熱傷とキズパワーパッド

最近、年のせいか思わぬヘマをよくします。

普通に通路を歩いて机の角にぶつかったりするので、空間認知が弱くなっているのかもしれません。

で、以前に比べて「うっかり熱傷」の頻度が上がってます。

熱い鍋やフライパンに、触るつもりはないけど触ってしまうというやつです。

先日もホントにうっかり、手の甲(親指の付け根あたり)が触れてびっくり。

すぐに流水をガンガンかけたのですが、ジンジン痛い。

短時間だったせいか見た目はほとんど変化ないのですが、とにかく痛いので、こういう時はとキズパワーパッドを貼りました。

見た目に変化がないのでこの時は水ぶくれもなければ何もなかったのですが、とりあえず三日ほどそのままにしておきました。

擦り傷切り傷などなら浸出液で白く膨れるパッドですが、この時は皮もむけていなかったので、なんとなくパッドの下が色づいているように見える程度でした。

当然ですがこの間痛みは感じません。水仕事も普通にできます。

三日経つとだんだん縁から剥がれてきたので、思い切ってはがしてみると…。

パッドと一緒に皮膚の薄皮が剥がれて、生々しい傷が表れて透明な汁があふれてきました。(傷はキレイなものでしたし、はがす時も全然痛くありませんでした。)

慌てて次のパッドを貼って現在三日目。

ようやくパッドは浸出液を吸って白く膨らんできています。このまますんなり治りますように。

それにしても、この位置に熱傷を負って、痛みもなくストレスフリーに生活できるのは本当にありがたいです。

ただ、万能のようなキズパワーパッドですが、手荒れによるヒビ割れには全然効きません(汗)。

ランキングに参加してます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする