカ。「帰って来てくれてありがとう」という父。そこへ急患が飛び込んでくる。猫の帝王切開に立ち会うリカ。無事生まれた子猫を前に、父は「『自分なんか生まれてこなけりゃ良かった』なんて思うことだけはやめてくれ」と言う。

父と一緒に家に帰るリカ。ゆりこはイグアナ姿のリカを見て複雑な表情を浮かべていたが、用意していた夕食はリカの好物だった。ゆりこはあの南の島の絵に何かを感じたのだろうか。

追試以来、すっかり仲よくなったリカとまみ。リカをずっと心配していたまみも、リカが明るくなって帰って来たので嬉しそう。そして、リカは「今度友達と海に行くの。いいよねぇ、友達って」としみじみ言う。心から幸せそうに…。

そして日曜日。いそいそと出かけるリカ。なんか前回も見たような景色だなぁ…。一方家で慌ただしい三上。出掛けに彼から電話がかかってきて、約束に遅れそうなのだろうか、走る、走る…。なんか、この風景、見たなぁ。たぶん本放送で見たんだ。あぁ、たぶんたぶん、そうなるんだ……。・°°・(>_<)・°°・。。

三上を待っているリカ。先週とまったく同じ風景。いやだいやだ、それだけは…。

信号に引っかかる三上。時計を見て、焦る。おざなりに両側を見て、赤信号を渡る…。車の陰からトラック。あぁ、やっぱり。三上のバッグが飛ぶ。三上の部屋に飾ってある、彼と一緒の写真にズーム。屈託のない笑顔が悲しい。

待っているリカのところに走ってくるまみ。リカの顔色が変わって走り始める。走る、走るリカ。転んでも立ち上がって、なお走る…。

なんだか、事態が好転するたびに、これでもか、これでもかと痛めつけられるリカが痛々しい。次は続けて見ようっと。