感想など一覧

少年合唱団の演奏会

日曜日は息子の所属合唱団の演奏会でした。

息子の団の演奏会のときは、基本裏方…ではなく、大抵ロビー等で接客仕事です。

演奏そのものは一番後ろの席で聴けるので、特に問題はありませんが、家族や知り合いと一緒にゆっくり観賞したり、お話しできないのだけがちょっと不便です。

いや、でも演奏も聴けずに裏方をしてくださっている方々もいるので、贅沢は言えません。席に座って聴けるだけでもありがたいと思わなくては!

今回は会場が暑かったのか、客席でもときどき気分の悪い方が出たり、ステージ上で具合の悪くなる団員が出たりと、ちょっとしたトラブルはありましたが、基本無事に終了しました。

演奏の方は…、今回はなかなか評判が良かったようですね。

最初の曲こそソプラノがちょっとくすんでいるような気がしたのですが、曲が進むにつれて輝きを増していました。

オーケストラは小編成で管楽器も少なかったので、合唱とのバランスが良かったように感じました。

ハイドンのミサ曲、一般的には超マイナーですが、聴いてみたら華やかで心地よい曲です。キャッチーではないので全然覚えられませんが(汗)。

でもミサ曲は基本どれも歌詞が一緒なので、いろんなメロディーを聴き比べる楽しみはありますね。

今回は演奏旅行直前のステージリハーサル的な意味合いもあったので、ソプラノアルトは全員暗譜。楽譜持ちの子の方が多かった暮れのメサイアと比べると、顔が上がっている分、声が前に飛んでいたように思います。

ここから先はちょっと別の話です。

今回の演奏会、実は一年半前の演奏会と同じ演目でした。

ネット上に、その演奏会の感想で、「少年合唱団の演奏会のはずなのに、少年たちはただのバックコーラスで、オーケストラやソリストのほうが目立っていた。看板に偽りあり」といったものを見かけたのですが、そういう見方もあるのかとびっくりしました。

まぁ確かに、ウィーン少年合唱団のコンサートみたいなものを思い浮かべて来られたとしたら「違う」と思われるかもしれませんね(笑)。

ここの合唱団は、基本的にオーケストラつきの宗教曲(教会音楽)を歌う団です。

小学校低学年以下の時は、訓練のために普通の児童合唱もしていますが、メインはあくまでも宗教曲。

ヨーロッパでは昔、教会で女性が歌うことを禁じられていたので、高声部を少年たちが歌っていたのですが、その伝統に則って宗教曲を歌っているのがこの団です。

今回の演奏会でも、最初は年長クラス(+OB)の男声合唱(弦楽つきミサ曲)から始まりましたが、彼らも大半は高校生で、少年合唱団員に違いないのです。確かに人数が足りないので年長者が加わっており、見かけは少年合唱団らしくありませんが。

少年たちが成長して変声期を迎えても、男声として団を支えていけるのがこの団の良いところですし、実は一番聴き応えがあるのもこのクラスではないかと、私は思っているくらいです。

ボーイソプラノは少年合唱団の華ですが、それだけではないことも知ってほしい、と、そろそろ変声期にかかってソプラノが危うくなってきた息子を持つ母は思います。

何より、こんな小さな頃から、プロの生オーケストラとの共演を積み重ねていることを、すごく羨ましく思います。もうすぐ海外の大聖堂での演奏も待っていますし。

ただ一つだけ、この演奏会では時間調整なのか入れられていた、弦楽のみの教会ソナタは、団員母としてもちょっと「?」でしたけど(汗)。

いや、演奏は良かったのですが、合唱団のコンサートを聴きにきている人たちからしたら、いろいろ疑問に思うかな、と。

この団が「普通の」合唱をするのは毎年春の「定期演奏会」です。今年は演奏旅行があるので行われませんが。

その時はピアノ伴奏で、音楽劇、または、テーマに沿った合唱曲の演奏会で、年少クラスも含めて全クラスが出演します。いわゆる少年合唱団らしい演奏が聴けると思います。団員のソロも聴けますよ。


METライブビューイング「神々の黄昏」

METのライブビューイングで観る「ニーベルングの指環」もようやく最終章まできました。

「序夜」の「ラインの黄金」以外はどれも5時間を超える大作。

この映画も当初の予定では約6時間30分の長丁場。最終的には休憩時間を少なくしたのか5時間30分以内に収まりましたが、それでも長い。観る方も体力勝負です。

お話そのものは予習十分だったのですが、音楽の方の予習が足りなかったせいか、ときどき睡魔に襲われてしまいました…。

でも、前回に引き続き登場の、J.H.モリス演じるジークフリートがハマリ役で、すごく良かったです。

音楽の予習が足りないので演技(お話)中心に観てしまう私ですが、前回の「ジークフリート」では我儘で傍若無人な若造だったジークフリートが、今回はすごく気の毒な役回りでした。

女たち、ひどすぎる(勝手すぎる)…(笑)。

いや、歌は良かったですよ、ストーリー上でやってることが、です。

歌の方は、これだけの大作を、どのキャストも破たんなく熱演していて、すごいと思いました。

ラインの乙女たちで始まり、ラインの乙女たちで終わり。

序章ではワイヤーで吊られて苦しそうだった乙女たちも、今回はもう少しラクな演出で伸び伸びと歌ってました。

ただ、この楽劇を音楽まできっちり楽しむためには、やはりもう少し予習しないとキツイですね。

ただ漫然とDVDを観ても、超長編のため結局寝ちゃったりするので、あまり意味がないようです。

(実際、ワルキューレとジークフリートはそういう予習をしましたが、結局頭に入っていません。)

たくさん出てくるというライトモチーフを、キャラクターや場面と合わせて確認しておくのが一番良いのかなぁ。

何しろ、私がきちんと認識できているライトモチーフって、「ワルキューレ」だけなんですもん。

まぁ、ものすごい大作なんで、一生にもう一度、通して観る機会があるかどうか、それも疑問ですが。


映画「ドラゴン・タトゥーの女」

先日、レディースデイの曜日が移ったので行きづらくなった、と書きましたが、なんとその映画館、今月いっぱいは今月観賞の有料半券を持っていくと1,000円で観賞できる、というキャンペーンをやっていました。

公式サイトにも情報はないですし、映画館でも、チケット売場のある1Fではなく、劇場のある2Fにのみポスターが貼ってあるという、あまり大っぴらに知られたくないキャンペーンのようです…。

そんな訳で、せっかくなので早速、平日休みにまた一本観て参りました。

「ドラゴン・タトゥーの女」です。

CM以外、何の予備知識もなく行きました。あ、監督がデヴィッド・フィンチャーだということは知ってました。

あらすじ

雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉毀損で有罪判決を受ける。そんな中、かつての経済界の大物一族の長ヘンリックがある依頼をする。40年前に起きた、彼が最も愛情をかけていた16歳の娘ハリエットの失踪事件の謎を解く事だ。やがて彼の助手として情報収集能力に長けた天才的ハッカーの”ドラゴン・タトゥーの女”、リスベットが加わる。そして2人は、一族の忌まわしい過去を知る事になる。

goo映画

いやー、過激なサイコミステリーでしたわ…。

グロいし。性描写過激だし。そういえばR15だった。

いつも洋画は吹替派なのですが、字幕版しか掛っていなかったので字幕で観ました。しかし、字幕だと結構つらいものがありました。情報量が多くて処理しきれず。

前半はミカエルとリスベットにまったく接点がなくて(一番最初にリスベットがミカエルの調査をしたという報告シーン以外)、それぞれ別々に話が進行していくので、メインストリームのはずのハリエット失踪事件の謎解きの方がわかりづらかったです。(名前だけ出てくる関係者が多すぎて)。

その一方リスベットの方は、ルーニー・マーラの体を張った演技で過激なシーンの連続。目を背けたいけど離せない、みたいな。

二人が協力関係になってからは、ようやく話が一本になって観易くなりました。過激なシーンは相変わらず多かったけど。

ただ、結局のところ本筋はどこにあったんだろう。

ハリエット失踪事件なんだとしたら、最後の部分が冗長な感じだし。

まぁ、「ドラゴン・タトゥーの女」っていうタイトルだから、リスベット視点の部分が本筋なんでしょうね、きっと。そこはちょっとわかりづらいかなぁ。私は最初、リスベットとハリエットが関係あるのかと思ってましたし。

あと、個人的に気になったのは、リスベットの上司役が、ERのコバッチュ先生役の人だったこと。ちょっとお年を召したかなぁ、と思ったけど、出てくると目がそっちに釘付けになっちゃった(^_^;)。テレビドラマの人って、あまり映画でお目にかかれないので。

また、後で調べたらこれって三部作の1作目なんですね。

っていうか、ちょっと前に話題になった「ミレニアム」シリーズだったんですね!

元の映画(ドラマ)をまとめて観たくなりました。

元の元は小説ということなので、できれば原作も読んでみたい。

ハリウッド版の続編は作られるのでしょうか。もし出来たら、たぶん観に行くでしょう。