タグ : 合唱コンクール

中学最後の合唱コンクール

もう先週のことになってしまいましたが、中学校最後の合唱コンクール、無事終了しました。

本来ならば裏方として朝からバリバリ働くはずでしたが、松葉杖使いではそれは叶うはずもなく。

「早く行っても役に立たないけど行った方がいいですか?」と事前に他の委員さんたちに尋ねたところ「いてくれた方が心強い」ということでしたので、一応行ったものの、案の定ただの足手まといでしたorz。

何しろ、バリアフリーとは程遠い段差だらけのホールですし、片手しか空いていないのでロクに物も運べないし。

そんな訳で、皆さんが走り回っているのを指をくわえて見ているだけの一時間でした…。

その後休憩をはさんで、保護者コーラスのリハーサル。

試しに一緒に並んで歌ってみました。

段差は怖いので、皆さんが並んでいる段の下の平土間、一番外側に一人立ってw

片手は空いているし、立っている分には松葉杖も、脇に置いてあるだけ、という感じなので、めくりもできるしちゃんと歌えました。

問題は、息子から杖を持っての出演はNGが出ていたことですが、周りの方が口をそろえて「一緒に歌いましょう」「子どもに反対されてるのは私もだから」みたいに言ってくださったので、この時点で参加を決意。

一つだけ、客席からステージへの移動時間が問題でしたが、そこは3年生の最後のクラスを聴くことを諦めることで解決しました。

そしてコンクール本番。

1,2年生の演奏時間は、ひたすら受付。このくらいしか仕事できないし。

保護者の皆さん、多くの方が自分の子どもの学年(orクラス)しか興味がないようで…。まぁ、それが普通なんでしょうね。

そして、3年生の時間は、ホール後方の車いすスペースで鑑賞。(ホール備え付けの車椅子を借りていました。)

息子のクラス、自由曲が難曲で、すごく苦労している話を聞いていたのでハラハラしましたが、思いのほか良い出来で感動しました。ただ、次のクラスの方が上手でしたがw

3クラス聞いたところで後ろ髪を引かれながら退場して舞台袖へ。2年生母の委員さんが介助してくれました。

そしていよいよ保護者コーラス本番。

やっぱり大ホールのステージは気持ち良いです。
今回、もし出るとしたら楽譜をめくる余裕がないかも、と思っていたので、ほとんど暗譜していました。なので顔をあげて、笑顔を心がけて歌いました。
初めて自分で選曲したステージ。楽しかったです。

コンクールの結果、息子のクラスは1位にこそなれませんでしたが、出来が良かったので本人も満足していました。(私が出たことに関しては少し怒っていましたが、保護者コーラスは良かったと3年目で初めてほめられました。)

終了後はまた撤収でバタバタしたものの、なんとか無事に終了。

これで、私の委員長としての仕事も一段落です。

あとは怪我を治すのみ、かな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

PTAコーラス練習開始

PTAコーラスの練習が始まりました。

私が委員長をしている委員会の最大イベント、合唱コンクールに向けていよいよ始動です。

本来私は指導をする予定だったのですが、予期せぬケガによって本番のステージに上がることはもちろん、毎回の練習参加も危うい状況になってしまったので、急遽、昨年指導してくださった方で、今年も合唱に参加を申し込んでくださった方にお願いしました。

実はその方には募集の前にも一旦お願いしたのですが、丁重にお断りされてしまったのでした。

でも、練習開始一週間前の受傷に、途方にくれた感じでお願いしたところ、今度は快諾くださって、本当に助かりました。

そして一回目の練習は、連絡事項もたくさんありますし、なんとかして行きたい、ということで、委員さんの一人に送迎をお願いして、無事会場に行くことができました。

その前に、音取り音源は無事完成し、希望者には配布済みでしたし、ケガをする前に、楽譜も無事準備完了していたのは幸いでした。

本当は、今回楽譜も凝ったんです。ちゃんと両面印刷の中央綴じにして、中表紙もつけたし、裏表紙裏に歌詞ページも作って。Y先生の手書き譜もちゃんとスコアメーカーとIllustratorで清書しましたし。

これだけ力を入れて準備してきただけに、悔しいものがあります。でも後は、もう体を使う仕事はできないので、副委員長さんを中心に、委員さんたちにお任せして、無事コンクールが終了するまで、お仕事していただかなくてはいけません。

何はともあれ練習です。

最初に指導の方に、私の中で勝手に決めていたことをお知らせして、お願いしました。

具体的には、ソプラノのオブリガートと、最後に三部になる部分で、省略しても良い音符を小音符にしておいたので、基本的にここは無視して指導してほしいこと。

オブリガートは小学校のコーラス仲間で経験のある人を数人私が指名してお願いするので、基本、他の人は全員メロディーユニゾンでお願いします、ということ。

最後の三部の一番下のパートは、編曲者から「二部の際は省略してよい」という指示のある音なので基本はナシだけれど、昔このパートを歌っていた人が何人かいるので、うっかり出てしまったらそれは構わない、というようなお願いです。

今回は選曲もスケジュール調整も全部自分の都合でしてしまったので、指導をお願いしたTさんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

でも、心配していたよりも音取りはかなりスムーズに進み、心配していたNコンの課題曲「ふるさと」も、この日のうちに音取りが終ってしまいました。

音取り音源を用意したり、入念に準備した甲斐がありました。

まだ練習は3回ありますので、なんとか形になりそうでホッとしました。

私自身は、受傷当時、本番ステージは無理かな?と本気で思っていたのですが、少しずつ動けるようになってきて、何とかステージに上がれないかと今は考えています。

どうやら本番の頃には装具になりそうなので、小さな杖で立てるようになっていれば、楽譜は持てなくても歌えるかもしれません…。

しばらくは、ここを目標にして頑張ろうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

何にしようかな…

新年度が始まったと思ったらもうGWが近づいてきてしまいました。

学校では、この間、恒例のPTA役員決めがあったり、家庭訪問があったり。

で、私は義務教育最後の年に、PTAの某委員会で委員長を務めることになってしまいました。

少々荷が重い気はしますが、せっかく引き受けたので楽しく仕事をしたいと思っております。

さて、その委員会での一番目玉の仕事と言えば、「合唱コンクールの裏方」および、当日披露する「保護者コーラスの募集・練習等の仕切り」です。

もちろんそれだけではないのですが、他のいくつかのイベントはそれぞれの担当班に分かれ、各自が計画して実行して行ってくれるようなので、委員長の私はその経過や反省等をまとめて実行委員会で報告するだけで(もちろん参加もしますが)良いようです。

メインの合唱コンクールに関しては、自分が先頭に立っていろいろ決めていかなくてはならないので、今から楽しみなような不安なような…。

とりあえずは、伴奏者に立候補してくださった方がいたので一安心。

指導の方は、息子のピアノ&歌の先生が今年入っていらしたので一応お願いしてみたのですが、あえなく却下。見渡したところ合唱経験者も他にいなそうなので、どうやら自分ですることになりそうです…。

目下の関心事は選曲。

練習は4回しかないので、難易度の高いものは選べません。

でも、せっかくなので自分自身が楽しく歌えそうな曲を選びたいです。

今まで歌ってきた合唱は、ことごとく自分とは関係ないところで曲が決まって来たので、主体的に選曲できる機会なんて最初で最後かもしれません。

もうそれだけでワクワク。もちろん他の委員さんたちの意見もお聞きしますが、決定権は私にあります。いろんな楽譜眺めて、あぁでもない、こうでもない、と考えるのは実に楽しい。

さて、どれにしようかなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

合唱コンクール終了

中学の合唱コンクール、無事終了しました。

息子のクラスは今年も優秀賞(学年1位)を取りました。

二年生はなぜか課題曲が混声4部で一番難しく、ここで結構差がついていました。自由曲も含めて、パート間のバランスが一番取れていたのが息子のクラスかな、という感じです。自由曲に結構難しい曲を選んだのに、なかなか良く仕上がっていたと思います。

他のクラスはどうしても男子の音量が大きくて(人数が多いのにコントロールができないのですね)ソプラノが聞こえない、という感じでしたが、息子のクラスは高いところが良く響いていました。その点も良かったのかも。息子自身もソプラノの要で頑張っていました。

まぁ、順位は二の次で、どのクラスも、この難しい年頃の子達が一生懸命声を出して歌っているのは見ていて嬉しくなりました。

一年生はみんな初々しく可愛らしいし。

三年生は最後ということでどのクラスも気合が入っていたし。

ただ、三年生に関しては気合が入りすぎなのか、体を使って歌うのは良いのですが、ほとんどのクラスの子たちが前かがみの姿勢になっているのが気になりました。

それ以外は、声もよくコントロールされていたし、さすが、三年生、という感じでした。

さて、保護者コーラスもそれなりに、特に破綻なく歌えたなぁと思ったのですが。

後で息子に聞いたら、去年と同じく「先生方よりはマシだったけど…」と厳しい反応。まぁ、合唱に関してはどうしても辛口です。そして一言。「お母さん、声、目立ちすぎ」。

え?、大ホールで30人以上で歌ってるのに飛び出しちゃってました? そんなつもりは無かったのですが…。

でも、きっと他の人は気付いてないからいいよね。所詮臨時編成だし。

たまーに歌うと合唱もいいなぁ、と思います。
また来年も楽しみです。

来年は選曲できる立場になりたいから、成人教育委員になろうかなぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

前日練習~PTAコーラス

中学の合唱コンクールがいよいよ本番です。

子どもたちはもちろんですが、保護者のコーラスもいよいよ本番。
ということで、前日、最後のPTAコーラス練習がありました。

最後の日は昼間の練習。

やはり、昼と夜とでメンバーが変わりますね。
昼しか出られない人、夜しか出られない人とはっきり分かれるようです。
つまり、本当の全体練習は当日だけで、しかも当日もリハは出られない人がいますから、結局のところ「ぶっつけ本番」ということですね。

それでも、歌のほうは今回、指導者の方が細かいことにこだわらない穏やかな方だったせいか、ほどほどに仕上がったように思います。雰囲気も和気藹々としていい感じです。

「いつでも何度でも」は、アルトが結構難しいのですが、前々回の帰りに、部活の先輩に頼まれて音取り音源を作り、それを一人の方にメールで送ったところ、想定以上の範囲に回ったようで、皆さん最後は結構な音量で普通に歌えるようになっていました。
音源も少しは助けになったのかな、という感じです。

おかげで今年私は希望通りソプラノでステージに上がれそうです。

後半は並びを決め、出入りの練習をして、本番指揮者(PTA会長/男性)も加わって通し練習。

毎年、PTA会長が指揮をすることに決まっているのですが、今年は新しい会長さんで指揮は初めてらしく、とても初々しい感じで一生懸命振っていらっしゃいました。

それにしても、まだちゃんと歌詞やメロディーが入っていないので、なるべく指揮を見るようにしたらあちこちで歌詞を間違えてしまって…。本番までにもう少しちゃんと歌詞を読んでおかなくては。

さて、自分たちはほどほどに頑張るとして、何と言っても主役は子どもたち。

どんな合唱が聞けるのか、楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

オープンスクール

今週、息子の学校はオープンスクールです。

期間中はいつ行っても良いということで、一週間のすべての時間割が配られましたが、週末に合唱コンクールということで、毎日学活の後に合唱練習が入っています。せっかくなので、一度くらい練習を見に行きたいものですが。

ママ友さんたちに聞くと、いわゆる授業参観と違って、「ほとんど行く人がいないので、行くと嫌がられる」とか「目立つからいたたまれない」「子供から『来ないで』と言われてる」という感じで、なんとなく行ってはいけない雰囲気です(そこはさすがに小学校と違いますね)。

なので普通ならそこで行かない、というところですが、ウチの息子の場合は違って、毎日でも合唱練習を見に来てほしいらしいのです。

一応合唱団所属なので、出来のほうが相当気になるらしく。

おまけに昨日は家にジャージを忘れて行ったので、それを届けることを口実に、仕事帰りに学校に行ってみました。

いやー、本当にほとんどいないんですね、来校者。

でも、せっかくなので教室まで行ってジャージを届けると
「これから音楽室で3年生と合同練習」と言うので、音楽室の前に行ってウロウロしておりました。

3年生も全員中に入ると、担任の先生が私を見つけて招き入れてくださったので、中に入って合唱を聞かせてもらいました。

一週間前にはどうにもならないようなことを聞いていましたが、さすがに本番週に入ったせいか、なかなか良い出来に仕上がっていました。

特に女声がきれいで感心しました。

先生はボリュームに不満があるようでしたが、発声は悪くないのでたぶんホールではきれいに通るんじゃないのかな、と。

担任の先生はイベントというとすごく燃えるタイプなので、一生懸命ハッパをかけていましたが、ちょっと空回り気味かも。生徒たちのほうが冷静に見えました…。

そのあと3年生と交代しましたが、3年生は気合の入り方がまた全然違っていて。

男子も含めて、体全体でリズムをとりながら歌っていました。
クラス全体から、「最後なので最優秀を獲りたい!」という意欲がすごーく伝わってきました。

とりあえず、2クラスの合唱を一通り聞かせていただいて退散。

他のクラスも、前を通ると一生懸命練習している声が聞こえてきて、本番近し、を実感しました。

週末のコンクールが楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt

PTAコーラス練習

昨日書いたように、夜はPTAコーラスの練習でした。

中学のPTAコーラスは、毎年合唱コンクールの際に募集がかかり、直前に4回だけ練習時間が設けられていて、すぐ本番、というある意味強行なスケジュールです。

なので、高い完成度は求められませんが、去年などはそれほど難易度の高くない二部合唱で、そこそこいい感じで歌えました。

今年は去年まで合唱指導をしてくださっていた方が卒業してしまったので、子供のころから合唱をやっていらっしゃるという、転入してきたばかりの方が指導をしてくださいます。

本当は先週1回目の練習があったのですが、その日は私、風邪をひいて寝込んでおり、とても歌える状態ではなかったので休んでしまいました。

という訳で今回が初練習。実際には、昼間2回、夜2回と、仕事をしている方や、逆に夜外出しにくい方に配慮した日程となっており、2回くらいしか出られない方も多く、今回初練習という方は私のほかにも結構いました。

また、息子の所属するサッカー部の引退した3年生のお母様方が何人も来ていてちょっとびっくり。それこそ、皆さん今年初参加だそうで。なんでも「卒業する前にみんなと一緒に思い出づくり」なんだそうです。それもまた良し、と言ったところでしょうか。

さて、肝心の練習です。

曲は「花の街」と「いつでも何度でも」。

「花の街」のほうはオーソドックスな二部合唱で、同じパターンを三番まで繰り返す、という単純なものなので、楽譜持ちで歌う分にはそれほど問題はありません。もちろん顔が上がらないと声が飛ばないしテンポが合わないので、できればもう少し練習したいですが…。特に、繰り返しの間に間奏等が一切ないので、それぞれの出だしがつまづきがちなのがちょっと心配でしょうか。

問題はもう一曲の「いつでも何度でも」です。

まず、曲が長いのと、メロディーは単純ですが、繰り返すたびにコーラスのパターンが変わるので、アルトがすごく大変そうです(今回私はソプラノです)。

今回4回中2回目の練習ですが、最後までまだ通せていません…。心配は心配ですねぇ。特に、後半転調して、アルトが追いかけるような形になると、入りから失敗したりしていますから。

あと、これはパートに関係ないですが、言葉の切れ目とフレーズの切れ目が一致していないので、ブレスがすごく大変。つい、変なところで切ってしまって自分たちで焦ったり。

練習回数の割には、ちょっと難易度高いかな?、と感じています。

本番はもう一週間後。カタチにできるのか心配です。

帰りがけ、サッカー部の先輩ママさんたちから、「アルトの音、取れないからピアノで弾いてくれない? 録音するから」と言われたのですが、ピアノはもう片付けてしまったし、だいたいピアノ苦手だし。

なので、また例によって音取り音源を作って送ってあげることにしました。お世話になった先輩方ですから。

しかし、今回の楽譜を眺めていたら、2曲とも、ソプラノがずーっと主旋律で、アルトはずーっとコーラスなんです。音の高低が逆になるところであっても、あくまでもソプラノが主旋。

こういうアレンジって実は苦手です。こういうアレンジばかりだと、変に役割分担ができてしまってつまらないんですもん。

その点、小学校のコーラスをご指導くださっていたY先生のアレンジは良かったなぁ。
どのパートにも光が当たるように、と考えてくださっていたので。

クラシック系の合唱曲(宗教曲等)もそうですが、どのパートであっても、主役になったり脇に回ったりする箇所があった方が、歌っていて面白いです。

最後は蛇足でした。

次回はまた来週、夜練習です。今度は最後まで通せるといいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitt