イタリア近代歌曲一覧

見た目はやさしいんだけど…

声楽レッスンに行ってまいりました。

この日は急に寒くて、というか、ここのところ寒暖差が激しくて、少々ノド風邪気味。ハミングからして高音がかすれ勝ちで、どうなることやら、と心配になりました。

跳躍音階では、最高音をついつい勢いで出してしまい、「もっと丁寧に、お腹で音程を作って」と何度も注意されました。意識するだけで違うんですけどね。ただ、最近はその違いが自分の感覚としてわかるようになってきたのを感じます。このときもそうでした。

最近は発声に時間をかけているので、その分曲のレッスンは短めになってしまいます。

いよいよ、新曲の「ああ、いつわり/Non e ver!」(マッテイ作曲)に入りました。

いつも、新曲に入る前に、YouTubeでいろいろな方の歌唱を聴くようにしているのですが、今回の曲は歌っている方が極端に少なくて、日本語タイトルで検索したときはアマチュアの方の、しかも短縮版しかヒットせず、イタリア語で検索し直したところ、今度はタイトルにハングルの入ったものばかり。ハングルが読めないので試しに一つ再生してみたらピアノ伴奏のみだったりと、なかなかこれと言った参考歌唱にたどり着きませんでした。

でも、譜ヅラはそんなに難しくなさそう、ということで、ほぼぶっつけでレッスンに臨んでしまいました。

…結果、やはりそんなに甘くないですね。臨時記号が多いので音程が意外に取りづらく、またリズムも4/4から途中で6/8に変わり、これまた意外に取りづらい…。さすが近代歌曲、譜ヅラほど易しくはないということでした。

それでも、最初なのでなんとか最後まで通して歌ってみるところまでは行きました。細かいところは次回以降です。

スラスラとは歌えなかったのですが、気づくと最初にかすれ勝ちだった声は、いい感じに出るようになっていました。やはり丁寧な発声練習は大切なんですね。

この曲に関して、先生からは、「臨時記号には意味があるので、そこの音程の幅をもっと意識して取ってきてください」とのこと。

今回はオペラアリアの時間がなくなってしまったので、次回はたどり着けるように、少なくとも歌曲はもうちょっと練習しておこうと思います(汗)。


2度目のピアノ合わせでした

さて、1度目のピアノ合わせから一週間しか経っていませんが、2度目にして最後のピアノ合わせをしてまいりました。

発表会本番まで残りは1週間。先週に比べれば「いよいよ」感も出てきましたが、まだまだ私の中ではそういう実感がなく、それはそれで良くないなぁと思ってしまいます。

それでも、先週から意識的に歌詞を反芻する時間を増やしているので、暗譜は90%くらいできたかな、と。一週間前で100%じゃないのかと言われそうですが…(汗)。

今回は本番の順番通り歌いましょうということで、夫が先に2曲歌ってから、「Il bacio(くちづけ)」を。

Il bacio(くちづけ)

前回に比べてもより余裕があったように思いました。これだけ長い曲だと、先の先までわかっていないと力の配分が難しいのは痛感してきているので、少なくともこの曲に関しては途中で声がなくなることはなさそうです。
昨年、ロミジュリのアリアを散々練習したのが生きているかも。あれも長くて大変でした…。

相変わらず、後半の方に出てくる、ほぼヴォカリーズの発声が安定しないのが問題です。声の聴かせどころなので、ここまで力を残して、余力をもって後半に持っていきたいです。

ドレッタの夢の歌

本当は順番でいうと私のほうが先ですが、夫は続けて歌うのがつらいそうなので、先に1曲歌ってもらってから。
私の方も休憩がないとキツいので助かりました。

さてドレッタ。

ようやく、拍で迷子になることがなくなりました!(今更ですが)

Hi-Cに上がるときに、下への引っぱりをもっと使ったほうが良いとのご指摘。
そういえば、上がることばっかりに意識が行っていて、お腹の支えは意識しても、体を下に引っ張ることを忘れていました。

なので、全身を上下に目一杯引っ張って伸ばすようなイメージでやってみたら、なかなかいい感じでした。
Hi-Cのロングトーンとか、今まであまり経験がなかったことなので、チャレンジではあります。その後もBのロングトーンが何度も出てくるので、なかなかダメージがきますね。

先生は「その方が聴いている分にはいいですけど、ノドには負担だと思います。大丈夫ですか?」と心配してくださいました。その時は全然何ともないと思ったんですが…。
まぁ、そうおっしゃった先生も「Hi-Cはどう歌っても負担がかかるのは仕方ないと聞いてますから」と付け加えていらっしゃいました。(先生はバリトンなのでその辺りは実感としてわからないそうです。)

あとは、最後の最後まで気を抜かずに、最後のフレーズをきちんと支えを持って歌い切ること。私には難しいのですが、まぁこれは意識するだけのことです。

ルチアの二重唱

「ドレッタ」から続けてだったので、かなりキツかったです。

「ドレッタ」で思いの外ダメージを食らったようで、その上延々と自分のソロ、しかも高値安定のフレーズなので。

まぁ本番では、私自身は2部はこの曲だけなので、休養十分で行けると思います。

歌詞もほぼ繰り返しなので今となっては頭より口が覚えているみたい。最初のレチタティーヴォ部分だけ、きっちり反芻しておけばなんとかなるでしょう。

夫が一生懸命なので、私が足を引っ張らないようにしないといけませんね。

というわけで、あとはもう本番だけです。

今週は日雇いに行くのも断って、本番に備えたいと思います。
まずは衣装を確認しないと…(←そこ?)


まだまだ練習不足

声楽レッスンに行ってきました。

今のところ、発表会はできそうな感じですが、世の中の動きを見ていると、まだ予断は許されない感じですね。そろそろ落ち着いて(陽性者数が、というより、世論が)欲しいものです。

この日の調子は、発声した感じだとまぁまぁでした。特にひっかかるところなく、早めに歌のレッスンに移りましたが、高い方はイマイチと思われたのか、Hi-Cくらいで止まっていたような…。

実は、レッスンの前に先日NHKで放送された「うたコン」再放送を録画してあった、山崎育三郎さんと小南満佑子さんのデュエットを見ながら、『オペラ座の怪人』の最後のオブリガードを一緒に歌ってみたら、最後が出なかったのです…。まぁ、もし楽譜通りならHi-Eだから、鼻歌程度では出なくても仕方ないんですけど。小南さんさすが。なんか最近、自分の最高音下がっているような気がしてます。トシかなぁ。

「ルチアの二重唱」

まだ楽譜がちゃんと入っていなくて、特にハモるところ、上に行くのか下に行くのか迷ってしまいます。高音安定なので、途中の体(特にのど)の使い方を間違えると、途中に出てくるBのロングトーンが届かなくなることが…。この曲は最後に歌うことになると思うので、その前にしっかり休んでおかないと破綻しそうでコワイですね。でも、まずは暗譜しないとね。

「くちづけ」

基本的には一通り歌えるので、細かいところを詰めています。
上行音階で徐々に口、喉を開けていくこと、同じ音程の場合も、同じだと思うとぶら下がり気味になってしまうので、上がっていくようなつもりで歌うというのは、いつもいつも言われていることです。
あと、跳躍音程でいきなり高い音を出すときに、やはり息をぶつけてしまわないように、しっかり準備すること。テンポが速いとついつい乱暴になってしまいます。
この曲に関しては、人前で歌うのは二度目なので、前回(と言っても5年くらい前ですが)よりも余裕を持って歌えたらいいなぁと思っています。

「ドレッタの夢の歌」

相変わらず、Folle~からの聴かせどころが難しい…。
ピアノ伴奏が裏拍になるので、拍のとり方も難しいし、なんと言っても発声がムズい。
特に後半は、これにさらにフェルマータが加わり、ますます取りづらくなります。
これに関しては、圧倒的に練習不足かなという感じです。
本番までまだ1ヶ月以上あるので、暗譜しつつもうちょっと練習時間増やさねば。

せっかく発表会ができそうなので、お客様が入れるかどうかは流動的ですが、せめて門下の皆さんに聞き苦しく感じられない程度には仕上げていきたいものです。