大きな丸を意識して歌ってください

声楽のレッスンに行ってきました。

今回は帰宅してからレッスンに向かうまでにあまり時間的余裕がなかったので、先生宅に着いてからもちょっと落ち着かない感じでした。

いつもの発声。

「マイマイマイ」のスケールで、音が高くなってくると口の中(のどの奥)がだんだん閉まってきてしまうという症状が頻出。

一音ごとにボウリングのボールを投げる動作をしてみると、きちんと開いたまま上まで行けるのですが、それを続けるとやっぱり閉じてしまう。

この、「高音でのどが閉じる」はずーっと抱えている課題です。
これだと音は当たるのだけど歌には使えません。なんとか克服したいものです。

後は、「温かい息を吐くように」や「下降スケールでゆっくり緩める」などはいつも言われていることです。

さて、「Caro laccio」です。

「丁寧に歌っているのは良いのですが、子供っぽいです」

あらら、前回のレッスンが全然生かされてません(気をつけてるのに)。

どうしても、音のとり方が直線的になってしまうんですよねぇ。

もちろん、息を回すこと、声を出す前に準備すること、など意識はしているのですが、身に着いていないということでしょう。

「もっと大きな丸を意識して、そこからいきなり飛び出さないように歌ってください」

だそうで。確かに跳躍音程で過程をすっ飛ばすクセがなかなか抜けません。
おかげで、丸くならずにあちこち尖ってます。

この曲はもう歌詞も入ったので、そのあたりを意識してもっと歌ってこないといけないですね。

実際、前回のレッスンからこっち、新しい曲の方に比重が移ってしまってあまり歌わなかったことは確かなので。

と言いつつ、前回頂いた「Ridonami la calma」。

とにかく音取りが大変で。歌詞をしゃべるのも大変で。

まだまだ通して歌うこともおぼつかない状態ですが、ようやく曲の全体像がおぼろげながら見えてきた、と言ったところでしょうか。

この日はとりあえず一回通しましたが、あちこち歌詞が落ちてしまったり、リズムを外したりしてしまいました。次までに、もう少しちゃんと形にしたいと思います。