MTOSサイトで携帯対応まとめ(2)~PEARインストール

前回の続きです。

だいたいの構成は決まりましたが、ガラケーの場合、キャリアによってHTMLやCSSの対応がまちまちで、完全に対応させようと思ったらそれぞれに対応ページを作らないといけません。

さすがにそれでは労力がかかりすぎます。

なので、ガラケー用ページは一本にまとめ、個別に対応が必要な部分はphpでその都度書き換えてもらうことにしました。

この際、PCページからの振り分けもすべてphpで対応してしまいたい、ということで、PEARのNet_User_Agent_Mobileというパッケージを使うことにしました。

と言ってもphpは素人同然の身なので、PEARが何なのかもわかっていないのですが…。

まぁ、言ってみれば便利なツールをいろいろ開発して提供してくださっているプロジェクトとでも申しましょうか。私のような末端ユーザーは恩恵にあずかるばかりで、本当に感謝するしかない状態です。

とにかく、このNet_User_Agent_Mobileを使うと、アクセスしてきた端末が携帯なのかそうでないのか、どこのキャリアなのかを判別してくれるので、それぞれに変数などを格納して対応できるようになるという訳です。MT(MTOS)で条件分岐に関してはいろいろ勉強していたのが少しは役に立ちます。

pearのインストールは、技量の関係で難しいことはできないので、こちらのサイトを参考に、go-pearというツールを使って自動で行いました。

これで本体をインストール後、Net_User_Agent_Mobileを指定してインストール、無事準備完了です。

本来このPEARフォルダは、wwwより深い場所にインストールして、外から見えなくしないといけないのですが、ブラウザを使う都合で、wwwより下の、誰でもアクセスできる場所にインストールしてしまいましたので、インストール後はコントロールパネルで外からのアクセスをできなくなるよう設定しました。

参考までに、私の場合を書いておきます。

使用サーバーはさくらインターネットのスタンダードコース。

「ファイルマネージャー」の「ウェブアクセスの設定」「接続元によるアクセス制限」で「非公開にして一部のアクセスを許可」を指定。許可リストに自分のIPアドレスだけを入れました。これで、社内以外からは存在が見えなくなるはずです。(実際URLを公開していないので社内の人も見ることはないでしょう。)

このNet_User_Agent_Mobileを使って、PCサイトと携帯サイトの振り分け、および、携帯サイトの中で文字コードの指定、およびhttpヘッダをドコモの場合のみ置き換える、などの作業を自動でやってもらうことにしました。

この辺りの詳細はまた次回に回します。この連載、何回続くか恐ろしくなってきました…。

MTOSサイトで携帯対応まとめ(1)~構成を決める

MTOSでサイトを作り始めて約5カ月。

あれこれ試行錯誤しながら3カ月ほどでPC版をほぼ完成し、その後携帯版に取りかかるまでしばらくかかり、ここ1ヶ月くらいでぼちぼちエンジンがかかってきて、ようやく公開にこぎつけるところまでやってきました。

携帯版に関しては、ドコモとアメブロに少々振り回されました。

この間、いろいろつまづいたり発見したりがあったので、覚え書きとして書いておこうと思います。(あくまでも私の場合です。もっと良い方法があったらぜひ教えてください。)

PC版をすべて一旦完成させたところで、まず携帯版をどういう形で作るかを考えました。

現在はもう携帯と言えばスマホが主流ですが、まだまだガラケーも切り捨てるには早い状態です。特に、該当サイトにやってくる人はガラケーが多そうです。

スマホならPC版を見ることができるので、いずれ専用ページを作るとしても、まだ後回しでも大丈夫。やはり問題はガラケーです。

画面も狭いしCSSの対応もまちまち。PC版のHTMLはそのままではとても使えません。

という訳で、ガラケー対応のテンプレートを一通り作り、できれば自動的に誘導できる形にしようと思いました。

基本的に、現在のURLの下に「m」フォルダを作り、そこに生成する。(http://website/m)

でも、今回のサイトは複数ブログを使っており、サイトの下にあるブログの場合、「http://website/blog」となっているので、このwebsiteとblogの間に「m」を挟むのは難しくなります。

なので、ここは割り切って、ブログの方は、ブログの中でさらに「m」のフォルダを作り、「http://website/blog/m」の形で携帯サイトを生成し、それぞれをリンクでつなぐことにしました。

とりあえず、構成は決まりました。

簡単ですが、図を作ってみました。(あまりにもやっつけなので、後で差し替えるかもしれません…)

m-sitemap

この薄いピンクの部分が携帯用部分で、濃いピンクの四角で囲った「m」がそれぞれのトップページ、「m-TOP」が携帯サイト全体のトップページになります。(wpは「ウェブページ」です。)

各ブログへのトップページには、全体のトップページからメニューを作ってリンクします。

次は、各キャリア対応ですが、長くなりましたのでそれは次回。

Facebookその後

Facebook(以下FB)を使い始めて約1ヶ月ほど経ちました。

この間、いろいろ試行錯誤したので、少しとりまとめてみます。

一番頭を悩ませたのは「公開範囲」の問題。

いや、新規に投稿する際は、それぞれ自分で細かく設定できるのでいいんです。

ちなみに、「公開」「友達」「知り合い以外の友達」「友達の友達」「カスタム」等。
以下に私の理解を載せるので、間違っていたらご指摘ください。

『公開』はいわゆる全体公開。全世界から普通に見える状態。また、『友達』の中でも『制限』設定をした人はここしか見られないそうです。

『友達』は友達登録した人全員(「制限」を除く)。

『知り合い以外の友達』は、友達の中でもそれほど親しくない人を『知り合い』として設定できるので、その人たちを除く友達。

『友達の友達』は文字通り、自分の『友達』の『友達』まで。交友関係の広いお友達がいると、ハンパなく拡散しますね。

あとカスタムはかなり細かく設定できます。一部の人だけ避けたり、一部の人にだけ見せたり。それには、「カスタムリスト」を作っておくと後でいろいろとラクです。

とまぁ、こうやって書いてみると、実名主義という以外、mixiとあまり変わらないかもしれません。(友達の中に、友達として残したまま「制限」というリストを作れるのはちょっと違うかな。)

でも、ここで全然違うのが「いいね」ってやつです。

「いいねボタン」はネットのあらゆるところに転がっていて、共感したら押したくなるわけです。

ところがこの「いいね」は、元の投稿が公開情報だったりすると、友達のニュースフィードに無条件に「かれんさんがいいねしました」と載ってしまう訳です。

ここはmixiの「イイネ」とは全然違いますね。あちらは何をイイネしたのか、自分でも覚えてませんから(汗)。

もちろん、相手が私の「いいね」やコメントを非表示にする設定をしてあれば問題ありませんが。

自分のタイムラインに関しては、見られたくない「いいね」やコメント等を自分以外に見えないようにすることが可能です。が、友人のニュースフィードに載ってしまうかどうかは、ひとえに相手が私のアクティビティを表示させているかどうかにかかっている、という意味で他力本願な訳です。

なかなかスリリングですね。あまりややこしい事柄には首を突っ込まないに限ります。

あと、危険なのは『写真のタグづけ』と『シェア』ですが、これに関してはまだ良く分かっていない部分があります。とりあえず自分の理解の範囲で。

写真に関してはあまり写ることがないので気にしてません。

『シェア』に関しては、『見ることのできる投稿はシェアできる』みたいですね。シェアを禁止することはできないのかな。何しろ、友人ではない人の投稿で、コメントやいいねはできなくても、シェアのリンクだけは残されていますので。

ただ、昔はともかく、今は自分の許可していない範囲には拡散出来ないようになっているようです。

という訳で、自分として気をつけるべきは、不用意に「いいね」を連発しないことかなぁ。

まだまだわからないことはありますが、それなりにFB生活は楽しんでおります。

発表会まで3カ月

声楽のレッスンは、今回も現地集合ということで、私の方が先に着いて先に始めました。

今回たぶん夫は遅れてこないだろうということで、発声は軽く流し、すぐに曲のレッスンに入りました。

私としては前回さらえなかった「ぶってよ、マゼット」を先に、と思っていたのですが、先生と会話の行き違いがあってまたもや先に「恋人よ、さあこの薬へ」を。

いつも言われることは意識しているのですが、やはり同じことを注意されてしまうのは、それがとことん身に着いてしまっているからなんでしょうね。

響きが落ちてしまう(下側についてしまう)、出だし(休符明け、ブレス明け)でオーバーブロウしてしまう。

もう、これに尽きるのです。

だからと言って、出だしで慎重になりすぎて息が混じりすぎると息が足りなくなり。

この辺の加減が難しいです。自分の感覚が当てにならないので、練習してきたところで結局元の木阿弥だし。

とは言え、一応もう最後まで通して歌えるようにはなっていて、歌詞も楽譜を追いかけずともほぼ入っています。なので、息の使い方、響きの付け方に気持ちを集中して行けば、少しずつは改善される、かな。

もう一曲の「ぶってよ、マゼット」。

前回よりは歌詞もだいぶ入ったし、早口言葉も練習したので舌も回るようになっていました。

また、高いところから始まる下降音形なので、「Vedrai~」よりも響きが落ちにくく、「あなたの声に合ってますね」と言われました。

ふむ、長いし難しそうなのでちょっと敬遠気味だったけど、思っていたよりラクかも。(←我ながら単純です。)

とりあえず最後までなんとか歌い切り、最後の歌詞が楽譜と慣例とちょっと違ったので、良く歌われているパターンに変えることを決めて、今回は終わり。

まだもう一つ、難関の二重唱が控えているので、早いところ暗譜してしまわないといけません。

何しろ、月2回のレッスンで、残りは3カ月余り。まだ手つかずの曲がある時点でヤバいです。

次回までには二重唱も一通り楽譜を見て行かないと…。なかなか慌ただしくなってきました。

何にしようかな…

新年度が始まったと思ったらもうGWが近づいてきてしまいました。

学校では、この間、恒例のPTA役員決めがあったり、家庭訪問があったり。

で、私は義務教育最後の年に、PTAの某委員会で委員長を務めることになってしまいました。

少々荷が重い気はしますが、せっかく引き受けたので楽しく仕事をしたいと思っております。

さて、その委員会での一番目玉の仕事と言えば、「合唱コンクールの裏方」および、当日披露する「保護者コーラスの募集・練習等の仕切り」です。

もちろんそれだけではないのですが、他のいくつかのイベントはそれぞれの担当班に分かれ、各自が計画して実行して行ってくれるようなので、委員長の私はその経過や反省等をまとめて実行委員会で報告するだけで(もちろん参加もしますが)良いようです。

メインの合唱コンクールに関しては、自分が先頭に立っていろいろ決めていかなくてはならないので、今から楽しみなような不安なような…。

とりあえずは、伴奏者に立候補してくださった方がいたので一安心。

指導の方は、息子のピアノ&歌の先生が今年入っていらしたので一応お願いしてみたのですが、あえなく却下。見渡したところ合唱経験者も他にいなそうなので、どうやら自分ですることになりそうです…。

目下の関心事は選曲。

練習は4回しかないので、難易度の高いものは選べません。

でも、せっかくなので自分自身が楽しく歌えそうな曲を選びたいです。

今まで歌ってきた合唱は、ことごとく自分とは関係ないところで曲が決まって来たので、主体的に選曲できる機会なんて最初で最後かもしれません。

もうそれだけでワクワク。もちろん他の委員さんたちの意見もお聞きしますが、決定権は私にあります。いろんな楽譜眺めて、あぁでもない、こうでもない、と考えるのは実に楽しい。

さて、どれにしようかなぁ…。

MTで複数ブログをまとめて再構築

MTOSで作っているサイトは、PC版がほぼ完成に近づいてきました。

結果的に、ウェブサイトの下に4つのブログがぶら下がった形になっています。

本来ならそんなにブログは必要ないのかもしれませんが、できるだけ入力する際の混乱を避けるため、入力用テンプレートを分けることを考えたらこうなってしまいました。

もちろん、出来あがるページのテンプレートを、同じブログ内ではPC、携帯各1パターンに抑えたいということもあります。

この場合、入力は良いのですが再構築が大変です。

ウェブサイトのモジュールやウィジェットなど、すべてに共通する部分を変更したり、複数ブログにまたがって表示する項目を入れたりした時に、それぞれのブログを一つ一つ再構築していくのはかなり面倒です。

現在は全体を再構築するためには、ウェブサイトを含めて5回の再構築が必要です。
私自身が管理している間は面倒だけれどなんとかなるとして、手放した時に、果たしてそこまで誰もが忘れずにやってくれるか、というと疑問です。

これを何とかまとめて再構築する方法はないものかと思ったら…。

やっぱりありました。

「QuickRebuild」です。

これをインストールすることで、ボタンひとつですべて、または任意のブログを一度に再構築できます。

手間だけでなく、時間的にも大幅に短縮。いつものことながら、開発者の方には感謝、感謝です。

発表会に向けてスタートです

声楽のレッスンに行きました。

先月くらいから夫の仕事がいきなり忙しくなり、レッスンに間に合わないことが出てきました。

この日は何時になるか分からないので、職場から直接タクシーで先生宅に行く、というので、帰りのことを考えて一人のんびりと徒歩で30分ほどかけて行きました。

二人で行く時はいつも私の方が後で、たいてい夫のレッスンが少し押して私の方は少々短くなる、というのが常なので(まぁそれで良いのですが)、最初から、それも少し長くなるのが前提でじっくりレッスンを受けるのはちょっと新鮮です。

発声では相変わらず、すぐに下側に響きがついてしまう、地声が混ざってしまうのが難点です。縦に開くこと、それも上側に開くことを意識しているつもりなのですが、結果は下側だけが開いてしまう、ということが多くて、なかなかうまくいきません。

特に出だしが低音だったり、急に下がる音形だったりすると、てきめんに落ちてしまいます。先生がおっしゃるには、『こぶしが付いている』そうで…。むむ、私ってばクラシックより演歌の方が向いてるのかしら、なんて。

結構たっぷりといろいろなパターンの発声をしたら、発表会に向けてのレッスンの始まりです。

とりあえずは前回から始めた「Vedrai, carino/恋人よ、さあこの薬で」から。

この曲はわりと短めで途中の転調もなく、とっつき易く感じます。ただ、相変わらず出だしでいわゆる「オーバーブロー」が多発するのと、跳躍音程の時に準備が遅いことを注意されました。

特に出だしの音に関しては、早め早めに口の形を決めることと、子音を少し前に出して、息を吐きながら音に繋げることを気をつけるように、と言われました。確かに、そうすることで出だしの「いきなり」感が減ってスムーズに息が流れるように感じます。

そのまま続けて「Batti, batti, o bel Masetto/ぶってよ、マゼット」に。

この曲、実は予習が足りてませんでした。長いし、早口だし、途中で曲調変わるし。

なので早々につまづいて、先生に音取りをお付き合いいただく羽目に…。

曲に入る前に「曲前のレチタティーヴォはどうしますか?」と聞かれたのですが、正直、とてもそんな余裕はないかも。

歌詞や音の確認をしながら半分くらい行ったところで夫が来たのでそこで終わり。いつもは45分のレッスンがたっぷり60分ありました。その分、少しは実になっていると良いのですが。

「ぶってよ、マゼット」に関してはもう少しそのアリアを歌う状況や歌詞をきっちり頭に入れて、あとリズムに合わせて口が回るようにしてくるようにするのが課題です。

さすがに発表会までレッスン回数がないので、自主練に気合をいれないといけません。

早いところ練習音源を完成させて、暗譜もどんどん進めて行かないと。

それにしても、これからもまた夫が遅れてくることが続くと、私のレッスンが充実しそうです。有難いような、心配なような…。

少年たちの合唱

息子の所属合唱団の定期演奏会が無事終了。

今回はいつも通りプログラム広告の準備とか、Web告知などの作業こそ関わりましたが、練習期間も一度も顔を出さなかったし、当日のお手伝いもなかったので、完全に一聴衆として楽しませていただきました。

考えてみたら定期演奏会は久しぶりです。

一昨年は震災の影響でホールが使えなくなり中止。昨年は演奏旅行があったので開催されず。

子どもの合唱団なので、3年開くとメンバーの入れかわりや成長でずいぶん様変わりします。

息子もすっかり声変わりしてしまいましたし(でもまだソプラノで頑張っていますが)。

この少年合唱団の目玉はやはり小学校高学年のボーイソプラノ。息子も小学生の時は毎年のようにソロを歌っていましたが、今回は練習そのものもあまり出られていないのでソロは無し。この間まで「ちっちゃい」と思っていた子たちが立派にソロを務めていました。

でも、実際に合唱を支えているのは変声後のMクラスなのだな、と今回実感しました。

男声アカペラ合唱はゾクゾクするほどきれいだったし、ソプラノアルトだけの合唱では今一つ安定しなかったハーモニーが、男声が入るだけでキリッと引き締まる。もちろん、小学生と中高生の精神的・身体的な差はあるでしょうが、お兄さんたちの支えでボーイソプラノはより光ると感じました。

普段の演奏会では聴けない幼稚園や小学校低学年の合唱も相変わらず可愛らしく、微笑ましかった。メンバーはもう3年前とはほぼ総入れ替わり。可愛い時期はすぐに去ってしまうんですね。

最後の最後は幼稚園児から高校3年生までが一堂に会して全体合唱。エルガーの『威風堂々』でしたが、迫力満点で素晴らしかった。幼稚園の子も英語の歌詞を頑張って歌ってました。

息子は今年受験生になるので、もう少しすると団をお休みすることになります。1年後、晴れやかな気持ちで帰って来られるといいな、と、一学年上の先輩たちを見ながら思いました。

facebook、使い始めました

超! 今更ですが、facebookを少しずつ使い始めました。

以前からアカウントは取っていたのですが、ほぼ、まったく動かさずにおりました。友人ゼロで、プロフィールも登録せず、何も投稿せず。

ところが、仕事で某所のfacebookページを作らなくてはならなくなりました。

facebookページは個人アカウントから作らないといけないので、仕方なく自分のアカウントを使い、作ってみました。
(本当なら仕事用なのだし、新規にアカウント取れば良かったんですけどね)

ただ、作ったはいいけれど「いいね!」が増えないと話にならないので、関連の場所を回って「いいね!」したりしているうちに、うっかり個人アカウントの方を動かしてしまったりして一部の人から発見され、友達申請なども来るようになり、この際だから少し稼動させようかと。

とりあえずリアルな知人に絞って始めております。

というわけでリアル知人の方、良かったら友達申請してみてください。

まだまだ使い方が良くわからずトライ&エラーの連続です。ただ、使ってみれば、多くの人がハマる理由もわかるような気がします。

公開についてもかなり細かく設定出来るので、友達になったとしても見せたくないものは分けて見せたり、全然見せなかったりできるんですね。だったら「友達」のくくりそのものはそんなに堅く考えなくても良さそうです。

また、あちらはあくまでも顔と名前をさらして付き合える方と、そういうお付き合いをするためのものと割り切っておりますので、こちらとの連携は考えておりません。

でも、本名さらしているだけに、逆にリアルな情報をそのまま出せる良さはありますね。要は使い分けでしょうか。

とは言え、これはブログ、これはfacebook、これはmixiと使い分けるのもなかなか悩ましいことではありますが。

輸入譜は難しいらしい

発表会の曲も決まったので、少しずつ練習用midiを作っています。

もともとは夫が買ったはずの楽譜作成ソフトですが、なぜかここ数年ずっと、midi作りは私の仕事になっています。

全音や音友の楽譜は印刷がとても綺麗なので、私の古いスコアメーカーFXでも、スキャン⇒認識で9割くらいはそのまま認識してくれてラクなのですが…。

問題は輸入譜です。

「愛の妙薬」の二重唱は、日本製の楽譜がないようなので、リコルディのヴォーカルスコアを使います。とりあえず認識させてみましたが…。

いやぁ、ボロボロです(涙)。

なんとなく全体にかすれ気味なのと、何より四分休符が私たちの知っている形ではないので、スコアメーカーには理解できないようなのです。

楽譜

写真は冒頭近くのある小節ですが、赤丸で囲ってあるのが四分休符です。私も最初は「何だろう?」と思いましたが、前後を考えると四分休符しか考えられないのでそうなんだろうと理解しました。

でも、日本製楽譜作成ソフトであるスコアメーカーさん、それも古い古いバージョンのFX(2006年発売だそうです)には、まったく理解できないみたいで、ことごとく落としてくれています。

おまけに、画像の音符にある旗も、何本なのかわからないみたいで、八分音符は四分音符に、十六分音符は八分音符と認識されていたため、もうほぼ全面的に修正が必要です。

もちろん、最新版ならもっと精度が上がっている可能性はありますが、手元にあるのはコレだけなので仕方ありません。

もうひとつ、これは二重唱ですが、ヴォーカル部分は一段で書いてあるので、手動でのパート分けが必要で、これまた別の手間がかかります。

そんなこんなで、たった2ページ半を認識・修正するにも結構な時間がかかってしまいました。

でもまだ10ページ以上残ってます…。

考えてみたら、前回もこんな感じですっごく苦労したんですよねぇ。

ヴォーカル部分は全面的に手打ちしたほうが早そうですが、伴奏部分はそうとばかりも言えず…。全部打ち込んでいるとイライラが募るので、とりあえず認識させてみようと思います。

発表会まで先は長いので、苦労しても早く作って練習に使えるようにしないと。

ちなみに打ち込みはPCのキーボードを使います。入力用のキーボード(ピアノ型鍵盤のほう)を持っていないので…。オクターブ替えとかめんどくさくてマジにイライラしますが、それでもマウスで一個ずつ動かすよりははるかにマシ、ということで。