カテゴリー : 日常

「常識外れ」が「間違い」とは限らない

昨日は、糖質制限食を使った糖尿病治療で有名な江部康二先生の講演を聞いてきました。

先生の糖質制限に関する本は二冊ほど読んでいたのですが、特に最初に読んだ本(たしか我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 ――現代病を治す糖質制限食)は衝撃を受けました。

実はそれまで、『炭水化物抜き』とか『糖質制限』に対しては懐疑的だったのです。理由は「なんとなく」というか「感覚的に」(笑)。だって、ご飯などを一切食べないなんて、体に悪そうじゃないですか。

少し前に流行った「アトキンス・ダイエット」をネガティブに取り上げた番組なんかを見ていたせいもあるかもしれません。

でも、理路整然と「糖質を摂らなければ血糖値は上がらない」「血糖値の乱高下が血管を傷つける」等々、対談の形をとりつつ説明されると、納得してしまって。

「元々、人間の体は穀物(糖質)を摂取するようにできていない」「脳はブドウ糖しか使えないなんて大ウソ」など、自分の持っていた常識というか先入観を覆されるような内容のオンパレード。でも、対談の当事者(糖尿病患者でもある)二人の実データ等を交えていることもあり、とても説得力がありました。

実は私の友人たちにも何人か、別の経緯で医師の指導のもと、糖質制限を実践している人がいるのですが、その成果が目覚ましいこともあって、俄然、興味を持ちました。

ただ、実践している方たちを見ても、たとえば「主食を摂らない」食生活って結構ハードルが高いです。外食するときに「ご飯いりません」の説明も面倒だし、職場などで誰かのお土産のスイーツなどを断るのも大変です。たんぱく質や野菜を大量に摂るので、その分金銭的負担も大きくなります。

でも個人的に何より難しいのは、お米を食べられないことかな。ご飯好きなんですもん。

結局、私自身はほとんど実践できていないのですが、それでも心情的には「糖質制限支持」です。

そんなわけで、京都にお住まいの江部先生が関東で講演なさると聞いて早速申し込んだのでした。

講演そのものは、糖尿病治療における糖質制限食の有用性についてが主な内容で、基本的には本を読んでいれば知っていることが多かったのですが、「食事は三食とる必要はない。朝食を摂らないと集中力が…、なんていうのはウソ」とか、「某N*Kの健康番組でこんなウソを堂々と放映していた」とか、先生の爆弾発言をいくつか聞くことができたので面白かったです。

医学の世界で新しいことを提唱すると抵抗が多いらしいことは以前からわかっていましたが、今はネットでそういうニッチな情報もどんどん手に入るようになったのでありがたいです。

この日の講演も広い会議室にたくさんの人が来ていました。たぶん地元だけでなくかなり遠くからもいらしていたのではないでしょうか。質疑応答の時間もたくさんの質問が飛び交っていました。

「常識にとらわれない」という意味では、『湿潤療法』もそうですね。江部先生は湿潤療法の第一人者である夏井先生と交流があるそうですが、お二人とも似たような立場なんでしょうね。

ちなみに湿潤療法の方は、私自身も実践しております。

「傷は消毒してはいけない。乾燥させてはけない。」

ということで、我が家にはキズパワーパッドが各種そろっています(笑)。

糖質制限や湿潤療法が、もっともっとメジャーになる日が早く来るといいなぁと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

尖閣問題とユニフォーム

今日は息子の部活(サッカー部)の新人戦一回戦でした。

息子は中学に入ってからサッカーを始めたので、小学校からの経験者がほとんどという中ではなかなか戦力になれずにおります。

それでも、自分たちの代になって最初の公式戦ですし、最近は出場機会もないことは無い、ということでベンチ入りはできるんじゃないか、と期待していたのです。

ところが、一昨日の夕方、後輩の一年生が数人、我が家に息子のユニフォームを借りにきました。

何でも、尖閣諸島の国有化問題のあおりで、かなり前に注文した一年生用の新ユニフォームがまだ届かないため、一年生でも即戦力の数人分は、二年生で出場機会のなさそうな部員のものを借りて確保しようということらしいです。

日中関係の悪化がこんなところにまで影響するなんて、思いもよらない話でした。

息子はちょうどこの時期、少し足を傷めていたこともあり、白羽の矢が立ったらしいです。

おそらく、怪我がなくても、ユニフォームを貸さなかったとしても、実際に出場機会は無かったでしょうが、ユニフォームを着られない、というのは出場のチャンスも最初からゼロ、ということでまた格別に淋しいものがあります。切ないですねぇ。

ちなみに、今日の試合は無事勝利。息子のユニフォームは一年生でただ一人フル出場した子が着ていました。他にも3人ほど、借り物のユニフォームで出場していましたが。

何でもいいので、早く一年生のユニフォームが届いてほしいです。せめて、控えにいるときもユニフォームくらい着せてあげたいので。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合唱コンクール終了

中学の合唱コンクール、無事終了しました。

息子のクラスは今年も優秀賞(学年1位)を取りました。

二年生はなぜか課題曲が混声4部で一番難しく、ここで結構差がついていました。自由曲も含めて、パート間のバランスが一番取れていたのが息子のクラスかな、という感じです。自由曲に結構難しい曲を選んだのに、なかなか良く仕上がっていたと思います。

他のクラスはどうしても男子の音量が大きくて(人数が多いのにコントロールができないのですね)ソプラノが聞こえない、という感じでしたが、息子のクラスは高いところが良く響いていました。その点も良かったのかも。息子自身もソプラノの要で頑張っていました。

まぁ、順位は二の次で、どのクラスも、この難しい年頃の子達が一生懸命声を出して歌っているのは見ていて嬉しくなりました。

一年生はみんな初々しく可愛らしいし。

三年生は最後ということでどのクラスも気合が入っていたし。

ただ、三年生に関しては気合が入りすぎなのか、体を使って歌うのは良いのですが、ほとんどのクラスの子たちが前かがみの姿勢になっているのが気になりました。

それ以外は、声もよくコントロールされていたし、さすが、三年生、という感じでした。

さて、保護者コーラスもそれなりに、特に破綻なく歌えたなぁと思ったのですが。

後で息子に聞いたら、去年と同じく「先生方よりはマシだったけど…」と厳しい反応。まぁ、合唱に関してはどうしても辛口です。そして一言。「お母さん、声、目立ちすぎ」。

え?、大ホールで30人以上で歌ってるのに飛び出しちゃってました? そんなつもりは無かったのですが…。

でも、きっと他の人は気付いてないからいいよね。所詮臨時編成だし。

たまーに歌うと合唱もいいなぁ、と思います。
また来年も楽しみです。

来年は選曲できる立場になりたいから、成人教育委員になろうかなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

オープンスクール

今週、息子の学校はオープンスクールです。

期間中はいつ行っても良いということで、一週間のすべての時間割が配られましたが、週末に合唱コンクールということで、毎日学活の後に合唱練習が入っています。せっかくなので、一度くらい練習を見に行きたいものですが。

ママ友さんたちに聞くと、いわゆる授業参観と違って、「ほとんど行く人がいないので、行くと嫌がられる」とか「目立つからいたたまれない」「子供から『来ないで』と言われてる」という感じで、なんとなく行ってはいけない雰囲気です(そこはさすがに小学校と違いますね)。

