合唱一覧

省エネ模索中~第九

第九の練習、今回は副指揮の先生でした。

前回音取りがすべて終わったので、いわゆる「歌いこみ」かな、と思ったのですが、指導者が変わればまた内容も変わるということで、最初から細かい部分の洗い直し、という感じでした。

常任のS先生とは注意する点が全然違うので面白い面もあるのですが、「ここがキツい」という部分の練習があまりなかったのでちょっと肩透かしを食らったような気分でした。

第九の合唱は、部分部分で取り出してもキツいのが”M”の「歓喜の歌」部分(特に繰り返し)とフーガ、そして最後のPresto以降かな、と思うのですが、実は”M”から”N”を経てフーガ、そして、ppの”ein lieber Vater wonen”までがほぼ休みなくひと続きになっているのが鬼門だと思うのです(あ、ソプラノの場合です。)

なので、ここを続けて練習しないことにはペース配分がつかめないんですが…。

今回はそういう練習はなかったのでちょっと残念です。

そして、個人的にはどうやったら省エネで歌えるかばかりを考えていました(笑)。

“M”はとりあえずmpくらいで歌えばそれほど疲れないで済みそうです。
回りがフルパワーで歌ってくれるので問題ないでしょう。

フーガは飛ばされたのでまだわかりません。

Prestoはどうしましょう。歌ってしまったらやっぱりキツかったです。ヘタに手を抜くとノドに来るので、ノドを開けてなるべく音量を上げないようにしてみたのですが、それでもAの連続は堪えますね。

Maestosoのところまで、なんとかしてある程度ラクに持っていきたいものです。

次回からは夜の練習。もう本番までカウントダウン段階です。


合唱コンクール終了

中学の合唱コンクール、無事終了しました。

息子のクラスは今年も優秀賞(学年1位)を取りました。

二年生はなぜか課題曲が混声4部で一番難しく、ここで結構差がついていました。自由曲も含めて、パート間のバランスが一番取れていたのが息子のクラスかな、という感じです。自由曲に結構難しい曲を選んだのに、なかなか良く仕上がっていたと思います。

他のクラスはどうしても男子の音量が大きくて(人数が多いのにコントロールができないのですね)ソプラノが聞こえない、という感じでしたが、息子のクラスは高いところが良く響いていました。その点も良かったのかも。息子自身もソプラノの要で頑張っていました。

まぁ、順位は二の次で、どのクラスも、この難しい年頃の子達が一生懸命声を出して歌っているのは見ていて嬉しくなりました。

一年生はみんな初々しく可愛らしいし。

三年生は最後ということでどのクラスも気合が入っていたし。

ただ、三年生に関しては気合が入りすぎなのか、体を使って歌うのは良いのですが、ほとんどのクラスの子たちが前かがみの姿勢になっているのが気になりました。

それ以外は、声もよくコントロールされていたし、さすが、三年生、という感じでした。

さて、保護者コーラスもそれなりに、特に破綻なく歌えたなぁと思ったのですが。

後で息子に聞いたら、去年と同じく「先生方よりはマシだったけど…」と厳しい反応。まぁ、合唱に関してはどうしても辛口です。そして一言。「お母さん、声、目立ちすぎ」。

え?、大ホールで30人以上で歌ってるのに飛び出しちゃってました? そんなつもりは無かったのですが…。

でも、きっと他の人は気付いてないからいいよね。所詮臨時編成だし。

たまーに歌うと合唱もいいなぁ、と思います。
また来年も楽しみです。

来年は選曲できる立場になりたいから、成人教育委員になろうかなぁ…。


前日練習~PTAコーラス

中学の合唱コンクールがいよいよ本番です。

子どもたちはもちろんですが、保護者のコーラスもいよいよ本番。
ということで、前日、最後のPTAコーラス練習がありました。

最後の日は昼間の練習。

やはり、昼と夜とでメンバーが変わりますね。
昼しか出られない人、夜しか出られない人とはっきり分かれるようです。
つまり、本当の全体練習は当日だけで、しかも当日もリハは出られない人がいますから、結局のところ「ぶっつけ本番」ということですね。

それでも、歌のほうは今回、指導者の方が細かいことにこだわらない穏やかな方だったせいか、ほどほどに仕上がったように思います。雰囲気も和気藹々としていい感じです。

「いつでも何度でも」は、アルトが結構難しいのですが、前々回の帰りに、部活の先輩に頼まれて音取り音源を作り、それを一人の方にメールで送ったところ、想定以上の範囲に回ったようで、皆さん最後は結構な音量で普通に歌えるようになっていました。
音源も少しは助けになったのかな、という感じです。

おかげで今年私は希望通りソプラノでステージに上がれそうです。

後半は並びを決め、出入りの練習をして、本番指揮者(PTA会長/男性)も加わって通し練習。

毎年、PTA会長が指揮をすることに決まっているのですが、今年は新しい会長さんで指揮は初めてらしく、とても初々しい感じで一生懸命振っていらっしゃいました。

それにしても、まだちゃんと歌詞やメロディーが入っていないので、なるべく指揮を見るようにしたらあちこちで歌詞を間違えてしまって…。本番までにもう少しちゃんと歌詞を読んでおかなくては。

さて、自分たちはほどほどに頑張るとして、何と言っても主役は子どもたち。

どんな合唱が聞けるのか、楽しみです。