タグ : 楽譜

楽譜購入

昨日の続きです。

とりあえず、「Climb ev’ry mountain」の楽譜がほしいので、ずーっと前から買おうと手にとっては買わずにいたサウンド・オブ・ミュージック ボーカルスコアをアマゾンマーケットプレイスで購入しました。

これ、新品はいくらでも手に入るし、ミュージカルのヴォーカルスコアとしては破格に安いのですが、それでも出費はなるべく抑えたい…。貧乏性なんですよね。

結果、中古とは思えないほどの美品が届いて嬉しかったです。

楽譜そのものはすべて英語ですが、きちんと別冊で日本語の対訳や解説がついていて親切です。

ミュージカルの楽譜って、「ヴォーカル・セレクション」という薄くて簡略化されたものはよく売っていますが、スコアは滅多に出ていません。おまけにクラシックと違って版権が切れていないので、たまに見つけてもどれもすごく高額。そんな中で、こんなスコアがいつでも手に入るこのミュージカルってすごいなぁと思います。

で、肝心の「Climb ev’ry mountain」ですが。

歌いだしは思ったより低かったですね。ただ、その題名通り、とにかくどんどん上っていく…。上って上って、最後は五線の上のA(ラ)を伸ばして終わる、と、なかなかハードそうな譜面でした。

候補としては、断然アリだなと言う感じです。

ただ、これだけで決めてしまうのがなんとなく残念なので、もう少しあがきたくて、少しネットで楽譜を漁ってみたところ、こんな譜面を見つけたので注文しました。(アマゾンは新品がなく、マーケットプレイスは新品より価格が高かったので楽天のリンクを貼っておきます。)

自分の中の候補としては、他に「I could have danced all night/マイフェアレディ」、「Memory/キャッツ」などがあるのですが、とりあえず譜面を見たいのと、これは伴奏CD付きなので一人でも遊べるな、というのがあって。

こちらの譜面の内容が物足りなければ、「Think of me」のカップリングは「Climb ev’ry mountain」に決めようと思います。

なんて書いていますが、結局最終的にはクラシックになってしまいそうな気がしています…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

輸入譜は難しいらしい

発表会の曲も決まったので、少しずつ練習用midiを作っています。

もともとは夫が買ったはずの楽譜作成ソフトですが、なぜかここ数年ずっと、midi作りは私の仕事になっています。

全音や音友の楽譜は印刷がとても綺麗なので、私の古いスコアメーカーFXでも、スキャン⇒認識で9割くらいはそのまま認識してくれてラクなのですが…。

問題は輸入譜です。

「愛の妙薬」の二重唱は、日本製の楽譜がないようなので、リコルディのヴォーカルスコアを使います。とりあえず認識させてみましたが…。

いやぁ、ボロボロです(涙)。

なんとなく全体にかすれ気味なのと、何より四分休符が私たちの知っている形ではないので、スコアメーカーには理解できないようなのです。

楽譜

写真は冒頭近くのある小節ですが、赤丸で囲ってあるのが四分休符です。私も最初は「何だろう?」と思いましたが、前後を考えると四分休符しか考えられないのでそうなんだろうと理解しました。

でも、日本製楽譜作成ソフトであるスコアメーカーさん、それも古い古いバージョンのFX(2006年発売だそうです)には、まったく理解できないみたいで、ことごとく落としてくれています。

おまけに、画像の音符にある旗も、何本なのかわからないみたいで、八分音符は四分音符に、十六分音符は八分音符と認識されていたため、もうほぼ全面的に修正が必要です。

もちろん、最新版ならもっと精度が上がっている可能性はありますが、手元にあるのはコレだけなので仕方ありません。

もうひとつ、これは二重唱ですが、ヴォーカル部分は一段で書いてあるので、手動でのパート分けが必要で、これまた別の手間がかかります。

そんなこんなで、たった2ページ半を認識・修正するにも結構な時間がかかってしまいました。

でもまだ10ページ以上残ってます…。

考えてみたら、前回もこんな感じですっごく苦労したんですよねぇ。

ヴォーカル部分は全面的に手打ちしたほうが早そうですが、伴奏部分はそうとばかりも言えず…。全部打ち込んでいるとイライラが募るので、とりあえず認識させてみようと思います。

発表会まで先は長いので、苦労しても早く作って練習に使えるようにしないと。

ちなみに打ち込みはPCのキーボードを使います。入力用のキーボード(ピアノ型鍵盤のほう)を持っていないので…。オクターブ替えとかめんどくさくてマジにイライラしますが、それでもマウスで一個ずつ動かすよりははるかにマシ、ということで。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt