PC・ネット一覧

MTOSサイト作成への第一歩

最初に書いたとおり、仕事で作るサイトはWPとMTOSとどちらを使うか、まだ決めかねています。

WPはまだ中身がほとんどわからないので、ちょっとしたことにもストレスがたまります。(始めたばかりなので当たり前ですが)

MTOSのほうは、テンプレートの構造やタグの使い方などがわかっている分、とっつきやすく感じます。

でも、カスタムフィールドが作れなければ、目指す管理画面は作れません。

目指しているのは、HTMLやCSSの知識のほとんどない人たちでも、迷わず必要な情報が入力できて、結果、統一された見やすいレイアウトで表示できることです。

そのために、テンプレートと管理画面を作りこまないといけません。

まだWPの方はその入口にすら立っていないのです。

一応本は買ってあるので追々学んでいく予定です。

前置きが長くなりましたが、ここでタイトルの話です。

MTOSでそういうサイト(管理画面)を作るには、カスタムフィールドが使えないと話になりません。

というわけで、定番のプラグイン「AnotherCustomFields」を入れることにしました。

が、このプラグイン、商用MTのフリープラグインとは一味違って、自分で設定ファイルを書かなければなりません。私程度のユーザーには相当ハードル高いです。

しかも解説書は有料(9,800 円)です。

でも、解説書なしには絶対使えません。何しろ、設定ファイルのサンプルを見ても意味がわかりませんから。

という訳で解説書、購入しました。いや、作者の壱さんには以前から相当お世話になっていますので、感謝の気持ちを持ってお支払いしました。

オンライン書籍なので、申込から受け取りまで、すべてPC上でのやりとりです。

入金の報告をして一時間くらいで、PDFが「宅ふぁいる便」で送られてきました。

100ページ以上のボリュームのPDF書籍。読みでがありますが、サーッと流し見したところ、ひとつずつ丁寧に解説されていますので、この解説書と首っ引きで設定ファイルを作っていけば、商用MTよりもいい感じでカスタムフィールドを作っていけそうです。

まずは第一歩を踏み出しました。

でもその前に、サイトの構成を練らなくては。いつも行き当たりばったりで作って後でゴチャゴチャになってしまうので。


CSSをいじると…

さっそくテーマを「neutral」に変更してみたのですが、見た目の細かいところを修正したくて「WP Live CSS Editor」というプラグインを入れてみました。

実際の記事を見ながら微調整ができて便利! と思ったのもつかの間、saveしてリロードすると、レイアウトが崩れてしまいます(泣)。

いじったのはタイトル下のmarginとか、右サイドバーのタイトルと中身を多少メリハリつけようとサイズとmarginをちょこっとなんだけど…。

結局テーマを削除して再インストールという強引なことをやってみました。

まぁ、このプラグインは最新ver.ではテストされていないそうなので、不具合かも。

そんなこんなでいきなり出鼻をくじかれてしまったのでした。前途多難。

 


リスタート!

MovableTypeのデータベースをすっ飛ばしてから約3ヶ月。

WordPressのお勉強もなかなか進まず、Amebloに出戻ってもなかなか書けず、の毎日でした。

仕事関係で無料のCMSを使う必要に迫られていたのですが、年齢的に新しいモノに手を出す勇気が足りず、ついつい放置になってしまっていましたが…。

「そろそろどうなりました?」のお尋ねをいただき、猛然と走り始めました。

この際、WPに固執せず、MTOS(MovableType Open Source)も視野に入れて試作を始めることにしました。

本当はこのサイトを作りこんでテストしようと思っていたのですが、こちらは所詮ブログ。会社や団体の公式サイトを作るのとはやはり違います。

せっかくなので使いやすい、易しいと評判のWPでブログをリスタートしてみることにしました。

改造のお勉強も兼ねているので、気が向けばコロコロとあちこち変わるかもしれませんが…。

仕事のほうの覚書もつらつら書いていこうと思います。

また改めてよろしくお願いします。