MovableType一覧

ウェブサイトとブログのややこしい関係

超久々に、MTOSとガッツリ格闘しています。

職場の方で、年末年始の作業が一段落し、本格的に某サイトの再構築に取り掛かっているのです。

以前はずーっとMT4.xでサイトを組んでいたので、5.xになって最上位にウェブサイトがあり、そこにブログが紐付いているという感覚がまだしっくりきていませんでした(超・今更ですが)。

なので、まずはナビゲーションバーを作るので四苦八苦。

というか、タイトル部分に一番親のウェブサイトトップページをリンクさせ、さらにそのすぐ下にグローバルナビゲーションバーを置く、たったこれだけでもう大変でした。

何しろ、「mt:Websites」と「mt:BlogParentWebsite」の違いも分からなかったので。

あ、当然ですがこのナビゲーションバーはモジュールにして共通化しています。できればグローバルテンプレートにしたかったのですが、条件分岐がかえってややこしそうだったので、すべてウェブサイトに置いて、そこから「mt:include」で引っ張ってくることにしました。

ただ、そのナビゲーションバーで、現在いる場所のボタンは表示を変えるようにしたかったのでまた苦労しました。例えばウェブサイトトップにいるときは「HOME」ボタンの色が変わる、という感じです。

最初はモジュールそのものを「mt:BlogParentWebsite」でくくってしまったので、子ブログのトップに行ってもここが変わってしまい往生しました。

最終的には、「mt:BlogID」を使うことと、「mt:BlogParentWebsite」を必要最低限の部分で使うことで解決しました。

いろいろ悩んだのですが、結局のところ、ブログを指定してやればウェブサイトでも通用するけれど、逆はダメということのようです。

実はそこからドロップダウンにしてサブメニューも出したいのですが、まだそこにたどり着きません。

とりあえず、大きな項目をそれぞれのブログにして、最初のブログ構築にようやく入りました。

と思ったら、これはMTOSなので純正のカスタムフィールドは使えないんですね。ここでようやく、ずっと以前に入手した藤本 壱さんのプラグインの出番です。

これはこれで手ごわそうなので、また日を改めて頑張ってみます。


WordPressを1ヶ月使って思ったこと

WordPressでブログを書き始めて1ヶ月が過ぎました。

MTやアメブロと比べて、感覚的に一番更新しやすいと感じています。

自分の中では、ブログは自分の欲しい機能が揃っていてほしいし、デザインも自分好みにカスタマイズしたい(←でも一から作るのは面倒なので出来ればカスタマイズ可能なデザインが簡単に入手できるとありがたい)など、わがままな要求が結構あるので、既存のサービスは大抵物足りないのです。

なので最初はMTを使っていました。

カスタマイズが楽しくて、文章を書くよりカスタマイズする時間の方が長かったかも。

とりあえず、他に手を出さなかったので、当時はいわゆる不便な部分を不便と感じずに過ごしていました。まぁ、不便な部分も裏を返せば愛着に繋がりますから。

その後諸事情でそこを閉鎖して、なんとなくユーザーが多く(特に有名人が多くて、ミーハーな私はそのあたりのブログを結構読んでいるので)、読者として使いやすそうだったアメブロに移りました。

アメブロは、ユーザ同士のコミュニケーションが取りやすく、記事の更新そのものはしやすかった(WPと同じように、ブログと管理画面がシームレスなのは良い)のですが、カスタマイズ好きの私にはどうにも我慢ならないことが多かったですね。

何よりも、ユーザを囲い込もうという意識が強すぎて、その辺についていけなくなりました。ユーザ同士でコメントしあったり、ブログをチェックしたりはすごく良いのですが、外の人のことは一切考えていない感じが。

さてWordPressですが。

気に入っている点は、

  • テーマはそこらじゅうに転がっているので、ある程度気に入ったものを選べます。
  • 文字回りはCSSが自由に書き換えられるので問題ありません。
  • ダイナミックパブリッシングで再構築のストレスがありません。
  • プラグインがすごく充実していて、しかもインストールが簡単。

という感じで、ある程度のカスタマイズはプラグインで簡単にでき、デザイン回りもCSSまでは無理なく編集できるのがありがたいです。

MT時代にはひとつプラグインを入れようと思うと、設置にかなりの時間を取られましたが、WPについては、思い立ったら検索して「インストール」ボタンを押せばほぼ終了。

そんなふうに、カスタマイズをしながらも文章を書く時間も確保できる、というのが使いやすく感じる理由かな、と思います。

ただ、実はもう一段階踏み込んでカスタマイズしたいと思うようになっています。でもそこはまだ、私の中ではWPのブラックボックス部分です。

ここまで来て、もう少しWPについて勉強してみたいと思うようになりました。

どうやら、WPでのサイト作りはまだまだ可能性がありそうだし。

「慣れている」という理由だけでMTにしがみつくのがもったいない気がしてきました。

この年で新しいものに手を出すのはかなり冒険ではありますが、手を出さずに不便な方法に甘んじているのも、ねぇ。Illustratorがそうでしたし

と言う訳でもう少し勉強しながらWPを使って行きたいと思います。


CSSでドロップダウンメニュー

MTOSでのサイト作りがなかなか進みません。

ライセンス版のMT4では、デフォルトでトップ画像下にナビゲーションバーのあるウェブサイトテーマが入っていたのですが、MTOS5にはありません。

無料テーマをいろいろ探しているのですが、ウェブサイト用テーマとなると、なかなか「これ」というものが見つからず、良いものはそれなりの価格だったりして、悩ましいです。

何しろ、お金の取れないサイト作りなので…。労力はある程度かけても、あまりお金はかけたくないんですよねぇ。(時間がかかる方が実はコストが高いのかもしれませんが。)

こうなったら、自分でガシガシとHTMLやCSSを書いていくしかないんでしょうねぇ。

幸い、ありがたいことにサンプルソースを公開してくださっている方がWeb上にたくさんいらっしゃいますので、自分の希望に近いものを拝借して、あとはカスタマイズしていくのが良いのかな、と思っています。

とりあえず、今ほしいのはドロップダウンメニューつきナビゲーションバー
できればCSSだけで実装したいと思っています。

検索するといろいろ出てきますが、こちらの解説がわかりやすかったので参考にさせていただきます。

 ezorisu-web » CSSでドロップダウンメニュー

ただひとつだけ、これがなかなか見つからないのですが、該当ページにいるときはそのメニューの色が変わるようにしたいんですよね。

ライセンス版MT4では、条件分岐でクラスに”on”と”off”をつけることで実装していたのですが、今ソースを見てもかなりややこしくて解読に苦労しています。

うまく解読できたら、今度のサイトでも実装してみたいと思います。