モーツァルト一覧

学生オペラ(コロナバージョン)を観てきました

ここのところ毎年恒例になっている、「昭和音大オペラ」を観てきました。

今年はモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』でした。

学生オペラは毎年、行けるところはなるべく行くようにしていて、中でも昭和音大は駅チカでアクセスが良いこと、大学のホールですがオペラに特化した素晴らしいホールであること、時期が良いことなど、条件が揃っているのでほぼ毎年行っています。衣装もセットも結構凝っていて、それでいて学生さん中心の舞台ということで格安なのが嬉しいです。

ただ、今年はこのコロナ禍ですので、正直あるとは思っていませんでした。

ところが、ちょうどいつもの時期に差し掛かったことに気づいたので、念の為調べてみたら、なんと例年通り開催するというではありませんか。なので、早速チケットを入手して行くことにしたわけです。

とは言え、まだまだ入場規制、ソーシャルディスタンス等が求められる昨今、どのような形で開催されるのか、不安半分ででかけました。

ホールに入って最初に目についたのはオーケストラの座席。いつもはオーケストラピット(オケピ)に押し込まれているところですが、今回はステージ中央。しかもそれぞれの席が少し離れています。

そして、いつもオケピがある場所はステージが設営されています。オケの後ろにも、奥行きが少なく狭いですが、一段高いステージがあるようです。

やはり、狭いオケピではソーシャルディスタンスが保てないということなんでしょう。

歌手用のステージが前にせり出していることもあってか、そこから3列くらいは空席になっているようでした。

そして、始まってみて驚いたことに、歌手の皆さんは全員フェイスシールドを着用していました。

歌う際にも決して接触せず、ある程度以上は近寄りません。最初のドンナ・アンナの父が死ぬシーンでも、アンナ役の方はかなり遠くで歌っていました。字幕で「あぁもう虫の息だわ」みたいに出るのですが、そんなに遠くちゃわからないよね、って感じ。

もちろんラブシーンも離れたまま。2幕のツェルリーナのアリア「恋人よこの薬で」なんかは、本来マゼットの手を取って自分の胸に当てて「触ってみて。鼓動を感じるでしょう」みたいに歌うのですが、やはり手を取ることすらしません。

また、フェイスシールド越しの歌唱は、やはり声が飛びにくいのでしょう。席が遠かったこともあり、なかなかに消化不良でした。

合唱の皆さんに至っては、オーケストラ奥の狭いステージに追いやられ、しかも紗幕越しに歌うという状況(もちろんフェイスシールド付きです)。正直、声もよく聞こえませんが、姿もよく見えませんでした。

事情はわかります。わかりますが、やっぱり残念です。芝居に制約が多すぎます。

演出面では、その紗幕に映像を投影していました。最初は大道具・セットの代わりなのかと思いきや、演者は静止しているのに映像だけがどんどん動いていったり、縮尺がおかしかったり、あまり意味がない気がしました。特に、その紗幕の向こうに人がいて演じているときは、人が見えづらくてむしろ邪魔。必要最小限(ドン・ジョヴァンニの最期の場面の業火の表現等)に留めておいてほしかったと思いました。

とは言え、観客を入れて(結構入っていました)オペラを開催した、ということに意義があると思いますし、その点は頑張ったなとは思います。ライブでオペラを観るのも久しぶりでしたので、やってくれたことには感謝しています。

できることなら、早くもっと、制約のない普通の舞台ができるようになってほしいものだと切実に思いました。


発表会まで3カ月

声楽のレッスンは、今回も現地集合ということで、私の方が先に着いて先に始めました。

今回たぶん夫は遅れてこないだろうということで、発声は軽く流し、すぐに曲のレッスンに入りました。

私としては前回さらえなかった「ぶってよ、マゼット」を先に、と思っていたのですが、先生と会話の行き違いがあってまたもや先に「恋人よ、さあこの薬へ」を。

いつも言われることは意識しているのですが、やはり同じことを注意されてしまうのは、それがとことん身に着いてしまっているからなんでしょうね。

響きが落ちてしまう(下側についてしまう)、出だし(休符明け、ブレス明け)でオーバーブロウしてしまう。

もう、これに尽きるのです。

だからと言って、出だしで慎重になりすぎて息が混じりすぎると息が足りなくなり。

この辺の加減が難しいです。自分の感覚が当てにならないので、練習してきたところで結局元の木阿弥だし。

とは言え、一応もう最後まで通して歌えるようにはなっていて、歌詞も楽譜を追いかけずともほぼ入っています。なので、息の使い方、響きの付け方に気持ちを集中して行けば、少しずつは改善される、かな。

もう一曲の「ぶってよ、マゼット」。

前回よりは歌詞もだいぶ入ったし、早口言葉も練習したので舌も回るようになっていました。

また、高いところから始まる下降音形なので、「Vedrai~」よりも響きが落ちにくく、「あなたの声に合ってますね」と言われました。

ふむ、長いし難しそうなのでちょっと敬遠気味だったけど、思っていたよりラクかも。(←我ながら単純です。)

とりあえず最後までなんとか歌い切り、最後の歌詞が楽譜と慣例とちょっと違ったので、良く歌われているパターンに変えることを決めて、今回は終わり。

まだもう一つ、難関の二重唱が控えているので、早いところ暗譜してしまわないといけません。

何しろ、月2回のレッスンで、残りは3カ月余り。まだ手つかずの曲がある時点でヤバいです。

次回までには二重唱も一通り楽譜を見て行かないと…。なかなか慌ただしくなってきました。


発表会に向けてスタートです

声楽のレッスンに行きました。

先月くらいから夫の仕事がいきなり忙しくなり、レッスンに間に合わないことが出てきました。

この日は何時になるか分からないので、職場から直接タクシーで先生宅に行く、というので、帰りのことを考えて一人のんびりと徒歩で30分ほどかけて行きました。

二人で行く時はいつも私の方が後で、たいてい夫のレッスンが少し押して私の方は少々短くなる、というのが常なので(まぁそれで良いのですが)、最初から、それも少し長くなるのが前提でじっくりレッスンを受けるのはちょっと新鮮です。

発声では相変わらず、すぐに下側に響きがついてしまう、地声が混ざってしまうのが難点です。縦に開くこと、それも上側に開くことを意識しているつもりなのですが、結果は下側だけが開いてしまう、ということが多くて、なかなかうまくいきません。

特に出だしが低音だったり、急に下がる音形だったりすると、てきめんに落ちてしまいます。先生がおっしゃるには、『こぶしが付いている』そうで…。むむ、私ってばクラシックより演歌の方が向いてるのかしら、なんて。

結構たっぷりといろいろなパターンの発声をしたら、発表会に向けてのレッスンの始まりです。

とりあえずは前回から始めた「Vedrai, carino/恋人よ、さあこの薬で」から。

この曲はわりと短めで途中の転調もなく、とっつき易く感じます。ただ、相変わらず出だしでいわゆる「オーバーブロー」が多発するのと、跳躍音程の時に準備が遅いことを注意されました。

特に出だしの音に関しては、早め早めに口の形を決めることと、子音を少し前に出して、息を吐きながら音に繋げることを気をつけるように、と言われました。確かに、そうすることで出だしの「いきなり」感が減ってスムーズに息が流れるように感じます。

そのまま続けて「Batti, batti, o bel Masetto/ぶってよ、マゼット」に。

この曲、実は予習が足りてませんでした。長いし、早口だし、途中で曲調変わるし。

なので早々につまづいて、先生に音取りをお付き合いいただく羽目に…。

曲に入る前に「曲前のレチタティーヴォはどうしますか?」と聞かれたのですが、正直、とてもそんな余裕はないかも。

歌詞や音の確認をしながら半分くらい行ったところで夫が来たのでそこで終わり。いつもは45分のレッスンがたっぷり60分ありました。その分、少しは実になっていると良いのですが。

「ぶってよ、マゼット」に関してはもう少しそのアリアを歌う状況や歌詞をきっちり頭に入れて、あとリズムに合わせて口が回るようにしてくるようにするのが課題です。

さすがに発表会までレッスン回数がないので、自主練に気合をいれないといけません。

早いところ練習音源を完成させて、暗譜もどんどん進めて行かないと。

それにしても、これからもまた夫が遅れてくることが続くと、私のレッスンが充実しそうです。有難いような、心配なような…。