舞台一覧

学生オペラ(コロナバージョン)を観てきました

ここのところ毎年恒例になっている、「昭和音大オペラ」を観てきました。

今年はモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』でした。

学生オペラは毎年、行けるところはなるべく行くようにしていて、中でも昭和音大は駅チカでアクセスが良いこと、大学のホールですがオペラに特化した素晴らしいホールであること、時期が良いことなど、条件が揃っているのでほぼ毎年行っています。衣装もセットも結構凝っていて、それでいて学生さん中心の舞台ということで格安なのが嬉しいです。

ただ、今年はこのコロナ禍ですので、正直あるとは思っていませんでした。

ところが、ちょうどいつもの時期に差し掛かったことに気づいたので、念の為調べてみたら、なんと例年通り開催するというではありませんか。なので、早速チケットを入手して行くことにしたわけです。

とは言え、まだまだ入場規制、ソーシャルディスタンス等が求められる昨今、どのような形で開催されるのか、不安半分ででかけました。

ホールに入って最初に目についたのはオーケストラの座席。いつもはオーケストラピット(オケピ)に押し込まれているところですが、今回はステージ中央。しかもそれぞれの席が少し離れています。

そして、いつもオケピがある場所はステージが設営されています。オケの後ろにも、奥行きが少なく狭いですが、一段高いステージがあるようです。

やはり、狭いオケピではソーシャルディスタンスが保てないということなんでしょう。

歌手用のステージが前にせり出していることもあってか、そこから3列くらいは空席になっているようでした。

そして、始まってみて驚いたことに、歌手の皆さんは全員フェイスシールドを着用していました。

歌う際にも決して接触せず、ある程度以上は近寄りません。最初のドンナ・アンナの父が死ぬシーンでも、アンナ役の方はかなり遠くで歌っていました。字幕で「あぁもう虫の息だわ」みたいに出るのですが、そんなに遠くちゃわからないよね、って感じ。

もちろんラブシーンも離れたまま。2幕のツェルリーナのアリア「恋人よこの薬で」なんかは、本来マゼットの手を取って自分の胸に当てて「触ってみて。鼓動を感じるでしょう」みたいに歌うのですが、やはり手を取ることすらしません。

また、フェイスシールド越しの歌唱は、やはり声が飛びにくいのでしょう。席が遠かったこともあり、なかなかに消化不良でした。

合唱の皆さんに至っては、オーケストラ奥の狭いステージに追いやられ、しかも紗幕越しに歌うという状況(もちろんフェイスシールド付きです)。正直、声もよく聞こえませんが、姿もよく見えませんでした。

事情はわかります。わかりますが、やっぱり残念です。芝居に制約が多すぎます。

演出面では、その紗幕に映像を投影していました。最初は大道具・セットの代わりなのかと思いきや、演者は静止しているのに映像だけがどんどん動いていったり、縮尺がおかしかったり、あまり意味がない気がしました。特に、その紗幕の向こうに人がいて演じているときは、人が見えづらくてむしろ邪魔。必要最小限(ドン・ジョヴァンニの最期の場面の業火の表現等)に留めておいてほしかったと思いました。

とは言え、観客を入れて(結構入っていました)オペラを開催した、ということに意義があると思いますし、その点は頑張ったなとは思います。ライブでオペラを観るのも久しぶりでしたので、やってくれたことには感謝しています。

できることなら、早くもっと、制約のない普通の舞台ができるようになってほしいものだと切実に思いました。


劇団四季「オペラ座の怪人」

息子がヨーロッパに出発して約一週間。毎日現地からアップされる写真やtwitterによると、元気にツアーを続けているようです。昨夜を含めて二回の聖堂コンサートは大盛況だったようで、貴重な体験を積み重ねているようで、わが息子とはいえ、うらやましい限りです。

それにしても、学校の長期休み中ずっと子供がいないというのは、寂しいのはありますが気楽ですね。食事の心配もしなくていいし、いつどこに出かけていつ帰ってくるとか一切考えなくていいし。

