『速払いサービス』のメールがうざい

日雇い派遣を始めて3ヶ月余り過ぎました。

最近はもっぱらアパレルメーカーの倉庫、またはクリーニング工場の仕事、ということで、実家の家業(クリーニング屋)に関連する仕事をしています。洋服や洗濯物を扱うのはなんだか懐かしいような、不思議な感覚があります(笑)。

相変わらずの立ち仕事、肉体労働ですが、意外に楽しく働けています。
まぁ、多くても週に2回、月に4~5回という頻度なので体力的にもなんとかなっています。

さて、前回、給与を事務所まで取りに行くのが大変、と書きましたが、ようやく銀行振込になったようです。

ただ、その手続きの際、同時に『速払いサービス』に登録させられました。(実際には、アプリのインストールをさせられました。)

すると、仕事をすると、早いときは即日、遅くとも翌日には速払いサービスからメールが来ます。

『現在のご利用可能額は〇〇円です』。

この同じ内容のメールが、速払いで利用申請しない限り、毎日4回くらいずつ来るんです。正直、かなりウザいです。

派遣会社からは、この部分の説明をきちんと受けなかったので、最初は意味がわからず、「この派遣会社は振り込みではなくてこのサービスで給料を払うの?」と疑問に思っていました。それにしては、全額使えるわけではないみたいだし、残りはどうなるんだろう?、と。

そして、給料の締め日をもって速払いの金額がリセットされて、その後は次の給料が発生するまで払えません、みたいなメッセージが来たので、最初の月は慌てて利用申請してしまいました。(なんと手数料400円も取られてしまいました…。)申請すると即日、指定の銀行口座にお金が振り込まれます。でも、もともと80%くらいの額だし、端数は対象外だし、とモヤモヤ。

それで、派遣会社に問い合わせてみたら、やはり、速払いサービスというのは前借りサービスで、残りの金額は翌月の支払日にまとめて振り込みますとのことでした。

なぁんだ、だったら慌てて利用申請するんじゃなかった。自分としては月1回振り込まれればそれで十分なので。

それを聞いたら、速払いサービスからくるメールがますますウザい。今も毎日4回、律儀に送ってきますので。

ただ、日雇い派遣をしている人の中には、こうやって働いたら即お金にしたい人も結構いるみたいです。

聞いた話ですが、先日行った派遣先で、熱を出して倒れた若者がいたそうで。一緒にいた人(私と同じように特に困窮していないシニアの女性)が「今日はもうタクシーで帰りなさい」と言ったら、「タクシー代どころか電車賃もない。家に帰ってもお金がない」と答えたそうで。なんでも、来るときは2時間かけて自転車で来たそうです。

実際、タクシー代なんて払ったら日雇いの給料なんてあっという間に吹っ飛んじゃいますから。でも、こういう人こそ、働いたら即お金がほしくて、日雇いしてるんだろうな、そういう人向けの『速払い』なんだろうな、と実感しました。

とは言え、そういう人は基本すぐに事務所に取りに行くんでしょうから、やっぱり速払いのメールはウザいです。どうせアプリで申請するんだし、アプリ見れば今いくら払ってもらえるかわかるんだし。

と、書いていたら本気でいらなくなってきました。なお、このメールは送ってこないようにすることができないというステキな仕様なので、たった今、フィルタを作って受信→即削除の設定をしました。これでウザいメールとお別れです。もっと早くそうすれば良かった。

ランキングに参加してます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする