映画「ライアーゲーム -再生-」

映画館のポイントが貯まったので無料観賞。

しかし、レディースデーだった頃は結構入っていた水曜午前中。

一番大きなスクリーン(450席くらいある)に観客二人、しかも少なくとも一人は無料、という状況に、映画館の営業状況が心配になります。

そう言いつつ、私自身はこの大きなスクリーンをほぼ独占して、贅沢に観賞させていただきました。

あらすじ

天才詐欺師秋山(松田翔太)の奮闘により、出資者たちが多大な打撃を受けたファイナルステージから2年が過ぎていた。すべてが終わったように見えたライアーゲームだが、事務局は再度復活を果たし、今回は総額20億円をかけて20人のプレイヤーが争う「イス取りゲーム」を用意する。彼らはどうにかして秋山を潰そうと狙いを定めおり……。

シネマトゥデイ

公式サイト→http://www.liargame.jp/index.html

このシリーズはドラマの第一シーズンからずーっと観てます。

元々松田翔太ファンということで見始めたのですが、一つ一つのゲームの設定、キャラクター設定に、ゲームが進むにつれて裏切ったり裏切られたりの駆け引きや心理戦など、原作の力が大きいのでしょうが(未読です)、すごく見応えのあるドラマだと思います。

前作までは、「馬鹿正直のナオちゃん」こと戸田恵梨香さん演じる「神崎直」がヒロインで、騙し合いの中でひたすら「信じる」ことを貫く彼女の存在が際立っていたのですが、今作は多部未華子さん演じる「篠宮優」に交代。

キャラクターが不明なので先の行動が読めない、という意味では新鮮で良かったと思います。

だって、ナオちゃんの性格はずっと観ていた人、みんな知ってるし…。(だから面白いとも言えるのですが)。

それにしても、秋山深一は松田翔太くんの当たりキャラですね。

ゲーム主催者がなぜこんなことをやっているのかとか、そういう部分に関しては相変わらずよくわからないのですが、とにかくゲームの設定と経過そのものはやっぱり面白いです。

今回も何度も裏切り裏切られ、逆転に次ぐ逆転で。

相変わらずプレーヤーはいろんな人がいて、ウソ臭い人や存在感の薄い人もいましたが。そんなことはあんまり気にならないくらい、引き込まれてました。

できたらまた別のゲームが観てみたい。

ランキングに参加してます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする