にっぽん丸

以前から私のブログを読んでくださっている方はご存じだと思いますが、私は男声ソロヴォーカリストグループ「ESCOLTA」のファンです。

ちょっと前にコンサートがあったので、感想もアップしておりますが、普段はソロ活動をしていて、ときどき集まって活動する人たちです。

この方々のファン層というのが、年齢も収入もちょっと高めの方が多いようで、私なんかはいつもこぼれ気味…。

何しろ、万里生くんのミュージカルは何度もリピートする方がたくさんいらっしゃいますし、ESCOLTAのコンサートそのものも、少し前は一日2回公演が多く、一昨年だったかは平日ばかり3日で5公演! 当然ながら全部行く方も多いわけです。

いやー、時間とお金に余裕がなければとてもとても無理です。
(私はせいぜい、シリーズのうち1回行ければ良い方です。)

やっぱり、ファンとして想定されている層が、そういう方々なんだなぁ、と事あるごとに思い知らされています。

その最たるものが、次回アナウンスされている「にっぽん丸クルーズ」(今回は屋久島・甑島)。

豪華客船に一緒に乗って、途中のライブを楽しもうという訳ですが、おそらくライブだけでなく、船内では何度も彼らと直接遭遇したりする機会があるはずです。

たぶん、多くのファンの皆様は、この機会にメンバーと触れあおうと、乗船なさるんでしょうねぇ…。実際、にっぽん丸はそうでなくても素晴らしい船だし、乗る方には楽しんできていただきたいと思います。

…いわゆる庶民には無理ですが。

実は、にっぽん丸には20年くらい前に「イベントスタッフ」として一週間乗ったことがあるのです。まだ今のようなカラーリングではなく、まっ白い船体でした。

社交ダンスインストラクターとしてなのですが、毎晩のボールルームでのお相手と、途中2回くらい開かれるダンス教室の講師がお仕事。

でも、お仕事の時間以外は、船内、そして寄港した場所での行動は基本自由。

その時は東北三大祭りクルーズだったのですが、船内での食事や講座その他、そしてそれぞれのお祭りを、お客様とほぼ同じように、存分に楽しむことができました。

もちろんお客様が優先なので船内イベントで着席はできませんし、お客様のダイニングには入れないのですが、お祭りでは指定席を確保していただきましたし、他のスタッフさんたち(マジシャンやミュージシャン、講座講師など)との交流もあり、とても楽しいお仕事でした。その時知り合った某キー局の女性アナウンサーとは、今でも交流があります。

たぶん、ESCOLTAメンバーのポジションも当時の私たちと同じような感じだと思います。広い船ですが閉じた空間ですので、一緒に乗っていればどこかで遭遇するものです。乗れる方がうらやましいです…。

私が次にESCOLTAに会えるのは…、やっぱり9月の国際フォーラムでしょうか。次はもう少し良い席が取れるといいなぁ。

ランキングに参加してます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする