「イグアナの娘」第十話・最終話

ずいぶんと間が開いてしまいましたが、決着をつけてほしいというメールをいただいたので、なんとか完結させようと頑張ってみます(実はずいぶん前に見たのでだいぶ記憶が薄れていますが…(^_^;)。

家を出て独り暮らしを始めたリカ。母は「許さない」と言ったが、父は、リカとゆりこは少し離れた方がいいと判断して、独立を許したのだった。

それにしてもリカ、高校生なのにまさに「独立」…。コンビニのバイトに深夜の交通整理のバイト。つまり、家賃も自分で払うってことなんでしょうねぇ。

交通整理のバイトをしているところに昇が通り掛かってお互いにびっくり。
夜遅く一緒に話をしながら帰ってくるところを、リカの様子を見に来たゆりこに見られ、ゆりこは「結局勝手なことをしたいだけじゃない」と誤解する。

その後どんどん明るくなっていくリカに対して、南の島の絵を見たり、夫の昔の日記を読んだりしながら、自分がイグアナだったことを思い出しつつどんどん落ち込んでいくゆりこが対照的。

そんなリカを見ながら、昇は自分の気持ちを改めて確認し、ある日、リカに「一緒にボストンに来てほしい。好きなんだ」と告白する。
いくらなんでも唐突とは思うけど、それにすぐに応えてしまうのがリカ。

早速両親に「昇くんと一緒にボストンに留学したい」と申し出る。独り暮らしは許した父も、さすがに今度はそう簡単に許可しない。でも、リカは食い下がる。最終的には、ゆりこが放心したように「リカ、ボストンへ行きなさい」と言ったことで決着する。あんなにリカを手放すのをいやがった母が「行きなさい」と言ったことで、父も反対できなくなってしまう。
そしてその直後「そうだ、今度のお休み、一泊でいいからみんなで旅行しない?」とゆりこの提案。また何か企んでいそうな雰囲気…。

湖のある高原(だろうか)。四人で楽しく過ごす青島一家。どうもこういう光景はこの家族に似合わなくて…。特に、リカとゆりこがいい感じでいると、絶対次に何かある、と思ってしまいます。
そして、案の定、翌朝リカが目を覚ますとゆりこがいない。湖の方に探しに行くと、湖畔にたたずむゆりこ。そのゆりこの口から出た言葉は「リカ、一緒に死のう」だった。
(ここまで第十話。)

母に「一緒に死のう」と言われ、しばらく考えて「お母さんがそうしたいなら…、いいよ」と答えるリカ。「ただ、最後に一つだけお願い。……私のこと、抱きしめてほしい。」母「わかったわ。」

そう、リカは生まれてから一度も、母に抱きしめてもらったことがなかったのだった。そし、願いがかなうと思った瞬間、母はリカを突き飛ばし「私にはできないわ!」。
泣き崩れるリカ。「死ぬよりイヤなの…?」つらいですなぁ。

実は最終回の中盤はあまりよく覚えていません。

ボストン行きを昇とふたりで着々と進め、クラスメイトにも明るく見送られて、学校生活は順調なリカ。かをりと中谷、そしてまみと同級生の男の子(陸上部の子)のカップルも成立しそうな雰囲気。

ゆりこの方は、常に元気がなく、父に「私、もうダメかもしれない」なんて弱気なことを言ったりする。

そして、昇は一度リカの家でゆりこにお茶を入れてもらう機会があり、その時にゆりこから「あなたにリカの何がわかるっていうの。あの子の正体を知ったら、あなただってそんなことは言えなくなるわ」と、リカがイグアナだということを知らされてしまう。その時の表情が暗かったのでちょっと心配したけれど、その後リカから「昇くんには本当のことを知っていて欲しい」と、自ら自分がイグアナであると告白。三上に次いで二人目だが、もともとゆりこから聞いていた昇は驚きもせず「なんだそんなことか。別にいいじゃないか。俺はお前の顔、好きなんだから」と軽く流す。

出発当日。ゆりこはリカを見送らず、リカも気にしながらも会わずに空港に向かう。ゆりこがフラフラと外出し、道を歩いていると、女の子が風船を追いかけて道路に飛び出すのを見かける(こういうシーン、多いなぁ)。「リカ!」思わず飛び出すゆりこ。

その瞬間、空港にいたリカは何か良くないことを感る。「お母さん!」
「昇くん、先に行ってて。私必ずあとから行くから」と言って引き返すリカ。
そしてリカが自宅に着くと、ゆりこの亡骸がベッドに寝かされて、そのそばで父とまみが泣き崩れている。
突っ込ませてもらうと、どうして交通事故なのに自宅にいるの?、ってところだけど、まぁそこはドラマですから。

事情を話し「顔を見てやって。すごくキレイな顔だから」とリカに言う父。リカが顔にかかっている布を取ると…そこに寝ていたのはイグアナ姿の母。驚くリカに父は「リカにはイグアナに見えるの?」と聞く。うなずくリカに、昔ガラパゴスでイグアナを助けたこと、最近母がしきりにその話をして、「もうダメかも」と言っていたことなどを話す。

リカは、イグアナ姿の母を見て初めて、母の苦しみを知り、心からの涙を流すのだった。そして、母の肩にあったアザがリカの肩に浮きだし、自分の姿がイグアナに見えることはなくなったらしい。

エピローグは、現在のリカ。リカも母と同じように、ただ一人の人を愛し、その人との間に生まれた娘と暮らしている。そして、母になった今、自分の母の苦しみがよくわかると結んでいる。当然、今リカの隣にいるのは昇。

後半は既視感が強かったので思い入れが多少薄れましたが、やはり面白いドラマでした。全部通して見ることができて良かったです。

ランキングに参加してます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする