中学校一覧

中学最後の合唱コンクール

もう先週のことになってしまいましたが、中学校最後の合唱コンクール、無事終了しました。

本来ならば裏方として朝からバリバリ働くはずでしたが、松葉杖使いではそれは叶うはずもなく。

「早く行っても役に立たないけど行った方がいいですか?」と事前に他の委員さんたちに尋ねたところ「いてくれた方が心強い」ということでしたので、一応行ったものの、案の定ただの足手まといでしたorz。

何しろ、バリアフリーとは程遠い段差だらけのホールですし、片手しか空いていないのでロクに物も運べないし。

そんな訳で、皆さんが走り回っているのを指をくわえて見ているだけの一時間でした…。

その後休憩をはさんで、保護者コーラスのリハーサル。

試しに一緒に並んで歌ってみました。

段差は怖いので、皆さんが並んでいる段の下の平土間、一番外側に一人立ってw

片手は空いているし、立っている分には松葉杖も、脇に置いてあるだけ、という感じなので、めくりもできるしちゃんと歌えました。

問題は、息子から杖を持っての出演はNGが出ていたことですが、周りの方が口をそろえて「一緒に歌いましょう」「子どもに反対されてるのは私もだから」みたいに言ってくださったので、この時点で参加を決意。

一つだけ、客席からステージへの移動時間が問題でしたが、そこは3年生の最後のクラスを聴くことを諦めることで解決しました。

そしてコンクール本番。

1,2年生の演奏時間は、ひたすら受付。このくらいしか仕事できないし。

保護者の皆さん、多くの方が自分の子どもの学年(orクラス)しか興味がないようで…。まぁ、それが普通なんでしょうね。

そして、3年生の時間は、ホール後方の車いすスペースで鑑賞。(ホール備え付けの車椅子を借りていました。)

息子のクラス、自由曲が難曲で、すごく苦労している話を聞いていたのでハラハラしましたが、思いのほか良い出来で感動しました。ただ、次のクラスの方が上手でしたがw

3クラス聞いたところで後ろ髪を引かれながら退場して舞台袖へ。2年生母の委員さんが介助してくれました。

そしていよいよ保護者コーラス本番。

やっぱり大ホールのステージは気持ち良いです。
今回、もし出るとしたら楽譜をめくる余裕がないかも、と思っていたので、ほとんど暗譜していました。なので顔をあげて、笑顔を心がけて歌いました。
初めて自分で選曲したステージ。楽しかったです。

コンクールの結果、息子のクラスは1位にこそなれませんでしたが、出来が良かったので本人も満足していました。(私が出たことに関しては少し怒っていましたが、保護者コーラスは良かったと3年目で初めてほめられました。)

終了後はまた撤収でバタバタしたものの、なんとか無事に終了。

これで、私の委員長としての仕事も一段落です。

あとは怪我を治すのみ、かな。


何にしようかな…

新年度が始まったと思ったらもうGWが近づいてきてしまいました。

学校では、この間、恒例のPTA役員決めがあったり、家庭訪問があったり。

で、私は義務教育最後の年に、PTAの某委員会で委員長を務めることになってしまいました。

少々荷が重い気はしますが、せっかく引き受けたので楽しく仕事をしたいと思っております。

さて、その委員会での一番目玉の仕事と言えば、「合唱コンクールの裏方」および、当日披露する「保護者コーラスの募集・練習等の仕切り」です。

もちろんそれだけではないのですが、他のいくつかのイベントはそれぞれの担当班に分かれ、各自が計画して実行して行ってくれるようなので、委員長の私はその経過や反省等をまとめて実行委員会で報告するだけで(もちろん参加もしますが)良いようです。

メインの合唱コンクールに関しては、自分が先頭に立っていろいろ決めていかなくてはならないので、今から楽しみなような不安なような…。

とりあえずは、伴奏者に立候補してくださった方がいたので一安心。

指導の方は、息子のピアノ&歌の先生が今年入っていらしたので一応お願いしてみたのですが、あえなく却下。見渡したところ合唱経験者も他にいなそうなので、どうやら自分ですることになりそうです…。

目下の関心事は選曲。

練習は4回しかないので、難易度の高いものは選べません。

でも、せっかくなので自分自身が楽しく歌えそうな曲を選びたいです。

今まで歌ってきた合唱は、ことごとく自分とは関係ないところで曲が決まって来たので、主体的に選曲できる機会なんて最初で最後かもしれません。

もうそれだけでワクワク。もちろん他の委員さんたちの意見もお聞きしますが、決定権は私にあります。いろんな楽譜眺めて、あぁでもない、こうでもない、と考えるのは実に楽しい。

さて、どれにしようかなぁ…。


尖閣問題とユニフォーム

今日は息子の部活(サッカー部)の新人戦一回戦でした。

息子は中学に入ってからサッカーを始めたので、小学校からの経験者がほとんどという中ではなかなか戦力になれずにおります。

それでも、自分たちの代になって最初の公式戦ですし、最近は出場機会もないことは無い、ということでベンチ入りはできるんじゃないか、と期待していたのです。

ところが、一昨日の夕方、後輩の一年生が数人、我が家に息子のユニフォームを借りにきました。

何でも、尖閣諸島の国有化問題のあおりで、かなり前に注文した一年生用の新ユニフォームがまだ届かないため、一年生でも即戦力の数人分は、二年生で出場機会のなさそうな部員のものを借りて確保しようということらしいです。

日中関係の悪化がこんなところにまで影響するなんて、思いもよらない話でした。

息子はちょうどこの時期、少し足を傷めていたこともあり、白羽の矢が立ったらしいです。

おそらく、怪我がなくても、ユニフォームを貸さなかったとしても、実際に出場機会は無かったでしょうが、ユニフォームを着られない、というのは出場のチャンスも最初からゼロ、ということでまた格別に淋しいものがあります。切ないですねぇ。

ちなみに、今日の試合は無事勝利。息子のユニフォームは一年生でただ一人フル出場した子が着ていました。他にも3人ほど、借り物のユニフォームで出場していましたが。

何でもいいので、早く一年生のユニフォームが届いてほしいです。せめて、控えにいるときもユニフォームくらい着せてあげたいので。