合唱一覧

中学最後の合唱コンクール

もう先週のことになってしまいましたが、中学校最後の合唱コンクール、無事終了しました。

本来ならば裏方として朝からバリバリ働くはずでしたが、松葉杖使いではそれは叶うはずもなく。

「早く行っても役に立たないけど行った方がいいですか?」と事前に他の委員さんたちに尋ねたところ「いてくれた方が心強い」ということでしたので、一応行ったものの、案の定ただの足手まといでしたorz。

何しろ、バリアフリーとは程遠い段差だらけのホールですし、片手しか空いていないのでロクに物も運べないし。

そんな訳で、皆さんが走り回っているのを指をくわえて見ているだけの一時間でした…。

その後休憩をはさんで、保護者コーラスのリハーサル。

試しに一緒に並んで歌ってみました。

段差は怖いので、皆さんが並んでいる段の下の平土間、一番外側に一人立ってw

片手は空いているし、立っている分には松葉杖も、脇に置いてあるだけ、という感じなので、めくりもできるしちゃんと歌えました。

問題は、息子から杖を持っての出演はNGが出ていたことですが、周りの方が口をそろえて「一緒に歌いましょう」「子どもに反対されてるのは私もだから」みたいに言ってくださったので、この時点で参加を決意。

一つだけ、客席からステージへの移動時間が問題でしたが、そこは3年生の最後のクラスを聴くことを諦めることで解決しました。

そしてコンクール本番。

1,2年生の演奏時間は、ひたすら受付。このくらいしか仕事できないし。

保護者の皆さん、多くの方が自分の子どもの学年(orクラス)しか興味がないようで…。まぁ、それが普通なんでしょうね。

そして、3年生の時間は、ホール後方の車いすスペースで鑑賞。(ホール備え付けの車椅子を借りていました。)

息子のクラス、自由曲が難曲で、すごく苦労している話を聞いていたのでハラハラしましたが、思いのほか良い出来で感動しました。ただ、次のクラスの方が上手でしたがw

3クラス聞いたところで後ろ髪を引かれながら退場して舞台袖へ。2年生母の委員さんが介助してくれました。

そしていよいよ保護者コーラス本番。

やっぱり大ホールのステージは気持ち良いです。
今回、もし出るとしたら楽譜をめくる余裕がないかも、と思っていたので、ほとんど暗譜していました。なので顔をあげて、笑顔を心がけて歌いました。
初めて自分で選曲したステージ。楽しかったです。

コンクールの結果、息子のクラスは1位にこそなれませんでしたが、出来が良かったので本人も満足していました。(私が出たことに関しては少し怒っていましたが、保護者コーラスは良かったと3年目で初めてほめられました。)

終了後はまた撤収でバタバタしたものの、なんとか無事に終了。

これで、私の委員長としての仕事も一段落です。

あとは怪我を治すのみ、かな。


PTAコーラス練習開始

PTAコーラスの練習が始まりました。

私が委員長をしている委員会の最大イベント、合唱コンクールに向けていよいよ始動です。

本来私は指導をする予定だったのですが、予期せぬケガによって本番のステージに上がることはもちろん、毎回の練習参加も危うい状況になってしまったので、急遽、昨年指導してくださった方で、今年も合唱に参加を申し込んでくださった方にお願いしました。

実はその方には募集の前にも一旦お願いしたのですが、丁重にお断りされてしまったのでした。

でも、練習開始一週間前の受傷に、途方にくれた感じでお願いしたところ、今度は快諾くださって、本当に助かりました。

そして一回目の練習は、連絡事項もたくさんありますし、なんとかして行きたい、ということで、委員さんの一人に送迎をお願いして、無事会場に行くことができました。

その前に、音取り音源は無事完成し、希望者には配布済みでしたし、ケガをする前に、楽譜も無事準備完了していたのは幸いでした。

本当は、今回楽譜も凝ったんです。ちゃんと両面印刷の中央綴じにして、中表紙もつけたし、裏表紙裏に歌詞ページも作って。Y先生の手書き譜もちゃんとスコアメーカーとIllustratorで清書しましたし。

これだけ力を入れて準備してきただけに、悔しいものがあります。でも後は、もう体を使う仕事はできないので、副委員長さんを中心に、委員さんたちにお任せして、無事コンクールが終了するまで、お仕事していただかなくてはいけません。

何はともあれ練習です。

最初に指導の方に、私の中で勝手に決めていたことをお知らせして、お願いしました。

具体的には、ソプラノのオブリガートと、最後に三部になる部分で、省略しても良い音符を小音符にしておいたので、基本的にここは無視して指導してほしいこと。

オブリガートは小学校のコーラス仲間で経験のある人を数人私が指名してお願いするので、基本、他の人は全員メロディーユニゾンでお願いします、ということ。

最後の三部の一番下のパートは、編曲者から「二部の際は省略してよい」という指示のある音なので基本はナシだけれど、昔このパートを歌っていた人が何人かいるので、うっかり出てしまったらそれは構わない、というようなお願いです。

今回は選曲もスケジュール調整も全部自分の都合でしてしまったので、指導をお願いしたTさんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、心配していたよりも音取りはかなりスムーズに進み、心配していたNコンの課題曲「ふるさと」も、この日のうちに音取りが終ってしまいました。

音取り音源を用意したり、入念に準備した甲斐がありました。

まだ練習は3回ありますので、なんとか形になりそうでホッとしました。

私自身は、受傷当時、本番ステージは無理かな?と本気で思っていたのですが、少しずつ動けるようになってきて、何とかステージに上がれないかと今は考えています。

どうやら本番の頃には装具になりそうなので、小さな杖で立てるようになっていれば、楽譜は持てなくても歌えるかもしれません…。

しばらくは、ここを目標にして頑張ろうと思います。


某合唱団の練習を見学(体験)してきました

連載はまだ終わっていないのですが、ちょっと一休みです。

先日、息子の所属合唱団の父母の会総会があり、今年度の新体制が発表になりました。

私は今年も渉外・宣伝係を仰せつかり、基本はweb関係を担当するのですが、昨年は同じ係の中でも先に役割分担があって、それ以外は預かり知らないような状態だったので、今年は最初に顔合わせをして、全員で情報を共有しましょう、ということになり、その顔合わせ兼打ち合わせがありました。

いやいや、私は二年目だと言うのに、この係の守備範囲の広さには驚くばかりでした。それこそ、自分が関わった仕事であってもピンポイントにしかわかっていなくて。

でも、今年は熱心なメンバーが集まったし、情報共有の手段も確保したので(具体的にはFBのグループとドロップボックスでのファイル共有)、今年はもう少し他の仕事にも関われるかなぁ、という感じです。

さて、本日の本題はここからです。相変わらず前置きが長いですね…。

午前中から集まって結局ランチタイムまでかかって打ち合わせ。その後流れで雑談になってしまい、気がつくともう昼下がり。

その日はこの合唱団の母たち(OBの母含む)の合唱団が練習するというので、見学させてもらうことにしました。

この母たちの合唱団には、もう何年も前から興味津々だったのですが、基本仕事のある日で、通うには少し遠いし、費用もそれなりにかかる、というのでずっと遠巻きに眺めていたのです。

こんなタイミングはなかなかないので、たぶん入れないけれど今回だけでも、と練習に参加させていただきました。

こちらのご指導は昔息子が低学年の頃にお世話になったソプラノ歌手のS先生。

本来は息子の団の団長先生がなさっていたはずですが、今はすっかりお忙しくなってしまわれたので、代わったのでしょうね。

そのせいか、扱っている曲も、普通の邦人作曲家による女声合唱曲でした。確か、子供たちが歌っている宗教曲を、母たちも歌って理解しよう、というのがコンセプトだったような気がするのですが…。まぁ、指導者が代われば方針も変わるのでしょう。

以前はもっと人数も多かったはずですが、今は10人程度だそうです。この日の練習は私を入れても8人。三部合唱には厳しい人数です。

内容は、呼吸⇒発声⇒コンコーネ50番(!)⇒曲という順番でした。

それでも、さすがS先生はプロですね。

発声にしても曲の指導にしても、的確ですし、わかりやすいです。

少人数なので、ヴォイトレのグループレッスンを受けているようでした。

そして合唱曲。

今回はソプラノに入れていただきましたが、現代曲だけあってなかなかの難曲。特に和音が複雑で、メゾやアルトは音を取るのも大変そうでした。

私自身は、お隣に合唱の大ベテラン、Tさんがいてくれて助かりました。

それでも、フレーズの流れは素直で歌いやすく、息が足りなくなることもなく、あぁ、オペラアリアに比べたらなんて易しいのだろうと感じてしまいました。

久々に合唱をしてみて、みんなで声を合わせて歌うのは楽しかったです。やっぱり、合唱、好きですねぇ。

メンバーの皆さんは良い方ばかりで、当然熱烈なお誘いも受けました。

入れるものなら入りたい気はするけれど、後で冷静に考えると、難しいんですよね。遠いし。

まぁ、ここは息子が卒団しても続けられるところなので、もう少し先に行ってから考えてもいいかな。