ミュージカル一覧

【おすすめ動画】「みんなで星影のエール」

NHKの朝ドラ『エール』。ご覧になってますか?

現在コロナの影響で休止中ですが、4月からずっと毎日楽しみに見ておりました。

作曲家の古関裕而さんご夫妻がモデルで、必然的に歌や音楽のシーンが多くなるし、歌手役などでミュージカル俳優さんがたくさん出ています。特に東京編の最初の方は、ヒロインの音さんが帝国音楽学校に通っていたこともあり、声楽学習者としては見どころいっぱいでしたね。

そんな『エール』ファンの皆さんなら必見の動画がNHKミュージックのサイトに公開されています。

「みんなで星影のエール」

ドラマに出演しているミュージカル俳優さんたちが、ソロありデュエットあり合唱ありで、主題歌であるGreeeeNの「星影のエール」をフルコーラス、歌い継いでいきます。

ドラマでは全然歌っていない堀内敬子さんや吉原光夫さんも熱唱されています!

実は私、吉原光夫さんのことを存じ上げなかったのですが、なんと「レ・ミゼラブル」の主役、ジャン・バルジャン役なども演じられているんですね! しかも、奥様が和音美桜さんとか。和音さんは私が初めてライブで観たミュージカル「ウーマン・イン・ホワイト」で重要な役を演じられていて、素晴らしい歌唱力に感動した方なのです。今回の動画には出ていらっしゃいませんが、なんかびっくりです。

なにはともあれ、上のリンク先でみなさんの歌が聴けます。私自身はとても感動してしまいました。早くコロナが落ち着いて、ドラマが再開されますように。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


楽譜購入

昨日の続きです。

とりあえず、「Climb ev’ry mountain」の楽譜がほしいので、ずーっと前から買おうと手にとっては買わずにいたサウンド・オブ・ミュージック ボーカルスコアをアマゾンマーケットプレイスで購入しました。

これ、新品はいくらでも手に入るし、ミュージカルのヴォーカルスコアとしては破格に安いのですが、それでも出費はなるべく抑えたい…。貧乏性なんですよね。

結果、中古とは思えないほどの美品が届いて嬉しかったです。

楽譜そのものはすべて英語ですが、きちんと別冊で日本語の対訳や解説がついていて親切です。

ミュージカルの楽譜って、「ヴォーカル・セレクション」という薄くて簡略化されたものはよく売っていますが、スコアは滅多に出ていません。おまけにクラシックと違って版権が切れていないので、たまに見つけてもどれもすごく高額。そんな中で、こんなスコアがいつでも手に入るこのミュージカルってすごいなぁと思います。

で、肝心の「Climb ev’ry mountain」ですが。

歌いだしは思ったより低かったですね。ただ、その題名通り、とにかくどんどん上っていく…。上って上って、最後は五線の上のA(ラ)を伸ばして終わる、と、なかなかハードそうな譜面でした。

候補としては、断然アリだなと言う感じです。

ただ、これだけで決めてしまうのがなんとなく残念なので、もう少しあがきたくて、少しネットで楽譜を漁ってみたところ、こんな譜面を見つけたので注文しました。(アマゾンは新品がなく、マーケットプレイスは新品より価格が高かったので楽天のリンクを貼っておきます。)

自分の中の候補としては、他に「I could have danced all night/マイフェアレディ」、「Memory/キャッツ」などがあるのですが、とりあえず譜面を見たいのと、これは伴奏CD付きなので一人でも遊べるな、というのがあって。

こちらの譜面の内容が物足りなければ、「Think of me」のカップリングは「Climb ev’ry mountain」に決めようと思います。

なんて書いていますが、結局最終的にはクラシックになってしまいそうな気がしています…。


お腹が痛いと歌は歌えません~選曲中

7月に入って、いきなり体調を崩してしまいました。

腹痛から始まってひどい頭痛が続き、丸三日間寝込みました。現在はほぼ回復しましたが、まだお腹の調子は万全とは言い難く、この猛暑に冷たいものを口にできません…。

そんな状況のど真ん中に声楽のレッスンが入っていたのですが、貧乏性なのでキャンセルができず、基本、私の時間は夫が間に合えば夫のレッスンにしてもらい、私自身は秋の市民音楽祭で歌う曲の相談だけさせていただくことにして、向かいました。

お腹の調子が悪いと、腹筋に力が入らないので歌はむり、ということで先生にも納得していただき、とりあえず曲の相談をしました。

持ち時間は7分。大きな曲1曲、もしくは普通に2曲、という感じです。

どちらにしても、発表会の後一カ月半しか準備期間がないので、まったくの新曲だけ、というのは冒険が過ぎます。という訳で、少なくとも一曲はレッスン等で歌ったことのある曲にし、もう一曲も未知の曲は避けるつもりです。

実はまだメインの曲に迷っていて、今歌っているモーツァルトのアリアか、思い切って去年歌った「Think of Me」か、どちらかにするつもりです、と言ったところ…。

「それだけ方向性が違うと、カップリングの曲も全然違っちゃいますね。モーツァルトだったらそれこそ何でも良いんですが、「Think of Me」みたいな有名なミュージカル曲だとすると、それに見合った曲にしないといけないから。でも、ミュージカルの曲ってみんな音域低いでしょう?」

と言われました。

確かに、ミュージカルには良い曲がたくさん、それこそ星の数ほどあるのですが、基本、ソプラノにとっては音域の低い曲が多いんですよねぇ。

低い音域でも力まずに歌えるようになっていたら、もっと選択肢はいろいろあるんですが、今の私には低音域は禁物なので。

そんな訳で先生が候補に挙げてくださったのが、「サウンドオブミュージック」から「Climb ev’ry mountain」。楽譜は見ていませんが、確かに音域が高いイメージがあります。
とりあえず楽譜を入手して感触をみた上でどちらの方向にするかを決めるつもりですが、どうなんでしょう、やっぱりこの分だと素直にクラシック系にしておいた方が、今の段階では安全かなぁ…? だとしたら、カップリングをまた考えないと。