こんなに長い期間子供がいないのもここ十数年初めてで、いろいろ新鮮な感じです。

前置きが長くなりました。

子供がいないので心置きなく夫婦でミュージカル観劇にでも行こうと、昨日は劇団四季の「オペラ座の怪人」を初めて観てきました。

もちろん、チケットはかなり前に取ってあったのですが。

ミュージカルというといつも残念な席なことが多いのですが、今回はかなりな良席。なにしろセンターブロックのかなり前寄り、しかも通路側という絶好の席です。一般なのに、我ながら良く取れたなぁと思います。ちなみに今発売中の期間、この辺りはもう絶望的ですから。

「オペラ座の怪人」は今練習中ということもあって、ぜひ一度生舞台を観たかったのです。

そんな期待の中、始まった舞台は…やはり良かったです。

四季の舞台はやはりハズレがないというか。舞台セットも豪華とは言いませんがきちんとしてますし(ここは日本のオペラと一番違うところ)、ダンスも歌も演技も破綻がありません。

何より、やっぱり作品そのもの、曲そのものが良いので、きちんと演じてもらえれば感動できますね。

ただいくつか残念なことはありました。

一つは日本語上演であること。まぁこれは仕方ないことですし、日本語なだけにストーリー展開がわかりやすかったのはむしろ良い面です。ただ、どうも音楽のリズムや、本来の歌詞の意味と合っていない部分が多かったのはちょっと気になりました。

もう一つは、一部が口パクだったこと。

少なくとも、タイトル曲「オペラ座の怪人」の中の、ある意味クリスティーヌの一番の聞かせどころ、の最後の部分。最高音Hi-Es(ミ♭)の部分は絶対に歌っていないのがバレバレです。なぜなら、あんなギリギリの高音なのに、口こそ開いていても涼しい顔をしているんですもん。その前も人によっては逆立ちしても出ないHi-C(ド)連発ですが、かなり涼しい顔をしていたのでひょっとしたら歌っていないのかも。

この曲は私自身今すごく苦労していて、ここでどれだけすり減るかを身を持って知っているので、どう歌うのか結構構えて見ていたんです。そうしたらあまりにもあっさり涼しい顔で切り抜けてしまって…。ちょっとがっかりしました。せめてもう少し必死な表情が見られたら、気付かなかったでしょうに。

一か所こういうところがあると、実は他もそうなんじゃないかと疑心暗鬼にかられてしまったことは確かです。(たぶんほとんどはきちんと歌っていたと思いますが。)

マイクを使った歌唱なだけに、録音が使われていても気づかないシーンってたくさんあるような気がして。

少なくともオーケストラはちゃんと入っていて生演奏だったので、一部だけだったと信じたいです。

こういうところが、オペラとミュージカルの決定的な違いなんですよねぇ。

とまぁ、一部に不満はありましたが、やっぱり良かったです。「オペラ座の怪人」。四季の舞台は一度観るとまた観たくなる魅力がありますが、なかなか経済的にそれが許されないのがつらいですね。

「キャッツ」や「ライオンキング」は息子にも見せたいと思っているんですけどね。


小劇場版オペレッタ「こうもり」

今年二本目の「こうもり」は小劇場版。

川崎のNPO法人「さえの会」さん主催のオペラ公演です。

演奏はピアノ+管弦楽ですが、オーケストラというには超小編成。それでも定員350名の小ホールでは十分。(たぶんみなさんプロの方でしょう。)ピアノのみの演奏と比べてすごく音の幅が広くて良かったと思います。

キャストは通常メンバーのほかに、パントマイムの方が出ていました。

一部の曲を除きほぼ全編日本語で、みなさん演技も芸達者で、楽しかったです。

特に、私たちの声楽の先生のご友人で、いつもお世話になっているK先生、ひときわ華やかなお声のアデールでした。演技も立ち姿も際立っていました。素晴らしかったです。

合唱も少人数でしたが、ホールそのものが小さいのでなかなかの迫力でした。

小規模ではありましたが、立派に「オペラ」していたなぁと思います。

それにしても、この公演、前売券は3,000円なんですよ。

果たして出演者の方にギャラは出ていたのだろうかと余計な心配をしてしまいます。

オペラが気軽に観賞できるのは有難いけれど、ここまで安くなってしまうと、それはまたそれで問題があるような…。