発声一覧

見た目はやさしいんだけど…

声楽レッスンに行ってまいりました。

この日は急に寒くて、というか、ここのところ寒暖差が激しくて、少々ノド風邪気味。ハミングからして高音がかすれ勝ちで、どうなることやら、と心配になりました。

跳躍音階では、最高音をついつい勢いで出してしまい、「もっと丁寧に、お腹で音程を作って」と何度も注意されました。意識するだけで違うんですけどね。ただ、最近はその違いが自分の感覚としてわかるようになってきたのを感じます。このときもそうでした。

最近は発声に時間をかけているので、その分曲のレッスンは短めになってしまいます。

いよいよ、新曲の「ああ、いつわり/Non e ver!」(マッテイ作曲)に入りました。

いつも、新曲に入る前に、YouTubeでいろいろな方の歌唱を聴くようにしているのですが、今回の曲は歌っている方が極端に少なくて、日本語タイトルで検索したときはアマチュアの方の、しかも短縮版しかヒットせず、イタリア語で検索し直したところ、今度はタイトルにハングルの入ったものばかり。ハングルが読めないので試しに一つ再生してみたらピアノ伴奏のみだったりと、なかなかこれと言った参考歌唱にたどり着きませんでした。

でも、譜ヅラはそんなに難しくなさそう、ということで、ほぼぶっつけでレッスンに臨んでしまいました。

…結果、やはりそんなに甘くないですね。臨時記号が多いので音程が意外に取りづらく、またリズムも4/4から途中で6/8に変わり、これまた意外に取りづらい…。さすが近代歌曲、譜ヅラほど易しくはないということでした。

それでも、最初なのでなんとか最後まで通して歌ってみるところまでは行きました。細かいところは次回以降です。

スラスラとは歌えなかったのですが、気づくと最初にかすれ勝ちだった声は、いい感じに出るようになっていました。やはり丁寧な発声練習は大切なんですね。

この曲に関して、先生からは、「臨時記号には意味があるので、そこの音程の幅をもっと意識して取ってきてください」とのこと。

今回はオペラアリアの時間がなくなってしまったので、次回はたどり着けるように、少なくとも歌曲はもうちょっと練習しておこうと思います(汗)。


開いても、落とさない

声楽のレッスンに行ってきました。発表会後、最初のレッスンです。

最初に、発表会の感想というか、今後の課題をいただきました。

発表会の感想、私の場合はいつも、先生の奥様であるソプラノ歌手のN美先生のものを聞かせていただきます。普段はレッスンを受ける機会がなく、発表会でのみ聴いていただくので、前回との比較がはっきりわかりますし、また同じソプラノとして、男性の先生にはわかりづらい点もご指摘いただける貴重な機会となっています。

今回は、「息の流れがとても良くなっているので、次は『開き(あき)』だね」とのことでした。やはり、どうしても開きが足りないので響きがつかず、安定感に欠け、ノドへの負担がかかっているとのご指摘でした。

それでも、息の流れが良いので途中で詰まることは無くなっているとのこと。あとは、支えながら、音色を変えずに、もっと太い息の通り道を作れると、響きのついた良い声になるでしょうとのこと。

ただ、先生(バリトンのY先生)の心配は、私の場合開きを多くすると、響きが上側ではなく下に付きやすく、胸に落ちやすいことです。もともとそうやって歌っていたので、響きを上の方に持ってくるのに何年も苦労してきていますから。

結果、落とさないために開きも少なくして上の方だけで歌うような感じになっているんですよね。そうすると響きが足りず薄っぺらい。

という訳で、今後は開きを意識して行くのですが、絶対に忘れてはいけないのが、下からお腹で支えること。これをしないと、また元の木阿弥ということで。

頑張りましょう。

レッスンの内容はまた次回。


胸に落とすクセを抜きましょう

発表会が終わって、息つく間もなく次の本番に向けてのレッスンが始まっています。

というか、本番まで、レッスンはたったの4回しかありません。大丈夫か不安です。

曲目は、先生およびピアニストさんと相談した結果、ミュージカル曲ではなく、イタリア古典歌曲の「ラルゴ(オンブラマイフ)/Ombra mai fu」とトスティの「薔薇/Rosa」になりました。

「ラルゴ」は以前レッスンで暗譜までしたし、と軽く考えていたのですが、甘かったです。

こっちの方がはるかに難易度高い…。

低音やロングトーンが多いので、ついつい胸に落としてしまう癖が頻発してしまい…苦戦中です。

「Rosa」は初めてなのですが、歌ってみたら思ったよりラク。

ただ、伴奏の三連符に乗らないように歌う、というのがちょっと難しいかな。

一応、以前入っていた合唱団で、何度もこういう曲に当たって、乗らないように歌うコツみたいなものはわかっているつもりなのですが、それでも気付くとイタリア語のリズムとの兼ね合いもあって、つい乗ってしまう箇所があります。

とはいえ、こちらは慣れれば結構流れで歌えそう。先生がおっしゃるには、こちらはあまり胸に落ちずに歌えているそうです。

自分の中ではいまだに胸に落ちた時とそうでない時の違いが感覚としてわからないし、落ちた時の方がラクなので、すぐそちらに行ってしまうのですが、先生曰く、そろそろそのクセを抜かないと、先々歌えなくなりますよ、とのこと。

この年で今までの歌い方を壊して再構築する、ってメチャ難易度高いんですが、やらないといつまで経っても変わらないし。

次の本番が終わったら、さらなる迷路に突入…、でしょうか。