Zoom一覧

今年のスターナイトは「オンラインハマスタ」参戦でした

先月末にツイートしたのですが、毎年恒例「YOKOHAMA STAR☆NIGHT Supported by 横浜銀行」、今年は入場制限がきつく、各日5000名ということで、みごとに抽選に外れました。

一人ひとりが星のように輝いて チームも、街も元気になる。そんな場所をみんなで創りたい。毎年恒例の横浜・夏の一大イベントスターナイト

まぁ、例年30000人のときでも滅多に当たらないプラチナチケットなので、今年は無理とわかっていました。

でも、スペシャルユニフォームだけはできたら欲しい(でも、ショップでちゃんとしたレプリカを買うほどではないんですよね…)、ということで、何かないかと思っていたら、こんな企画が発表されまして。

「 オンラインハマスタ YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020」

ユニフォーム付きで、試合はZoomを使ってOBのスペシャル解説ありで観られる、ってやつです。オンラインだからいくらでもOKなのかと思ったら、意外に先着順数量限定だったようなので、慌てて申し込みましたよ。

そして、試合前日、コンビニでユニフォームを受け取り、夕方からZoomをスタンバイ。Zoomのアドレスはメールで送られてきます。

今年のスターナイト限定レプリカユニフォーム

今回は時間的に夕食の支度しながらだったりもしたので、PCではなくiPadで参加しました。

テレビだとオープニングムービーに間に合わないので、そこから観られるのも良いですね。

iPad版のZoomはカメラやマイクのスイッチがよくわからなかったので、本来ならイニング間のハマスタビジョンへの応援歌参加等できるのですが、そこには手を挙げず、観るだけにしておきました。

しかし、今回オンラインハマスタに参戦して初めて知った衝撃の事実があります。

実はテレビはリアルタイムではない!

途中でZoom画面を観ながらテレビ(TVKまたはCSのTBSチャンネル2/どちらもCATV経由)をつけてみたのですが、なんとZoom画面の方が試合進行が2~3秒早いのです。

ネット配信で試合を観ることは結構あるのですが(ニコ生・JCOMオンデマンド・DAZN・スポナビライブ)、テレビよりネット配信が早いなんてことはまずありません。ヘタをすると数分単位で遅れます。

でも、今回のZoomは明らかに早い。ピッチャーの投球がキャッチャーミットに収まる頃、テレビの方でピッチャーが投げ始めます。

いや驚きました。つまり、テレビはディレイなんですね。時報なんて当てにならないということです。

確かに、地上波がデジタルになったときに、時報が正確でなくなるという話がありましたが、それを実感する出来事でした。

逆に言うと、Zoomって本当に早いんですね。びっくりです。

さて、肝心の試合ですが、内容はまぁなかなかなジェットコースターでした。序盤に7点取られて一方的かと思ったら6回に一気に追いつくという展開。昨年同じ頃に現地で7点差をひっくり返してサヨナラ勝ちした試合を観ましたが、昨夜は同点止まりで残念。
それでも、めったに見られない1イニング7点という釣瓶撃ちを観られたので良かったです。

オンラインハマスタでは、解説の多村さんのサインボールプレゼントの抽選があったり、途中途中のイベント(応援歌を歌うとか)で参加者を募ったり、多村さんやゲストの方に直接の質問タイムがあったりと、Zoomならではの企画もたくさんあって、とても良かったです。

スターマンとキララ(これは公開OKだそうです)

あと、カメラがたくさんあって、テレビでは見られないブルペンの映像なんかも見られて(なので、テレビや現地の人たちより一足先に、次は誰が準備しているかわかりました)、ちょっとトクした気分でした。

今年は球場に足を運ぶのは難しいと思われるので、「オンラインハマスタ」、なかなかおすすめです。私も在宅予定の日に企画されるようなら、また申し込んでみたいと思いました。


片付いていない部屋でZoomのカメラをONにするには

前回の「Zoom初体験♪」で、カメラをONにしようとしたら背景がヤバかったのでできなかったと書きました。

何しろ、初めてなもので、右も左もわからず、とりあえずセミナーに参加するのでZoomのアカウントを取り、マイミーティングでやり方だけテストして、すぐ本番、みたいな感じでした。背景をどうにかする方法は後回しだったので、その日はカメラOFF。黒字にユーザー名がデカデカと表示される状態で参加しました。

そんな中、どう考えても背景が不自然な方がいたので、これは「ハメ込み」だな、と思い、後でやり方を調べようと思っていました。

そして、どうやら「バーチャル背景」という機能があることがわかりました。

しかも、以前は有料オプションだったのに今は無料プランでも使えるとか。

ただ、方法はどうもいわゆる「クロマキー」のように、後ろをグリーンスクリーン(色は何でもいいらしいですが)にしないといけないと書いてあるサイトがいくつかありました。

それだと、単にゴチャゴチャした背景を隠したい、という希望とはちょっと違うなぁ、と思いつつ、いろいろなサイトを読んで回ったところ、グリーンスクリーンはベターだければマストではない、らしいことがわかりました。PCのスペックが高ければ背景がゴチャついていても行けるかもしれないとか。

これはもう、トライしてみるしかない。

というわけで、プロフィールページの「設定」で「バーチャル背景」をONにしてから、ミーティング画面のビデオアイコン(スイッチ)横のトグルボタンをクリックし、「仮想背景を選択」とあるので、そこからPC上の好きな画像を選んで追加し、選択すると。

おお、成功しました! ちゃんと、自分の姿だけ残して、後ろは設定した画像になりました。髪の毛周りのエッジは少々不自然ですが、バーチャルだということを隠す必要はないので、そこは別に良いです。これで、次回は安心してミーティングに参加できます。ちょっと次回が楽しみになってきました。

ここからは後日追加分。

仮想背景でビデオONで参加できました! と言いつつ、一人きりになれなかったので近くに家族がいる状態での参加でした。しかも横から話しかけてくるので、相槌打ったりしてたら、セミナーに集中していない様子が全部映ってしまうではないですか。という訳で、しばらくビデオONにしていたものの結局OFFにするしかありませんでした。残念。まぁ、その状態で参加すること自体が無理ゲーだったので、セミナーそのものも半分くらいで断念しました。やっぱり、きっちり時間作って一人で参加しないとダメですわ。


Zoom初体験♪

何かと話題のZoomですが、先日初めて100人のオンラインセミナーに参加しました。

いや、それまで話には聞いていても、使ったことがなかったので、事前準備をして、テストもしましたよ。

今使っているのはノートPCなので、Webカメラは標準搭載として、マイクがないようなのでヘッドセットを装着します。

最初はiPhoneやiPadで使っているBluetooth接続ワイヤレスヘッドホン(マイク機能付き)がつながらないかと思って試したのですが、ペアリング状態にしているのにPC側から見つけることができず、断念しました。これは何かやり方がマズいのかもしれません。

それでも、有線の方が感度が良いだろうと思い、新しくヘッドセットを購入しました。今のPCって、ヘッドセット用の接続口(マイクとイヤホンが一緒になっている)があるんですね。

本当なら、自分のカメラもONにすべきなのですが、後ろに映り込む部屋の様子がヤバすぎて、ついついカメラをOFFにしてしまいました…。

でも、ホストさんから、「今回初参加の方どのくらいいます?」みたいな問いかけがあっても反応できないし、何より画面にユーザー名がでっかく出てるのって気になります。そういう意味でカメラオフはよろしくないですよね。何か対処法を考えないといけません。

セミナーそのものは、100人もアクセスしているとは思えないくらい快適に進んでいて、時代の進化を感じました。まぁ、ほとんどの人がミュート状態で、講義を聴いている、という状態だったからかもしれませんが。全員が話しだしたらたぶん収拾がつかないでしょう。それでも、質疑応答の場面では質問者さんとの間にタイムラグはほとんどなくてスムーズに会話されていました。

これなら遠隔の人たちと話し合いをしたいときなど、時間さえ決まれば一箇所に集まる必要ないですね。PTAの会議なんかもたぶん、学校に行かずともオンラインでできちゃいます。ひょっとして、もうやっているのかしら? まぁ、PTAに関しては、学校に足を運ぶ、先生方と顔を合わせるのが目的の一つだったりするので、そちらの目的は果たせませんが、今の時期に、行かずに用が済むのは助かりますね。

今回のセミナーはPC参加推奨でしたのでPCで参加しましたが、もっと気軽な集まりなら、スマホやタブレットでもできるんですよね。今度はそちらも試してみたいと思います。

もちろん、今はZoomだけではなくて、LINEのグループ通話(ビデオ通話)とか、Google Meetingとか、いろんなツールがあってそれぞれ一長一短あるのだとは思いますが、自分の用途にあった使い方をすれば良いわけで、これからはリモートワークがますます増えていく可能性は十分ありますね。

とりあえず、最近のIT事情に乗り遅れがちなオバサンが一歩進んだ話でした。