なので普通ならそこで行かない、というところですが、ウチの息子の場合は違って、毎日でも合唱練習を見に来てほしいらしいのです。

一応合唱団所属なので、出来のほうが相当気になるらしく。

おまけに昨日は家にジャージを忘れて行ったので、それを届けることを口実に、仕事帰りに学校に行ってみました。

いやー、本当にほとんどいないんですね、来校者。

でも、せっかくなので教室まで行ってジャージを届けると
「これから音楽室で3年生と合同練習」と言うので、音楽室の前に行ってウロウロしておりました。

3年生も全員中に入ると、担任の先生が私を見つけて招き入れてくださったので、中に入って合唱を聞かせてもらいました。

一週間前にはどうにもならないようなことを聞いていましたが、さすがに本番週に入ったせいか、なかなか良い出来に仕上がっていました。

特に女声がきれいで感心しました。

先生はボリュームに不満があるようでしたが、発声は悪くないのでたぶんホールではきれいに通るんじゃないのかな、と。

担任の先生はイベントというとすごく燃えるタイプなので、一生懸命ハッパをかけていましたが、ちょっと空回り気味かも。生徒たちのほうが冷静に見えました…。

そのあと3年生と交代しましたが、3年生は気合の入り方がまた全然違っていて。

男子も含めて、体全体でリズムをとりながら歌っていました。
クラス全体から、「最後なので最優秀を獲りたい!」という意欲がすごーく伝わってきました。

とりあえず、2クラスの合唱を一通り聞かせていただいて退散。

他のクラスも、前を通ると一生懸命練習している声が聞こえてきて、本番近し、を実感しました。

週末のコンクールが楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大地讃頌

来週は息子の中学の合唱コンクールです。

同僚のAさんも同じ学年の息子さんがいるのですが、そちらは先週終ったとか。

しばし曲の話になったのですが、Aさんの息子さんの学校は、3年生の課題曲および全体合唱が、シューマンの『流浪の民』なんだそうです。

息子の学校では一昨年くらいに三年生のあるクラスが自由曲で歌っていましたが、こんな難しい曲、クラス合唱でやるんですねぇ。ソロもあるのに。

うーん、私たちが中学生の頃は、全体合唱といえば、『大地讃頌』だったけどなぁ…。とつぶやいたら、Aさんも「うちもです!」と。

なるほど、親の世代だと定番は『大地讃頌』で、今はそうではない、ということなんですかね。

今歌ったら、かえって新鮮なんじゃないかと思ったりしますが、そうでもないのかな。

定番を通り越してしまって、逆に歌われなくなった曲って結構ありそうな気がしますね。
70年代後半から80年代くらいの中学生って、『大地讃頌』とか、『山のいぶき』とか、『河口』とか歌っていたと思うんですが。

一般の人はあまり知らないけど、『水のいのち』なんかもイマドキの合唱団はあまり歌わなそうだし。

とりあえず今日はその合唱コンクールで歌うPTAコーラスの練習に行ってきます。

懐かしくなったので、YouTubeから『大地讃頌』をひとつ貼っておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

10月

台風一過の秋晴れ、というよりは夏のように暑い日になった10月の初日。

今月は一週目の週末(今週です!)にソロで2曲歌う予定があり、月末には息子の中学の合唱コンクールでPTAコーラスのメンバーとして歌います。

ここのところすっかりPC三昧で、なかなか歌う時間が取れていませんが、さすがに本番まで一週間を切ったことだし、少し練習しなくては…。

とりあえず暗譜はできているので、あとはレッスンで注意されている呼吸や支えを意識して、本番で無駄に緊張しないように練習したいと思います。

PTAコーラスの練習は来週から。たった4回なので楽しく歌いたいです。

あとは、またブログを普通に書けるようにしたいかな…。無理かもしれないけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Softbankショップで

これはiPhoneからのテスト投稿です。

先日、ソフトバンクショップでいただきました。

お父さんのBOSS缶です。

何も申し込んでないのにごめんなさいという感じですが、ありがたくいただきました。

考えてみたら、ラーメンはもらえなかったしね。

ご馳走さまでした。

Posted from するぷろ for iPhone.

【PCより追記】

無事投稿されましたが、ひとつ問題が…。

パーマリンクをpostnameにしてあるので、日本語タイトルがそのまま入ってしまいます。

これはきっと修正方法があるんですよね?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村